第35話 まさかのヒールホールド | YOKOLOG☆総合格闘技道場SAI-GYM日記
新型コロナウイルスに関する情報について

YOKOLOG☆総合格闘技道場SAI-GYM日記

新潟県燕市の総合格闘技道場SAI-GYMサイジム代表の奮闘ブログです☆

【プロへの道のり】第1話はこちら


前話はこちら






前回の更新からだ~いぶ経ってしましました汗


ちなみに現在、全日本選手権の準決勝ですパー





準決勝の相手は1回戦、2回戦と腕十字で勝ってる伊藤選手。


見た目もかなりインパクトがあって、計量のとき、この選手とはやりたくないな~なんて思っていたのを覚えてますあせる





試合内容は相手選手も自分と同じくらい身長があって、リーチも長い、最初はお互い距離を取りながら打撃の攻防してたんだけど、空手もやっていた伊藤選手のローが強烈で一発いいのもらってかなり足がヤバかったんで、誘ってロー打ってきたときにその足を手でひっかけ、そのまま押し込んでテイクダウン。


俺が上になってハーフ、サイドまでいったときにスイープされてしまって逆に上取られてサイドくらいまで取られたのかな~たぶんポイントで逆転されて、でもこのまま負けてもプロ昇格大丈夫だよな~なんて頭よぎりながら動いていたんだけど、なぜか伊藤選手の気持ちが切れたのか?なんか一瞬力が抜けたみたいだったんで、そこからマウントまで取って(どうやって取ったかは覚えてない)一気にポイント的に有利になるも、下からブリッジされて返されそうになったとき、手がロープにふれて反則で減点2ポイントで試合終了。


ポイント的に微妙かな~なんて思っていたけど、23-22でギリギリ判定勝ちチョキ








でもこの試合でに痛めた足がかなりきつくて、足引きずりながら自分のコーナーに帰っていったら、風田さんが、わかるけど、足ひきづるな、決勝の相手が見てるからと、試合後痛めた足の逆の足をアイシングしろと今思うとすごいこと言われたな~なんてにひひ


結局、どっちの足もアイシングしながら…





でも本音を言えば決勝戦辞退しようかな~なんて思っていたけど、風田さんの決勝戦に向けてる熱い気持ち聞いてたら、やるしかないとメラメラ








決勝戦の相手は東北選手権のとき準決勝で負けた相手の水野選手。


そして優勝候補筆頭の選手。


全日本の始まるときに決勝でまたやりましょうと俺から話したけど、多分俺のことなんて眼中になかったんだろうなぁ~あせる








相手選手もそうだろうけど、かなり疲労困憊で体がかなり重かった…1日4試合はやっぱ過酷で、さらに決勝は3分×2Rショック!





決勝戦、水野選手は柔道とレスリングでも実績があり組技がかなり強い、そしてサウスポー。


東北で負けた時もテイクダウンされて、三角締め仕掛けたときに足外されてすぐさまバック取られてスリーパーで一本負け。





サウスポーなんで右ミドル、右ローで攻めてたら、ミドル蹴ったときに相手の肘にあたって、さらにテイクダウンされパスされマウントまで取られ開始1分くらいで10ポイント以上差を付けられてしまい、もうポイントで勝つのは無理だと思い、とりあえずマウントポジションを返し、猪木アリ状態へ。


なんとなくこのポジションてヒールホールド狙えるんじゃないか?と思いつき練習でもやったときなかたヒールホールドを狙ってみる。


もうこのときは防がれて負けてもいいから、思いっきりやってやると思ったのが良かったのか、見事に極まりタップアウトビックリマーク





まさかの逆転勝利で一本勝ちビックリマーク




正直、自分でもびっくりな勝利でしたえっ







YOKOLOG



応援に来てくれたピロクのメンバー


みんな若いねにひひ




YOKOLOG



決勝で戦った水野選手メラメラ


プロ編につづく

http://ameblo.jp/yokosai/entry-12048744081.html