1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-02-10

幸せを呼ぶもの

テーマ:インドネシア土産

ガネーシャ

今日のお土産はガネーシャ。
幸福の神様、お金の神様、幸せの神様・・・ なんか色々言われているみたいだけれど、
私の中ではなんかHAPPYを導いてくれる神様、そんな感じです。

このガネーシャはバリで買ったものです。
ガネーシャというとインドとかバンコクとかのイメージかとも思うのですが、
バリ島のしょぼいスーパーの片隅に眠っていたのを発見したものです。
派手な色合いや金ぴかなガネーシャが多い中で、
こんな寂れた感じのガネーシャはとっても私のハートをくすぐります。どことなく遺跡ちっくな感じも大好き。

私の旅でのお土産探しに現地のスーパーマーケットは欠かせませんが、
スーパーの2階の隅っこなんかに眠っているこういうお宝に出会えた瞬間がたまりません。
旅先のお土産SHOPはどこも同じような商品が多く、
私の心に訴えかけるお土産にはあまり出会えないのもよくあることです。
現地のスーパーがいつも当たりというわけではありませんが、
もう何年もそこに置きっぱなしのような商品こそが私の求めていたものだったりするんですよね。。

世界一周でも、もちろんスーパー巡りはしまくるつもりでいます。
世界各国のスーパーがどんな感じなのかを知れるだけでもとても楽しみです。
さらに私だけを待っているお土産に出会えるかも・・・と思うだけで、つい急ぎ足になりそうです。

励みになっています。応援 ありがとうございます。 キラキラ バナー キラキラ


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-07-31

愛の貝がら

テーマ:インドネシア土産
貝がら~


写真の貝がらはビンタン島で拾ったものです。
でもね、私が取ったんじゃないんです。
YON彼がイトシイ私のために(←ということにしときましょ~)一人で海から拾ってきてくれたのです。
おぉ~YON彼ありがとう~~ラブラブ
ビーチへの旅では各地の貝がらを拾いたいと思っている私なので、
ビンタンの海で貝がらを拾うことをとっても楽しみにしていたのですが、
体調が悪いせいもあって海には入れず、拾えなかったのです。

砂浜にある貝がらは欠けていたり、小さかったりでイマイチなものが多いもの。
形もしじみとかあさりの親戚みたいなのばっかり・・ということも少なくない。
で、少し深いところの海で拾ってきてくれたのです。
しかも、私がスパで極楽~を味わっていたときにです。ますますありがとう~音譜

私が3回もスパへ行くものだから、さすがにヒマになったらしい。
でも男一人で海辺で貝を探す姿はとっても哀愁が漂うらしいです。
ホテルのスタッフが慈愛の目で見つめていたらしく、
「すっごく恥ずかしかったよ~~!この巻貝なんか取るの大変だったんだから~~」
ととっても楽しそうに言ってました!!

全国の殿方!!
密やかに奥様や彼女のために貝がらを拾えば、ますます愛が深まります。
旅先で奥様とHAPPYな毎日を送るあなたも、旅先で彼女とけんかをしてしまったあなたも、
ぜひお試しあれ~~

あっ!でも、一番は自分で拾うこと。
淑女のみなさんはぜひ海で探してみてください。
リゾート気分が一気に盛り上がります~


応援ありがとうございます。しっぽ振って喜んでおります~→バナー
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-07-26

持ち帰れません。

テーマ:インドネシア土産
種

コチラ何だか解りますか?
解ったあなたはかなりの南国通??
正解はマングローブのたねです。
私は初めて見ました。マングローブの種。
全体像はこんな感じです。

たね全体


長さが25センチはあったと思います。
これがタネと言われてもどこからどう芽が出るのか私にはさっぱりなのですが、
初めて見るものは何だか嬉しい。。

この種は、ビンタン島でマングローブツアーに参加したときにツアーの関係者の人にもらったものです。
普段、旅先でツアーに参加することはほとんどなく、
遺跡・博物館などでは、他のツアーのガイドの説明をこっそり聞いたりする性質なのですが、
今回のツアーは行ってよかった。とっても楽しかったです。

マングローブの森


小さなボートでマングローブの森までぐんぐん進み、森に入ってからはエンジンを切って、
静かな森をガイドさんの説明を聞きながら進みます。
なんとこのガイドさん日本語が話せた!よって解説はありがたい日本語でした。
ツアー前に動物・植物の英語名を必死で紙にメモっていた私には涙ものの感激です。

ツアーではいろんな種類のマングローブや変わった植物をあれこれ教わりながら、
動物たちとのご対面を期待して目を凝らします。
ツアー前の説明によると、サル・カワウソ・ヘビ・サギ・カワセミなどの動物を見ることができるかも・・・
ということでしたが、実際にはほとんど見られないらしい・・・
しかし、日頃のオコナイのいい人が多かったに違いない我々のボートでは、
サルを3度も見ることができるというラッキーに遭遇しました。
ちっちゃいけれど、分かりますか~サルです。

