酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:

裏恵比寿のオシャレな通りにある「自然生村」は、

自然薯料理専門店です。

 

山口県と宮崎県の自然薯農家が育てた自然薯は、

山芋とは粘りが違うだけでなく、

ダイエットやデトックスなどの効果もありヘルシー。

 

さっそく出てきたのはすりおろし生とろ。

自然薯を皮ごとすり下ろしたシンプルな一品ですが、

これだけですごく旨味があります。

粗塩やワサビでいただきますが、

私は鹿児島の甘い醤油をつけるのが気に入りました。

 

飲むのは千福の生貯蔵酒。

やさしくスッキリとした日本酒に、

自然薯の自然な旨味が溶け合います。

これは旨い〜〜!

 

次は自然薯を海苔に巻いて揚げた磯辺揚げ。

ポン酢おろしでいただきます。

いやこれも香ばしくておいしいですね!

 

お酒は珍しい自然薯焼酎があったので飲んでみました。

「大山女坂」はほんのり甘みがあり、飲みやすいです。

 

つまみは三品目に突入。

このお店で一番人気のふわとろ鉄板焼きです。

卵と自然薯のとろろのみなので、

フワフワでサクサクです。

小麦粉を使っていないので、お腹にたまらずつまみに最適!

 

飲むのは自然薯焼酎の「大山男坂」です。

こちらは原酒なので辛くてキツいですが、

戻り香がふわりと甘くおいしいです。

 

シメは麦とろ飯。

粘りのある自然薯を出汁で溶いて、

麦飯にかければ、激ウマ〜!

 

この日はちょっと体調が悪かったのですが、

気がつくと元気が出ていました。

自然薯パワー恐るべし!

 

様々なメディアに取り上げられている人気店なので、

予約は必須ですよ〜。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

酔っぱライターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります