酔っぱライターの酒日記

お酒にまつわる日々のできごとをつづります。


テーマ:

品川プリンスホテルの「和ビストロいちょう坂」は、

和テイストがオシャレな大人の社交場です。

 

開放的なエントランスはいきなりバーカウンター。

大きめの音量でハウスミュージックが流れています。

バーのラックに洋酒ではなく、

焼酎が並んでいるのがひときわ目を引きますね。

 

店長の星野弘樹さんは、

ソムリエと利酒師の資格を持っているので、

お酒の品揃えには自信アリ。

 

1杯目は新政の亜麻猫スパーク特別純米。

瓶内二次発酵のスパークリング日本酒です。

薄濁りの中にきめ細かい泡が立ち上り、

テーブルが華やぎます。

テンション上がりますね〜!

 

前菜は鯛の昆布〆。

野菜や花びらが散らしてあって彩りもきれいです。

昆布〆には昆布と醤油のソースが乗っていて、

これが日本酒にとっても合います。

 

次の一皿は出汁巻き卵。

それもイカスミを使っているので真っ黒なのです。

ちょっとギョッとしますが、食べると普通の出汁巻き。

イカスミのコクもプラスされておいしい!

 

お酒は純米吟醸千の福。

さきほどのスパークリングが甘かったので辛く感じますが、

フルーティーな旨辛口なので、出汁巻きとベストマッチ。

星野さんのセレクト、さすがです!

 

メインはつるしブロシェット。

なんと牛・鶏・鴨の串焼きがブラーンと吊されて出てきます。

これはテーブルが盛り上がりますね〜!

焼き加減もほど良く、とくに赤身の牛肉が柔らかくて旨い〜。

 

飲むのは赤ワイン。

カルメル&ジョゼのカベルネ・ソービニヨンです。

南仏のワインなので、渋みは少なく果実味があり、飲みやすい!

 

これは樽生ワインで、店内には赤2種・白2種の樽があり、

1杯650円から飲めます。

 

シメは星野さんオススメの鯛茶漬け。

胡麻ダレに出汁がきいていて優しい味わい・・・

激ウマです!

飲んだあとのお茶漬け、最高ですね!

 

オシャレな空間で子供はいないし、

お酒も充実していて落ち着けるお店でした。

ホテルなのに1品600円から食べられ、

ワインのボトルも3900円均一という値段設定も嬉しい。

 

フリードリンクつきで6000円のパーティープランがあるので、

今度はぜひとも女子会に利用させていただきます〜。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

酔っぱライターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります