認知症 自宅介護はシレ〜っとシレ〜っと♪(´ε` )
  • 12May
    • 老人ホーム選びの基準について

      お久しぶりです\(^o^)/平成から令和の時代が始まって、令和最初のGWが終わって一週間更年期...現在進行中です (´Д`) =3 ハゥー更年期、めっちゃきついです...引き続き、命の母と酵素ドリンクのお世話になりながら、どうにかこうにか動いているって感じ(´;ω;`)このひと月にしていたことですが実家の父と、腰骨折で入院中の義母様この二人の入所できる老人ホーム施設をさがしてまして義母は4月18日実父は5月1日それぞれ入所することができました。で、今回の施設探しの時の基準について皆さんの参考にしていただくためにかかせていただきますね(*^_^*)【まず、実家の父について】私の実家はとにかく貧乏で、貯金なんてものはなく、父と母の年金のみで生活している状況なんですね。なので、施設探しの基準は、とにかく値段の安さと、実家の母が通いやすい距離ってだけで施設を決めたんですよね。なので、大した期待もせずに入所してもらったんです。値段が安いから、建物や器具など、とても古くって、少々不潔感がぬぐえないところなんですよねでもね、安いのに、従業員がとても頑張っている施設で食事も施設内で調理して、とても美味しそうな料理が出されていました。父は自宅で、最後の1~2口を残す癖があるんですが、施設の食事はとても美味しいようで、完食してました(^^♪で、認知機能の低下がある父ですが、お喋りをすると、まともな時が多い状態(歩くことが困難だということと、下の感覚がないので、常時おむつが必要ってことで入所)様子を見に行くと、同じレベルの認知症の方が数名いらっしゃって仲良くお喋りをしている様子もありました安い施設なのに、父も家族も満足できるレベルを提供している本当に良い施設に入所することができました(^^♪【義母の施設について】問題は、義母の施設選びだったんですね義母は少しばかりの貯金があったので、実家の父よりは少しばかりランクを上げて探したんですよね・居住環境は清潔であること・日当たりと風通しが良い部屋であること・従業員同志が仲良く笑顔で仕事をしていること (従業員同志の連携をとるために重要だと思います)・親戚が会いに来やすい距離であること昼間はデイサービスがあるので、それなりに楽しんでくれるだろうと思ってたので昼間のことは、あまり重視していなかったんですよねそこが悪かった⤵⤵⤵入所から1週間、様子を見に行くと痩せてしまって、目だけがぎょろぎょろと動いている義母がいるんですよね(゚д゚)!スタッフに「ごはんたべてます?」って聞いてみたら「小食ですけどね、食べてますよ」ってことなので様子を見ていました。入所から2週間たったころ「食事をまったく食べないんです。お茶と味噌汁だけしか口にしてくれなくって困っています」って連絡があって見に行くともともと痩せている義母でしたが、本当に骨と皮だけミイラと同等くらいにやせ細っているんですねもともと痩せている小柄な義母 36kgだったのが、27kgまで痩せてしまって(;゚Д゚)夕ご飯時を狙って、もう一度様子を見に行ったんですねおかゆと味噌汁、おかずはペースト食が出されているんですが見た目からまずそうオエ━━━━━━(´Д`|||)━━━━━━!!!!う~ん、これじゃ超絶頑固な義母では無理だわしかし、人間限界まで腹が減ったら、とりあえずなんでも食べるもんだけど超絶頑固な義母は、味噌汁以外口にしないという徹底ぶり!!!大急ぎで、義母の好きな「煮豆」「野菜ジュース」「スイカ」を差し入れ煮豆を少し食べたところで、あとはスタッフに任せて帰りましたがペースト食を指定したのは、どうやら旦那普通食に戻して様子見ようってことにしてますけどね(´Д`)デイサービスで、ほかの利用者さんとお喋りしているのか聞いてみると他の利用者さんは、義母よりも認知症が進んでいる方ばかりでお喋りしてもらおうとしても「私はあんたたちとは違う」という気位の高さから喧嘩になってしまって、いまではしゃべる人もいなくなっているっていうんですねε-(;-ω-`A) フゥ.で、お喋りできる人が多く入所するところを、改めて探そうってことになって隣近所の地域の方が多く入所している施設を探しているんですねで、私たちが見落としていたことなんですが入所する本人が、楽しく毎日を過ごせる場所かを見落としていたんですよね一言で認知症といっても、まだまだ判断能力も備わっている方から、何もわからなくなっている全介助が必要な方まで、いろんなレベルの方がいらっしゃるんですよねで、私からのホームを探すときのアドバイス事前に見学に行くときには、食事時間を狙っていくことそして、しばらくそこで様子を見てみましょう認知機能の状態が、入所家族と大体同じくらいの人がいるのか(要するに、お喋りできそうな人はいるのか)食事時間であれば、食事内容のチェックそれから、食事時にはスタッフの動きも見ることができるので、家族がここに入居した場合の想像がしやすいのではないでしょうか運よく、すでに入居された方の家族と会うことができたら、話を聞いてみましょう。この施設の良いところ、悪いところの話が聞けたらラッキーですね・お喋りできそうな人はいるのか・食事はおいしそうかこれって、一番重要なことだったんですね(・´з`・)義母の件に関して、うちは主人が本当によく頑張ってくれています。私は、実父のこともあり、あまり様子を見に行けていないんですが、主人は2~3日置きに、洗濯物を交換しながら通ってくれています。やっぱり、実子が協力してくれるのはとても心強いですよね(*^_^*)ってことで、あなたが老人ホームを探すときの基準として参考になれば幸いです。【追記】家族から見てよさそうな施設でも、本人にとってはいごごちが悪い場合もありますよね。なので、気になる施設を見つけたら2~3日のショーステイを利用してみることをお勧めします。 ショートステイ中の様子をみてみたり、本人の状態をみて決めるのも、一つの方法ですよ♪

  • 12Apr
    • 「許す」ということ

      ご無沙汰してます。今年に入って、更年期障害がはじまってしまったアラフィフ嫁の味方です。。。((+_+))いや~更年期障害、めっちゃつらいですね⤵⤵⤵命の母と酵素ドリンクを飲み続け、ようやっと楽になりましたよ~(*´ω`)このブログの読者さんの年齢層は、先輩世代の方から、お若い方まで様々だと思います。私よりも若い方、今のうちに更年期について調べておいたほうが良いですよ~なめてかかっていた私は、あまりの辛さに、仕事しながら涙がとまらなくなってましたからね~><とかなんとか言ってますが、今日の話題とは関係ない話でしたね(;^_^Aさて今日はメンタルの部分についてのお話「許す」ということについて・・・以前の記事で、義母には、嫁いできたときから嫁いびりされていたけれども、それでもシレ~っと介護できるようになったってお話しを書きました↓↓↓これですね♪認知症の症状にいちいち反応していた人の行く末このお話の続きにもなるのかな?って思うんですけどねたくさんの嫁いびり?をされたのにもかかわらず私が今こうして、義母に対してある程度の愛情をもちつつしれ~っとした介護ができるのはね「許す」ことができたからだと感じるんですよね許すことができずにいる時ってねまるで、両側が刃になっている剣を持って、相手を傷つけに行くようなものなんですよねそれって、持つところも刃だから自分も一緒に傷つけているわけなんですよ相手を許すことができたら、剣を持つこともなくなるわけだから相手も自分も傷つくことが無くなるんですよね許すことができない人って、自分で自分を傷つけていることに気が付いていないって思うんですよね(過去の自分なんですけどね( ;∀;))で、私のなかで、義母のことを許せるようになったからこうして、しれ~っと介護ができているんですよね♪許すことで、私自身もか~な~り~楽になりましたからねで、あれだけのことをされて、鬱にまでなったのに、どうして許すことができたのか?義母が認知症初期のころね、私に対する暴言や暴力酷かった時期があったんですけどね(今、思い出しても、めちゃくちゃ辛かった。。。(´Д`))もちろんその時は、認知症の症状ってことも頭ではわかっているけど、やっぱりねメンタル的につらかったんですよね(´;ω;`)でも、認知症中期になると、暴言、暴力がある程度落ち着いてきて(って言っても、完全になくなったわけではない。。。)とともに、だんだんと私のメンタルも落ち着いてきてねそうなると、なんだか義母が不憫に思えてきてね(・´з`・)そこからは結構、割り切って対応していくことができていたんですよねそして、そのころから、や~っと主人も介護に参加してくれて認知症初期の頃の主人は「あんな頑固な婆さん、放っておけ!」としか言ってくれなかったから、余計に大変だったしね(´Д`)だからね、認知症介護でシレ~っと介護していくには、認知症初期では難しいんですよね暴言などの症状が落ち着いてきてデイサービスなどのサービスに慣れだした中期ごろからならできるようになります(^_-)-☆そのころになると、介護している自分の心も整理できるようになってきっと、今までの苦労を許せるようになりますからね♪シレ~っと介護できるまで、頑張りましょ(^^♪今日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

  • 26Mar
    • 特養と老健の違い

      先日、うちの主人と、自宅介護ができるボーダーラインについて話す機会があったんですねその流れで、そろそろ、義母の施設を探そうかって話しててそのなかで、主人が、老健と特養の違いがわからないっていうんですね(・´з`・)で、会社の介護友達に聞いても「違い?わかんない」っていうし。。。もしかして、このブログの読者さんでも、その違いがわかっていない人がおおいのかな?って思いました。なので、今日はね、特養と老健の違いについて説明しますね突然ですが、あなたは、自宅で介護できる境目を考えたことはありますか?このままいつまで自宅介護を続けるんだろう。どこまでなら、自宅介護できるけど、どういう風になったら、施設に入ってもらおうとかってことは考えていますか?その度合いは、介護する側の考え方と体力や、生活状況によってさまざまなんですけどね例えば自分で歩けず、車いすになったら自宅介護は無理深夜徘徊が始まるようになったら自宅介護は無理暴力をふるうようになったら自宅介護は無理介護される方の性格にもよりますが、介護する側が限界を感じる前に、どこまでなら自宅で介護できるっていう自宅介護の限界の目安として、ボーダーラインを引いておく必要がありますよねで、施設を探すときの最初の希望ってやっぱり費用面からなんですよねで、施設を検討するときに安いところを探そうと思ったらまず、最初に出てくるのが特別養護老人ホームではないでしょうか?で、よくそこで、混乱されるのが「特養」と「老健」なんですよねこの違い、知っている人って意外に少ないみたいですねどちらも、介護保険が使える施設ってことは同じなんだけどねその正式名称と、それぞれの違いについて書いてみました(*^_^*)介護老人保健施設(老健)とは<目的>介護を目的というよりは、リハビリ目的の施設になるんです。介護を受けながら病気治療とリハビリをして、将来的には自宅に戻ることを目的としています。<入居できる期間>リハビリで自宅復帰を目指すという目的から、原則3か月。ただし、状態によっては6か月程度までなら延長ができる場合もあります。その場合は、施設側と要相談となります。<要介護条件>要介護1~5<入居費用>月/9~20万円(入所一時金なし)※あくまでも一般的な価格であり、施設ごとに異なる※<医療費>老健では、リハビリと病気治療を、同時に行うため、入居費用の中に医療費が含まれています。特別養護老人ホーム(特養)<目的>介護を受けながら、長期的に生活していく場所。寝たきりでも介護が受けられる。<入居できる期間>期限はなし。終の住処と考える人が多いです。<入居の条件>要介護3~5<入居費用>月/8~13万(入所一時金なし)※あくまでも一般的な価格であり、施設ごとに異なる※<医療費>入居費用とは別で実費それぞれの利用についてどちらも、介護保険が使える点は同じなんだけどね一時的に入居するか、終身で入居するかによって違ってきます。ただ、老健は入居の期間がが比較的短期間なので、入居者の回転率が高いんですね。なので、入居するまでに時間はかかりません。それに比べ特養は、費用が比較的安く抑えることができる点と、終身で入居するって考えが強いため、希望者が多いんですね。なので、入居するまでには、数か月~数年の順番待ちになることが多いです。ほとんどの場合、病院に入院すると、自宅介護が難しい家庭などでは、病院から老健に移動しリハビリしてもらうって流れになります。そして、老健でリハビリしてもらっている間に、特養に申し込みし、順番待ち老健の入居期限が切れたら、別の老健施設に移動そういう風にして、あちこちの老健を移動しながら特養の順番を待つ人が増えているそうです。腰の骨を折って入院中のうちの義母なんですが、実は私も、同じことをたくらみ中なんですよね(゚∀゚)ただ、うちの義母の場合は、持病が多く、飲んでいる薬が多いことから、お薬代で医療費がオーバーしているってらしく...数件の老健に問い合わせているんですがね、今のところ全部断られてしまってるんですよね...老健じゃなくって、有料のホームで安いところを探してみようと思っています(*^_^*)ってことで、あなたの自宅介護の限界を感じた時の参考にしていただけると嬉しいです(^^♪自宅介護は、できるだけしれ~っとしましょうね(^_-)-☆今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)/

  • 19Mar
    • ストレス解消できてます?

      こんにちはいつもブログを読んでいただいて、ありがとうございます(*^_^*)前回の記事で、反響ありましたので、あなたがしれ~っと介護できるようになるために、色々とアドバイスできたらいいなと思っています(*^_^*)その前に色々と準備が...もう少しお待ちくださいね(^^♪で、今日はこんな話私の仕事はね、コールセンターでの電話対応なんですけどね内容はというと、お客様の悩みを解決するアドバイザーをしているんですね(守秘義務があって、内容はお教えするこちはできないんですけどね)で、いつも思うことがあって相談してくるお客様って、とりあえず困っているから相談してくるんですけどねここがわからない  とかこの方向にもっていきたいんだけど、どういう方法があるかわからないって感じにピンポイントに質問される方って少ないんですよね逆に、自分が何を解決したいのかを解らないままに相談してくる方のほうが圧倒的に多いんですねとりあえず、自分が今の状況に至るまでの話をゼロから話始める中には、関係ない話を交えてくる人もいるから、いつまでたっても、何が困っているのかが見えてこないんだけどね( ´艸`)昨日こんなことしていて、だれがどうして、そしたら私がこうなってそうしたら、こうなって、結果こうなったんです~(TㇸT)んで、半端じゃなくとっても困ってるんです~(´;ω;`)てな具合にね(笑)でね、私としては、そういうお客様ってには、時間をかけてたくさん話を聞いてあげるんですねそうするとね、入電直後はパニックになって、どうしたらいいかわからなかった方でも時間をかけて、たくさんの話を聞いてあげると最終的に気持ちの整理ができて自分がどうしたいのかそうなるには、どういう行動をしたらいいのかってことが自然と見えてくるんですねでね、何がいいたいかっていうとこのブログの読者さんからいただくコメント読んでいるとね介護において何に困っているのかっていうよりもね・ストレスためずに介護をしていきたいけどどうしていいかわかんなかったりとか・とりあえず、愚痴を聞いてほしいけど、だれも聞いてくれる人がいないとか・周りに同じ介護をしている人で、気持ちを解ってくれる人がいない・とりあえず、この辛さを誰かにわかってほしい・頑張っている自分を認めてほしいって思っている人が多いように感じるんですねで、そこで電話のお客様と、重なってきちゃうんですよね私はね、誰かに聞いてもらうってとっても大事!!って思うんですよね(´∀`)そして、自分を認めてもらうことって、とっても大事!!それも、同じ介護のつらさを解ってくれる人に聞いてもらうと自分のなかのわだかまりが消えていくのが早いように思うんですよね最初は何が言いたいのかわかんなくってもとにかく、自分の心の中にあることを吐き出すたとえ話している内容が、支離滅裂だったとしてもたくさん話して、たくさん聞いてもらうことで自分の心が落ち着いてどうしたいのかってところを整理できるようになってくるしね(*^_^*)なんだかね、職業柄だと思うんですけどね皆さんの本音の部分のね愚痴とか、今の状況とかね生の声をもっと聴いてみたいなって思ったんですよね(´∀`)そうすることで、イライラしていたり、不安定になっていた心を少しでも落ち着けることができたらいいなって思っています(*^_^*)いつも、最後まで読んでいただき、ありがとうございます(^^♪

  • 17Mar
    • 認知症の症状にいちいち反応していた人の行く末

      こんにちは(^^♪今日はね、私のことをお話をしようと思います♪結婚して今年で12年なんですけどお金の都合で、結婚と同時に義母と同居の生活が始まったわけなんですけどね今思い返したらね、本当、新婚から最悪なスタートだったんですねめっちゃ沢山の嫁いびりをされていたんですよね(´Д`)義母様ったらね私が買ってきたものと同じものを買ってきたりとかはまだいいほうで夜中から台所の大掃除を始めて、家族が寝ているのも構わずに大きな音を立てまくってくるんですねガッシャ~ン!バタン!バタン!どす~ん!旦那は慣れているらしく熟睡しているし大きな物音がするたびにね私だけじゃなく、当時赤ちゃんだった子供達もびくっとして起きてしまったり夕飯用の味噌汁とかをね帰ってきたらすぐに必要だからって、朝のうちに作り置きしたりしてねあと、物なんかでも、帰ってきたらすぐに必要だから出しっぱなしにすることってありますよね?そういった味噌汁やものを、勝手に捨てちゃうんですよね朝出かけるときに「これ、帰ったら使うので、触らないでくださいね」とお願いして出ていくんだけど帰ってきたらごみ箱に捨てられていたり( _ _ )「触らないでって言ったじゃないですか、なんで捨てるんですか?」って聞いても「私は触っていない、泥棒扱いするな!」と逆切れされてみたり日中、家にいるのは義母だけだから、ほかの人が触るわけないんだけどね(_ _|||)あとね、誰もいない昼間、主人の部屋に勝手に入って、机の上に置いてあった調理師免許を捨ててくれたりとかもあったんですねその調理師免許がどれだけ大事なものなのかわからずに義母としては、散らかっているから片付けてあげた程度にしか思っていないんですよね(´Д`)かと思えば、プレゼントされたものを、数日後、くれた本人に向かって「これいらないから上げる」といってみたり(∥ ̄■ ̄∥)私の実母が遊びに来た時に、実母に向かって私の文句を言ってくるとか(;゚□゚)ガーン!!どれをとっても、性格の悪い人が嫁いびりをしているとしか思えないことばかりなんですねでも、親戚からの話では、少し自我が強いけれども、周りに気配りをする人だというんですねΣ(・ω・ノ)ノ!今までの性格が変わったのか?私が嫌いだから、私に対してだけなのか?もうね、どう考えても、親戚の前では外面で取り繕ってて家族に対して本性がでているんだろうとばっかり思っていたんですよね普段気配りのできる人が、自宅ではできないって・・・でもね、今だからわかるんですけどねこういうのって、全部認知症の前触れだったんですねその当時は、認知症の人が周りにいなかったしねこういうのが、認知症の前触れだなんて全くわからなくって完全に嫁いびりだっ~て思ってしまってねそういうことで、毎日ストレスが蓄積されていってですね 同居 出産 子育て 家事それらのことに押しつぶされそうになった私は「鬱(うつ)」になっていたんですねで、自分では鬱になっていることも気が付いていないっていう.....義母のおかげで、離婚寸前までいきましたからね毎晩、主人に離婚を迫ってましたからね~で、5年くらい前から明らかにおかしいって症状が出始めてね同じ話を繰り返しするようになってきてそれから、匂いがわからなくなったりただでさえ、料理下手な義母が、さらに下手になってしまってその出来上がりったらねもうね、料理っていうよりは残飯と呼んだほうがぴったりくるようなものを作っちゃうんですね整理整頓、お掃除ができなくなって、部屋が荒れ放題になってきてそれから、やたらと被害妄想が強くなってきてあと、夜中限定でのことなんだけどねトイレの場所がわからなくなって、あちこちで失禁するんですよねで、朝起きてパンツが濡れていることを、嫁のいやがらせといってみたり夜中、目がうつろになって徘徊らしき行動がはじまってねかと思えば、全身鏡にうつる自分と会話してたりするんですねその様子をみた私は「お義母さん、霊と交信してる!!((((;゚Д゚))))ガクガク」って思いましたね(゚д゚)!そのころから、大事なものといらないものの区別がつかなくなってきて保険の証書とか、健康保険証を捨てようとしてみたりカレンダーの写真のモデルさんをみて、数年あっていない自分の息子の写真だと言い張ってみたり家から徒歩10分くらいの場所に出かけて迷子になってしまったり(その日はたまたま帰ってこれたんだけどね、迷子になって怖かったことを話してましたからね~)その時期になると、認知症の知識がない私でも絶対におかしい!って思ってましたからね~そこから病院に受診してもらうまでがねほんっっっっっっっっっっとうに苦労しました゜゜(´□`。)°その体験談も後日書いていこうと思いますそこから、いろんな戦いがあって(長くなるのでハショリますね)やっと今、介護保険サービスを使って安定している時期なんですね安定しても、毎日いろいろとバトルはあるんですけどねそれでもね、ストレスためずにシレ〜っとできるようになったんですね~♪(´ε` )あなたにも、毎日いろんなバトルがあっていろんな悩みや葛藤がありますよねその気持ち、わかります!!ということで、シレ〜っと介護できるようになる秘訣などもねお伝えしていこうと思います(*^_^*)楽しみに待っていてくださいね~♫

  • 10Mar
    • しれ~っと介護するために

      私のブログを楽しみに待っていていてくださった方々しばらくブログ更新できていなくってごめんなさい(m´・ω・`)m子供の進学問題やら、義母の体調不良なんかが重なって時間が取れなかったんですよね(;´Д`)で、ブログ更新できない間もね、皆さんからいただいたコメントやメッセージを何度も読み返してましたよ~♪いつも、本当にありがとうございます(*^_^*)コメントを読み返しているとね物盗られ妄想で泥棒扱いされて心がパンク寸前になっている方とか自分の家族が認知症になったらどうしようって不安を抱えていたりだとかご自身が認知症になって、誰かに迷惑かけてしまわないかってことを不安になっていたりだとか担当のケアマネージャーに対する不信感があったりとかね何度も同じことを言われて嫌気がさしている方とかね介護に必死になりすぎて、心身共に疲れ切っていて介護うつ寸前まで来ちゃっている方介護優先しすぎて、自分の疲れを後まわしにしてしまっていて、そのことに気付いていない方とか本当にね、みんな疲れてしまっているな~って感じるんですねやっぱり、みんなねストレス発散して、メンタル的にも良い状態にして介護をしていきたいって気持ちなんですよね~でも、なかなかうまくいかないから悩んでしまうんですよね~(>_<)それって、なんでそうなるのかな(´・ω・`)周りに、介護の愚痴を聞いてくれる人がいないからストレスがたまりっぱなしになっていたり旦那さんが愚痴を聞いてくれなかったり聞いてくれたとしても、嫁にまかせっきりで自分も協力しようって気がさらさらなかったり愚痴を聞いてくれる人がいてもね友達に愚痴ってみても、介護経験がない友達だから気持ちまではわかってくれなかったりだとか愚痴を聞いてくれる友達と時間が合わなかたりで結局、ストレス発散ができずにいたりとかね⤵⤵⤵あなたの心はいつも叫んでいませんか?「誰か助けて~」ってこの状況から抜け出したい!介護拒否する時間が欲しい!誰かに愚痴を聞いてほしい!!って介護うつにならないために、どうしたいいんだ~ってしれ~っと介護できるようになりたい!!そんなあなたの心の声が聞こえたように感じたんですね(*^_^*)しれ~っと介護ができるようになりたい!しれ~っと介護はどうしたらできるのか?ってそんなにうまくいくわけないじゃん!そんなしれ~っと介護なんかできっこないって思っていませんか?大丈夫!あなたもできるようになります!近いうちにその方法を書いていこうと思いますね♪(´ε` )

  • 10Feb
    • 認知症ではない高齢者に運転をやめてもらうには

                        今日はね、過去にアップした記事「認知症の人に運転をやめてもらうには」この記事に対して、コメント欄にて相談がありましたので、今日はそちらにお答えしようと思います!(^^)!以下本文転記---------------------------------90歳になる義父は、今年の免許更新も更新すると言っています。認知症ではないけれど、耳も遠いし理解もできてなく、歳相応の衰えはしっかりあります。愛車の軽トラはキズだらけ。去年の雪が積もった朝、轍がなくて田んぼか道かわからない状態なのに、その道を通り見事田んぼに落ちました。ケガはなかったけど、対応する私達夫婦と業者さんは大変でした。本人は知らんぷり。返納のニュースや高齢者の事故のニュースを見ても、「○○(私)みたいな大きな車に乗っている運転が下手なもんが、事故するんだ」と(私の車はプリウスだからそんなに大きくないけど)、自分のことは高ーーーい棚の上に持ち上げて言ってくれます。全て他人事、自分の事としては想像もできないようです。認めたくないんでしょうね、自分だけはそんな劣っていないと思いたいんだろうな。とはいえ、認知症じゃなくても、なんとか丸め込んでやめさせることってできないのでしょうか。-------------------------------------------------認知症の方には、認知症を診断したお医者さんが、運転をやめるように指導しないといけない立場であることを書きました。でもね、質問者さんのお義父さんは認知症ではないとのこと。本当はね、お住まいの生活状況など、もっと詳しい状況を聞いて、個別にアドバイスしたほうが良いんだけどね同じように悩んでいる人がたくさんいらっしゃると思ったので、一般的なアドバイスとして記事にさせていただきますね(^^♪本当はね、頑固な方ほど、50代後半~60代という早い段階から、運転できる期限(制限年齢)を家族でつけてあげるのが一番いい方法だと思うんですね70歳になったら免許は返納しようねって、時間をかけて、ず~っと言い続けてきてね(*^_^*)ご本人には、その年齢が近づくにつれて、車がない生活のイメージをシュミレーションしてもらっておくんですね(´∀`)そうすることによって、車がなくっても安心して老後を送るイメージもできてくるしねそれが一番平和に解決する方法だと思うんですね(^^♪でも、ご相談者さまの場合は切羽詰まっていらっしゃる(´・ω・`)愛車の軽トラはキズだらけとのことですが、お父様の運転する車に乗せてもらって、お父様の運転が危険だと判断をされてのご相談でしょうか?誰も乗せてせてもらえないならば、お義父さんの安全のためとかなんとか理由をつけて、ドライブレコーダーを取り付けて見て、危険運転していないかどうかを見極めてみてください去年の雪が積もった朝に、田んぼに落ちてしまったそうですが、こういうことがたびたび起きているのでしょうか?もし、危険な運転を何度かされているようなら、それこそ認知症になっているかもしれません。先に、認知症検査をされることをお勧めします。もし、検査もされていて、認知症ではないと判断されていたとするとね。。。私も、同じ介護する側の立場として、高齢者には運転をやめてほしいとの思いも充分わかります私がなぜ、そういうことを言うかというと、いままで、運転を楽しんでいた方がね急に運転をしなくなると、急激に認知機能が低下してしまって、一気に認知症になってしまうリスクがあるんですね。特に、相談者様のお義父さんのように、超絶頑固な人ほど、その傾向が強く見られます((+_+))なので、運転をやめてもらうかどうかの判断って、慎重に見極めたほうが良いと思うんですねご家族で、これでもかってくらい話し合ったほうが良いと思います( ..)φメモメモそのうえで、判断されたとして私からいくつかアドバイスをさせていただきますね提案1:理由を聞いてみるそもそも、お義父様は、どうして運転しないといけないんでしょうか?お父様なりの理由があるはずなんですねまずは、お父様がなぜ運転をしないといけないのかって理由を、ご本人から聞き出したほうが良いですね(^^♪その理由が、私たち世代からみたら「え?たったそれだけの事が理由なの?」と思ってしまうかもしれませんでも、ご本人にとってはかけがえがない理由だったりね例えば、近所の人の足替わりに使ってもらって、他人様の役にたつのがうれしかったり買い物に行くための、足であったり→この場合は、新たな楽しみとして、タブレットを買ってあげて、ネットショップを教えてもいいかもです♪聞き出せたら、いつもそばで見ていらっしゃるご家族で解決できるようにいろいろと手助けをしてあげるんですねそうして、車がない生活に徐々に慣れていってもらうこれが一番平和的だけど、たぶん相談者様のお父様ってか~な~り超絶頑固もの!!この方法では無理そうかな。。。(´;ω;`)提案2:傷だらけの軽トラを買い替えるかなりお金がかかるので、あまり現実的ではありませんが、金銭的に余裕があるなら、車の買い替えを検討するのもいいかもしれません。「今の軽トラは傷だらけだし、今の車は安全性が高いから」などと言って車を買い替えるんですね。買い換えるとき、「家族みんな、孫も乗れるから」と、ワンボックスカーを購入してもらうんですね。今の車って、昔の車と違って、たくさんのボタンなどあって、かえって操作が複雑で、高齢者にはチンプンカンプンですよね~お義父さんが運転は無理ってなって、自然とやめてくれるかもしれません提案3:運転免許センターのスタッフに事情を話してグルになってもらう家族がわざと免許証を隠す↓「紛失したから免許証センターに一緒に行こう」と再交付の手続きに一緒に行く↓センターの人に家族からこっそり事情を話す↓本人に「もう一回探されてみませんか?」と言って貰い、再交付せずに家に一旦帰る↓結局見つからない(物忘れが酷くなったと自覚させる)元運転免許センターの方がおっしゃるには、大体その後再交付に再度訪れる人は少ないそうです。また、更新日から6か月経過した場合は、免許失効となり、新たに運転免許試験を受け直すこととなります。なので、6か月間、上記を繰り返すことにはなります。提案4:そのほかの第三者にグルになって説得してもらううちの義母と同じように、こういった超絶頑固な高齢者は、家族や身内の話は絶対に聞き入れてくれません!なので、第三者に説得してもらいましょうかかりつけ医はいますか?主治医さんに事前に相談し、グルになってもらって、運転をやめるように説得していただいたら如何でしょうか。例えば運転中は血圧が上がるので脳卒中の危険性が高いとか、心筋梗塞の危険性があるとか耳の検査をした際に 、診断書に大きく次の免許更新は無理でしょう。と書いてもらいます。これを見て多少は運転の限界に 気持ちが傾くのでではないでしょうかあとは、車検や修理をしてくれる整備士さんにお願いして、修理には20万かかるとか、この車は廃車にしたほうがいいとか保険屋さんに、「法律が変わって今年から、80歳以上の高齢者には保険の更新ができなくなった」と言ってもらうとか整備士さんや保険屋さんには、説得してもらう代わりに、これからは自分たちの車はお宅にお願いするからとかって、条件を出せばひきうけてくれるかもしれませんあと、年齢が小さな、小学校低学年以下の孫やひ孫はいませんか?お年寄は、小さい孫には弱いもの孫やひ孫が一緒に乗っている時に、「おじいちゃんの運転こわい~」「おじいちゃん、私が死んじゃってもいいの?」などと言ってもらうと、素直に運転をやめてくれた例もありますまた、奥様がご健在でしたら「免許返納しないなら、離婚です!」と一言、奥様からビシ!っと言ってもらうのも一つの案です本当なら、高齢者が運転をしなくても生活ができるように、法律整備やインフラを整えていくことが先だと思うんですがね。。。今の現状では、まだまだ時間がかかりそうですものね上の3つの提案でダメだった場合、法律が整うのを待つしかないのではないでしょうかそれでもどうしてもやめさせたいって場合には、無理やりにでも車を運転できないように強行手段をとるしかないでしょうね事実上、車を壊すはっきり言って、そこまで来るとね、きっとお父様との間で、修羅場が待ち受けていますその修羅場を乗り越えて、うまくいって運転しなくなったとしても、そこから急激に認知機能が低下して、認知症のリスクが高くなりますなので、運転しなくなった後には、認知症の発症を遅らせるためにも、セニアカーに乗り換えてもらうなど、お父様も生活が楽しめるように家族でフォローはしてあげてくださいね鍵を隠したりとか、バッテリーを外したりして成功された方もいらっしゃるようですが認知機能がはっきりしている方の場合、鍵屋さんを呼んで新しい鍵に交代したり修理屋さんを呼んで修理させたりで、根本的に解決することができません。因みに、廃車は本人からの委任状が無ければ、廃車することができません本当に危険な運転をされていて、ご本人にも何度も説得をしているのに全く聞き入れてくれないとうとう家族側の堪忍袋の緒が切れた!ってときには、悲しいけれども、そうしないといけないのかなぁ。。。しかし、このまま危険運転を続けて、他人様を巻き込んでしまってはそのほうが、きっともっと修羅場です人身事故が起きてしまってから、後悔しても遅いですよね。家族だけが巻きこまれるならまだいいほうで、他人様、特に未来のある子供の命を奪ってしまっては本当に大変ですこれがダメなら別の方法、それもダメならまた別の方法というように、運転を止めてもらえるまで根気よく続けることが重要なのではないかと思うのです。上でも話したけれどもね、これらの方法でうまく免許を返納することができたとしても、その後、認知症になってしまうリスクもね、ちゃんと考えて認知症になると、免許がないことを忘れて運転したり車を処分したことを忘れて、新しい車を購入してみたりとかってこともあります。(悲しいかな、今の日本は車購入時に免許書がなくっても買えちゃいます)くれぐれも、運転をやめた後のリスクまで考えてあげてくださいね今日の内容は、ちょっと重かったですね( ;∀;)認知症ではないけれども、高齢のご家族の運転をやめてほしいあなたもの参考になればうれしいです。あ、そうそう、今日はシレ~っとは無しですね~(・´з`・)みなさんの体験談募集します(^^)高齢のご家族に運転をやめてほしいと願う方が、ほかにもたくさんいらっしゃると思います。高齢者の運転にと~っても悩んでいるご家族のために、ご自身の「成功談」「失敗談」など是非、コメント欄にて教えてくださいね(^_-)-☆沢山いただいた経験談は、ほかの方の参考になるように記事にしていきたいと思います。

  • 28Jan
    • 【認知症】介護でストレスを減らすためにできること

      前回の記事ではね、認知症の介護は、介護される側の気持ちを大切にした対応が大事ということを書きました。でもね、そうはいっても介護するほうも人間ですものいつも相手のことを考えていることなんてできませんよね。ある程度、こちら側も感情を出していかないとと気が滅入ってしまいます(´Д`)今日はね、介護する側がストレスをためないための対応方法について私が実践していることをご紹介しますね(^^♪これを読むことで、介護するときの気持ちが、すこ~し楽になります(*^_^*)逆に読まなかったら、ストレスとお付き合いしたままですよ~(゚∀゚)例えば、こんなことないですか?介護される側の人が、自分の失敗を隠すために明らかに嘘だとわかる嘘ををついて、ごまかしてくるとか...それとか、同じ話を何度も繰り返し話してくるとか...「やらないでいいです」ってやんわり断っているのにちっともいうことを聞いてくれずに何度も同じ失敗を繰り返してくれたりとかこういうことってとっても疲れるんですよねこういう時の対応方法ね、私の場合は自分なりのルールを決めているんですどんなルールかって言うとね同じ話は5回まではとりあえず聞いてあげる(・´з`・)でも、同じ話も6回目してきたら「その話はもう何度も聞いています。わかったからその話は終わりにしましょ。」といって、もう聞きたくないんだよってことをアピール( 一一)同じ失敗の尻ぬぐいするのは5回まで!5回までは頑張るけれども、6回目になったら怒ってもいいってルールねやらないでって言っているのに、余計なことをしてこちらの仕事を増やしたときね5回までは黙ってフォローするんですがね、6回目にはちょっときつい態度で「本当にやらないで下さい!」って言っちゃうんです(゚∀゚)黙ってやめてくれる時もあれば、逆切れして怒ってしまう時もあるんですけどね同じ行動や話を繰り返すときには5回までは我慢するけど、6回目には反撃していいっていうマイルールなんですね(^ν^)これね、結構有効な手段だと思いますよ~🎵6回目には文句を言えると思うと、結構5回までって我慢できるんですよね~今は3回目、あと2回同じことを話したら「もう何度も言うのやめて!」って言えるそう思うと、一旦自分が冷静になる時間ができるので結構イライラを抑えることができていましたよ~♫5回までは心に余裕をもって聞いてあげたり話を聞いていても「そうなんですね~」なんて余裕で相槌をうったりしてこのマイルールですが、私は5回って決めていたけどねあなたがやるときには、そのうえで3回だったり、4回だったり自分は何回目までなら冷静でいられるのかって試してみて自分なりの回数を決めちゃえばいいんです相手の気持ちになってできるだけ否定をしない対応をすることも、もちろん必要ですでも、介護するほうだって心があるんですからこういった方法でストレスをためないようにしていってもいいんですよねもちろん、反撃するときにはきつい言い方にならないように気も使いますがね~あなたも、ストレスを軽くするために、今日から試してみてくださいね(^_-)-☆今日も、シレ~っと介護でいきましょ(^^♪

