施術処の選び方2…優良な施術処の選び方 | 鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいことのブログ

鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいことのブログ

鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいこと、健康や美容に関すること、身体に関すること、各疾患や症状にかんすること、アスリートや様々な職業の方々へ向けた内容などについて不定期にブログを書いております。
気になるタイトルがございましたら読んでやってくださいね!

皆さんは、良い施術を受けようと色々な施術処を試してみたりされていませんか?

前回のブログにて、街に溢れる施術処についてをご紹介させていただきました。

そして、
今回のブログでは、是非知っておいて損はないとお薦めの優良施術処を選ぶポイントについて書いていきたいと思います。

あなたが思う良い施術処や施術者のポイントとはなんですか?
・施術処の立地や雰囲気
アクセスのしやすさ、店内のインテリア、スタッフの人間関係
・施術処のシステムや価格設定
予約の取り易さ、施術内容や料金の設定
・担当する施術者の知識や技術
・担当する施術者の人柄
などなどですかね?

上記に当てはまる要因がないとしても、様々な要因が複雑に絡み合うことで、みなさんに合った施術処が見つかるのではないでしょうか?

そこで、優良なところを探すために役立つかもしれないことをいくつかの項目に分けてご紹介させていただきます。



1.口コミでの選び方

なんといっても口コミが一番ハズレは少ないのではないでしょうか?


A.口コミ

施術処を見つける時、何より家族や親類、親しい友人や知人が紹介してくれるところはアクセスの仕方や店内の雰囲気、施術内容や料金システムなどある程度の情報を聞き出すことにより、どんなところかなんとなく創造できるため、安心感は抜群だと思います。

ただし、紹介してもらえる人との関係性が良好でないとそもそも紹介してくれませんし、してくれたとしても信じてよいのか疑わなければならないこともあるかもしれませんよね?

あと、例え良好な関係性の方からの紹介であっても、施術内容(手技)や施術者個人との相性ばかりは実際に施術を受けてみないと判断は難しいと思います。


B.口コミサイトや検索サイト

便利な世の中になり、様々なサイトがあります。

サイトの場合には、リアルでの関係がある方からの口コミに比べるとやや信頼性に欠けるかもしれません?

しかし、口コミサイトを利用することにより、アクセスの仕やすさなどなんとなくの雰囲気は伝わってくるため、施術処選びの便利ツールとしてご活用してみるのも良いと思います。

ただし、都会や有名店などにはたくさんの口コミや評価がついておりますが、新規、やあまりインターネットに力を入れていないところや地方にある優良店などは口コミ数も少なかったりで見逃されてしまう可能性もございます。

さらに、サクラとまでは言えないかもしれませんが、口コミサイトには実際に関係者からの口コミや評価、関係者に依頼された方による書き込みもあるようですのでそういった点を考慮された上で探してみてください。



2.ホームページ、SNS、ブログ

インターネットが普及してきた近年、各施術処や個人の施術者の宣伝や告知、情報発信の場としてホームページ、様々なSNSやブログを活用しておられる方々も増えてきました。

また、宣伝や告知だけでなく簡単に質問できたり、すでに利用されている方々からの口コミなど施術処を選ぶ上で役に立つ情報が盛り沢山です。

そこで、大切なポイントは、沢山ある情報の中からいかに良いものを見つけ出すかとなります。


A.ホームページ

ホームページは、解説しているところとしてないところとがありますが、まだまだ個々の施術処で開設しているところは全体に比べると多くはないようです。

ホームページには、アクセス方法、お問い合わせ先、施術メニューや料金などの基本的な情報から、院長やスタッフの紹介、写真などにより外観や内装、設備の紹介、施術に関することなどなど様々な情報を得ることができます。

さらに、ホームページの見やすさやオリジナリティも施術処選びのポイントといえると思います。

ホームページがすべてとは言えませんが、ホームページに力をいれているということは集客やきちんと認知してもらえるようにと頑張っていると言えます。


B.各種SNS

近年、ホームページよりも手軽であり、個人としても利用されている方も多いため、SNSを活用している施術処や個々の施術者が増えてきております。

私地震も、Facebook、Twitter、mixi、LINEと利用しております。

a.施術者や施術処のアカウントと友達登録やフォローする利点
SNSで施術者や施術処と繋がっていることにより、施術者の人柄や考えをより多く知ることが可能となります。
また、他の施術者や施術処と知り合うことにより、自分が受けている施術が合っているのか?や症状についての他の見解なども聞けるような環境を築くことも出来、セカンドオピニオン的なことにも活用できると思います。

b.SNS内のグループやコミュニティへ参加する利点
a.同様セカンドオピニオンとしての情報収集はもちろん、グループやコミュニティによっては患者さん同士の情報交換も可能となり、口コミとして活用することも可能と言えます。


