道元和尚広録(5-404)



【原文】

明明百草更逢春。拈得一茎用得親。丈六金身興梵刹。蓮宮未染水中塵。殿裏元為主、堂中会接賓。等閑従仏経行処、三界不如仏道人。

【訓読】

明明たる百草更に春に逢う。一茎を拈得して用得すること親し。丈六の金身、梵刹を興す。蓮宮未だ水中の塵に染まらず。殿裏には元より主為り、堂中にしては賓を接することを会す。等閑に仏に従って経行する処、三界には如かず仏道人。

【意味】

明らかにあらゆる存在が、更に春に逢い、その草の一本をつまんで、親しく用いている。丈六の金身や、梵刹を興すのである。そして、蓮の宮殿は未だ水中の塵に染まらず、その宮殿の中には元から仏祖である主人がいて、堂中にあって修行僧である客を指導している。いたずらであっても仏に従って経行するところに、三界を超越した仏道人がいるのだ。
道元和尚広録(5-403)



【原文】

活眼環中照廓虚、芥城・劫石妙窮初。腰頭縦帯風流袋、家裏何無一字書。

【訓読】

活眼環中、廓虚を照らす、芥城・劫石、妙窮初。腰頭縦え風流袋を帯すとも、家裏に何ぞ一字の書無からん。

【意味】

仏法の活き活きとした眼の中に、この虚空の世界を照らすこと、一劫という無限の時間を経た、妙に窮まって新たな様子である。腰に、風流の袋を持っていても、その中に、どうして一字の書も無いのか(それがこの世界の真の姿である)。

道元和尚広録(5-401)


【原文】

鼎辺不管文殊、把柴三吹不唖。

【訓読】

鼎辺には文殊を管せず、柴把って三たび吹いて唖ならず。

【意味】

台所には文殊はこだわらない、(潙山が百丈に与えたように)柴をとって三回吹いても唖者ではない。


※唖とは言語障害者も意味する言葉だが、ここでは黙っている人を意味している。

道元和尚広録(5-398)


【原文】

全身半座何階級。箇是永平第一頭。

【訓読】

全身半座何の階級ぞ。箇は是、永平の第一頭なり。

【意味】

修行者の全身、そして分かち合った座、これはどのような階級なのだろうか。これこそまさに、永平寺の第一頭( 首座 )である。

道元和尚広録(5-396)


【原文】

今朝吉祥紅炉開、達磨眼睛抉出来。縦使歳寒何欲比、一華五葉雪中梅。

【訓読】

今朝吉祥紅炉開く、達磨の眼睛抉出し来る。縦歳をして寒からしむるとも何ぞ比を欲う、一華五葉雪の中に梅。

【意味】

今朝、ここ吉祥山 では紅炉を開き、達磨の眼をえぐり出した。たとえ、冬が寒いとしてもどうしてそれを他と比べられようか。雪の中に、一華五葉の梅が咲く。

道元和尚広録(5-392)


【原文】

雪雪千里万里。片片不同不別。逐歌逐舞乾坤新。埋月埋雲火井滅。五葉六華、応時応節。不怕夜凍及歳寒。澗松山竹虚心説。

【訓読】

雪雪千里万里。片片不同不別。歌を逐い舞を逐い乾坤新なり。月を埋み雲を埋めて火井滅す。五葉六華、応時応節 。夜凍及び歳寒を怕じず。澗松山竹虚心に説く。

【意味】

雪は千里万里と彼方まで降り、その一々は同じでも別でもない。歌い舞って天地は新しくなる。月を埋めて雲を埋めて、爐が消えてしまった。五葉、六華と教えが広がるのは、その時節による。夜の寒さや寒い季節でも恐れることなく、谷間の松も山の竹も、虚心に教えを説いているのだ。

道元和尚広録(5-391)


【原文】

従来生死不相干。罪福皆空無所住。

【訓読】

従来生死不相干。罪福皆空無所住。

【意味】

従来の生死には関わることはない、罪も福もみな実体はなく、留まるところはない。



お世話になっている和尚さんのお寺も、地震で被害を受けたとのこと。岩手・宮城内陸地震の被害に遭われた方全てにお見舞い申し上げます。

道元和尚広録(5-390)


【原文】

健即坐禅無瞌睡。飢来喫飯大知飽。

【訓読】

健なれば即ち坐禅す、瞌睡無し。飢来れば喫飯す、大いに飽くことを知る。

【意味】

健やかであれば坐禅し、眠ることはない。腹が減ったならば飯を食い、大いに腹一杯であることを知る。