子どもをどうしても比べてしまう! | 心と身体を元気にする自然派小児科医 眞々田容子

心と身体を元気にする自然派小児科医 眞々田容子

症状は身体からのメッセージ。〝心と身体をつなげる医療〟心のケアをして、根本から身体を元気にしていく医療をしています。ご家族がお子さんのケアができるようにサポートします。笑顔で元気に過ごせますように♡

週末は、モノマチ11といって、台東区のモノ作りなどの

 

お店の街歩きイベントでした♪

 

暑い中、連日、娘のリクエストでソフトクリームやら

 

パフェを食べに行きましたアセアセ暑かった・・・

 

 

モノ作りのお店にも立ち寄り、楽しかったですルンルン

 

 

さて、今日は”こどもを比べてしまう”ことについて。

 

兄弟がいるご家庭だと、どうしても兄弟間で比べがちになりますよね。

 

どちらにも同じようにエネルギーを注ぐことって難しい。

 

小さいと手がかかり、年齢的にもできることが違いますし・・・。

 

お母さん自身も同じようにエネルギーを注げない事に

 

罪悪感を感じられている方も多いと思います。

 

兄弟間の比較だけでなく、他の子と比べてしまう

 

事もあると思います。

 

お兄ちゃんは、早く出来たのに・・・

お姉ちゃんは、言う事を聞いて、良い子だったのに・・・

○○ちゃんは、ちゃんとやっているよ・・・

○○くんは、まじめで勉強もできるのに・・・

 

など、言ったことありませんか?

     (・・・私は言ってました・・・)

 

頑張ってほしいがゆえに、さらにあおってしまうこともありません??

 

子供は比較されると、とても不安になり、

 

お母さんから愛されたくて、負けないように

 

兄弟や他の子と争うようになります。

 

小さい時は、手が出る場合もあるし、

 

だんだん大きくなってくると、心理的な面に

 

強く影響してきます。

 

愛されたくて、お母さんの言う通りにする。

愛されたくて、他の兄弟や他人を押しのける。

愛されたくて、優等生になる。

愛されたくて、自分の感情を表現しなくなる。

愛されたくて、わざと問題をおこす。

 

・・・など。

 

お母さんからひとりの人格として、認められて、

 

求めた時に対応してもらえると、愛されていると感じ、

 

安心して成長していけるのだと感じます。

 

(まあ、これがなかなか難しいのですが。)

 

○○ちゃんのこんな所はとってもステキだよね♪

 

って言われると、認められた!と思って、

 

どんどん子供にも自信がついてきますよ。

 

気を付けていても、頭では分かっていても、

 

どうしても比較してしまう・・・

あおってしまう・・・

 

・・・やめれない事ありませんか?

 

 

それは、母子間伝達といって、お母さん自身が子供の時に、

 

 

お母さんにされてきたことが影響している可能性があります。

 

お母さん自身も、比べられてきて育ってきたから、

 

どうしても自分の子も比べたくなってしまう。

 

そういう場合は、子供を他の子と比較するだけでなく、

 

自分自身も他の人と比べたり、

 

旦那さんを他の旦那さんと比べたりしていること

 

があるかもしれません。

 

自分はあの人よりも出来ている!と安心したり、

 

きちんとしているお母さんをみると、私はダメかも・・・

 

と落ち込んだり。

 

(自分のダークな面は認めたくないですが・・・)

 

母子間伝達は、世代を超えて、思考のパターンが受け継がれていきます。

 

いかがでしょうか?

 

今回は”比較”ですが、様々なパターンがあると思います。

 

母子間伝達は、どの親子でもあることです。

 

私も、父親・母親との間に作られた思考や感情の

 

パターンを減らすワークをEINEヒーリングルームさん

 

でしました。

 

潜在意識から変えていくと、子供とフラットに向き合ってますよキラキラ

 

私自身の気持ちもラクになったし、子供に対しても、

 

比較することが少なくなったので、メンタル的に

 

軽やかな感じがしますクローバー

 

気になることがありましたら、是非ご相談にいらしてくださいねルンルン