管理職日本語教師の、相当深~いつぶやき。

私たちの可能性は、こんなもんじゃない。


テーマ:

11月に入りました。

タイトルの通り、ただ今学生は、専門学校受験の真っ最中。

どこの学校でも、まあ同じだと思います。

 

うちの学校は昨年開校したので、今年は初めての受験年。

8月ぐらいから試験が開始し、10月末でやっと半分の学生の合格に達しました。

やっと半分。でもまだ半分。

 

ここ数年、受験時期が前倒し傾向にあり、募集開始と同時にすぐに定員が埋まってしまう専門学校の方が多くなり、

「準備の早い者が勝ちます!」と学生をけしかけて準備させる毎日でした。

もはや専門学校受験は、椅子取りゲームの様相を呈してきました。

 

当校で初めての受験生ですが、私も当然今までの前任校で受験を担当していたので、ある程度は予想して昨年から準備し、早めに動き始め、出来ることは全部やってきたつもりでした。

 

受験年ではない去年から、専門学校に学校見学に伺う。

何回もガイダンスをして、志望、書類、金を学生に早く準備させる。

出来るだけ説明会に参加し、出来る範囲で詳しく調べる。

学生に、専門学校の先生に質問する質問内容をレクチャーし、説明会に質問しに行かせる。

 

でも、予想外のこともいくつかあり、反省も多々。

やはり毎年「例年通り」とはいかない事って出てくるもんですね。

 

例えば・・・。

 

《ぬかってたAO入試》

 

専門学校のAO入試って、今増えてます?

以前にはあまりなかったように思うのですが。

 

しかも入試とはいえ、通わせるタイプの、半分受験指導込みの、

こちらからすればありがたい、長い期間をかけて本人を見てくださる入試。

ところがこれ、5月ぐらいから既に始まっているので、「あっ!」と8月ぐらいに気付いてももう遅い。

途中参加できない。

 

そして9月に一般入試で受けようと思ったら、定員の半分は既にAO入試合格者で埋められている。

 

こんなことがありました。

 

また、9月に試験を受けたら

「人柄的には是非にでもほしいが、日本語が少々足りない。5月からAOを受けていれば合格したのにね。」

と不合格にされた例もありました。

 

何それ?

 

完全にリサーチ不足でした。

 

でも、5月から始まるAO入試、どこの専門学校がいつからどんな形で始めるの?

それはどうやって情報を入手すればいいの?

 

当校は私含め、そんな情報をリサーチする係が2人しかいません。

それでほぼ毎日授業を行い、

90人の学生の受験をさばき、

各学校の説明会に出かけ、

さらにさらに、東京中の専門学校のHPを開いてAO入試を行っていないか調査しなければならない・・・?

 

無理です。

 

《書類のチェックと面接練習》

 

これ、受験するとなったら、学生にとっては両方必要なことですよね。

でもうちは、受験生90人に対して専任講師がたった二人。

予約表を作り、学生一人30分、予約制で面倒をみる。

とくに、面接は一人6回先生の指導を受けなさい!と指導。

書類のチェックも予約制。

一度鉛筆で薄く下書きさせ、教師がチェックし、OKだったら清書させ、最終チェックをもう一度する。

 

当然(もうわかりますよね)、教師の数が足りなくて、予約が取れないと学生から大ブーイング。

潰れる前の、どっかの駅前留学英会話学校みたいになってしまいました。

 

なので、私が土曜日も出勤して面接指導し、

平日は受験指導経験のある、空いている非常勤の先生方にもコマ給をお支払いして手伝って頂いて、面接練習を行い、

書類は各クラスの担任、担当の先生に残業代をお支払いしてお手伝いいただき、なんとかさばきました。

 

《受かったのに「行かな~い」??》

 

こうしてなんとか受験にこぎつけ、

服装のチェックまで行い、

がんばれ~!と激励して送り出し、

試験後はどうだった?と様子を聞き、

面接試験の内容をアンケートに書かせ、

 

そして、待ちに待った合格通知が届く!

 

おめでと~~~!よかったね~~!

すると、

「先生、やっぱりこの学校、行くのやめます。」

 

なんですと~~?

どゆこと?

 

それもこういう学生、一人や二人じゃないんですよ。

理由はお金・・・かとおもいきや、そうじゃない。

 

「あの学校よりレベルの高い学校へ行きたい。」

 

じゃあなんで受けたのよ~~~!

 

もう疲れます。

 

受験料だって○万円支払ったのに。

それをゴミ箱に捨てるとは。

なんとまあ、留学生も裕福になったものです。

 

1つは前述の「椅子取りゲーム」。

周りの雰囲気にのせられて、椅子取りゲームに参加して、競争するように受験したのはいいけれど、

合格してからもっとよく周りを見てみれば、もっと行きたい学校が他にあったという事に、合格後に気がつくパターン。

 

よくバーゲンセールで、まわりの客がみんな「うわ~!」とつかみ取りしているので、

自分も競争心が煽られて、同じく「うわ~!」と参加してつかみ取ったはいいけれど、

家へ持って帰ってよく見てみたら、そんなにほしいものではなかった。

 

そんなところでしょうか。

 

いや、自分はそれでいいかもしれないけど、先生の時間を何だと思っているんだ!

こっちだって面接練習とか書類チェックとか、寝る時間削ってみてあげたのよ。

それ、わかってる?

もっとちゃんと調べてから受けてよ。

 

ぐらいは言いたくなる気持ち、わかってください。

 

大学受験は、EJUの点数ランキングのような資料が既にちゃんとあって、

記念受験、実力受験、滑り止め、と3レベルの受験が指導しやすい。

そして、滑り止めに先に合格して、更にレベルが上の学校を受験する前に、滑り止め学校の入学金を払わなければならない場合、それはいわば「保険料」みたいなもので支払うのが普通という感覚の人が多い。

 

でも、専門学校はそのあたりが読みにくい。

数値化されたランキングがないし、

専門学校によって①日本語能力試験重視なのか  ②面接重視なのか が、よくわからない学校も多い。

 

もちろん前年度までのデータとか、専門学校の担当者の方に伺ったお話から、私達は大体の難易度を把握してますけど、数値化されていないので、学生にははっきり伝わりにくい。

 

それに、学生は専門学校に関しては、滑り止めという感覚がない。

1つの滑り止め学校にお金を払ったら、本命の他校に受かった時、払うお金がない。

この辺りが大学受験とは違う。

 

結果、受験日が早いものから手を出し、合格した後に学生に欲が出てくる、というわけです。

 

そこで!

来年からは、私が自分で感じた専門学校の難易度を数値化した「yori指数」を作って、

「IT部門ランキング」「自動車部門ランキング」といったように、カテゴリーごとに分けて、

○○専門学校 ☆3つ!みたいに学校ごとに評価をつけて、

掲示板にはりだそうかと思っています(笑)。

 

とにかく、まだ当分は続く専門学校指導。

各学校の受験指導担当の先生方、ご自愛ください。

 

ところで半分合格って、普通?それとももっと焦るべき?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

yoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。