プレゼンテーションの意味 | そんな感じ
2010年05月20日

プレゼンテーションの意味

テーマ:マンション日記




無事にコンペが終了しました。


今までコンペをする側は何度も経験しましたが
大型のコンペをされる側は初めて。

しかもされる側(マンション側)の意識統一がされていない状態だったので
ある意味、ピュアな評価が得られる。


コンペは各25分の発表と20分の質疑応答の45分。



今回は既存管理会社を含めて4社となる。







1社目

野○××サポート

総合的に判断して非常に良かったのではないでしょうか。
担当者の説明や時間配分。プレゼンで通り一遍等の内容だけではなく
ちゃんと提案を盛り込んでいてくれているのが、良かったと思う。




2社目

長○工××○○

少々残念だったのが、20人以上の評価者がいるコンペにもかかわらず
紙での説明。
もう、今ではプレゼンといえばパワポを使うのが常識と思えるくらいだが
使わないのは、正直びっくりした。

「使わない」のではなく「使えない」のか?
(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)




3社目

×和○○(もう、すでに何だかわからんw)

ここもパワポなし。
不動産業界ってそんなに遅れているの?
キレイなビジュアルって見る側にとっては非常に大事なのに。。。
内容は提案も含めて良かったのじゃないだろうか。





4社目

既存会社

名誉のため内容は伏せます。






結果的には上から順番に点数が付いたのですが、
そこではなく、住民の反応がびっくりです。




そもそも、既存会社がひどいから、こうやってコンペを行っているのに
そして、既存会社のプレゼンが残念すぎる結果なのに。




「もう少し、慎重に検討しましょうよ」




こ、これは。。。
問題の先送りとしか考えられない。



意思統一が図れていないと、このような意見が出てくるのか。。。
いろんな人が住んでいるマンション。

全てのニーズに応えることは出来ないが、より良い暮らしを
目指すのは管理組合のミッション。




さて、ここから先は2社に絞り込んでの最終検討です。




あ、まだ住民の皆様と意見交換会がるんだった。。。




そんな感じ



yonekensevenさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス