耳鼻咽喉科系の症状Ⅲ…耳の症状と鍼灸マッサージ | 鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいことのブログ

鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいことのブログ

鍼灸マッサージ師として皆さんに伝えたいこと、健康や美容に関すること、身体に関すること、各疾患や症状にかんすること、アスリートや様々な職業の方々へ向けた内容などについて不定期にブログを書いております。
気になるタイトルがございましたら読んでやってくださいね!

前回、前々回に引き続き耳鼻咽喉科系の症状と鍼灸マッサージについて書いて参ります。

今回は、[耳の症状]として、具体的な症例と鍼灸マッサージについて書いて参ります。

鍼灸マッサージにおいて適応となるのは、耳鳴り、難聴、中耳炎などの炎症、メニエール病となります。

なお、前回のブログに、耳の構造や働きについて書いておりますのでそちらをご参照下さい。



1.耳鳴り

耳鳴りとは、実際に音はしていないのにも関わらずなにかが聞こえるといった現象であり、一般に突発性難聴やメニエール病などでの難聴と共に出現するとされております。

このありふれた症状は、軽い不快感から不眠症へ、ときにはうつ状態となってしまったりと心身共に辛くなってしまうこともあります。


A.分類

耳鳴りには、本人にしかわからない自覚的耳鳴り、他人からも聴取できる他覚的耳鳴りとに分類することができます。

a.自覚的耳鳴り
難聴に伴う耳鳴りや薬物による耳鳴りなどがあります。

b.他覚的耳鳴り
筋肉の痙攣による音や血管病変の拍動の音などがあり、血管病変の拍動と共に耳鳴りがあるときには、速やかに循環器科や耳鼻科へ受信してください。

c.生理的な耳鳴り
完全な無音状態の時に「シーン」といった音が聞こえることがありますが、これは正常な状態であり、病とかではありません。


B.治療
基本的には、難聴に対する治療となり専門医による薬物療法となります。
また、鍼灸マッサージも有効な療法となります。



2.難聴

難聴とは、ある一定の周波数の音が聞こえないもしくは聞き取りにくいといった状態であり、伝音性難聴、感音性難聴、機能性難聴に分類することができます。

伝音性難聴は、外耳、中耳、内耳のいずれか、もしくは全てになんらかの障害により音の伝達が阻害されてしまった状態となります。

感音性難聴は、内耳から脳の中枢へ伝えられる伝達がなんらかの原因で阻害され起る難聴となります。

機能性難聴は、音を伝えるための器官には、構造的な異常はなく、機能的な異常により起こる難聴であり、ストレスなどの要因で発症する心因性難聴などがあります。
これらは女性に多いとされております。


A.難聴における鍼灸マッサージ

いろいろな原因で発症する難聴の中では、いわゆる器質的な異常の難聴は鍼灸マッサージにおいての効果は見込めず、専門医による治療が最も大切となります。

しかし、機能的な異常の中でも心因性難聴と原因が不明で発症する突発性難聴、高齢などによって難聴とまではいかないけど、なんとなく聞こえにくいといった症状には鍼灸マッサージも有効となります。

もちろん難聴の程度や発症時期によっても効果は異なりますので注意も必要となります。


B.心因性難聴やなんとなく聞こえにくい

これらの際には、耳の周りやその他の部員、または、全身を施術していくことにより、血液やリンパの循環改善、筋緊張の緩和、自律神経やホルモンなどのバランス調整をしていくことによって、心身共にリラックスし、ストレスの軽減により聞こえをよくしていくことが可能となります。

また、首や肩のコリ、その他の筋緊張などを緩めることによっても自覚として聞こえにくいなどはなかった方々が施術後に、
「なんとなく聞こえが良くなった」
とのお声も頂いておりますし、難聴とまではいかないとしても聞こえやすくするといった意味でも鍼灸マッサージは有効と言えると思います。


