インド・ミラー刺繍布(アンティーク) | タイ・カンボジア|ヨコタ博物館のスタッフブログ

タイ・カンボジア|ヨコタ博物館のスタッフブログ

愛知県新城市のタイ・カンボジアの歴史的収蔵物の宝庫・ヨコタ博物館のスタッフブログです。
タイやカンボジアの珍しく貴重な収蔵物の紹介やイベント情報などをお届けします。

第3展示室企画展「東南アジア・インドの民族造形」にインドのミラー刺繍の布が展示してあります。

 

お土産用ではないので、渋くて歴史も感じるアンティーク布です。

 

ミラー刺繍はインド北西部、ラージャスターンやグジャラート等の伝統的な刺繍です。 砂漠地帯であるこの地方では鏡を衣装や小物に刺繍し身にまとい、太陽が反射する光によって砂漠の中で遠くからでも自分の存在を知らせたとも言われ、また魔除けの意味合いもあると言われています。

 

ミラーワークの詳しい起源は、記録が殆ど残っておらず、明らかになっていません。王族など特権階級の人々が高価な宝石、金糸、銀糸などを用いて装飾された衣装を身に着けていたことに憧れた庶民が、地域で採れる雲母の欠片を糸で布に縫い付けて真似たのがミ

ラーワークの始まりであったとされてます。

 

民族や宗教により異なる特徴があるようです。当館のは、重厚な布ですが、民族名はわかりません。インターレーシングスケッチ、ボタンホールステッチ、オープンステッチ、など手の込んだ刺繍もされています。

 

来館の折には是非ご覧になってください。

 


▼タイ・カンボジア|ヨコタ博物館のオフィシャルサイトはこちら

 

開館時間:午前10:00~午後4:30
休館日:火曜日休館(祝日の場合は開館)
※年末年始 臨時休館もあり
入場料:
【個人】一般 / 600円 小・中学生 / 400円
【団体】一般 / 500円 小・中学生 / 350円(20名以上)
※盲導犬入場可
所在地
〒441-1413 新城市作手白鳥字北ノ入15-1
Tel/Fax:0536-37-2613
Email yokota-muse@tees.jp