  • 15Jan
    • 【認知症】介護する側される側の思考の違い

      認知症の介護って、ただの高齢者介護とちがって、とても難しいんです。普通の高齢者介護であれば、自分が置かれている状況をちゃんとわかってくれて受け入れてくれたり介護の方法が気に入らなかったとしても、なぜ嫌なのかを説明してくれるので解決しやすいんですね。でもね、そこに認知症が絡んでくると、自分は普通のことをやっているのに周囲が口やかましく注意してくる自分はふつうなのに、勝手に病気あつかいするな~!!てなっちゃうんですね本人は、認知症になっているって自覚もないからね、わからないんですよねでもって、普通に家事をしているつもりでいるけど全然できていないできていないどころか、プラスαで余計な仕事が増えているから介護する側としては、なぜダメなのか、どこができていないのか説明するより先に後処理に追われてキ~!!ってなっちゃう(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!やっと一つの後処理が終わったとおもったら、次の仕事が増えている⤵⤵⤵どんなに説明しても、理解してくれないから心のやり場がなくって途方に暮れちゃうましてや、ゴールが見えないから余計につらくなる...そんな悪循環を繰り返すから、もうダメってなって介護うつになっちゃう(-_-メ)これまでね、認知症介護について、いろいろと書いてきたけどね実際、皿洗い一つにしても「介護される側」と「介護する側」ではとらえ方が全く違うんですよねお互いの思いが全く伝わらないし、本当に心がつらくって悲しくなってくる時があるんですきょうはね、「介護される側」と「介護する側」の、それぞれのとらえ方の違いについて書いてみようと思います今日、これを読むことで、介護する側が介護される側の気持ちを、少しでも理解してスムーズな介護ができるようになって、すこしでも楽になれたらなって思います(^^)/【介護する側、される側の思考の違い】【洗濯】<介護される側の思考>  「あら?洗濯ものがたまっているわね。洗濯しましょう」  そう考えて洗濯機に洗濯物と洗剤を入れてスイッチをいれるんですが、床にあったマットや雑巾も一緒に洗濯機に入れて洗ってしまうんです。<介護する側の思考>  「あら?洗濯してくれたのね、干しておきましょ。」  洗濯物を干そうとすると、雑巾やマットが一緒になって洗われているのを見つけて激怒! 結果、もう一度洗濯をやり直したり、消毒までやったりで二度手間どころか、プラスαの手間がでて(#`Д´)凸【皿洗い】<介護される側の思考> 「あら?汚れた洗い物があるのね、洗っておきましょう」 そう思って、お茶碗などを洗うんだけど、家族から「もうやめて!触らないで!」と止められるので困惑<介護する側の思考> 「あら?お皿が洗われている??」 そう思って、水切りカゴの茶碗をさわると油ギトギトのまま⤵⤵⤵ 「ちゃんと洗っていない?水ですすいだだけで洗ったつもりになっている(# ゚Д゚)」 もう一度洗い直さないといけない手間と、水切りカゴにまで広がった油汚れを落とす二度手間で介護者落胆(´Д`)【食事】<介護される側の思考>「おいしそうなものが食卓に並んでいるわね♪でも、どうやってたべるのかしら?お腹すいてるし、食べてみましょう♬」食べたとたん、家族から「やめて!何するの!」と怒られて困惑<介護する側の思考> ほかの家族の分と分けてあるお皿に手づかみでおかずを食べだす 「そのお皿は○○の!あなたのおかずはこっちですよ」 そう言って、他の家族のお皿をそばによけるけれども、一度手づかみされたおかずは誰も食べない。。。介護される側は、目の前にあったから食べただけ介護するほうは、ちゃんとお皿を分けて盛り付けして、それぞれの分として目の前に並べているのに、なぜわざわざ他の家族のお皿から食べるのか困惑また、いきなり白飯の上にヨーグルトをかけて食べだしたり、ケーキの上から納豆をかけて食べたり...見ている家族としては、一緒の食卓にいるとゲンナリして食べる気が無くなってしまう行動ばっかり。 【徘徊】<介護される側の思考> 夜中にトイレに行こうと目をさますと、自宅ではない場所で寝ていた  「あら?なんで知らないところで寝ているのかしら?とにかく家に帰らなきゃ💦」焦って、外に出ようとすると、ドアが開かなかったり、家族に止められてしまって自由にできない(;´Д`)<介護する側の思考> 自分の家から出ていこうするので、制御  「どこ行くんですか?ここがあなたの家ですよ!ここがあなたのベット、いいから寝てください!」 毎晩、こんなことが繰り返されるから、介護するほうは寝不足と心労がたまってしまう。これらの例を見ていただくとわかる通り、介護される側とする側との認識には大きな差があるんですね介護するほうは、毎日毎日こんなことが繰り返されると「怒っちゃいけない」ってわかっているのに、どうしても怒鳴ったりしてしまって、自己嫌悪に陥ってしまいがち。。。介護される側としては、当たり前のことをやっているのに制御されたり怒られたりってなって、「なんで?」って疑問ばっかりになってきてどんどん自信をなくしていくこの認識のズレを少しでもうめるには、介護される側の気持ちを理解することしかないんですねできるだけ介護される側の思考を解っていることで、「この場合どう対処したらいいのか」が見えてくると思います。より、介護される側に寄り添った対処をしていくには、介護される側の気持ちに配慮しないといけません。上記の例が、これからの介護の参考になればいいなと思います。じゃあ介護するほうのことは置き去りですか?いいえ、介護する側が心も体も健康でないと介護はできません何よりも一番大事なのは「介護する側が心身共に健康であること」そのためには、心と体のリセットする時間を作りましょう介護を放棄して自分の体と心を休める時間をつくる!!そのために、普段から介護の愚痴を聞いてくれる人を作っていたりショートステイやデイサービスの利用で、介護放棄の時間を作りましょう(^^)/私もね「介護される側の視点に立って考えること」もちろん頑張っていますよその分、ストレスも半端ないですがね(笑)そのストレスはね、絶えず小分けにして吐き出すようにしています。平日はフルタイムで仕事仕事の時間は介護のことを考えないので、良いリフレッシュにもなっていますよ!(^^)!それから、職場に同じ介護の悩みをもつ友達を作って、ランチタイムにはお互いに愚痴の言い合い!これで、介護のストレスを小分けにしていきます。働き盛りのアラフィフの私は、こんな感じで、ストレスをためないように心がけています(^_-)-☆これを読んでいるあなたも、介護される側の気持ちを理解しつつ自分も介護うつにならないようにシレ~っと介護で頑張りましょ(^^♪

  • 11Jan
    • 高齢者の骨折はね~(+o+)

      私事ですが、昨年末に義母が腰の骨を折り、正月明けに入院になってしまいました。実は義母様、認知症になる前から骨粗しょう症だったんですよね。骨粗しょう症って、閉経後の女性に多いんですがね骨がもろくなっちゃうじゃないですか~( ゚д゚ )と~っても、骨折しやすくなるんですね('A`)認知症になる前の義母様は、夜中に寝がえりをしただけで手首を骨折した経歴があるんです(゚д゚)!それくらい、骨が弱くなっているんですね((+_+))高齢者の骨折は、寝たきりになる確率が高くなりますから本当に注意が必要今回は、腰の骨を骨折しちゃったんですがね、なんと原因が 咳 Σ(・ω・ノ)ノ!咳の衝撃で腰を骨折しちゃったんですね~そこで今日はね、高齢者の骨折を防ぐポイントをお伝えしようと思います(^^)/でもね、すでに、病院で診断されているかたは、医師の指示に従って治療を進めてくださいね。【高齢者の骨折を防ぐポイント】1.骨粗しょう症の予防骨粗しょう症は、自覚症状がありません。主に、閉経後、女性ホルモンの分泌が減ってくると骨粗しょう症になりやすくなります。女性は特に気を付けたいですね( ..)φメモメモ※骨を作る栄養素を積極的に食べる※・カルシウム:牛乳・乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など・ビタミンD:シャケ、ウナギ、サンマ、メカジキ、イサキ、カレイ、シイタケ、キクラゲ、卵・ビタミンK:納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス、キャベツでも、高齢になるにつれて食事の量が減ってくるので、上記の栄養をバランスよく食べることも難しくなってきます。そんな時には、市販のサプリメントに頼るのも良いと思います。 グルコサミン&コンドロイチン&コラーゲン(約3ヶ月分)送料無料 サプリ サプリメント コラーゲン コンドロイチン 配合 ヒアルロン酸 や MSM との相性◎ 健康 低価格 評判 口コミ オーガランド ネット 通販 健康食品 ogaland 【M】【Msp10】 【海外】 _JH_ZRB 価格:1728円(税込、送料無料) (2019/1/11時点) 楽天で購入 【送料無料】毎日骨ケアMBP 50ml×30本 【特定保健用食品】※ただし離島・沖縄は別途送料が必要となります。【mbp】【骨】【骨密度】【トクホ】【特保】【飲むサプリ】【RCP】 価格:5355円(税込、送料無料) (2019/1/11時点) 楽天で購入 ※日光浴※昼間は、日光に当たることで、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが作られます。いくら栄養をとっていても、日光にあたらずに、部屋から出てこない引き込みり生活だと意味がありません。30分程度の散歩が理想ですが、散歩が無理なら木陰で休んだりするだけでもいいんですよ!(^^)!外出時には、帽子や日傘を忘れないでくださいね(#^^#)※骨を強くする運動※壁に向かい合わせにたって、両手を上にあげて壁にもたれるだけで、骨の強化ができます(^^)/もし、立つことができない場合は、椅子に座ってタオルを持って、両手を頭の後ろにもっていくだけでもリハビリになりますよ(^^♪ただ、高齢者の場合は、転倒の危険がありますので、やりすぎに注意が必要です。自己判断せずに、デイサービスのスタッフと相談しながら行ってくださいね(^^♪2.転倒を防ぐための安全面を強化住み慣れた家の中であっても、筋力や体力が弱っている高齢者には、転倒の危険があります。今までは問題がなかった、とっても小さな段差も、つまづいて転倒することがあります。・床に物を置いたままにしない(滑りやすいマットなど)・段差があるところをチェックし、補助台を置くなどし、段差をちいさくする・滑りやすい靴下をはかない・お風呂場やトイレには、手すりを付ける・夜中の寝室は、豆電球をつけるなどして、足元が見えるようにしておくなどの対策をしましょう(^^)/3.すり足歩行の改善高齢者は、筋力が低下し、歩くときにすり足歩行になってしまいます。ご自身でも、下半身の筋力を落とさず、すり足歩行にならないためのリハビリが必要です。椅子に座ったまま、片足づつ上げたり下げしたり、足の指を開いたり閉じたりするだけでも、筋力のリハビリになります。ただし、いずれも無理は禁物です。本人のペースを大事にしましょう(^^♪ 【もし骨折してしまったら】高齢者の場合、骨折してしまったら、元の状態まで回復するのは難しいでしょううちの義母も、骨折の回復までに最低でも3か月かかるといわれています。3か月の間、ベットに寝たきりで療養するので、筋力が無くなることが目に見えていますそうなると、あとは本人の心構え次第ですもんね~本人がリハビリを頑張る気持ちが無ければ、そのまま寝たきりに突入となるでしょう(・´з`・)もしも、寝たきりになったら、今度は施設の検討が必要となります本人が「自宅で過ごしたい」気持ちが強いなら、リハビリを頑張ってもらうしかありませんね(^^)/私は、嫁として、生活面や心のフォローをしていかなければいけません本人的には、骨折を経験してしまうと、また骨折しないかどうか心配で、どうしても気持ちがナーバスになるはずですよね超絶頑固な義母様です退院後の生活を、どうフォローしていくか、嫁としての課題ですね~(´;ω;`)まっ!その時にはシレ~っと介護が復活ですからね~♪~(´ε` )進行形で介護しているあなた、お年寄りの骨折には充分気をつけて、シレ~っと介護で頑張りましょ(^^♪

  • 23Dec
    • 認知症の人に運転をやめてもらうには

      今日はね、大きな社会問題になっている高齢者の危険運転について書きますね。ここ数年、高齢者の事故が注目されています。これね、ずっと気になっていたんですうちはね、義母はもともと免許持っていないし、実家の父も認知症初期で素直に運転を辞めているし私の周りでは高齢者のの運転はいないんですけどねこういうニュースを聞くたびに、家族はとっても大変だろうな~ってね感じていたんですたぶん、家族は必死で止めていると思うんですでも、本人が言うこときいてくれない(´;ω;`)自主返納すると「運転経歴証明書」がもらえて、さまざまな特典を受けることができるのは知っていますよねでも、高齢者からしたら、そんな特典よりも自分で運転するほうがず~っとメリットがあるからやめられないんですね「事故を起こしてからでは遅いんですよ。」って何度も言っていることでしょうねでも、自分が衰えていることを認めようとしない超絶頑固な人ほど、家族の言うことに反発して聞いてくれない何とかやめさせる方法はないのかを調べてみましたよ~これを読むと、強制的に運転をやめさせることができますでもね、読まなかったらご家族が事故を起こして加害者になり、家族の一生が台無しになってしまいますよ~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルまずはね、高齢者ドライバーがなぜ運転をやめられないのかを考えてみましょう!(^^)!自分の衰えを認めない車が、日常生活には欠かせない足になっている運転が大好き無事故無違反であるという自信があるなどなど etc・・・比較的、認知症の症状が軽い初期のうちにやめてほしいですよねでも、どんなに説得しても本人が納得してやめてくれないだから、無理やりやめさせたくって鍵や免許証をかくしてみたり、バッテリーを外して車を動かなくしてみたりってね物理的にできることはたくさんあります。でも、物理的にやめさせたからといって、本人が納得しなければ逆上して暴力を振るわれたり暴言をはかれたり、家族間で険悪な雰囲気になって修羅場状態になってしまっては意味がありません要は「本人が納得して運転をやめてもらう」ことが重要なんですねでも、どんなに説得しても本人が納得してくれないから家族は困っている><じゃあ、どうするのか?75歳以上で、免許更新時期と重なるのであれば、公安員会で「認知機能検査」に合格しないと更新できないって法律がありました~ヽ(^。^)ノまた、若い年齢の方であっても、認知症だと診断された場合は、本人の意思とは関係なく、法的手段で強制的に運転をやめさせることができるんです!!誰がやめさせるの?強制的に運転をやめさせる権限をもっているのが認知症を診断した医者【認知機能検査と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)】このページをみてみると、臨時適正検査の結果、医師の診断書の提出が必要だとなれば、どうしてもに病院を受診しなければいけませんよね( ..)φメモメモまた、すでに受診して認知症であるとの診断が出ている場合には、医者は法的手段で「運転禁止令」を言い渡すことができるんです「法律で、認知症の方は運転してはいけないと決まっています。運転はもう潮時ですね。」と絶対的な立場から運転禁止をしてもらえるんです!ただし、認知症専門医ではない場合、このことをご存知ない医師もいらっしゃるかもしれません。もし、受診した医者がそのことをわからなかった場合には、あなたが教えてあげてください。公安委員会に提出する診断書などについて、こちらのガイドラインを参照してみてください。【道路交通法に基づく一定の症状を呈する病気等にある者を診断した医師から公安委員会への任意の届出ガイドラインについて】※まだ、認知症の診断を受けていない方はこちらの記事を参考にされて、先に受診されてくださいね。※【認知症かも?の時に受診してもらうには(-ω-;)】無理やり運転をやめさせたい気持ちもわかりますが、一番いいのは本人が納得してやめてくれるのが一番ですよね。免許証の有効期限内に、自主返納ができれば、いろんな特典を受けることができるし、それが一番いいんです。でも、どうしてもって時には認知症を診断したお医者さんにお願いしてみましょう(^^♪ただね、無理やり運転をやめさせるとね、認知症が早く進行してしまうことがあります。なので、運転をやめてもらったら、アフターフォローがと~っても大切になります。運転を楽しみとしていた人には、運転の代わりになる新たな楽しみを見つけてもらったり2~3週間に一度くらいは、家族で一緒にドライブに連れて行ったり要は、車を運転しなくっても楽しめるように、生活のサポートをしてあげる事なんですね(^_-)-☆日々を忙しくしている子供世代には、ちょっと辛いかもしれませんが大事故を起こして、家族の未来が真っ暗になるよりはいいと割り切りが必要です(^^♪今日の記事はシレ~ッとするわけにはいきませんが、家族の平和な未来のために頑張りましょうね!