C.突発性難聴について

a.特徴
・ある日突然発症する。
・随伴症状として、耳鳴り、耳閉感を伴い、半数の方が発症時に一回のみの強いめまいがでることもあります。
・原因は、不明の感音性難聴であることを定義とし、単一の疾患とは限らない疾患群となります。
・再発は基本的になく、最多した場合は他の疾患を疑うことが大切であり、その他の特徴をもとに他の疾患との鑑別が必要となります。
・発症の男女差はあまりなく、50~60代に多いのですが、全年齢層に発症することもあります。

b.原因
不明ではありますが、細菌感染説、血液やリンパの循環の悪さによる内耳の機能低下説、ストレス説などが考えられております。
あくまで説ですので原因は未だに解明されておりません。

c.症状
耳鳴りや耳閉感を伴う難聴が主症状であり、基本的には片側に発症しますが、希に両側に発症することもあります。

D.突発性難聴における鍼灸マッサージ

突発性難聴は、耳の病の中で最も鍼灸マッサージが有効とされており、突発性難聴をメインに施術されている治療院もあるようですが、あまり突発性難聴で鍼灸マッサージというのは巷では知られていないため、普通の治療院ではなかなか診ることができない症例の1つと言えると思います。

突発性難聴では、熟練の技術と知識、経験が必要といえますし、状態、時期などによって効果は様々となります。

a.状態
症状の程度、鍼灸マッサージに対する合う合わないなどの体質や性格、数回の施術をしていけるためのお時間と費用などにより症状の改善するかが変わってきます。

b.時期
状態よりもこちらの方が重要となるかもしれません。
発症後、早ければ早いほど鍼灸マッサージによる効果は高いとされております。
突発性難聴を専門とされている鍼灸マッサージ師の先生いわく、発症後1ヶ月後、3ヶ月後、半年後とではかなり効果に違いが出てくるとのことです。
中でも1ヶ月以内での施術では、かなりの確率で症状の軽減、改善が見込めるため、できるだけ早めの施術をお勧め致します。

c.施術
施術の内容としては。耳鳴りや難聴、めまいなどに対する局所的な施術、原因の1つと考えられる首や肩のコリやその他筋緊張を緩和させ、循環を改善し、更に自然治癒力を高めるための局所や全身の施術、その他経穴を使った施術などを組み合わせ症状の改善を見込み施術を進めて参ります。

これらa.b.c.によって効果にもいろいろとなりますが、専門医による突発性難聴の治療も具体的で有効な方法は、あまりないようですし、より早く改善するためにも鍼灸マッサージもご検討頂ければと思います。



3.中耳炎などの炎症

外耳・中耳・内耳には、感染やその他刺激によって炎症が起こることがあります。

私も内耳炎にはなったことはありませんが、外耳炎と中耳炎には子供のころですが何度もなったことはあります。

どちらもめちゃめちゃいたいですよね(泣)

外耳炎は、綿棒や耳かきで耳掃除のやりすぎで傷ついたり、それによって細菌が感染し発症したりといった原因となります。

中耳炎は、耳からの感染というより、鼓室と咽頭の間にある耳管を通ってきた咽頭からの細菌による感染も多く、耳管によって行われる外気圧と鼓室内の圧力との差によって生じる刺激でも炎症が起こります。

内耳炎は、中耳炎からの進行やその他感染や刺激によって発症します。

いずれもかなりの痛みが伴い専門医による診察と治療が必要となります。

中耳炎などでも、鍼灸マッサージは適応とはなりますが、局所の施術による痛みの軽減、全身の施術による免疫力、自然治癒力の向上といった目的では有効と言えます。

しかし、実際にはあまり中耳炎などで鍼灸マッサージ院へ来院されることは少ないかもしれませんね?

とくに鍼灸マッサージにおいては副作用などもありませんし、専門医の治療や投薬にプラスしていくのもひとつの手段となると思います。

耳鼻科の専門医による治療は、経験上、外耳炎や中耳炎は1~2習慣くらいでよくなりますが、それにプラスして鍼灸マッサージをしていくことで、より早く症状が改善が見込めるのではないでしょうか?

