街を歩けばどこもかしこも桜が満開桜

思わず自然に笑みが溢れてしまう、やっぱり嬉しい季節です

こんなにぽかぽか陽気だと、絵本も一気に春めいたものが読みたくなり…

絵本の世界とリアルな世界を重ね合わせられると、楽しみが広がるだけでなく、子どもの感じる力をさらに引き出すことができるもの。

そんなまさに今!いてもたってもいられずご紹介したいのは、こちらの絵本ですニコニコ


『うさぎのくれたバレエシューズ』
安房直子:文 / 南塚直子:絵 / 小峰書店
可憐で、華やかで、女の子なら誰もが一度は憧れるバレエのお話。

「おどりがじょうずになりますように」と願う主人公の女の子の一途な想いと清らかな心が、そのまま挿絵になったかのような美しい絵本。

桜色の表紙の、女の子とうさぎたちの何とも言えぬふわふわした可愛らしさに胸が踊ります。

ストーリーの優しさと繊細さ、言葉の柔らかさと響きに、心もぽかぽかじんわりと温まるよう。

そして…女の子とうさぎたちが一緒に踊る場面では、桜の花びらがくるくる舞う様子に、今まさにこの時期の景色と重なり嬉しさでいっぱいに。

{ACC6E919-F613-4B5C-B9F5-6CA5C6A46F54}

久しぶりにこの絵本を開いたおかげで…

’もしかしたらウチの子、何にでもなれる?!’ かの勢いで、いろいろなものに興味を持って、たくさんのことを不思議だな、素敵だなと感じられる子になってほしい考えていた、今となっては遠い日を思い出し。。。

そのうえ、できるかぎり本当のことに出会って、その中から好きなものを自分で選び取ってくれたらと願っていて。

それが、だいぶ大きくなった我が子の今に、直接何に、どこに繋がっているのか定かではありませんが、親のその想いだけは何となく届いているものなのかな、と。

習い事に限らず、日々の子育ての中で、子どもの何気ない小さな努力をたくさん褒めて、たくさん受容することの大切さ。

そんな、小さな頃から積み重ねた根拠のない自信でさえも、子どもが自分の可能性を信じて歩き出す力に、ほんの少しはなっているのかも、とも。。。

日本にたくさんの桜の歌があるように、桜の絵本もまた、遠い日に想いを巡らせる力があるものですねニコニコ


ページをめくれば、あっという間にたくさんのことを夢見ていた少女の気持ちなれる絵本。

ママさんや、大人の女子にもおすすめですニコニコ桜

{ABB0A99F-26F8-43DE-9FF1-0F9A0978A6D6}


ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符

流れ星絵本講座を開講しています流れ星


桜4月9日開講ビックリマーク 景山聖子監修 
『6ヶ月でお話し会ができるようになる』
毎月第2月曜日 10:30-12:00


桜景山聖子監修 『絵本で子育て・
パパもママも笑顔になる!読み聞かせのコツ』
毎月第1日曜日 13:30-15:00


ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符ブルー音符