ウッキー


サルを見つけたときはボートみんなが大喝采!
私「うわぁ~サル!サル~」←思わず日本語!
前に座るおばさん「うんうん。見たよ~おばさんも見たよ~」←翻訳私。何語か分からず、たぶんマレー語??
と、言葉は通じなくても心は通じる。
そんな楽しいひとときを過ごしました。

このマングローブのたねは私の後ろに座るツアーの女性がボートから手を伸ばし取ってくれたものです。
このツアーではガイドさん他、スタッフの皆さんがお客さんを楽しませようという心意気が伝わってきて
とても楽しい時間を過ごせました。

せっかく頂いたお土産のたねですが、日本持込は確か出来ないはずでしたので、
ビンタン島に置いてくることになりました。
持ち帰りは出来ないお土産ですが、こんなお土産もいいなぁ~なんて思います。


クリックして頂けるとうれしいです。お願いしますデス。→バナー
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-07-23

天国プラス地獄

テーマ:インドネシア土産
常夏パラダイス

この写真を見ているだけで、あのビーチでのシアワセのひとときを思い出せます。
とっても暑かったけれど、最高の時間をくれる場所です。

だが、しか~し、天使あるところ、悪魔もいる!!
そう、この、世にも美しいところには、世にも恐ろしいものも住んでいた!!
これ、何だかお解かりですか?
虫除けクリーム

虫除けクリームです。
ここ、ビンタンのビーチにはサンドフライという、
そりゃ~いやぁ~なちっちゃ~い蚊~みたいなのが住んでいるんです。
それはホントにちっちゃくて、ぼけっとしてると、目にも見えないくらいです。
(いやっボケッとしてなくても見づらいです!)

事前にその情報は得ていましたが、
ビーチの入り口にこのクリームがゲスト用にたくさん置いてあることを知らなかったんです。
日本製の効き目柔らかそうなスプレーをしゅ~としながら、
きっとサンドフライの時期はもう終わったに違いないなどと、
自分に都合の良い解釈だけは忘れずにビーチを楽しんでいると、私もYON彼も共に餌食になりました。
はじめは痒くないので、甘く見ていたら、あら大変!!
今は落ち着きましたが、日本に戻ってもまだ痒いという状態でしたもの。
(YON彼はまだ少し腫れた状態です!オソロシヤ~)

そんな試練を伴うビーチですが、朝のビーチのお散歩はとても気持ちよかったです。
朝の砂浜

ほとんど人がいないので、広い砂浜は貸切みたいでした。
彼らの餌食になると分かっていても、お散歩は最高~♪

この虫除けクリーム、お土産用にちょっぴり頂いてきちゃったので、
この夏の登山にも使って日本の虫にも効くが試してみよう~と思っています。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-07-15

真夏の浜辺での戯れ!

テーマ:インドネシア土産

今回のビンタン島旅行では、ホテルアンサナに宿泊したわけですが、
私にはこのホテルに泊まるお楽しみがありました。どうしても会いたかった方がいたんです。
実際に会えるかどうかわからなかったので、不安でしたが、ラッキーにもお会いすることができました。

いいですか、心の準備は・・・






とかげちゃん


じゃぁ~ん。オオトカゲちゃんです。
キモイでしょ!(おっと失礼しました)
写真をクリックしてアップにするとさらによ~~く見えますよん♪

上の写真ではトカゲだか何だかよく分からないので、ちょっとひいて見てみると・・・

ちょっぴり大きい


トカゲのような・・・恐竜のような・・・ジュラシックパークのような・・・

こちらで軽く1メートルはある立派なオオトカゲです。
私のデジカメはしょぼい望遠しかついていないコンパクトタイプなので、
アップの写真など、そうとう近づいて撮っております。
背中あたりの皮膚は近くで見ればみるほど、気持ち悪いです。
しかもしっぽが長くってへびみたい。
皆様もゾワゾワ感を味わっていただけるでしょうか?

長~い


しっぽ長いんです。

私はこのとかげをリザードリサ子と命名してみました。

このホテルの敷地内では、オオトカゲを見ることが出来ると聞き、ひそかに楽しみにしていたのです。
朝の散歩のときなど、ホテルの敷地でひなたぼっこしてるリサ子は、
ことのほかかわいいのです。(←遠目に見ると・・・)
彼女はああ見えて逃げ足はとっても速い。追いかけるとあっという間に草むらに逃げ込む。
だから炎天下の午後、暑さでぐったりしてトカゲのくせにビーチに出てきて海に入って涼もうとするリサ子を
追っかけてみたりして真夏の午後の戯れを楽しんだりしていました。

お土産に1匹もらってきたかったけど、私は決して爬虫類好きではなく、むしろ嫌いなので、
この写真がお土産です。

みなさま、真夏の夜に少しでも涼んでいただけましたでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。