横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ

横浜トリエンナーレサポーター“ハマトリーツ!”活動ブログ


テーマ:
10月25日(日)、時ヨコゼミ2回目となる課外活動「生麦事件史跡を辿る路上観察会」を開催しました。

横浜駅から半日かけて生麦へ徒歩で向かう今回の観察会。
雲ひとつない快晴の下、リーダーを含む7名の参加者が12時45分に横浜駅きた東口に集合、まずは駅前からすぐの松本竣介が「Y市の橋」を描いた地点を眺め、その足で第二集合場所の神奈川駅(合流参加者はいませんでした)経由で本覚寺を目指しました。


リーダーによる「Y市の橋」風景の説明からスタート


快晴の下、本覚寺を目指します。いきなり登り?!

本覚寺は、幕末にはアメリカ領事館として使用され、生麦事件で負傷した2名のイギリス人が生麦から逃走し、医師のヘボン博士の治療を受けたお寺。また、このヘボン博士がヘボン式ローマ字の発明者であることを聞き、歴史がぐっと身近になってきます。このあたりの寺社の建物はほとんどが第二次世界大戦時の空襲で焼失していますが、この本覚寺の山門は江戸時代から残る数少ない建築物のひとつだそうです。

その後、神奈川宿内の寺社や本陣跡を訪れながら、東へと進路を取ります。
神奈川宿の中では、景勝地の前の路面には波のマークがあり、また「神奈川宿歴史の道」の表された説明板にはその地の由来や歴史などが記されており、「歴史散歩」が手軽に愉しめる環境が整っていました。


説明板から由来や歴史を知ることが出来ます。

また、神奈川宿内にある多くの寺社は、アメリカ、イギリス、フランス、オランダといった欧米各国の領事館や公使館、あるいは士官の宿舎として利用されていたことに気づき、驚きを覚えました。

途中訪れた慶運寺の別名はうらしま寺。境内には浦島父子塔と呼ばれる石碑があり、また神奈川に伝わる浦島太郎伝説なども知ることが出来、興味深い場所です(ここの説明によると、太郎は玉手箱を開けてお爺さんになってしまったのではなく、龍宮から帰ってきて、既にこちらでは300年以上経過していること、もはや親戚も知人もいないことを知り、また龍宮に戻って行ったとのこと)。


慶運寺(別名:浦島寺)では亀さんがお出迎え

また、慶運寺の後で立ち寄った神奈川地区センターには、かつての神奈川宿周辺のジオラマがあり、当時の海岸線の位置や本陣や宿場町の様子を知ることができました。


神奈川宿を復元したジオラマ

神奈川新町駅前のファーストフード店でしばし休憩を取った一行は、神奈川宿の東端であるオランダ領事館としても使われた長延寺跡を抜けると、寺社の数がそれまでに比べ幾分減ったこともあり、少しペースを上げて生麦をめざしました。

このエリアでは第一京浜(国道15号線)がほぼ旧東海道と一致しているのですが、今回はあえて旧東海道ではなく、さらに海寄りの浜通り、かつての海岸線と思われる辺りを歩きました。途中、地元の神輿に遭遇、大勢の人に道を阻まれ迂回を余儀なくされたり、何十年か、時の流れが止まったかのような漁村の風景に息を呑む場面も。


浜通りでは地元のお祭りに遭遇。と、通れない・・・。

新子安駅前を通り過ぎ、京急本線の踏切を越えずには入れない遍照院や、旅の途中に全財産を失い落胆からこの地の海に身を投げた僧を祀ったという才兵衛稲荷を訪れた後は、徐々にまわりに「生麦」の文字が増えてきます。


遍照院へは踏み切りを渡って行きます

キリンのビール工場入口の前にあったはずの生麦事件碑は高速道路の工事の影響で少々東へと場所を移していましたが、石碑は丁寧に置かれ、説明文から事件の様子を読み取ることが出来ます。石碑の前で、みんなで記念撮影!


生麦事件記念碑の前で(リーダー撮影)

これでゴール!と思いきや、実は事件の発生現場はさらに500mほど進んだところにあるとのこと(石碑の場所は被災した英国人リチャードソン氏が逃走を試みるも追っ手に止めを刺され、息を引き取った場所だそうです)。
ということで、路を進んで、ついにたどり着きました、「生麦事件発生現場」!


生麦事件発生現場に到着!

みんなで食い入るように見入った看板に書かれた説明は、当時のこの村に住んでいた名主の日記をそのまま転記したもののため、文章が古く理解するのに少々苦労はしつつも、興味深きものになり奉り候。

で、本日の旅程は無事終了、お疲れ様でした、解散~、となったわけではありますが、ここはキリンビール横浜工場から目と鼻の先。まっすぐ帰るにゃもったいない。
というわけで、有志5名で工場の敷地内にあるスプリングバレーブルワリーを訪れ、当日の観察会の疲れをみんなで労いました。


6種のビールとそれぞれに合わせたおつまみが楽しめるペアリングセット(2,000円)にみんなでチャレンジ

2回目の開催となった時ヨコゼミの路上観察会。これからも色んなところを歩いたり、同じところを違う方向から歩いたりしていきます。横浜の地理や歴史に興味のある方、適度な運動の後の美味しいお酒を楽しみたい方(笑)、是非ご参加ください。

ハマトリーツ!(横浜トリエンナーレサポーター)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。