しくじりアキラ先生のタネアカシ 【転機~リスタート】 | 岩瀬 アキラの「天才開花の法則」

岩瀬 アキラの「天才開花の法則」

天才開花スペシャリストのアキラです。

TOEIC満点を取得した英語の天才が、占星術をベースにオリジナルで考案した「エレメント人種論」で、あなたの「天才」に気づき、それを開花させましょう!


テーマ:

こんばんは。

 

マジメなのにユルいアキラです。

 

 

 

さて、「いいね」が全くつかない「しくじりアキラ先生」シリーズ

 

第1話: 独立~フィーバー期

第2話: フィーバー期~大勘違い期の幕開け

第3話: 大勘違い期~どん底期

第4話: どん底期~転機

 

と来まして、

 

今回で最終話(に無理やりします 笑)です。

 

 

 

* * * * * * * * 

 

 

 

去年の夏に開催した単独講演会は

 

当時精神的にも金銭的にも最悪の状況だった僕の魂に

 

スイッチを入れてくれました。

 

 

 

 

今となってはその理由は明確にわかるのですが

 

つまりは

 

僕の心の中にありながらも、ずっと消えていた「火原人」の炎が

 

久方ぶり(たぶん、小学生以来くらい)に目覚めたんですね。

 

 

 

でもね

 

周りからどう見えていたかはおいておいて

 

まー、その講演会の時もまだまだ、舞台に上がる前に自分を相当鼓舞しないと

 

ビビリモード(=太陽星座うお座)から抜けられなかった、ということなのですよ。

 

 

 

 

 

その講演会で感じられた勢いを借りて、大きなイベントを企画したものの

 

冷静に振り返ると、あまりにも当時はまだまだ精神不安定な状態であったこともあったせいか

 

結果、申し込みが少なく

 

その後、ヤケクソモードになって、あれやこれやイベントを乱立させるも

 

当然、自分が「焦っている」というエネルギーが出ちゃっているので

 

完全に浮いた状態となり

 

結果として、「万策尽きた」という感じになって

 

 

 

とうとう僕は、ずっと住んできたマンションの賃貸も解約し

 

体一つで、日本一周の旅に出たワケです。

 

 

 

ここは、いわゆる僕の中での

 

「完全降伏状態」

 

でしたよね。

 

 

 

 

ただ

 

その日本一周の旅を思いついた時

 

どうせ日本を周るなら、自分がその時「やっていて楽しい!」と思えていた「占星術」をやりながら行こうと思って書いたのがこちらの記事だったんですが

 

 

 

 

まさか、それが

 

その45日間の旅を経て

 

ここまで自分の中で確固たる存在になるとは

 

当時はまだ予想できてなかったと思います。

 

※ちなみに、この占星術の世界を最初に教えてくれたのも、実は当時付き合っていた彼女さんでした。今でも彼女には心から感謝してます。

 

 

 

 

 

その旅の中で、「心理占星術」の話をいろんな人にしていくうちに

 

自分についても、他人についても

 

これって、実はものすごい可能性を秘めているんじゃないかということに

 

徐々に気づいていくことになったんです。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

今。

 

 

 

 

 

 

僕の中の感覚として

 

完全によみがえったものというか

 

確信に変わったものがあります。

 

 

 

 

 

それが

 

月星座に象徴される

 

 

自分の感情(本性)を満たせる自分になれた時

 

いわゆる「人生の悩み」は消える

 

 

ということです。

 

 

 

 

心屋でいうところの

 

「やりたいことをやり、やりたくないことをやめる」

 

っていうのは

 

つまりは、そのことなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、非常ーーーーーーに難しいのです。

 

 

 

特に、僕のように、太陽星座と月星座のコンビネーションが真逆のタイプのような人の場合は特に

 

心的葛藤がものすごいワケです。

 

 

 

 

つまり

 

「一体、ホントウの自分は何者なんだ?」

 

