認知症サポーターになってみた

テーマ:

認知症サポーターって聞いたことはありますか?

皆さんは認知症サポーターですか?

 

なんと全国で940万人もの方が認知症サポーターだそうです。

日本の生産年齢人口の(15歳以上65歳未満)1割以上に相当します。

 

認知症はいわば、ここはどこ?私は誰?となってしまう状態。

脳の働きが悪くなる結果、認知機能が悪化し、生活がしづらくなります。

2025年には700万人が認知症を患うと予測されています。

65歳以上の5人に1人

 

つまり、ご家族が罹患していなくても、

近所で顔を合わせる高齢者の方の何人かが認知症である暮らしが来るのです

その時、私たちはどうすればいいのでしょう?

 

私の両親は幸いまだ症状は出ていませんが、

暮らしの中で誰かが認知症であるとき、そして来たる親の介護のとき、

どうしたらいいのか、

仕事でも認知症ケアに関わることが少しずつ増えてきたので、

ひと事ではない。勉強しよう!

と認知症サポーター養成講座を受講してきました。

 

そこで分かったこと。

認知症サポーターとは何か特別のことをする人ではなく「である人」。

認知症を正しく理解し、偏見を持たず、

認知症の人や家族に対して暖かく接する応援者だそうです。

 

資格と言うと資格を活かして何かを「する人」と思っていましたが、

認知症サポーターは、心構えがある、応援者(サポーター)である人なんですね。

 

講座では様々な生活の場面でどう対応すべきか考えるユースケースが

いくつか紹介されていました。

 

例えば。

ゴミ出しの日を覚えられなくなったご近所の方に、

今日は不燃ゴミの日ではないのに、何で分別しないですか!と詰問するのではなく、

今日は不燃ゴミの日ではありませんよ。良かったら不燃ゴミの日にお声かけしましょうか?

と優しく声かけをしていました。

 

対応の心得は、3つの「ない」。

驚かせない、急がせない、自尊心を傷つけない、だそうです。

 

ご家族ならともかく、地域の方の場合は外見からは誰が認知症か分かりにくいもの。

認知症の方かどうかに関わらず、多くの人が対応の心得を知って周りの人に接するようになれば、

優しい社会になりそうだな、と思いました。

 

そして、私が目指している「まちのおや」も子どもの発達の段階を知り暖かく接する人という点で「である人」なのだなと再認識しました。

 

認知症サポーターは厚生労働省の事業として全国で養成され、

今では各自治体で年数回開催されているようです。

ちなみに国分寺では90分程度(無料)でした。

 

興味を持たれた方は、お住いの自治体に問い合わせてみてください。

 

 

 

AD