C.ブログ

私のこのブログをはじめ、様々な施術者や施術処が多種多様なブログをアップしております。

ブログの内容次第ですが、施術者や施術処の紹介ブログ、疾患や症状の対処ブログ、その他日常の出来事ブログなどがあり、ブログを読むことにより作成者の人柄や考えを知ることができる1つのツールとして活用することにより、様々な情報が得られ施術処選びの参考として使うことができます。


※ホームページ、SNSやブログのみでは、オリジナリティや文章の上手さで施術自体の良し悪しを判断することは難しいと思いますが、もし、あなたがそのホームページやSNSやブログを見てみて説得力などの何かを感じた場合には問合せてみてください。

また、逆にこういった点には気を付けた方がよいことについては、次回のブログに書いていきたいと思います。




3.料金設定による選び方

施術処選びの際、施術料金やその他にかかる料金はかなり重要な要素ではないでしょうか?

具体的な施術料金は、それぞれの施術処のシステムや地域ごとにより異なりますが、大抵のところは時間制(時間でいくら?)や回数制(一度の施術でいくら?、何回かの施術でいくら?)のシステムを取り入れているようです。

時間制や回数制以外の独自のシステムのところもあるかもしれませんが・・・

その他の負担金には、初回に問診やカルテ作成などにかかる初診料、会員制のところで入会時に負担する入会金などがあります。

施術料金は、かなり高額なものからお試し価格のように激安なものまでありますが、基本的には患者さんご自身が満足できる価格というのが妥当であり、例え10万円の施術でも患者さんご自身が満足し納得できればその価格は成り立つことになります。

しかし、多くの施術処においては、その地域により多少変動する施術料金の相場をもとに価格設定をしております。


A.料金の相場について

何の価格にも相場があるように施術にも相場はあります。

都内や神奈川などの都心部では、だいたい10分¥1000くらいとなり、地方はその他物価同様都心部よりやや休めのところが多いと思います。

全国や複数店舗でチェーン展開されているような施術処では地域による相場は関係なく料金設定されているところもあるようです。

また、温泉旅館やホテルで行われている施術の料金はやや高めに設定されていることもあります。

上記にも書きましたが、施術料金は患者さんが満足できる施術に見合う価格であればいくらでもよいとは思います。

しかし、あなたが通うところの地域による相場を知っておくことも施術処選びのポイントの一つと言えると思います。

近年、かなり安めの施術処も増えてきておりますが、大抵の安めのところはリラクゼーションや揉みほぐしといったマッサージ類似行為を按摩マッサージ指圧師の国家資格を持たない無資格施術者が施術を担当していることが多いため、なんかの症状でお困りの方々にはお薦めはしかねます。


B.キャンペーンや割引

施術者が、お一人で営んでいるような比較的小規模なところでは、なかなかキャンペーンや割引のサービスを取り入れている施術処は少ないかもしれません。

しかし、キャンペーンや割引の告知があると「いってみようかな?」と思われる方々も少なくないと思います。

キャンペーンや割引の有無のみでその施術処の良し悪しの判断は難しいとは思いますが、定価のときに比べればお試しとしてはキャンペーンや割引を上手くつかうこともアリかもしれませんね!

キャンペーンの中には、新人さんが担当する上での割引サービスなどサービスの目的がはっきり表示されているところもあれば、なんで割引なのかを明確にしていないところまであります。

こういった場合には、はっきりと何のためのキャンペーンなのかを明記しているところの方が良心的と言えると思います。



4.施術者の知識や経験値での選び方

前回のブログにて、様々な施術処の種類や特徴、それらの資格についてを書いて参りました。

詳しい内容は前ブログを読んでいただければと思います。

その施術処の特徴や考え方などはホームページやSNS、ブログなどで知ることが可能ではありますが、複数の施術者が勤務しているようなお店では代表者の考え方やプロフィール、またはHP担当者のことなどは多く書いておりますが、代表者(院長や副院長)があなたの施術を担当してくれるとは限りません。

中には、全てのスタッフのプロフィールをHPに載せておられる親切なところもありますが、大抵は簡単なプロフィールのみだと思います。


A.担当する施術者の知識

施術者の知識をみなさんが実際に調べることはほぼ無理だと思います。

a.国家資格所持者の知識
鍼灸師、按摩マッサージ指圧師、柔道整復師のように国家資格を有している施術者であれば、最低限の知識である基礎医学や専門学科は学び、国家試験合格という一定の評価を国から与えられているので、必要最低限の知識は有していると判断することは可能です。
あくまで必要最低限であり、免許を取得してから得られるより実践的な知識には施術者個人の努力や経験が大切ですが、それを測ることは難しいでしょう?

b.民間資格の所持者や独学の方の知識
民間の団体や個々の施術処が認めている認定証で施術をされている方々の知識には、どこまで医学的なことや専門的なこと、手技の理論や法的なことなどもしっかり学べるのかは証を発行している団体や施術処のカリキュラムにより異なります。
かなりしっかり医学や専門知識を教えるところもあればただ、気持ちよく施術ができるようにするだけで知識はほとんど無いところまであります。
独学の方も同様でしっかり勉強されている方もいらっしゃいますし、ほとんど素人に近い方もおられます。


B.担当する施術者の経験値

知識と同様、熟練した達人並みの施術者から昨日今日始めたような素人並みの人までといった経験値にも大きな差がありながらも同じ土俵で混在しております。

a.国家資格所持者のデビューするまでの期間
国家資格所持者であれば、少なくとも国家試験を受けるためには三年以上学校に通い国家試験に合格して初めて国家資格所持者となるので、学生を含めていいものなのかは微妙ですが例え新卒だとして少なくとも三年以上の経験はあると評価することはできます。

b.民間資格所持者のデビューするまでの期間
民間団体の資格は団体や個々の施術処により、数時間の研修で施術者デビューといったところから、数ヶ月間に渡り学んだのちにデビューというところまであり、その団体が設定しているカリキュラムや施術者個人の能力によりデビューまでの期間は異なります。

c.独学の方の施術者デビュー
どこの団体にも属さず、独学でやられている方については、その方の考え方次第なのでなんともいえませんね!
たまにいらっしゃるパターンが、本業(別の仕事)の傍ら、数年に渡り独学で勉強しており、ある程度自信がついた段階でデビューするという人もおられます。

d.デビューしたのちの経験値
我々施術者は、デビューしたのちにいかに経験値を積み重ねるかが重要と言えます。
つまり、一年や二年の経験だとしても、集中的に密度の濃い期間を過ごせば高い経験値は得られますが、逆に何十年ものキャリアがあってもダラダラと過ごせば経験値もそれなりとなってしまいます。


※上記のような施術者個人の知識や経験値については、どう判断すればいいのか?が問題となります。

施術処のホームページやSNS、ブログなどに記載されている内容、実際に施術者との会話や手技などで情報を得られるか?で判断するしかありません。

しかし、担当する施術者が国家資格を有しているか?の確認やこの道何年とかは確認しやすいのではないでしょうか?



5.実際の施術についての選び方

こればかりは実際に施術を受けてみないことにはなんとも言えませんよね!


A.実際の手技(技量)

手技は、施術者の持っている技や経験値、受け手(患者さんご自身)の好みや感覚によってことなります。

a.施術者の技
施術者の手や指の形や関節の動き、筋力など個々の特性により産み出される技は様々です。
さらに、1つ1つの技の組み合わせや流れは無限大であり施術者の個性がはっきりと現れます。

b.受け手の好み
施術者の技において、施術者の個性と受け手の好みが合致することで患者さんの満足度は高くなります。
また、患者さんの好みに合わせた技を使うことでも満足度は上がると思います。
つまり、初見から合致していれば何の問題もないと思いますが、施術者側には患者さんのの好みに合わせるといった柔軟性も必須となります。
ただし、患者さんの訴えを取り除くためには十分な説明をした上で好みに反することも時には必要となります。

あまり強い刺激が苦手な方に対し、ココだけは少し刺激が強くなってしまうポイントをやらないと症状の軽減に繋がらないときetc

c.受け手の感覚
施術者が同じような施術を施したとしても、患者さんの感覚によっても異なります。
つまり、AさんとBさんに同じように施術を施したとしても同じ結果が出るとは限りません。
ヒトの感覚は個人個人の感受性は違いますし、同じヒトでもその時の状態(体調や気分)によっても日々変化してしまいます。
そういった点から、施術者はその時時の感受性に合わせた施術をできるかが良い施術者としての条件の1つとなります。


B.インフォームドコンセプト(説明)

施術の前や施術中、施術後と色々なお話や説明をされることはありませんか?

これには以下のような目的があります。

a.コミュニケーション
我々施術者側にとっては、何気ない会話の中にも患者さんの日常や癖を知ることが出来、疾患や症状の原因などを絞り込むためや予防へのアドバイスに対する情報源となります。

b.説明
患者さんの感じる訴え(症状の部位や状態)、問診やコミュニケーションで得られた情報(身体のこと、生活歴や家族歴、日常のことや癖etc)を考慮し、予測できる身体や症状の状態を把握し、把握できた情報を解りやすく解説することによって患者さんご自身が自分の体に起きていることを理解することで治療や予防に役立つ意識改革が可能となります。

注意
もちろん、患者さんご自身がコミュニケーションや説明を望まれないときには必要最低限のコミュニケーションを心がけるのは大前提となります。
あまりの痛さや気分が落ち込んでいるときには、それどころじゃないでしょうし無理にコミュニケーションを図ってもよい結果には繋がらないとかんがえられます。


C.相性

実際に施術を受けてはみたもののあまり良くなかったという経験はありませんか?

もちろん、施術者の技術や経験の不足といった面は否めません

しかし、TVや雑誌で取り上げられ予約が取りにくい人気店だったり、この道30年の大先生であっても良くなかったと感じることも多々あります。
おそらく人気店や大ベテランの施術者であれば技術や経験の不足というのは考えにくいと思います。

そんなときは余程相性が会わなかったと思うのが自然ではないでしょうか?

相性には、施術者の手技の相性と施術者のヒトとしての相性とがあります。

a.手技の相性
一度施術を受けてみた感じで、なんとなく「合わないかなあ」と感じられたときには、「こんな感じでやってほしい」などといった要望を施術者へ伝えていただくことで良く感じる可能性は出てきます。
せっかく口コミや調べたり探したりして選んだところですし、出来る限り相談してみてください。
ごく希に自分勝手な施術しかできない施術者もおりますので、もし要望を出しても聞いてくれず、患者さんを納得できるほどの説明もない場合にはそこはやめて別の施術処を見つけることをお薦めいたします。

b.ヒトとしての相性
患者さんと施術者においても、人間同士ですから「なんとなくこの先生苦手だな」とか「なんとなく合わないなあ」といった施術者へ感想を持たれても不思議なことはありません。
この場合には別の施術者か別の施術処を探すしかないかもしれませんね!




ここまで、優良な施術処を見つけるためのポイントについてを色々と書いて参りました。

このブログが、みなさんの施術処選びのお役にたてれば幸いです。

次回のブログでは、セクハラなどの気を付けなければならない怪しげな施術についてを書いていきたいと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

▼告知▼

ご質問やご相談

・健康や美容に関するご質問やご相談
・身体のことへのご質問やご相談
・鍼灸やマッサージ、その他施術に関するご質問やご相談
・良い治療院や施術処、病院の選び方へのアドバイス
・具体的な症状や疾患での治療法、検査や予防に対するアドバイス
・各種アスリートや様々な職業の方々へ対する負担の少ないトレーニング法、良いパフォーマンスをするためのケアの仕方へのアドバイス
・その他のご質問やご相談
などなどがございましたら、アメブロ、Twitter、Facebook、LINE、mixiのアカウントがありますので、それぞれのSNSにてDMやコメントで承っております。

私は、医療従事者として必要な解剖学や臨床医学などの基礎医学に加え、専門である経絡経穴などの東洋医学を4年間にわたり学び、2002年に鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得しました。

免許取得後は、ゴルフ練習場内にあるマッサージルーム、患者さん宅やビジネスホテル等への出張、鍼マッサージ整骨院(副院長)、鍼灸マッサージ治療院で勤務し、老若男女問わず、様々な職業の方々、プロやアマのアスリートのみなさんへ施術させていただき、知識と経験を積み重ね記述を磨いて参りました。

鍼や指圧マッサージ、ストレッチ、テーピング等を組み合わせた各症状に応じたオーダーメイドでオリジナルの施術を精一杯させていただいております。