  • 17Dec
    • 認知症【タイプ別】昼夜逆転のときの対処法

      人間、年を重ねると睡眠時間が短くなります。よく、お年寄りは早寝早起きだといわれるけど、認知症になると早寝早起きどころか昼夜が逆転して家族を悩ませることがあります(jοj)うちの義母さまも例にもれず、しょっちゅう夜中からタンスを開け閉めしバタンバタンと大きな音を出してねそのたびに、びくっとなって目が覚めるもんだからたまったもんじゃありません><驚いた心臓が、しばらくバクバクいって眠れなくなり、疲れが取れずで悪循環ほかの家族は慣れたもんで、ほとんど目を覚ましませんが、徘徊を心配している私はちょっとの物音で目が覚めるんです(´;ω;`)。そこから眠れなくって、もうね、こっちがおかしくなりそう!この昼夜逆転の症状ね、原因と対策がいろいろあってね、収まったと思ったらまた始まるんですねだから、治るってことはないんですよね~2~3日は、夜静かに寝てくれたらラッキーってくらいで捉えたほうがよさそう今日はね、認知症の症状で「昼夜逆転」の原因と対策についてお話ししますね。これを読むことで、あなたの睡眠不足が和らぐことでしょう(*´∀`*b)でもね、これ読まなかったら睡眠不足が続いて、目の下のクマが取れなくなっちゃいますよ~(´;ω;`)認知症にもね、アルツハイマー型、レビー体型、血管性などがあります。それぞれの特徴から原因と対策を考えてみましょう。アルツハイマー型【特徴】アルツハイマー型の特徴は、「覚えられない」「思い出せない」「時間や場所がわからなくなる」といった主な症状があります。そのため、主な症状がこちら脳細胞が破壊されていくので、眠気すら薄くなってきます。夜昼の感覚がなくなってくる。【対処法の例】「時間や場所がわからなくなる」といった特徴から、昼夜逆転しているパターンこの場合、朝は朝日を浴びて、できるだけ昼寝をしないようにさせ、夜寝るといった、規則正しい生活パターンに誘導しましょう。日中、デイサービスに行くのもいいですね。昼間の活動量を増やすと、夜は疲れて寝てくれる場合が多いですね。 レビー体型【特徴】レビー体型の特徴は「いろんな場面において調子が良いときと悪いときの差が激しい」「幻覚、幻視」「パーキンソンのような症状がでるといった主な症状があります。【対処法の例】レビー体型の場合、調子が悪いとき(うつの状態)には一日中寝て過ごすことが多いんです。ご機嫌を見ながらになりますが、家の手伝いをしてもらいましょう。危険がない程度で、洗濯物をたたんでもらったり、もやしの根を取る作業など、日常的に担当決めしてやってもらうんです。そうすることで、昼間に寝ないように誘導しましょう。また、レビー体の場合「幻覚、幻視」といった特徴もあります。見えないものが見えてしまって、不安で眠れない。壁のシミなどが、泥棒の顔に見えてしまうとか、誰かが自分を呼ぶ声が聞こえるなどがあります。幻覚や幻聴を訴えるときには、安心して眠りにつける環境づくりが必要です。例えば、眠るまでそばについてあげるとか、安眠の香りのするアロマも効果的です。ラベンダーの香りのアロマを焚くとか、良い香りのするハンドクリームを塗ってあげるとか、暗闇を怖がるなら、電気をつけて寝かせるなどもよいと思います。レビー型の人には、安心して眠りにつける、寝る前の習慣をつけるといいですね(^^♪【血管性】【特徴】脳梗塞や脳内出血で発症するタイプ。「言語障害」「手足の麻痺」「感覚の障害」などが主な症状。【対処法の例】「感覚の障害」などが主なこのタイプ。体のどこかが痛かったり、痒かったりして眠れない場合があります。痛ければ病院でお薬を処方してもらったり痒がったりするならばかゆみ止めの薬を塗布してあげるとか良いですね。必ずしも、タイプ別での対処法が効果あるとは限りません。また、その時々で原因も違ってきますしね今日は単に眠れないだけなどの場合、昼の活動を増やして疲れさせるとかテレビの余韻で興奮が冷めやらず眠れないとかねそのほかにも、どんなことが考えられるのか例を紹介しておきますね。・寝る前のアルコール・カフェイン・ニコチンの摂取を避ける・認知症の薬には、興奮を促すものもあります。投薬の時間を朝にするなど、医師と相談するのもよいですね。・寝る前にお風呂にや足湯に入ると、体が温まって眠くなりますよ。・以前に失禁して恥ずかしかったなどの思いがあれば、失禁が気になって寝れないかもしれません。 寝る前のおトイレはもちろん、尿取りパットやおむつも検討してもいいかもせれません。昼夜逆転はね、本人もつらいけれども、介護するほうも眠ることを制限されて疲れが取れ無くって、本当につらいです。うちの義母は、アルツハイマー型とレビー体型の混合タイプなんですよね。昼間にデイサービスにいった日は、結構眠ってくれるんです。問題はデイが休みの土日!やっと眠れる~と布団に入ってウトウトし始めるとねバタン!バタン!と部屋の模様替えやら、タンスの整理やらを始めるんですねTㇸTやっと眠れる~って時に、大きな音を出してくるんですからたまったもんじゃありません(>ω< )うちの義母の対処法はね、夜中のおやつを常備しておくんですしばらく大きな音が収まらなかったら、おやつを食べてもらうんですね食べることで気を紛らわせてもらってるんですよね!(^^)!温めた牛乳と一緒に食べてもらって、満足すると収まりますほとんどの場合はこれで静かになるんだけどね寂しいときにはお喋りが始まってね、寝かせてくれないんです~😭😭😭こっちは、早く眠りたいのに~(# ゚Д゚)徘徊されるよりはましだと思って、お付き合いしてますよε〜( ̄、 ̄;)ゞフーそれでも収まらない時にはね、旦那の出番!旦那が一言「夜中から騒ぐんじゃない!早く寝ろ!」というとね眠れなくっても部屋でおとなしくしてくれていますww介護する側は体力が必要、睡眠不足はストレスも大きくなりますよね(´;ω;`)どうしても、ひどい時にはショートステイを利用するのもいいのではないでしょうか。。。この記事が、悩めるあなたのヒントになりますように(^人^)今日も、シレ~っと介護で頑張りましょ(^^♪

    • 認知症あるあるパートⅡ「食事拒否」ってときの対処法( 一一)

      以前ね、認知症あるあるで「旺盛な食欲の対処法♪」を紹介しました。認知症あるある「旺盛な食欲」の対処法♪ところが、認知症の症状は時として全く反対の症状で「食事を拒否」する時があるんです。これって、なんでそうなるのでしょか?きょうはね、この「食事を拒否するときの対処法」をお伝えしますね(^_-)-☆一食や二食抜いたぐらいでは、健康への影響はないですし、ましてや死んでしまうことなんかありませんその程度であればね「こんな時もあるさ」くらいで良いんですよね。でもね、さすがに3食めも食べてくれないとなると、体力や健康が心配ですよね介護する側としては、心配だから無理やりでも食べさせようとしてしまいがちですけどねでも、ちょっと待って!!焦ってしまって、急かせたり怒ったりして、無理やり食べさせようとしたらダメですよそれ!かえって逆効果です!怒られたり、急かされたりして、食事イコール恐怖や嫌な場所だとなっていしまっては、ますます拒否されてしまいます。じゃあ、どうしたらいいのか?なぜ食事を拒否するのか、一度観察してみましょう。観察することで、原因が見えてくることもあります。原因がみえたら、解消してあげましょう。「食事をしない」「食事を拒否する」この症状ね、主に4通りの原因があるんです(もちろん、4通り以外の原因もあります)①認知症という病気から出てくるものアルツハイマー型認知症の方なら、直近の記憶から覚えきれないといった症状があります。それゆえに「食べ物を口に入れる→噛む→飲み込む」という一連の動作自体を忘れてしまっていませんか?または、目の前に出されたものが「食べ物である」と認識していないかもしれません。そんな時は、「美味しい大根の煮物ですよ」「暖かい味噌汁ですよ」などと誘導し「一口味見してみてください」などと言って、とりあえず一口目を食べてもらいましょう。一口を食べてくれることで、食べ物を口に入れて、噛んで飲み込むという動作を思い出し、食べ物を認識してくれることがあります。また、本人の前に座って一緒に食べてみましょう。視覚から、食事はこうやって食べるのだと、思い出してくれることもありますよ。②本人の生活習慣から出てくるもの例えば、「朝食はパンとコーヒー」など、長年培ってきたルーティンがある事だってあります。朝食はパンとコーヒーと決めているのに、ごはんと味噌汁が出てきたので食べたくないといった感じですね。栄養バランスも大事ですが、食べてくれないと意味がありません。本人の好きなものを出してみてくださいね。③体調不良やうつ状態からくるもの自分で体調が悪いことを主張できない人だっています。介護者は、毎日、顔色や表情・態度などから体調を察していかないといけないからつらいですね~体調不良から食べないのであれば、早めに受診して体調を整えてもらいましょううつ病の症状であっても、お薬で調整できることもありますので、早めに受診しましょう体調不良が続いているのに、病院に行ってくれなければ、どんどん症状は悪化していきます。どうしてもの時には、迷わず救急車を呼びましょう。④口腔内のトラブルがあるお口のケアができていなければ、当然、歯が無くなって食べれなかったりします。また、入れ歯が合わなくなっていたり、口の内に口内炎などの炎症があって食べれないとかがあります。本人が嫌がらないのであれば、一度口腔内をチェックしてみてください。何かしらトラブルを抱えている場合には、早めの受診をお勧めします。口腔内のチェックを嫌がる時には、やわらかい煮物や、しみないメニューを考えて出してあげましょうやわらかい煮物や豆腐といったものは食べてくれることもありますよ。もしね、上記の原因でも当てはまらなかった場合はね、こんなことも考えられます。・食事を提供する人を信用していない(毒を盛られていると思われている)→この場合には、旦那様や孫など、食事を提供する人を替えてみてでください。・レビー体型なら、実在しない子供などに食べさせようとしていたり→この場合は、否定せず話を合わせる必要があります。 少々面倒なんですが、もう一人分の食事と椅子を用意して、見えない人影にたいして「あなたもここに座って 一緒に食べてください」と演技してください。 一緒ならと食べ始めることもありますよ。・周りが騒がしかったり、姿勢が悪く、落ち着いて食事できる環境では無かったり→この場合は環境を整えてあげてくださいね。・何かに対して、抗議や抵抗している→これはもう、何に対してなのか話し合って解決してください。食事は人間の三大欲求のうちの一つですが、ただ単にお腹が満たされたらOKではありません一緒に食卓を囲んで、楽しい雰囲気で食べることが大事です見た目は大人なのに、内面は駄々をこねる子供と一緒だと感じることも多々ありますよね。介護するほうは、本当に大変だけれども、食事時間が幸せな時間になるようにしてあげましょう※そして、ここからは、我が家の義母のお話。。。ここ数か月、旺盛な食欲を続行中だった我が家の義母様ね昨日から突然食べなくなったんです気分のムラが激しいので、家族が寝静まったら出てき食べることが増えてきていたんですね~なので、今回も放っておいたんですねそしたら、一昨日に少量だけ食べて、その後は部屋から出てこないトイレには行くので、「生きてる!よかった~」とは感じてるんですがね家族が寝静まった夜中ですら、食べていないんです水分だって少量しか取れていないしそういえば最近咳と痰がでていたし、体調が悪いことが原因なのは明らか一緒に病院行こう!と誘っても、「自分でわかっている、放っといて!」と嫁を拒否!超絶頑固な義母様はいつも食事も拒否病院も拒否また、嫁の存在自体を拒否している様子なんですね~(T T)はいはい、嫁が嫌いなのはわかってますけどね、こんな時は聞いてほしいいですよね~うちの義母様の特徴なんですがね、体調がいいときは嫁の言うことを聞いてくれる(時もある)ヽ( ´ー`)ノでも、体調が悪いときほど、だれの言うことも聞かないで引きこもり~なので、どうしてもって時は、救急車を呼んで無理やり病院に連れて行くんですよね~治療して、体調がよくなったら「ごめんね~」なんて言って、機嫌よくなっている(# ゚Д゚)しばらく様子を見て、どうしても病院を拒否するなら3度目の救急車にお世話になるしかないですね( ̄□ ̄#)^ψむき~こんな義母ですが、嫁である以上は仕方ないと割り切りですね♪そんなわけで、あなたのご家族が、3食続けて食べてくれなくなった時には参考にしてみてくださいね(^_-)-☆そして今日もね、シレ~っと介護でいきましょ(^^♪

  • 11Dec
    • 認知症一番の問題!徘徊の対処法~

      認知症の代表的な症状の一つ「徘徊」認知症の方が徘徊すると、自宅に戻れなくなってと~っても危険です夏であれば熱中症、冬であれば凍死など、命に係わることだし、とっても怖いですよね。本人が危険なだけではなく、家族に被害が及ぶ事だってあります。数年前のニュースで、認知症の方が電車に引かれて亡くなり、鉄道会社から遺族に、720万円の損害賠償を請求する裁判もありました。最終的には、鉄道会社は敗訴となりましたが、、、でも、このニュースでは、自宅介護の限界を見たような気がしました(ノll゚Д゚llヽ)そして、このニュース、決して他人事とは思えません。明日は我が身と考えて、対策をしていかないといけませんよね。徘徊はね、介護していく中で、一番の問題点ではないでしょうか?寝たきりの人なら、徘徊することはないけどね足腰が元気だから徘徊できるんです足腰丈夫なのは良いことなんだけど、家族の負担がと~っても大きい!!だって、介護するほうは片時も目が離せないし行方不明になったときには、警察や地域住民へのヘルプが必要だしで肉体的ストレス、精神的ストレスがとても大きいんですよね(╥_╥)どうやって、安全を守るのか?!今日は、徘徊の対処方法や安全策をお伝えしますね(^_-)-☆これを読むと、徘徊に対する捉え方がわかり、ある程度スムーズな対応ができるようになります。逆に読まなかったら。。。どうなっても知りませんよ~(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル一般的に徘徊って聞くと、ただ意味もなくウロウロとしているイメージがありますよね?でも、それって間違いなんですよね。徘徊する方は、その人なりの理由(目的)があるんですよ例えば、自宅にいるのに、ここが自宅ではないと認識しちゃって「自宅に帰る」ていう欲求が出てくると外出→そして、自宅がわからずに迷子になったりとか財布がなくなったと家中探し回り、見つからないから外で落としたかもしれないと考える→探すために外出、自宅がわからずに帰れなくなったとか定年退職していることを忘れ、会社に行こうとしてみたりとか家族の顔を認識できずに、知らない人がいると思い、不安になって、衝動的に外に出てしまうとかレビー小体型認知症の方であれば、幻覚や幻聴の症状があるので、幻の人影を追いかけて出て行ったりとかどのパターンでもね、本人からしたら、最初は目的があって外出するんだけれども、途中で何をしようとしていたか忘れてしまって、自宅の場所もわからなくなって迷子になって帰れない。。。っていうパターンね(;유∀유;)自宅の中でうろつく分には、危険はないので見守ってあげていいんですけどね問題は、一人で外出させないことなんですよね~かといって、24時間付きっきりでいるわけにもいかない(´;ω;`)じゃあどうやって防いだらいいのか?【昼間の場合】①理由をきいてみる理由によっては、自宅内で解決できることだったりします。例えば、理由が「トイレをさがしている」だった場合はトイレに誘導するとか、「鍵をなくしたから」とかだった場合は、一緒に探してあげたりとか。些細なことが理由だったりしますので、まずは理由を聞いてみることですね。②外出しようとしていたことを忘れさせる「途中でお腹すいたら大変ですよ。ごはん食べてから出ていっってくださいね。」「お菓子とお茶でも飲んで、一息ついてから出て行ってくださいね」「明日の朝送りますから、今夜は泊まっていってください」などと声をかけ、しばらく一緒におしゃべりしてみて気持ちをほかに誘導してみてください。また、家の中でできる趣味や作業へ誘導するのも良いと思いますよ(^^)/→趣味がない場合は、洗濯物たたんでもらうなどの手伝いをお願いしたりね。そうして、外出しようとしていたことを忘れてくれたら大成功です。③玄関に、本人が興味を持つものを置いておく(例:お菓子や、趣味の物など)興味を持つものに気を取られている間に、心を落ち着けてもらいましょう。うまく気持ちが動いたら、しばらく一緒におしゃべりしてみましょう外出しようとしていたことを忘れてくれたら成功ですね(^^)/④一緒に付き添って外出するそれでも出ていこうとする場合などはね、無理に止めないほうがいいかも。。無理に止めてしまうと、反対されたっていうマイナスな気持ちだけが残って、余計に反発しして、力ずくでも出ていこうとしてしまいます。実際に、外出の衝動が収まらず、火事場の何とかでカギを壊して出ていく人だっています。しばらく歩き回ったら、落ち着いて一緒に帰ってくれることもあります。時間の余裕があるなら、無理に止めずに一緒に付き添ってあげてください。※注意※ただしね、ここで注意してほしいのが、どんな時でも強い口調で攻めたり、怒ったりしないこと。なんで怒られたのかを忘れても、その時に感じた嫌な気持ちだけは、ずっと残ります。それだけに「ここにいたら嫌な気持ちになる」と余計意固地になって、出ていこうとしてしまいます。それから、外出をできないようにしてしまうことで、強い反発が起きて暴言や暴力になることだってあります。衝動的に、2階の窓から裸足で出ていこうとして大ケガをしてしまうことだって考えられますよね。どんな時でも、落ち着いた口調で話して、気持ちを汲んであげるように心がけてくださいね。【夜間の場合】いくら介護中とはいえ、睡眠を削ってしまっては、こちら側が先に倒れてしまいます。夜間など、本人が自宅に一人になることがあるなら、外に出られないように対策をしないといけませんよね。※ただし、一日中閉じ込めるのは監禁になりますからね、昼間はやっちゃダメですよ~※物理的にできる対策がこちら(^_-)-☆・玄関のドアが開いたことがわかるように、ドアベルや人感センサーを設置する・手の届かない位置にもう一つ新しく補助鍵を設置する・玄関が開かない場合、窓から出てしまうことも考えられるので、サッシ用窓防犯錠を設置するとより安心です。   サッシ窓用の補助鍵の詳細はこちら↓↓↓ アルソックロック ALSOK LOCK 2個 アルソックマーク入り 送料無料防犯 鍵 価格:2824円(税込、送料無料) (2019/1/15時点) 楽天で購入  ・徘徊感知機器の準備(マットレス型・送信機型などがあります。検索してみてくださいね)→これは、介護保険が使える商品です。ケアマネに相談してくださいね♪ ※注意:ただし要介護2からとなります(´;ω;`) (代引き不可) 家族コール2D・ポケットタイプ HKP-2D テクノスジャパン (介護 チャイム 徘徊感知機器) 介護用品 価格:45360円(税込、送料無料) (2019/1/11時点) 楽天で購入 それから、万が一行方不明になった時のことを想定して、事前にやっておくこともありますよね。それがこちら・本人の行動パターンや立ち寄りそうな場所をあらかじめ知っておく・服や持ち物、靴などすべてに、名前と連絡先を書いておく。 中には、嫌がる人もいると思います。 どんな人でも、出かけるときには靴を履きますよね。中敷きの裏などに連絡先を書いたシールを貼っておくといいかもしれません。服などは、目立たないところに縫い付けるのもいいですね。・GPS端末を活用する GPSといえば携帯が思いつきますが、認知症の方は携帯を持って出るとは限りません。 私のお勧めは、「靴の中に入れるGPS」です。               詳細はこちら↓↓↓ GPS どこでもシューズ[認知症][防犯][徘徊][介護][独り歩き][軽量][靴][位置検索][行方不明][居場所][見守り][救命][探偵][スマホ][ドコモ回線] 価格:37800円(税込、送料無料) (2019/1/11時点) 楽天で購入  ・お住まいの地域包括支援センターや自治体等によっては、「認知症の人の見守り、SOSネットワーク」というシステムがあります。 これは、事前登録が必要なので、お近くの包括センターにお問いあわせしてみてくださいね(^^)/それでも、行方不明になってしまった場合は?①まずは、立ち寄りやすい場所やなじみの商店やコンビニ、公園や交通機関をさがします。②同時に警察に捜索願いを出しましょう。→自分たちだけでの捜索ではだめです。 同時進行で警察にも連絡しましょう 通報時間が早ければ早いほど、発見する確率も高くなります。 顔写真を前もって準備したり、当日の服装を記録しておいてくださいね。③担当ケアマネジャー、利用している介護サービス事業所に連絡→一緒になってさがしてくれたり、介護事業者同士で声をかけあい、捜索に協力してくれたりします④隣近所に聞き込み調査→当日、本人を見かけなかったか情報を集めましょう。日ごろからお隣近所や地域の自治会の人には、徘徊の恐れがあることを話しておきましょう。そして、こういう時のために、日ごろからのお付き合いを大事にしておきましょうね。そして、うちの義母なんですが、以前から軽い徘徊の傾向にはあったんですがねその都度、近所の人とかが助けてくれて、何とかなっていたんですよね。でも先日、これは本格的に準備しないといけないかな?って出来事があってですね朝起きたら、いつもの自宅なのに、何となく違和感を持っていたみたいでデイサービスからのモーニングコールに「私はいま、実家にきているのよ。だから今日はお休みするね。」ってそれから私に向かって「いつ家に帰るんだい?」と聞いてきた私「お義母さん、ここは自分の家ですよ。○○市の自分の家ですよ」義母「え?何言ってるの?ここは××市の実家だろ?さ帰ろう!」と言って、外に出ていこうとするんですゆっくりとした口調で、ここが自分の家であることを何度も説明したら変だな?って思いながらも、一応外出をとどまってくれたんですけどね以前から、隣近所や自治会には、義母の状況を理解してもらっているけどねそろそろ本格的に対策をしないといけないな~って思ってホームセンターから補助鍵は買ってきてるんですがね旦那がなかなか取り付けてくれない(#゚Д゚)y-~~イライラ夜中とか大丈夫かな~って不安でしょうがないんですよね~だから、しょっちゅう義母を気にして、こっちはストレスが(゚д゚lll)そろそろ爆弾でも落として、取り付けてもらわなきゃですね(^^)/「お義母さんダメ!」って言いたいのを飲み込んで、ち着いた口調で演技っていうのも介護する側としても、と~ってもストレスなんですがね~このストレスも、うまく気分転換していかなきゃですね♪そして、周りの人の力を借りて介護していても、この徘徊は介護する側のストレスはMAXになりますもう無理だと感じた時には、施設への入所も検討する時期かもしれませんね監視や束縛する介護ではなく、寄り添っていく形の介護を目指していきたいですね徘徊だけは、シレ~ッとはいきませんが、少しでも自分の負担を軽くして気分転換しましょうね(^_-)-☆

  • 05Dec
    • 認知症だと認めようとしない旦那に現実を認めてもらう3つの提案 ( ^-^)

      前回は、認知症かな?って時に、どうやって受診してもらうかのお話をしましたね(^^♪では、実際に受診して認知症だと診断されたとします。その時、あなたの旦那さんは、その事実を受け止めて、介護に協力してくれるでしょうか?今回はね、親が認知症になったことを認めない息子に、どうやって現実を受け止めてもらうのか?をお話ししますね。これを読むことで、早い段階から介護の協力者が得られ、あなたの介護生活がかなり楽になります(^^♪でもね、これを読まなかったら、いつまでたっても介護の苦しみから逃れることができませんよ~((((;゚Д゚))))認知症の早期発見、早期治療、そして今後やってくる介護生活には、介護者本人の息子や娘など、血のつながりがある人の協力は必要不可欠なんです。介護者自身が気が強く、奥さんの言うことは聞かないけれども、娘の言うことは聞いてくれるってこともあるでしょ?そんな感じでね、血のつながりのある人の協力が必要不可欠になってくるんです。でも、その肝心の身内は、自分の親が認知症だと素直に認めてくれるでしょうか?お嫁さんの立場であれば、冷静に受け止めることができるでしょう。しかし、あなたの旦那さんや義理の兄弟など、実子はどうでしょうか?これね、主に2つのタイプに分かれるんですよね①前向きにとらえるタイプ②否定するタイプほとんどのひとは、否定から始まっていくのではないでしょうか?前向きにとらえる方であれば、問題なくスムーズにお手伝いしてもらえるんですけどね問題なのが②否定タイプなぜ否定するのでしょう・尊敬する親が認知症とは認めたくない・親が認知症だと周りに知られるのが恥ずかしい・周りから笑いものにされたり、後ろ指をさされるのではないかという恐怖・自分は介護したくない逃げてるだけetc...こういうタイプの人ね、お嫁さんが苦労しますよね(;^_^A認知所はね、早めに気づいてはやめに治療をスタートさせることで、長いこと自宅で過ごすことができるんですね逆に治療が遅くなると、手遅れになり、最悪の場合すぐに寝たきりになってしまって、短い間に他界してしまうことだってあります早く変化に気づいて、早めに手を打たないと、手遅れになって寝たきりの生活が始まってしまいますよ~と、そんな状況で、これからのことを話し合っていかないといけないのに、逃げ腰で認めようとしない旦那や義兄弟ね、なかなか現実を見ようとしないんですからこういう否定タイプの旦那さんに、どうやって現実を認めさせるのか(-ω-;)ウーンこれね、原因はお嫁さん、あなたにもあるんですよなんでも、先回りして、気の利くお嫁さんをやっていませんか?本人からしたらね、昔はお母さんがなんでもやってくれて困ることはなかったで、今は、お嫁さんがやってくれるから困らないじゃあ、どうやって現実を受け止めてもらって、これからの介護に協力してもらうのか?①主治医に息子さんと話したいと指名してもらう→あらかじめ主治医に、直接息子さん(娘さん)と話がしたいと指名するようお願いしてみてください。 主治医の威力は一番強力。主治医から指名されて状態の説明があれば、否応なしに認めなきゃいけなくなりますよ。②お嫁さんがやっているお義母さん(お義父さん)の世話を、ご主人にお願いしてみる→手始めに、介護者の部屋のカーテンを毎朝空けてもらったり、部屋の掃除からお願いしてみましょう。 徐々に、お願いする内容を増やしていって様子を見ましょう。 最終的に、一緒に協力してくれるようになったら大成功ですね♪③脅してみる→もし、親御さんが運転するなら、誰かを引いて殺してもいいのか?とか 徘徊が始まって行方不明になって、危険な目に合わせるのか 金銭管理ができないから、留守中に詐欺にあったらどうするのかなどなど。。。いままでは、誰かがやってくれたからって、甘えてるんですよね( ´_ゝ`)冷静なあなたは、一歩下がって、傍観してみてくださいうちの旦那の場合はね、否定もしなかったけれども、手伝いもしない人だったんです要するに、認めてはいるんだけど自分で動きたくないタイプ(* ̄- ̄)「今日は薬を飲んでくれなかった」「今は、こんなことが困っている」って話すと、話は聞くんだっけれども「どうしようもないんだから、あんな、頑固なばあさんは放っておけ」と手助けしてくれないんですね( ̄▽ ̄;)!!ガーンなので、最初のうちは私一人で頑張ってましたよ(ーヘー;)そこからね、旦那のご機嫌をみながらね、徐々に義母の介護を落とし込みしていくんですね♪手始めに、休みの日に義母の部屋のカーテンと窓をあけてもらうことから義母の部屋掃除 ↓義母の洗濯物取り込み ↓自分が留守にしていた時間の義母の様子を教えてもらう(テーブルに用意した食事はちゃんと食べたのか?どのくらい食べていたか?水分は取れているのか?など) こういうことを繰り返して、徐々に義母の様子を気に掛けるよう仕向けて行ったんですねそうこうしているうちに、義母の入院チャンス!と思った私は、自分は仕事や子供の世話があるからと理由をつけて毎日、お見舞いに行ってもらったんですねお見舞いに行ったらやることをチェック飲料水の在庫チェック汚れた下着や着替えの交代間食用おやつの補充そうやって毎日お見舞いにいくとね、いやでも主治医と今後の話をしないといけない時があるんですよ【主治医との話し合い】これ、なんでも管理したがる旦那には、効果ありましたね~退院後は、薬のチェックや、水分チェック、食事食べているかのチェックなどね私がお願いしなくったって、自然とできるようになりましたよいまではね、私が帰宅すると、今日の義母の報告までしてくれるようになったんですよ(^_-)-☆今日はどんだけ食べた、水分はあまり飲んでくれていないとかね♪介護者本人だってね、嫁から言われると嫌な気分になって反発することでも、息子から言われるとちゃ~んということを聞くんですからやっぱり、肉親パワーにはかないませんよねd(´∀`)ってことで、あなたの旦那さんは、親が認知症の診断をされた時にはどうでしょうか?できるだけ早めに、協力体制ができるように頑張ってみてくださいね(^_-)-☆今日の介護も、シレ~っとシレ~っとね(^^♪

  • 27Nov
    • 認知症かも?の時に受診してもらうには(-ω-;)

      先日の記事を読んでいただいた方から質問が来ました(^^♪「うちの祖母がね、認知症かもってなっていて、実際に病院に行ったほうが良いよ~っていっても、なかなか受診まで行ってくれないんです。受診してもらういい方法はないですか?」きょうはね、この質問にお答えしようと思います当時の私も早く受診して、早く治療してほしい!!って思ってました。でもね、本人からしたら恐怖だから行きたくないわけですよそりゃあそうだよね~、今の日本の、認知症イコール人生終わったようなイメージが先行しちゃってるでしょ?ご本人としては、もし認知症ですって言われたらどうしよう((((;゚Д゚))))ガクって感じでしょうね~そりゃ、本人が前向きで、病気と向き合って治療するのが理想ですよでもね、いままでテレビなんかで「認知症になると、自分の意志とは関係なく、変な言動をしてしまう」「周りに迷惑かけてしまう」なんて情報をみてきてるんですから、自分はそうなりたくない!って思っているんですよねでも、周りは心配だからどうにかして受診から、治療してもらいたいわけですよどうやって受診までしてもらう?そこでね、絶対にやってほしくないのは騙したり、強引に病院に連れていくことこれね、私が焦ってしまってやっちゃったんですよね⤵⤵⤵うちの義母は、元気なころから「私は絶対にボケない!」っていうのが口癖でしたこの口癖の裏感情には「認知症になったらどうしよう」という恐怖感があったんですねそんなことを知らない私は、義母の弟と一緒にね、何度説得しても聞き入れてくれなかったんです何度も時間をかけて説得し、納得はしないままでしぶしぶ受診してくれたって状態だったんですね、本人が納得しないままだったので、そこからも義母との関係がおかしくなっちゃたんですね(/Д`)ず~っと、恨まれちゃっててね、いまでも介護しにくいったらありゃしないこれを読んでくれているあなたは、私のようにならないために慎重に進めてくださいね受診してもらうには、どのような方法があるのでしょか?①健康診断を利用するかかりつけの病院があれば、事前にそこの医者に協力してもらえるようにお願いをしてみましょう。「健康診断」という名目で受診してもらいます。その流れで、脳の検査をやってもらうんです。 健康診断の項目に一つ加えてもらうんですから、嘘ではないですよね(^_-)-☆ お医者さんから「脳の健康診断もしておきましょう」などと促してもらえらば、さほど抵抗なく調べることができるのではないでしょうか。②作り話で促す「友達のおとうさんがね、最近物忘れがひどいからって病院で診てもらったんだって。そしたら、脳血栓障害だったんだって~」などど、作り話を何度も繰り返し話してみましょう。恐怖心を持ってもらって「お父さんも心配だから、安心のために一度見てもらおうよ」と持ち掛けてみるのもいいかもしれません。③第三者に説得してもらう身近な親戚や友人で、本人が信頼しているひとはいませんか?信頼している人から説得してもらうと、スムーズにいってくれることもあります。うちの義母のように、家族や年下の言うことを拒否するような方は、信頼している第三者に説得されると受診してくれる場合がありますよ。④地域包括支援センターを利用する地域包括支援センターは、認知症医療疾患センターや専門医の知識や資料をもっているだけではなく、診察のサポートを行ってくれる場合もあります。事前に家族で相談に出向いて、「地域のお年寄りの家庭訪問」という名目で来てもらい一度受診するように促してもらうと、うまくいくこともあります。ただ、上記のどの方法でも言えることですが、第三者にお願いした場合「他人様に自分の恥をさらした」と感じてより頑固になってしまうことがありますでの、どの方法でも注意が必要ですよ。もしもね、このような方法でうまく受診できて実際にお薬を飲んだとしても治る病気ではありません進行を遅らせたり、介護をしやすくするだけなんですなので、焦ってしまって強引な手段に出るのだけはやめてくださいね後々まで、恨まれて、介護がしづらくなりますからねあ、後ね、上記の方法で個人病院を受診されたとしても、満足に検査ができない施設の場合は、総合病院への紹介状がでてもう一度受診しないといけなくなることもあります。その場合でも、できたら、その日の流れでその日のうちに受診できるといいですね。時間をかけて、説得して、それでもだめなら上の手段を使ってみてくださいね頑張って、早期発見、早期治療を目指しましょ(^^♪そして、介護をすることになったらシレ~っと介護でいきましょ(^^♪

  • 24Nov
    • 認知症は、早期で発見♪

      認知症はね、今の医学では治ることはないって言われているのねだって、脳の細胞が死んでいったり、特殊なたんぱく質が増えていくから治ることがないんですって( ̄Д ̄;;できるだけ早く発見して、早くお薬を飲み始めることによって進行を遅くすることしかできないんだってだったら、早めに発見するしかないよね(*゚Ω゚)将来的に自宅で介護をしないといけないかなぁ。。って思っているあなた今回はね、早期発見してもらうために認知症の初期症状についてお話しますね。これを読むことで、認知症の発見を早めて、早めの治療をすることができます(^^)逆に、これを読まなかったら、認知症の発見が遅れて、負のループをさまようことになりますよ~(/;゚ロ゚)/できるだけ、早く発見したいよね(*^-^*)これね、住んでいる環境や、本人の性格などによって認知症のきっかけって様々なんですよねでもね、ほとんどの場合、本格的に発症する前段階の症状ってのがあってね→これが前触れねこの、前触れがあって、何かのきっかけで発症するってパターンなんだって要するに「前ぶれがあって」→「本格的な発症」って感じ【前触れとしての例】※ごく一部です、もっと詳しく知りたい方はご自身で検索してみてくださいね、たくさん出てきますよ。・同じ話を何度も繰り返す・同じことを何度も質問する・毎日同じものを買ってきて、家の中に同じものがたまっていく・料理の味付けが変わる(おいしくなくなる)・被害妄想がひどい・怒りっぽくなる  etc...【発症のきっかけ】・精神的ショックを受けた時・混乱する出来事があったとき・入院などで、ぼーっとして、一日中何もしない日が続いた時 etc・・・うちの義母も、ありましたよ~前触れ!11年前、私が嫁いできたときにはすでにありました(´;ω;`)でも、知識がないから気が付かないんですね⤵⤵⤵怒りっぽくなかったものの、上の症状ね、すべてありましたね~私がカボチャを買ってきたのを見て、自分も毎日カボチャを買って来て、冷蔵庫にはカボチャだらけΣ(・ω・ノ)ノ!若いころの自慢話を、毎晩繰り返し話してくる!「その話、もう〇回目だよ」って言うと、どうせ私は・・・ブツブツって勝手な被害妄想がはじまる⤵⤵⤵そして、発症のきっかけは息子との親子喧嘩!息子に「出ていけ!」と言われたことにショックを受けて発症~夜中に、真っ暗な家の中をさまようことがあったんですね発見者は私その時の様子は、目はうつろで足元がふらついて、家の中で迷子になってるんです(ノ・ω・)ノんで、翌日に大丈夫かって聞いても、覚えていないっていう・・・(゚-゚;)ウーン覚えていないどころか、勝手な被害妄想で「変な言いがかりをつけて、私をボケ老人あつかいしている!」なんて責められたりしてね( ̄Д ̄;) ガーン嫁としては、これ以上何もいえず・・・そんななか、義母が大腸癌を発症して、入院することに!退院した時には、か~な~り進行しちゃっていたってパターン><ま、発見した段階で、病院に行くことを本人が拒否し続けたもんだから治療も遅くなったんだけどねということで、うちの例を参考にして、あなたのお宅も早期発見して、早めの治療をしてくださいね♪そうすることで、介護の負担を減らすことになるんですからもしね、介護することになったらね、シレ~っと介護でいきましょ(^^♪

    • 良いデイサービスの探し方♪

      自宅介護をする人にとって、と~っても大事なのがいかに上手に息抜きとか、リフレッシュの時間をとれるかってこと!この時間を作るのができないんだよ~><っと嘆いているあなた介護申請はしていますか?介護申請が済んで、要介護度が出ているなら、絶対にデイサービスに行ってもらいましょう~🎵お金がないから無理~って方も安心してください1回の利用が2~3時間っていう、ショートプランもあります自己負担だって1~2割(ほとんどの方が1割ですよ♪)定期的に、ほんの2~3時間!たったそれだけの時間だけでも介護から離れてリフレッシュする時間を作りましょう~\(^o^)/たったそれだけの時間で、あなたの心の余裕が違いますからね~じゃあ、このデイサービス探し!どうやったらいいの?ほとんどの方は、ケアマネージャーにお任せだと思いますでもね、自分でここだ!って思えるところを探してケアマネージャーに「ここがいいです!」って希望してもいいんですよ♪口コミで探してみたり近くに気になるところがあったら、実際に見学しに行ってみるとかね本人にも、家族にも、気に入るところを見つけたいですよね(^^♪前置きが長くなりましたが、今日はね相性の良いデイサービスについて考えてみようと思います♪さっそくですが、あなたはデイサービスに何を求めますか?介護者本人の通いやすさやスタッフとの相性?家族の希望を細かく聞いてくれる?本人の友達がいるから?身体機能維持の訓練があるから?食事がおいしいからetc...色々なデイサービスがありますが、どうやって探すのか?どうやって契約したらいいのか?をご紹介しますので参考にされてくださいね(^^♪1)希望条件をピックアップする「介護者本人の希望」「家族側の希望」をまとめてみてくださいね。どういったサービスを希望するのか?全く逆の希望だった場合、本人の希望、家族の希望、どっちを優先するか?納得するまで、話し合って見てくださいね♪妥協が必要なときもありますからね(^^♪2)候補の施設探し~絞り込み次にお住まいの地域のどこに、施設があるのか調べてみましょう。調べたうえで絞り込み→その施設の特色や、評判を調べていきます。・ケアマネージャーを頼る →担当マネージャーにデイケアのサービスを利用したいと希望を入れましょう。  マネージャーが、希望を聞いて、地域のセンターをピックアップして、定員の空き状況なども確認してくれますよ。・市役所や包括支援センターに相談 →相談に行くと、お住まいの地域の施設一覧をもらうことができますよ♪  一覧の中から、気になる施設を絞り込んで行きましょう(^^♪3)見学や一日体験をします・絞り込んだ施設に、事前に連絡し、見学や一日体験をしてみましょう。 見学の時に、働いている職員の方と話ができると、施設の状況もよくわかりますよ(^^♪4)気に入った事業所との契約 ・契約は、担当ケアマネージャーを通して行います。  契約の日付なども取り仕切ってもらえるので、安心して任せましょう(^^♪うちの場合、今のデイサービスは2か所目なんですねんで、2か所とも旧ケアマネさんが探してきたところ。1か所目は、大規模なところでねスタッフは4~5名しかいないのに利用者さんが多く30~40名くらいいて、スタッフの許容範囲超え!一人ひとりに対処ができていないようなところだったんですねo(>ω<)o家族としては、マニュアル通りにしか動かないスタッフが嫌だったんですがね⤵⤵⤵っていうか、マニュアルこなしているだけで必死だったのかも?!でも、義母的には、人数が多く、自分のことを放っておいてくれるから悪くない様子...要するに、自由でわがままができるからと、結構気に入っていたんですね~σ(≧┰≦ )でもね、自宅からはかなり遠くってね~もし、何かあってもすぐに駆け付けることができない距離だったんで近くの施設に変更することを決めたんですね。今度のことろは小規模事業所家から歩いて5分!住宅アパートの一室で営業しているところ義母に一日体験に行ってもらい、気持ちが向かない義母を、半ば強制的にここに決定!最初は渋っていた義母本人も、歩いて5分圏内だからと一応承諾今度のデイサービスはね、小さいんですがねとても細かい気配りをしてくれるんですね~家族的には、と~ってもありがたい!!一日に7~10名の利用者さんスタッフも5名くらいいらっしゃってね、そこのスタッフの方たちね、認知症の方の対応に慣れていらっしゃるのかその日のご機嫌を見ながら、その場その場の空気を読み、機転の利いた行動をしてくれるんですここまでしてくれるのΣ(・ω・ノ)ノ!ってところまでしてくれて、感謝感謝なんですよね~例えばね、朝「〇時に迎えに行きますから準備してくださいね~」って電話に義母「今日は病院いくから休むよ~」って言ってもね「帰りにお昼ごはん食べに来てくださいね~」って言いながら、病院までお迎えに来てくれることもあったんですから~オオーw(*゚o゚*)wこの出来事には、と~っても感激しましたね~ま、病院が歩いて2分って近いからできたことかもしれませんがね...マニュアル通りに動いているだけなら、出来ないですよ、こんなこと家族としては、小規模で細かい対応までしていただけるしこちらの施設にお願いできてとても安心しています( ´艸`)本人が楽しむことも大事ですが、家族に代わって対応してくれることで家族の心のケアまでしてくれていることもあります。これからデイサービスを検討されているあなたデイサービスに何を求めるのか、ご主人の意見、ご本人の意見など一度家族で話してみてはいかがですか?良い施設に巡り合えると、心の負担がと~っても軽くなりますからね(^^)/今日も自宅介護はシレ~っとシレ~っと(^^♪

    • 介護認定を受けるか悩んでいる方へ

      【介護認定はうけたほうが良いのかな?】先日ね、個人的な友人から、こういう質問をいただきました。私の中では、みんな当たり前に介護認定をうけるものだと思っていました。でもでも、この友達は認定を受けるべきか悩んでいる(o゚-゚o)ン?ってことは、これを読んでいる人の中にも悩んでいる人がいるかもしれませんなので、今日は、介護認定を受けるべきか、受けないべきかまた、受けるメリットとデメリットをお伝えしますね(^^♪ん~、なんで介護認定を受けることに抵抗があるのかな?医者からの意見書を取り寄せたり市役所に申請→からの自宅訪問調査など認定書が届くまでが結構面倒臭い?確かに、手続きが面倒くさいのはデメリットかもしれません><でもね、このデメリットを克服することで、これからの介護生活が少しでも楽になるんですからね(^^♪でもって、認知症だからすぐに介護認定を受けたほうが良いのか?認知症の人でも、体は元気で、さほど介助はいらない人もいますまたその逆で、ベットで寝たきりの状態で動けない人だっています。ん~難しいけどね、元気で生活に特に不便が無ければ、今すぐじゃなくってもいいと思うんだけど...でもね、後々のことを考えたら、できるだけ介護認定は早めに受けていたほうが良いよ♪だってね、介護サービスを使ってできること沢山あるんですよ~その一例を紹介するとね・介護者の負担を軽くするための福祉用具を貸し出し。(例:車いす/認知症老人徘徊感知機器/歩行器/介護用ベットetc)・家庭内での安全を確保するための改修費用の一部支給・訪問介護・通所介護(デイサービスやグループホームでの日帰り訓練)・入居型生活介護・紙おむつなど、介護に必要なものの一部補助こういう便利なサービスを1割負担~2割負担で利用ができんだよ~wwサービスを受けなかったらね、本人だけじゃなくって、介護する側も肉体的な苦痛 精神的苦痛 金銭的苦痛の三重苦になってしまうよ~><だから、介護認定を受けて介護するほうの負担を軽くするんですよ♪んで、介護認定を受けるには、必ず医者の「意見書」の提出が必要なんですけどねこの意見書をもらいに行くまでが、たぶん一番大変だと思うんですよね~事前に、かかりつけ医や受診した履歴がある病院の医者に「意見書を書いてほしい」とお願いをするんですけどね( ´_ゝ`)認知症の診断を受けている病院があれば、本人がいなくったって、そこの医者にお願いができるんです。でも、そうじゃない場合は、受診したことがある病院の先生にお願いすることになります。そこ!そこが問題なんだよね(´;ω;`)肝心の本人様がね、素直に一緒に病院に行ってくれればいんだけどね病院嫌いであったり、うちの義母みたいに超絶頑固で理由をつけては拒否しまくって、なかなかうまくいかない場合だってあります(つд⊂)エーン騙して連れていくことだってできるけど、でも騙してしまうと後が厄介に(゚д゚lll)もし、体の状態に問題がなく、日々の生活に特に不便をすることがないとか今すぐじゃなくってもいいよって感じなら急いで申請しなくったっていいのかな?って思いますだって、ゆっくりと説得をしていかないと、被害妄想がひどいですからね後々まで恨まれてしまって、人間関係に影響が( ゚Д゚)なんてこともありますからね~急ぐ必要を感じていなければ、ある程度ご本人に納得してもらってから連れていきましょうね家族側としてはね、認知症の症状が出始めて、徘徊やうつなどが心配になると昼間の間だけでも、デイサービスなどに出かけてくれたら安心ですよね♪本人の安全のため、家族の安心のためなら早め本人の説得をして、介護認定を受けて、サービスの利用をすることをお勧めします。ここで、一例として、うちの義母が利用している介護サービスを紹介しますね【週4回のデイサービス】→丈夫な足腰を維持する訓練→その日の健康チェック→レクリエーションなど【月1~2回の薬剤師訪問の指導】→医者から処方された薬を自宅まで届けてくれる→処方されたお薬の説明→届けた際に、お薬の在庫チェックをし、飲めていなかった場合指導【週1回の訪問看護】→看護師が自宅訪問して「健康チェック」や「アドバイス」→医者からの指示があれば医療行為も行いますどのサービスも、と~っても助かってますが、中でもね、医療の専門の立場である訪問看護師さんに助けてもらったのはうれしかったのでお話しさせてもらいますね(^^♪うちの義母は、認知症になる前は、病院オタクじゃね?ってくらい病院大好き💛ちょ~っと具合が悪いと、すぐに病院に行っていたんですねでも、認知症になってからは、メチャクチャ具合が悪いのに、病院を嫌がるんです。理由は、自分ひとりで行けないから要するに、自由にさせてもらえない、家族に付き添われるのが嫌なんですねだから、超絶具合が悪いくせに、頑固として病院を拒否するようになっちゃったんです。だから、週一回の訪問看護は、と~っても助かってます毎週健康チェックし、具合が悪いときには、専門家としても立場から病院に行くように指導するんですがねあ~だこ~だと言い訳し、行きたがらない義母の目の前でわざと家族を叱り飛ばすんですね「こんなに具合が悪いのに、なぜ病院に行かないんですか~`Д´」自分のせいで家族が怒られる羽目になれば、本人もいかないわけにはいきませんからww息子に付き添われてね、(やっぱり嫁は嫌らしいwww)素直に病院に行ってくれましたからね( ´艸`)今から申請する方にとっての、一番の難関は「医者の意見書」じゃないでしょうか?これをとるのが、一番大変と思いますが、本人の安全や家族の安心のため頑張って申請してみてくださいねきっと、あなたの介護生活が少しづつ楽になりますよ(^_-)-☆介護認定を受けて、シレ~っと介護始めましょ(^^♪

  • 20Nov
    • 介護者が頑固な場合、嫁は影武者になるべし( *´艸`)

      お宅では、だれが中心になって介護してますか?介護者本人や、お宅のご主人の性格にもよりますが、もし、介護者が超絶頑固なかただったら、介護の主導権は嫁が握ってくださいね~っていうか、正確に言うと表的には息子が介護しているんだよ~って見せかけて実は、裏では嫁が操ってるんですってのが理想かな(#^^#)っていうのも、うち義母のように超絶頑固な性格の方って、他人である嫁には反発しかしない!!もちろん同じように、息子にも反発はするんですが、そこはほら身内だから、扱いには慣れているでしょ?親子喧嘩しながらでも、素直に息子に従うんですものだから、実際に介護するのは旦那に任せて嫁は、様子をみて旦那を操るんですようちもね、義母に認知症の症状が出始めたころ親戚から「悪いけど、嫁ががんばって」とお願いしれて、しぶしぶ介護していたんですねもちろん超絶頑固な方ですから、私には反発ばかり言葉使いも悪いんもんだから、どれだけ泣いてきたか数え切れません介護疲れに追い込まれて、離婚寸前までいきましよ~子供たちも巻き添えにしてしまってね~もう無理~って時に、旦那にバトンタッチすることを企んだんですね~手始めに、ケアマネージャーとの面談やデイケアとの連絡とりを何だかんだって理由をつけて、旦那にお願いしたのねそれから、介護関係者の対応に慣れてきたころを見計らって、今度は介護関係の書類をバトンタッチうちの旦那、整理整頓に細かいA型㊚細かくファイリングを始めたんですそこで、この書類はどこ?って旦那を頼ってみるんです「はい、これでしょ?」と出してくれるまでになれば、あと一息!今度は、ちょっとしたことを旦那さんにお願いするようにしてみます。介護者の寝室のカーテンと窓を開けてもらったり介護者の部屋の掃除をしてもらったり介護者のベットメイキングをしてもらったり本当にちょっとしたことでいいんです。そこを手伝ってもらうことで、今まで無関心だった介護者の様子を少しづつ見ていくようになりますからね~因みに、うちの場合は、義母が持病で入院した時でしたねチャンスと思った私は毎日のお見舞いを旦那にお願いしました。自分は、仕事と子供たちの世話が忙しいから、代わりにお見舞い言ってきてと、替えの下着を持っていってもらったんですそしたら、否応なしに主治医と今後について話さないといけないそうなると、責任感の塊のA型㊚さんは、頑張りだしますそうやって、義母の対応をバトンタッチしていくんですね~自分は、介護食を作ったり、義母に見つからないように洗濯をしたりでねようするにね、表向きは息子である主人が直接の対応役をこなしてもらって自分は、影武者になっちゃうんですよね介護拒否の時に出てくる、いや~な言葉も、私じゃなくって主人に向けてもらうんですね~そうなると結構心に余裕ができますからね~同じマイナスの言葉を言われたとしても、嫁と旦那では受け取り方も、対応の仕方も全く違う!私が言われたらカチン!ときて怒り心頭する言葉も主人の場合 あっそう!だから?って感じで流すことがでちゃうんですから(* ̄- ̄)場の雰囲気も良くなって、いい感じですよd( ̄  ̄)もちろん、お宅の旦那様の性格などによっては、まったく違った方向性に行くかもしれませんがうま~く旦那さんを操って嫁の負担を少しでも軽くしていきましょ~♪嫁に余裕ができることで、家庭も円滑にいきますからねヽ(^。^)ノ介護ストレスで、いっぱいいっぱいになっちゃっているあなた旦那にお願いする方法も参考にしてみてはいかがでしょうか(^^)/今日も元気に、シレ~っと介護ですね(^^♪