「一体、ホントウは自分は何をしたいんだ?」

 

「一体、自分はどうなれば、ホントウに幸せになれるんだ?」

 

ということが、非常に分かりにくい。

 

 

 

 

実は、僕がずーーーっと意識し続けてきた心屋仁之助さんは

 

「天才」シリーズのさそり座編にも書いたのですが

 

「さそり座×やぎ座」という

 

ぶっちゃけ、144の星座の組み合わせの中でも、とんでもないレベルでの「夢の実現能力」を持った人なのです。

 

ただ、それもあって、我欲(エゴ)も相当スゴい。

 

そこを抑えて、罰して、おそらく生きてきたのを

 

自分を解放してから伸びたということで

 

「ゲスくなろう」という言葉が一時期流行したと思うのですが

 

 

 

 

要するに

 

彼のいう「頑張らない」というのは

 

「自分のホンネを殺して生きない」

 

という意味であって

 

 

 

つまり

 

「頑張らない」という言葉に惑わされてはダメで

 

「頑張りたい」人は、「頑張ればいい」ということなんですね。

 

 

 

そこを、真正直な僕は

 

文字通り「頑張らない方がいい=自分はエネルギーを出さない方がいい」と受け取ってしまったワケです。

 

 

 

 

ちゃうちゃう、と。

 

 

 

 

万人に共通する

 

「こうする方がいい」

 

というセオリーはそもそも存在しない

 

 

 

 

のです。

 

 

 

 

 

 

万人に共通する原則はただひとつ。

 

 

 

「ホントの自分を知り、ホントの自分を受け入れ、ホントの自分になれ」

 

 

 

ということ。

 

 

 

 

 

 

それを、僕は

 

 

 

自分をアキラ(明ら)める

 

 

 

という表現にしているんです。

 

 

 

 

 

 

 

僕がその

 

「ホントの自分らしく生きる」という状態に

 

たどり着くことができたのが

 

 

 

心理占星術

 

 

 

のおかげだったんですね。

 

 

 

 

 

 

僕はこれから

 

この心理占星術を

 

これまで自分の中で閉じていた「月星座 おひつじ座(火原人)」を解放して

 

マジメに、熱く、明るく

 

でも、うお座(水超人)の繊細で、チャラくて、ユルくて、でも愛に溢れた部分も出しながら

 

これからやっていこうと思ってます。

 

 

 

現在イメージしているのは、次の三本立ての流れです。

 

 

 

● 自分をアキラめるが「わかる」 セミナー ←これまでやってきているもの

● 自分をアキラめるが「決まる」 ワークショップ

● 自分をアキラめるが「叶う」 マスターコース 

 

 

 

 

「マジメでアツいのに、ユルくてホッコリする」という

 

144分の1の天才アキラワールドを全開にして

 

3月以降、展開していくので

 

楽しみに待っていてくださいね。

 

 

 

 

 

 

×

 

 

 

 

 

 

 

 

 

* * * お知らせ * * *

 

 

心理占星術

 

●  「自分をアキラめる」心理占星術 セミナー   
- 2月24日(土) → 満員御礼
※ セミナー/講演会開催のご依頼は、こちらから

 

● 自分を生きるがラクになる「エレメント人種論」 → こちら

 

● エレメント人種別 「あなたの天才はこれだ!」 → 火原人 地原人 風原人 水原人 火成人 地成人 風成人 水成人

 

 


ベル  講演会/セミナー研修のご依頼はこちら   

 

ベル  個人セッションは → こちら 


 

 

  

英会話

 

● TOEIC満点の元心理カウンセラーが教える「アキラ式英会話」 → こちら
親御さん&教育関係者は必見です。


 

 

 

⚫ LINE@ 

僕の気づきの言葉を日々配信中! 

 

友だち追加

 


 

 

 無料メールレター | イベント情報 | お問い合わせ
  LINE@ | Facebook Instagram | Youtube

 

 

岩瀬 晃(アキラ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント