羽生結弦くんのインタビューから感じた「心理占星術」の効果 | 岩瀬 晃の「アキラ(明ら)めれば、うまくいく」

岩瀬 晃の「アキラ(明ら)めれば、うまくいく」

自分を知り、相手を知り、宇宙(真理)を知れば、人生はもっとラクになる。

心理占星術をベースにオリジナルで考案した「エレメント人種論」で、ホントウのあなたの魅力と才能に気づいてみませんか?


テーマ:
ども

アキラです。



ピョンチャン冬季オリンピックで

羽生結弦くんが3か月ぶりにリンクに帰ってきて

で、そこでインタビューに答えてたのを見て

ふと思ったことがあって。




あんなに万全にいろんなことに臨む彼が、4年に1度のオリンピックを前にケガをして

で、普通なら、たぶん、自分で自分がいやになるだろうし

「どうせこれじゃメダルなんて無理だ」

っていう気持ちになってもおかしくないと思って。



でも

インタビューの雰囲気を見ていても

あまりそういう感じだった印象を受けなくて。



とても冷静に

そしてとても前向きに

3ヶ月間、やるべきことをやって

このオリンピックにベストになるように合わせてきた



そこに自分の意識と行動のすべてを

寸分狂わずに合わせてきた

何ならみんなの期待を超えるくらいのパフォーマンスをする勢いで。

そんな風に見えたんですね。






ここまでならよくある話で。




僕はいま、何かある度に必ず

その人の太陽星座と月星座

つまり

天から与えられた才能(当たり前にできること)と

感情が満たされるポイント(本性・本能的欲求)

を見るんですね。





彼は

太陽がいて座(火超人

月はみずがめ座(風超人

なんです。




この組み合わせで一言間違いなく言えることがあって


湿り気(悲観)ゼロ



なんです。



「何でこんなことしまったんだぁ。。。俺はダメだぁ。。。人生は何でこんななんだぁ。。」

「どうせここから頑張ったって、きっとメダルはもう無理だぁ。。。もういっそ心理カウンセラーになったほうがマシだ。。。。」


と、水超人(うお座)にありがちな、悲劇の人モードにはまっっったくならないわけです。



「ほーー、こうなったか。じゃーどうすればここから結果を出せるかな?」

という冷静・客観的自分と



「まぁ、俺ならなんとかできるだろ!」

という楽観的な自分


その両方を持っているんですね。





心理占星術の良いところは

この二つが事実かどうか

ということよりも



ある出来事を見たときに

自分の普段のフィルター(思い込み)とは違う視点で

それを見ることができる、感じることができる



つまりは

自分の思考のクセに気づける

ってとこなんですよ。





「羽生くんはあんなにすごいのに、自分はだらしなくて。。。」

なんて比較を始めるような場合は



まぁ、それがもっと頑張ろうという前向きなエネルギーにつながるなら、それはそれでいいけれど (ちなみに僕には「火」のエレメントがあるので、そこはいい影響なんですね)


もし「自分なんて・・」につながるようなら


今日の記事のように

心理占星術(エレメント人種論)を使って

自分の「偏った視点」から抜けると

また新しい世界が広がりますよ(^-^)/









* * * お知らせ * * *
 

 

 

心理占星術

 

 「自分をアキラめる」 心理占星術セミナー   

- 2月24日(土) → 満員御礼
※ セミナー/講演会開催のご依頼は、こちらから


 

● 「自分を生きる」がラクになる 「エレメント人種論」 → こちら


 

 

● エレメント人種別 「あなたの天才はこれだ!」 → 火原人 地原人 風原人 水原人 火成人 地成人 風成人

 

 


ベル  講演会/セミナー研修のご依頼は こちら   


 

ベル  個人セッションは → こちら 


 

 

  

英会話

 

● TOEIC満点の元心理カウンセラーが教える「アキラ式英会話」 → こちら
親御さん&教育関係者は必見です。
 

 

 

 

⚫ LINE@ 

僕の気づきの言葉を日々配信中! 

 

友だち追加

 

 

 

 無料メールレター | イベント情報 | お問い合わせ
  LINE@ | Facebook Instagram | Youtube

 

 

岩瀬 晃(アキラ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント