1日10分の幸せ | 横田真由子のブログ ☆ ミニマムリッチ・ライフ

横田真由子のブログ ☆ ミニマムリッチ・ライフ

横田真由子がミニマムリッチな暮らしをお伝えします。


テーマ:

「泣きながらご飯を食べたことのある人は、生きていけます」というセリフは、

ドラマ「カルテット」の中の名台詞です。

 

涙が止まらなくても、お腹は空きます。

泣きながら食べて、食べながらも、また泣いて。

泣いていても食べていれば、きっとまた立ちあがることができますね。

 

そんな名台詞を生む脚本家、坂元裕二さんが、「プロフェッショナル」に

出演されていました。

 

タイトルは、「生きづらい、あなたへ」

 

生きづらいと感じることって、ありますよね。

私は、「○○すぎる」ときかな~と思います。

 

優しすぎる

敏感すぎる

強すぎる

真面目すぎる

プライドが高すぎる

 

など、それ自体は悪いことではないのに、

過剰になると、その途端に生きづらくなってしまう。

 

坂元さんは、そんな生きづらいと感じている人が、

マイナスからゼロになるような、

マイナス5が、マイナス3になるような、

そんな作品を書きたいと仰っていました。

 

暗いドラマだと言われても、たとえ視聴率が取れなくても、

たった一人でも、「救われた」と思う脚本を書きたいと。

 

僭越ながら、その思いは私も同じだと思いました。

 

新刊を読んでくださった方から、こんなメッセージをいただきました。

 

「今月から職場が新しくなったと同時に、毎日の出来事を

良きことも悪いことも文章におこし、

今までは自分を褒めることなんてしてきませんでしたが、

今は自分に今日も頑張ったねって言うようになりました。

少しづつですが、生まれ変わることができていると思います。

この本に出会えてよかったです」

 

こんな感想をいただけることが、本当に幸せです。

 

生きていれば、日々、色んなことが押し寄せてきますが、

1日10分でも幸せなら、1日5分でも幸せなら、生きていける。

 

素敵な花を買って、

 

 

ふらっとカフェでお茶をして、

 

 

そんな何気ない日常に癒しがあります。

それが、たとえ10分でも、たとえ5分でも。

 

今日もお疲れさまでした!

今日も一日、頑張った自分を、うーんと褒めてあげてくださいね^^

 

 

 

 

 

電子版も発売されました。お役に立てれば嬉しいです^^

 

 

ミニマムリッチ®公式サイト

minimum-rich.com

 

 

まゆゆさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス