「うたおうか」外伝
  • 15Sep
    • シャーデンフロイデの有用性

      人を引きずり下ろそうとする人の心理について、非常に興味深い文章があった。『身の丈にあった勉強法』×『シャーデンフロイデ』刊行記念鼎談・第2回ロザン×中野信子「シャーデンフロイデは、社会を守るために必要な感情なんです」中野 信子/菅 広文私はよく「転校生(新入り)のくせに生意気だ」と言われて過ごしてましたが、なんでこんなに非生産的なことにエネルギーを注ぐのだろう?と思っていたら、「共同体の維持」のためには有効な手段であることもあるからなのだということを理解。引用。>人の流れが活発になれば、処理の難しい問題が起こります。自分をよく見せる技術に長け、人を騙したり裏切ったりすることに抵抗がなく、真面目な人々から搾取し、共同体の利益にタダ乗りする戦略をとる個体が、生存と繁殖に勝利するでしょう。確かにそうだなと。危機を回避するために備わった自然の反応…と捉えると非常に納得。素性のわからない者(私)が、突然よそからやってきて何やら目立っていたら「利益を一人で搾取している」というレッテルのもと(してないけどね)叩かれるのは当たり前だったのだなと。ズルするヤツを止めるため・排除するための機能。…ズルしてないヤツにまで反応してしまう厄介な機能。また、面白いことに人の出入りが激しい都内に引っ越した時には転校生いじめは無くて、田舎に引っ越した時が凄まじかった点からも上記(リンク)の説にすごく納得してしまった。(共同体としての愛着に起因?)でも実際、共同体の生産性について考えてみると、「ずっと同じ顔ぶれで過ごす」世の中じゃなくなってきた今はもう、嘘ついたもん勝ちとでも言うような感じになってきてしまっています。やるといったことをやらない。みんなの意見をきいてから決めるといっていたものを、みんなの意見を無視して進める。やったはずの罪を咎められても、証拠が揃っていようが「やっていない」と言い続けて、それが通用してしまう(風化していく・キチガイには何を言っても無駄だとみんなが諦める)。みんなから集めたはずのものをお仲間だけに分配。…政治なんてそんなんばかりです。だって、どうせすぐ辞めるし。すぐ忘れるし。印象操作で人のせいに出来るし。それが可能なくらい国民は関心も薄いし理解できてない。やりたい放題ですね。別に政治の話じゃなくたって、身近なところでも「よく見せる技術」や「人を感情的に支配する能力」に長けた人間は周りの人をコントロールしながら、何か綻びが出れば適度な期間で人やコミュニティーを替えながらうまくやっていきます。人の移動が少なくて「共同体」が不変であれば、嘘をつけばいずれバレますし、評判が悪くなってその人は力を失っていきます。だから「嘘はいけない」と言われたのでしょう。嘘は長い目で見て損でした。一生を共にする前提で、信用が大事だったから。…でも今は??あまりにすぐにバレる嘘はなんのメリットもないでしょう。ですが、2~3年で人が入れ替わる場所での巧妙な嘘は、バレないこともあります。そうしたら、その期間だけ自分にとって有利になる嘘をバラまくという戦略を取る人間もいるわけです(サイコパス的な)。…実際にいました。人が集まると色々ありますね。我々は自らに備わっている原始的な機能を自覚しながら、新たな戦略をとらないとならない時代になっているんだなと。人を見て、己を見て、集団をみて…人に備わっている機能に振り回されること無く、何が自分にとって、相手にとって、社会にとって生産的か…を踏まえたうで行動が出来ると、もっときっと共同体もハッピーになるのだろうなと思いました。リンクが非常に勉強になったので、シェアして感想を書いてみました。長くなっちゃいましたね。ではまた!

      13
      テーマ:
  • 12Sep
    • どーでもいいで賞

      ※今日は、時事ネタから感じたことを美しい言葉ではなく垂れ流しております。パワハラでメンタル壊したり、あるいは同じことを「あるべき姿」だと繰り返すような人格になるような影響を与えながら「賞」を目指していく。その「賞」って、そんなにありがたいもんなのか?メンタル病むくらいならぶっちゃけマジでどーでもいいレベルのものだよね。…とか言うと、「殴られもせずに一人前になったヤツがどこにいるものか!」とか言われるのかなwでも思うに、人としての尊厳よりも「賞」の方が価値があるなんてことは無いのに、なんでそこがひっくり返るのかわからない。謎。そもそも人間関係を上下や支配披支配で捉えていることが不健康のはじまりだと思う。それぞれの「個である人間」が存在したうえで、そのニーズに対して役割分担としてのコーチがいるんじゃないのか?ただの役割分担。係活動みたいなものでしかないのに、なんかどえらい勘違いをしている奴がたくさんいる。そしてなんか(良くない意味での)宗教みたいな空間になる。そりゃ実際、「厳しくしてくれ」というニーズもあるけれどね。でもそれは教育機関みたいなところで全ての人に適応していいものでもないだろうに。緊縛師(SMプレイで縛る専門の人)には高度なテクニックが必要なんだよ。素人がやると危険が伴うのよ。プレイはあくまでプレイなのよ。塩梅がわからないから「ハラスメント」になるわけで。競争もプレイ…ゲームなのよ。ゲームは楽しまなきゃ意味無いんよ。人間の尊厳をかけたようなものはもうゲームじゃないんだよ。…ってか日本、基本的に人権に対する意識低すぎ。さすがインパール作戦を決行する国(作戦を立てるバカ&誰も止めないというヤバさ)。#Tokyoインパール2020も死者が出なければいいなー…と。なーんかズレてるよね。根本的な部分が。優先順位ちがくね?っていう。こないだツイッターとかでシェアした記事。人は何故自分/他人いじめをするのか 幼児的万能感から自尊感情へ(興味があったら是非読んでみて)世界と比較しても日本人の自尊感情が低いっていうのはよく言われていることだけれど、程度に差はあれ、この課題を持っている人ってすごい多いと思うのね。色々なものが「やらされ感満載」なんですよ。閉鎖的な空間での同調圧力然り、自分で選んでないんですよ。そして我慢とか滅私奉公的なものに美徳を感じるような風潮。ここどうにかしないと自尊感情も健全に育たないし、人権意識も変わらないし、あらゆるハラスメントも無くならないんじゃないかなと。とりとめもなく、思ったことでした。

      13
      2
      テーマ:
  • 09Sep
    • 美しい日本語の歌唱

      ※歌は1'07過ぎくらいから…美しい。ところどころ外国人っぽくて、「ドコドコ」の感触がなんかちょっと面白かったりもしたけど(笑)。日本人の海外でのキャリアが蝶々歌いに限定されてしまうことはよくあるけれど、東洋人でここまでのぼれるのはやはりすごいことなんだなと。圧倒的に不利な中にあっても切り開いていけるだけの実力(もちろん運も含む)を持っているからできることで。超声キレイだ~…(´Д`)…。さすが、「神からの贈り物」と称された歌声。私も色々歌おう。うん。さっきウェブサイト「うたおうか」の方を確認したら、コメントが入っていた。色々な人生がある中で、みんなそれぞれ自分の幸せに向かって歩んでいく姿は、いいなと思った。能動的に関わっていく姿は年齢を問わず美しい。「キャリア」は年齢の影響も大きいから、生まれ育った実家の資産状況や応援がモノを言うところがあるけれど、音楽活動自体は自分次第。うん。自分次第なんだよな。別に、誰かに「評価」されることが目的ではないのだから。そんなことを思った。

      20
      2
      テーマ:
  • 04Sep
    • 何のために書くのか?

      学閥のヒエラルキーみないなもんがそもそもわかんないと書いていた人がいた。そういえばそうよね。と思った。演劇だって、日芸(日本大学芸術学部)は業界ではエリート扱いなんだけど、それを知ってる人が一般の人でどれくらいいるのか?って話ですよね。私だってろくに音大を知りませんでした。学費的に受験できそうなところを調べていたので、他のところはわかりません。ましてや実技は偏差値なんてわかりませんし。…むしろ卒業してからかな?「あ、こういう値踏みをされるのか。」と。んじゃ、あれ、誰に向けて書いてるんでしょうか?すんごい長いプロフィール。大学の名前もわかんないんじゃ、コンクールの質は?「モンドセレクション金賞」みたいなもん?その経緯はわからないけれど、きっとすごいんだろう!みたいな?その名も、ハロー効果!!!はろー?♪ヽ(´▽`)/うん、元気♪半分が経歴で埋まっているチラシとかもありますけど、あれ、殆どのお客さんには内容が伝わってるんじゃなくて、なんか凄そうってのが伝わっているようですよ。まー。そんなもんだよなー。ここは日本だし。…とか思うと本当、権威主義を前提として成立しているんだなーと。…ってか、本来は演奏だよな。演奏を楽しみたいのに演奏がつまんなかったらクソなわけで。でも、たとえクソな演奏でも「きっとこれはすごいに違いない」だったらもうどーしょーもない。昔、○○大学の教授の演奏が高い音が音にすらなっていないというレベルの崩壊具合で驚愕だったんだけれど…。でも、「カラスは白いよな?」にイエスと答えないといけない雰囲気だったりするのかな…?なんかもうそれは…なんなんだろうね?何がしたいんだろうか?なぞ。…すんごい毒を吐いてしまった。失礼。負け犬の遠吠えでーす♪ヽ(´▽`)/わおーん♪

      14
      2
      テーマ:
  • 03Sep
    • 音楽は前

      公開練習メモ。音楽は常に前へ前へ。結果は後。でも焦らない。空間は最大限有効活用できるように。息のスピードでなんとかしようとしない。あくまで響き。音のモーション、要研究。どういう動きが効果的なのか。緩急、グルーヴ感大事。つまらない演奏はしない。自分が感情に飲まれない。曲はもうそこにある。もっと自分を外側から捉えて、その曲に既に存在するものに乗っかる。しっくりこない部分はそもそも勉強不足。あーーーーー。ってか、うん。勉強不足です!!!ヽ(´д`)ノ時間ほすぃ。まぁでも、新学期。まずは慣れよう。

      9
      テーマ:
  • 02Sep
    • バカになるヽ(=´▽`=)ノ

      ここで紹介されてる動画、超好き(*´∀`*)↓ナリ心理学に出会ったのは2年半くらい前。昔はアメブロじゃなくて「はてなブログ」だった。息子くんが色々あって世界が灰色だった頃、彼のブログには随分と助けられた。今は超人気で既読になるのがラッキーって感じになってしまったけれど、当時のナリ君とは普通にLINEでやり取りが出来て、相談に乗ってもらったこともあった。あれよあれよという間に超有名人になっていくナリ君をリルタイムで見ていたので、「あぁ、人ってこんな短期間で変わるんだ!」という驚きと共に、希望ももらった。裸で踊る男が起こすムーブメント。いいですね。うん。私ももっとバカになろう。

      6
      テーマ:
  • 01Sep
    • 般若の顔

      たまたまテレビでやっていた舞台の映像で、般若の面の話になった。よくできているよなー!と。紛れもなくモデルは人間の顔。ヤバイ人の顔つきというのは、本当にあの顔だったりする。面のような般若顔でジトーって特定の人物を凝視する。目が充血していて、黒目がより黒くギラギラしているような感じ。あの表情で目があってしまった時の感覚は、言葉で言い表すのでは全然足りない。身体が硬直して、悪寒と共に全身鳥肌が立つ。…だけではない。何か悪いものにとり憑かれたかのような…なんとも言えない強烈な感覚がある。人間って、あんな表情をするんだ。という驚きと、得たいの知れないものへの恐怖。そんな人がいた。度重なるあまりにしつこい嫌がらせに、さすがの私も不快感が堪らくなり避けていたら、隣の席にわざわざ座ってきたかと思うとこちらを凝視…(本当に、ジトーっと…)。うわー…と思いながらも、それも気づかないふりをして離れ、しばらく何事もなかったかのように過ごしていたら物凄い殺気を背中に感じ、、、振り返ったら目があってしまった。…ホラーですね。他人への異常な執着心で、あからさまに陥れるために時間と労力を使う。表の顔と裏の顔を完璧に使い分ける。全く接触が無かったはずの私の友人達と、どういうわけか次々と親しくなっていく気味の悪さ。そして、無いこと無いこと捏造されて、私が加害者というストーリーが出来あがっていった(もちろんおかしさに気づいた人もいたけれども)。歌を続けてきて、もっとちゃんと勉強したいなという思いが無かったわけでは決してないのだけれど、私が人の集まるところに入っていかないのは、スポットライトが当たる場所はこういうのがセットなのか…と思ってから引き気味になってしまったのもある。何されるかわからないような身の危険を感じてまで混ざらなくても、一人で自主企画してるほうが平和だなと。対人恐怖ですかね。活躍し続けられる人達って、本当、強いなーと思います。

      7
      テーマ:
  • 29Aug
    • ドレッタの夢を弾き語りしてみた&お礼とご挨拶

      Chi il bel sogno di Dorettaを弾き歌いしてみました♪ この曲はきれいですね~♪(*´ー`*) A post shared by Yoko Asada (@utaouka) on Aug 29, 2018 at 6:46am PDThighCとかにずーっとあった耳障りな雑音がようやく減ってきた最近は、弾き語りの必死感も軽減されてきたように思います。クラシックの歌い手さんは「フォームが崩れるから弾き語りはしない!」という方が少なくないのですが、私は教育学部だったので弾き語りはむしろ必須でした。…実際弾き語りは曲芸感があって、自身も当時は「範唱」とかのレベルじゃなくなってましたけども…(^^;;(今も「表現」の粋に達する演奏は出来ませんが)でも、人との繋がりもないし、「ネタ感があってもいいからもっと気軽に何か発信しよう」…と思うようになってからあえてやるようにして、だいぶ鍛えられた気がします。人は成長するのだなと!(`・ω・´)ゞ最近はなんだか気持ちがいったりきたりでお騒がせしました。暖かいメッセージ、どうもありがとうございました。もっと、私自身が「受け取るもの」を選択しなくてはならないなと思いました。…とはいえ、実際圧倒的に前提条件が違うところに混ざっていくのはしんどいので、今回の選択はこれでよかったのだと思っています。「声楽家」を名乗ると自動的に私の知らないルールで試合に参加したと見なされるようなので、あえて名乗らずに。私はハウス栽培の花ではないので、ゆくゆくは違うルートを開拓して、在野にある地元の隠れた名所みたいなスポットに貢献出来るよう励んでいこうと思います。正規ルートでブランド価値がついた商品と同じところに雑草が混ざっていても評判がよろしくないのは当たり前なので、弾かれてもしぶとく周囲に種を巻き散らかしながら、「なにこの雑草しつこいのよ!!」みたいな強かさで増殖していこうかなと(笑)…と、なんだかんだ言って、言われたりやられたりしたことは根に持つタイプなので表現が好戦的ですけども…(笑)音楽を戦いの道具にするつもりはありませんが、もし戦いがあるとするのなら、戦いのルールは経歴とかじゃなくて、自分と周囲の幸せの質と量で勝負したいです。だってその方が楽しいですし。…そんなわけで、私は元気です。転んでもただでは起きないので、大丈夫です。色々とどうもありがとうございました。今後共、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

      21
      テーマ:
    • 未来の演奏家ってやつか

      娘ちゃんの発表会でした。下が小さいので娘以外の方も全部…はさすがに聴いてませんが、ちょこちょこ聴くのでも在籍期間が長い教室は成長の様子がわかって楽しいものです。その中に、演奏会を聞きに来た気分にさせてくれる子がいて、幸せ気分でした(*´ー`*)♪気になったので、お名前を検索。…と、コンクールでバリバリ上位入賞してました。そりゃ演奏会クオリティだわな~。幼少期からしっかりやってきた子が10代も後半くらいになれば、もう腕前はプロ級になっているケースは少なくありません。これからきっと業界でがっつりやっていく子の貴重な若いワンシーンを見られた気分でした。♪ヽ(´▽`)/娘の成長を楽しみに聴きに行く発表会♪だけじゃない楽しさがあって、ラッキー(*´▽`)vご機嫌でふんふん♪していると声も軽やかですね(笑)普通の発表会でこんなのが聴けるなんて面白いですね。よき日でした。私も在野で、「え?なんでここでこんなのが聴けちゃうの?!」みたいな教室&コミュニティを作っていきたいなー。…と、夢みながら、家事と育児に追われる30代。翌日に疲れが残るようになってきたなーとか思いつつ、身体壊さないようになるべくマイペースに歩んでいこうと思います。