とはいえ、まずは耳鼻咽喉科への受診をお勧め致します。



4.メニエール病

A.原因

内耳の内リンパ水腫により、内耳の中にある感覚細胞(聴覚や平衡感覚を感知する細胞)が障害されることで発症します。

内リンパ水腫は、内リンパの生成と吸収のバランスが乱れることによって起こるいわば内耳のむくみであり、その発生原因は未だに不明となっておりますが、ストレスという説も有力視されております。

男女比は、やや女性が多く、比較的若い層(30~50代くらい)に発症します。


B.症状

a.発作時の症状
・めまい
突発性の回転性のめまい
・難聴
とくに低温域の障害
・耳鳴り
・耳閉感
の4つが同時に現れ、一旦治まっても、その症状を数日から数ヶ月に渡り繰り返します。
b.発作時の付随症状
・吐き気や嘔吐
・冷や汗
・顔面蒼白・動悸
・温度感覚の異常
・聴覚補充現象
などを伴うこともあります。

c.症状の特徴を
・視界がグルグルと回る回転性の強いめまいと難聴の主症状に加え、吐き気や嘔吐も伴うため、立ち上がることも歩くこともままならなくなったり、トイレに座ることも厳しくなり排泄面も困難となることもあります。
・めまい発作は、数十分から長ければ半日以上続くこともあり、回転性めまいが治まった後にも浮動性めまいや聞こえにくさなどか続くこともあります。
注)
数十秒程度のめまいはメニエールのものではないため他の病が疑われます。
・他者からみても明らかな眼振がありますが、脳ではなく内耳の疾患なために意識ははっきりしています。
・めまい発作中は、吐き気が続き顔面蒼白になり、異常に暑く感じたり寒く感じたりもすることがあります。
・聴覚補充現象
難聴であるにも関わらず子供の騒ぐ音やテレビなどの音が響きかなりの苦痛となることがあります。
・初期には、上記のような症状が発作時に出ますが、繰り返ししていくうちに、発作時以外にも聴覚の異常や平衡感覚に異常を来すように進行していきます。


C.検査と診断

基本的な検査や診断は、耳鼻科となり、様々なめまいや難聴を伴う疾患との鑑別するための検査が必要となります。

検査などもせず、内リンパ水腫の有無もわからないのにも関わらず、めまい、難聴、耳鳴りがあるからといって安易にメニエールと診断してしまう医師も未だにいるそうです。

昔は、内リンパ水腫の存在が発見されるまではメニエール症候群としてましたが、現代では、メニエール=内リンパ水腫とわかったために様々な検査を経て診断されるようになりました。


D.治療

a.専門医による治療
基本的には、薬物療法となります。
ただし、吐き気を伴うため飲み薬は厳しいこともあり、点滴での投薬をすることもあるようです。

b.鍼灸マッサージによる治療
メニエール自体の治療というよりも、めまいや難聴、耳鳴り、吐き気などに対する症状の軽減、血液やリンパの循環改善によりリンパの吸収を高めたり、自律神経など調整、心身のバランスを整えることによるストレスの軽減などの効果を期待した局所及び全身の施術となります。
めまいや吐き気を伴う症状のため、より繊細な刺激の強弱が必要になりますので、施術者選びも慎重にされることをお勧め致します。



3回に渡り、耳鼻咽喉科系の症状に対する鍼灸マッサージについて書いて参りました。

運動器系などのその他に比べるとなかなか主症状として鍼灸マッサージをされることは少ないかもしれませんね?私は、医療従事者として必要な解剖学や臨床医学などの基礎医学と専門である経絡経穴などの東洋医学を4年間に渡り学び、2002年に鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得しました。

免許取得後は、
・ゴルフ練習場内のマッサージルーム
・各患者さん宅やビジネスホテル等への出張
・鍼マッサージ整骨院(服院長)
・鍼灸マッサージ治療院
に勤務し、老若男女の様々な職業の方々やプロ・アマのアスリートの方々を施術させて頂き技術を磨き知識と経験を得て参りました。

現在、横須賀市内、国道16号線近隣を中心に出張での施術を承っております。

鍼や指圧マッサージ、ストレッチやテーピング等を組み合わせ、各症状に応じたオーダーメイドでオリジナルの施術を精一杯させて頂きます。

料金など明細はブログ
[横須賀での本格指圧マッサージや鍼はいかがですか?]

http://ameblo.jp/yokosuka69yk/entry-12017450652.html

にも書いております。

ご質問、お問い合わせはお気軽にDMやコメントにてご連絡下さい。




より皆さんが悩まれている症状の軽減や改善のお役に立てるのではと思いますので、耳鼻咽喉科系の症状にも鍼灸マッサージが有効となるといったことを覚えていて頂けると幸いです。