仕事と育児のバランスで大切なのは・・・ | 心と身体を元気にする自然派小児科医 眞々田容子

心と身体を元気にする自然派小児科医 眞々田容子

症状は身体からのメッセージ。〝心と身体をつなげる医療〟心のケアをして、根本から身体を元気にしていく医療をしています。ご家族がお子さんのケアができるようにサポートします。笑顔で元気に過ごせますように♡

先日、ヨガに行ってきましたウインク

 

”ヨガは、自分の心と身体、男性性と女性性、交感神経と副交感神経などをつなげていくものです。”

 

と、インストラクターの先生がお話しされていた言葉が

 

心に残りました。

 

自分の心と身体を調和させていくポーズをとっている時間も好きですが、

 

最初と最後にする瞑想の時間も大好きですキラキラ

 

チカラが抜けていて、呼吸も穏やかになっています。

 

ゆるんで初めて、”チカラが入っていたんだな~”と、

 

気付きます。

 

お弁当のおかず何にしよう・・・

洗濯しなくちゃ・・・

お皿も洗わなくちゃ・・・

 

知らず知らずのうちに、日常のことに気を張っているんですねもやもや

 

多くのお母さんがそうなんじゃないかな・・・。



 

今日は、仕事と子育てのバランスについてです。

 

私は、娘が生後3か月からパートから再開し、

 

生後6か月から育児休暇が終わり、大学病院の常勤医として

 

復帰しました。

 

その頃の私は、”自分の働き方を考える”なんて発想はなく、

 

人手不足もあり、職場の指示通りに早期に復帰しました。

 

ワンオペ育児で、帰宅後はヘトヘト・・・

 

子供と向き合う時間もなく、怒涛のごとく

 

買い物→夕食→入浴→寝かしつけの日々でした。

 

早く帰れても、私の体力が追いつかず、公園に行く余裕も

 

ありませんでした。

 

私が時間に追われてセカセカしていたので、

 

娘もゆったりとリラックスする時間がなく、

 

帰宅後も気を張った状態だったと思います。

 

母子共に、睡眠時間はとれて、身体は休んでいるけど、

 

精神的に張っていて、熟睡できていない感じ。

 

娘は夜泣きもするし、免疫力も低下して、頻回に感染症を繰り返し・・・。

 

かぜをこじらせてで4回入院しました。

 

今思うと、だいぶ母子共に無理していました。

 

娘が2歳の時に、自分の気持ちよく働けるスタイルの

 

職場に転職したところ、

 

娘はかぜを滅多にひかなくなりました。

 

自分の心にゆとりができて、娘と向き合えるようになって、

 

親子でホッと緩めるようになったのです。

 

私もそうでしたが、どうしても、職場の事情などで働き方

 

を考えてしまうこともあるかもしれませんが、

 

いちばん大切なのは、

 

”親子で心地よく過ごせているか?”

 

なんだと思います。

 

お母さんからの相談でも、仕事と子育ての両立での

 

お悩みは多いです。

 

我が家の娘は大きいですが、いつも今を大切に

 

生きていきたいなと思います乙女のトキメキ



…やっぱりタピオカが好きなのね…