      9
      2
      テーマ:
  • 28Aug
    • 「声楽家」を名乗るのをやめることにした

      ヽ(=´▽`=)ノすっきり~♪ここもWebサイトも http://utaouka.com/ツイッターも https://twitter.com/utautai_sopranoインスタもhttps://www.instagram.com/utaouka/プロフィールなどにあった「声楽家」を削除致しました。(残っていたら教えてください。消します。※ブログ村のプロフィール変更は反映に時間がかかるようです。)私はただ、私が歌いたい歌を求めるクオリティで歌えるようになりたいと思ってはじめただけなのに、「優劣」とか「価値」とかそういうものが私の外側からやってきては、あまりいい意味を持たないラベルを貼られる…ということが多くて、なんだか疲れてしまいました。実際、「歌えさせすれば文句言われないんじゃないか?」と思って結構抗ったのですが、「歌う以前の問題」なのだということも理解しました。演奏会で「音大卒じゃないけれど仲間に入れてもらった~」みたいに捉えている自分も、なんだか卑屈で嫌だなと思ったのです。クラシック歌手や声楽家を名乗ると、プロフィールに出身大学や経歴をずらりと書くのが当たり前の世界なので値踏みされるのはある程度仕方がないことなのかもしれませんが、何かやったらやったで個人の名前ではなくて「○○大学って実はすごいんですね」とか言われるのもムカつくのです(いるのよ!そういう人!!w)。人の作った曲を歌うのになんだか特別な権利が必要で、声楽やってるなんて言えば藝大の人にpgrされるし、「これを歌えるほど勉強してきているとは思えない」とか「素人が声出るから歌ってるって感じ」とか言われたりする現実。もういいかなと。私は権威などからも程遠く「正統派」にはなり得ないので、学問や伝統の継承…みたいなニュアンスが伴ってしまうらしい「声楽」というものからは対外的に少し距離を置こうと思います。ウィキにも声楽家は「この用語は主にクラシック音楽の歌手を指して用いられる」と書いてあるので。師匠に昔、「日本でやっていくなら藝大か院を出ておいたほうがいい」と言われましたが、その意味を痛く感じつつも、まぁ…別に出世欲がそこまであるわけでもないので、いいかなと思います。私はただ普通に活動がしたかったのですが、それが「クラシック」だと難しいというのなら、「クラシック」というカテゴリーからは抜けようと思います。…もともと約20年前にゲーム音楽をピアノの発表会で弾いていたような人間ですし(今でこそそういう人も増えたけれど、当時としてはかなり珍しかったのではないかと!!)。クラシックの声楽は専門性を問われることが多い分、余計に「ちゃんとした教育を受けてきたと証明できるもの」が重視されるのかなと思うので、今後はもっと柔軟に色々とやっていこうと思います。わざわざ「あなたは不適格だ」って言われるようなことをしなくてもいいのかなと。…そもそも「日本語の歌がちゃんと歌えるようになりたい」とか思っている時点で、純粋なクラシックの人間とも違ったのだと思いますし。ずっと「本当に私は声楽家なのか?」ともやもやしていたので、先日の件はむしろいいきっかけになったと思うことにします。これからは趣味は声楽職業は音楽家&主婦ライフワークはアーティストということでヽ(=´▽`=)ノアーチスト♪…実際、純粋な収入で考えた仕事は伴奏ピアニストの方が多かったり…(笑)いじょう、お知らせでした。

      18
      2
      テーマ:
  • 26Aug
    • 肩書きがすべて

      しばらく暇をいただきますと書いた矢先に投稿m(_ _)m出身大学の話をしたら「負けてる」って言われました。私は「負けてる」そうです。ええ、そうですね。ああ、そうですか。私なんかよりももっとずっと歌える人なんてきっと腐るほどいるんでしょうね。「お前は下」とか「大したこと無い」とか「向いてない」とか、そういう言葉、今までもたくさんもらいました(言いやすいのかな)。わざわざ言う必要あるんでしょうか?…だからなんなんでしょうか?聴く以前の問題として、立派な肩書きが無いものには価値は無いと。ラベルで価値って決まってるんだね。初めて知ったわ!!(´▽`)wもう「声楽」って言うの、やめようかなと。こういうの疲れたなと。「クラシック」嫌い。好きだけど、嫌い。ノージャンルで歌を歌ってますって言う方が気分がいい。等級分けされた会員制クラブに、会員権を持たない人間が入っていくことがそもそもの間違いであったということで。歌は歌い続けたいけれど、ちょっと色々と見直そうと思います。私はやはり、そもそもの畑違いです。

      5
      4
      テーマ:
  • 25Aug
    • 前言撤回

      今年にはひとクラスでも…と思ってきましたが、現実問題として無理だなと思いました。先日も輸液が皮下に漏れるトラブルがあり、電車の遅延などもあり片道2時間以上かけて病院へ行き、深夜0時。…からの診察やらなんやら。相変わらず風呂も入らずそのまま着の身着のままで病院に一泊。そしてまたお見舞い生活&退院日程の調節などをして、昨日帰ってきました。予定なんてあって無いようなもので、ただでさえ頭下げまくって色々手伝ってもらっているのに、もうこれ以上無理だなと。笑う余裕が無くて、対外的にはニコニコしてしまうんですが(癖みたいなもので)、子供の前で無表情になっている自分がいます。…無理だなと。末子の産後からはストレスで色々な症状が出ているのを、漢方薬などでなんとかやりすごしてきていますが、「やりたいこと」のために睡眠を削って生活をまわしていくのも肉体的に負荷がかかっていて、もう限界かなと思ったりしてます。一度、全部白紙に戻して、まず心身ともに健康であることを優先しようかなと思ったりしています。本当、自分はなんなんだろうなー…wと思いつつ。先日出会った、重度障害を抱えるお子さんをお持ちの方が、心療内科にかかって既成事実を作ったら我が子をベランダから落とすつもりだったという話をされていました。重症度でいえば、うちなんて大したこと無いのです。(…まぁ、重度障害ですけども。)痰の吸引もありませんし、歩けますし、(まだ殆ど喋れてないけど)喋れます。みんな絶望を味いながらも乗り越えて、少しずつ少しずつ淡々と続く新しい日常に慣れていくのだと思います。世界の見方が変わった。という話を互いにして、そしてまた、その途中だという話をしていました。実際、不幸ではないのです。むしろ「生産性」みたいなもので人をジャッジする物の見方に疑問を持つようになりました。いじめられっこだった頃、学校に行きたくないと言った私は「勉強で見返してやれ」と父に言われ、「価値を提供できない人間には人権がない」と言われた気がして、それから長らくどえらい勘違いをして生きていました。かといって全部中途半端で、「これくらい行ってもらいたい」の大学にも遠く及ばず、音楽系に進む時の条件として約束した「学校の先生になる」というのも破って教員採用試験すら受けず、さらに金のかかる音楽をやりたいとほざく穀潰し…というどうしようもない奴でしたが(爆)。さっさと嫁に行ったのでそのあたりは良かったのかな?話が逸れました。ただ、とにかく疲れているのです。やることが多すぎて。やりたいことは出来なすぎて。ウェブサイトも一度どうにかしようと思います。今年の目標達成できず。でも、11月、園のイベントに便乗して娘の幼稚園でロッシーニを歌ってきます(笑)本当は自分で何か企画するって目標だったけれど、それは断念。でもほんの少しだけ、有言実行。ちょっと最近はバタバタしていてお疲れモードなので、少し暇をいただきますm(_ _)mまたマイペースに練習記録でもつけていければと思います。余計なこともごちゃこちゃと書いてしまいましたが、「今年には教室をスタートする!」の、前言撤回のお知らせでしたm(_ _)m…すみません!!(‐人‐)

      9
      2
      テーマ:
  • 23Aug
    • トミカの広告がたくさん表示される件

      大人買いww(ご飯は娘たちが置いた)…だって、可愛かったんだもの!!!長男が車大好きなもので、着々と家にトミカが増えていたのですが、、、なんだか私も楽しくなってしまい買ってしまいましたwwちなみに次女はキティちゃんトミカを購入。写真のトミカは全部私のものです。…だって、可愛かったんだもの!!!(ちなみに貸出は私の許可制)どうやらドリームトミカというシリーズは色々なキャラクターともコラボしているらしい…ということで、調べまくっていたここのところ、アドセンス広告はやたらとトミカ推しです。まー、こういう「ザ・女の子向け」というタイプのトミカはそんなに無いんですけども。いやーでも、癒やされる…(*´∀`*)ただ可愛いだけじゃないんだよ?ちゃんと走るんだよ??「車になっている」というこのツボ感!!「見た目だけじゃない機能性!!」みたいな!!リラックマの耳がガードレール?にちょいちょいぶつかりますが、並んで走っている様子もまたいい感じです。子どもたちもかなりお気に入りです。お孫さんのプレゼントにどうでしょうか?(…と、自分が欲しかったくせにこういう書き方をする)大人買いしちゃった~♪ってノリで書いてますけど、、、でもそもそもトミカなんてコレクターがたくさんいる世界なんですよね。プレミア価値がついているようなものもありますし、きっとコレクターの皆様の「大人買い」なんてこんなもんじゃないんでしょうけども。新しい世界を覗いた気分のこの頃でした。

      9
      2
      テーマ:
  • 21Aug
    • 7年前くらいに言われたことを…

      ※個人的な練習メモですm(_ _)m7年前くらいに言われたことをやっと理解した(気がする)。どーんっ( ゚д゚)!!「あ、そういう意味だったのか。」と。「日本語歌うときはこうしてる~」っていう師匠の手法があったのだけれど、それがどういう意味を持っていたのか、理解していなかった。今さら、やっと、あ…( ゚-゚)…と(ごめん)。うん。やっぱさ、他言語何かしらペラペラの人と日本語オンリーの人は違うよ(せいぜい受験英語劣化レベル)。違う。気がつくことが違う。歌劇場の採用蹴ってまで日本で教えることを選んだような人に、自力で見つけた手法を教えてもらって、「はいそうですか」で全部きちんと理解できることの方が難しいわけだけれども…(こちらは留学経験も無い青森と千葉の混血の純日本人ですし)。でも、「あんだけ時間かけてもらってこれかよ」という…。外国語の動きで西洋音楽が出来ているから、「外国語の動き」を基準にして、そこに日本語の音をはめていく…という方法のひとつだったんだと。「ただ言われたとおりにその動きをやってみる」のでは違かったんだなと。だからやりすぎになったり、今ひとつ要領を得ないような…いいバランスで取り入れることが出来なかったんだなと。ちゃんと理解してなかったから。というか、喋れないから「感覚として」わかんないんだな(正直、今も)。…というのを意識しながら歌うと、先日よりは遥かに歌いやすかったけれど。うん。いや、もちろん「まだ」だけど。そして聴き直すとまたもや「やりすぎ」なんだけど…^^;;;;;;あはでも「その動きが何を目的としているのか?」を理解したので、私なりにいいバランスになれるようにアプローチしてみようと思った。時間かかるなー。むー。でも、昔よりは成長した。昔、「三脚のようなものだ」とうかがったけれども、実際、一本長いとバランスが崩れて他のが気になり、他の二本もちゃんといいバランスにしなきゃいけなくて、そうやってどんどん大きくなっていくような、そんな気がします。バランスもへったくれもないところからスタートして、歪ながら小さな三脚になり…時にバランスを崩しながらも多少は成長してきているのではないかと…!!(`・ω・´)ゞ

      9
      2
      テーマ:
  • 19Aug
    • 文化

      戦争の話を聞いた生徒(児童?)が、食べ物がなくて死んだ話に対して「コンビニに行けばよかったのに」って言ったらしいです。マリー・アントワネットかよ。っていう。でも、「知らない」ってそういうことですよね。クラシックって基本的にむこうのだから、カタチにするまでのハードルがより一層高いです。そしてそもそも、コンサートだとかなんだとかは庶民レベルの文化にはなってません。(そもそも高級感で売り出していて、大衆文化ではないポジションで存在することを是としている部分もありますが。)そして、文化にすらなってないものに、「正しさ」みたいな要素がてんこ盛り。…で、学校の授業は五線譜だし、西洋楽器ばかり使う…と。…正しさってなんだろうな?って思ったり。「オペラってなんですか?」って、大学一年の時にサークルから勧誘されて訊いたのが私。あんまわかんないまま先輩方の声に惚れて入りましたけども(当時、顧問が専門家)。当時の私はオペラについて、「中学の音楽の授業でやってた、スゲー声で歌ってる外国のなんか」くらいの認識でした(爆)…でも、田舎の一般庶民ってこんなもんよね?(笑)文化になってないものを学ぶって難しいんですよ。だってそもそも「知らない」ですもん。クラシックをやっている先生方の多く(殆ど)は、富裕層のご出身です。学べる家庭…というだけで、「並」ではありませんので。…なにも音大でなくとも、そもそも「大学へ行くこと」自体が全然当たり前ではありませんけれどもね。無知な人を指導者が「やる気のない人」とみなす傾向があることがありますが、求めている情報にアクセスしやすくなったとしても、「存在を知らない」ものへはアクセスできません。文化的教養がなければ存在すら知りません(ここでの「知る」は「何らかの体験をするという意味」)。知るのにだって通常はコストがかかります。…まして田舎には施設自体がありません(かなり距離があったり)。価値観の大部分を形成する18歳までに生まれ育った環境によって、「知らない」だけではなくて、だんだん「あえて知らないものをお金や時間をかけて観に行こうとも思わない」ようになります。多くは。日本のクラシックって、そういう状況の中でやってるんですよね。でも異国の文化ながら、「クラシック=高級」 みたいに予め与えられた価値あるイメージがあるから、それに助けられながら存在している部分もあるのではないかと私は勝手に思ってます(爆)「価値があるもの」としての地位が与えられているだけで権力やお金を持った人の選択肢に入りやすいので。「正しい発声」とか「上手くなりたい」とか、そういう話題がSNSにはよく流れてますけれども、そもそもどこに「正しさ」や「上手さ」を設定しているのかな?と疑問に思ったりします。(私も「うまくなりたーい」って常に言ってますが・笑)日本人が好む傾向の音というのもありますし。違う技術を用いて同じ曲を歌っている…ということも珍しいことではなくて。私が声楽をちゃんと学んだ師匠は基本的には一人ですが、学生の頃、合唱関連でボイトレを受けたことがあって、全然やることが違って戸惑ったことがありました。「結果的には同じことを求めている」って言ったりしますけれど、いや…あれは違いましたね。違うものでした。結果(=指導者ご本人の声)も全然違いましたし。声楽と合唱は違う…という話ではなしに、声楽家のお声が違いました。きっと伝統が脈々と受け継がれてきた…とかならある程度の型が共通認識としてあるのでしょうが、 まだ色々なものが混在しているのだろうと思います。もちろん世界との距離が縮まってきているので、確実に進歩はしているのでしょうけれども。…長いね。長文お疲れ様でしたm(_ _)mあー…「うまく」なりたいっ!!!…特に日本語。。。( ´Д`)

      16
      4
      テーマ:
  • 18Aug
    • 結局程度問題

      こないだツイッターで、グルメな人と自分の比較を図にしていた人がいたのですが、そうだなーと思った。なんでも美味しいと感じる人と、あるレベルをクリアしてないと美味しいと感じない人がいて、それは音楽でもなんでもそうで。教える側の時は偉そうにダメだしするけれど、自分も程度問題で同じような課題を抱えていたりする。師匠にずーーーーーーーーーーーっと同じことを言わせてしまっていたけれど、今、自分で聴いても、うん。まだ出来るなと、もっとやれよと思う。絶対的に出来ている、出来ていない…とは違うのかなと。よりbetterになるためにやることの繰り返しで。何か指導を受けた時に「○○だって出来てないじゃないか!」って言う人がたまにいるけれど、問題はそこではなくて。いかに自分の感じるbetterに向かっていくか?だと思う。…そのように口にする段階で求めているものが違うか、いる場所が間違っているようにも感じるけれど。…ちょっと昔のことを思い出した。能動的な姿勢と受動的な姿勢だと、起こった事象への捉え方が全然違って。前者は自分への期待があるけれど、後者は他人への期待がある。他人への期待は、それは依存でもあって。「自分を満たして欲しい」という感情が隠れていることが少なくない。たぶんだけれど、「幸せ」は依存していると遠いのだと思う。我々は多く、義務と禁止に縛られて成長をするけれど、日本人は我慢しすぎだ。過労死する段階でまともな社会ではないのだから、もっと「普通」を疑って、自分自身に期待を寄せてみるといいのではないかと思う。出来るのに我慢している&ちゃんとやってないと人は不満を持ちやすい。嫉妬で足を引っ張る人間を「暇人」だと称するのも、そうだなぁと今は思うようになった。適当に「飼われている」状態は、安全だけどつまらないのかもしれない。せっかく何かに挑戦するのなら、「バカなことを言って!」と笑われたとしても面白く生きたいなと私は思う。とりとめもなく。雑感。

      14
      テーマ:
  • 17Aug
    • 悲しくなったときは

      日本語難しいなー…って思いながら練習して、ついでに弾き語り。 中田喜直作曲の日本歌曲、「悲しくなったときは」。 この曲好き。 #声楽 #日本歌曲 #ソプラノ歌手 #vocal #soprano #singer #japanesesong A post shared by Yoko Asada (@utaouka) on Aug 17, 2018 at 6:15am PDTうーん。弾き語りで歌っている分を差し引いても、やっぱ力むんですよね。子音を発音する動きが母音を構築している部分に差し支えないように意識はしているのですが、言語的に弾むような動きが無いぶん力みやすいように感じます。…あくまで私は。まぁ、きっとどこかで横着してるんでしょうけども…。…私は悲しくなったとき、沼を見に行きます(笑)7月のある日の夕焼け刻一刻と空の色が変わっていく様子と、水の音と、蝉の声や鳥の声。湿った風も、夕方になるころにはそこまでしんどくなくて、プールに一人潜ってぼーっとしている時の感覚に近い、「浸かっている感覚」がまた心地よかったりして。障害物のない空はとても広くて、あー…自分は小さいなと。一人だなと。…でも、一人じゃないなと。そういう感じです。星が瞬きだすころにはもうすっかりリフレッシュできます。なんかエネルギーみたいなものをもらえるんですよね。夏休みも終盤ですね。娘のピアノの発表会に向けて、仕上がりが間に合うのか際どかったのでレッスンをしているこの頃です。昔は私に何か指摘されるとすぐ泣いたのに、随分と成長しました。人の一生はあっという間ですね。それなりに私も色々ありましたけれど、きっとこれからも色々あるのでしょうけれど、なんだかんだでいい人生を生きているような気がします。色々な経験をさせてもらっているなと思います。そういう、人生で味わってきたことをたくさん乗せて、きちんと歌えるようになりたいものです。

      9
      テーマ:
  • 15Aug
    • 自然にいくんだよなー

      独り言。(というか、練習メモ。ちょいちょい上達するヒントが入っていると思われる。)自然にいくのよ。ちゃんと入るとこに入っていれば。あとはもう波にまかせて、遠心力にまかせて。うっほほーい♪♪ヽ(=´▽`=)ノ♪♪…ってな感じで、声なんて自然に出るんだよ。なのに。なぜ、日本語だと出来ない!?なぜだ!!?なぜだー!!!!!!?あからさまに空間が乱れる。本来楽器の筒の部分は変形しないはずなのに変形する。それじゃ演歌なんだよな。もー。。。。元演歌歌手志望。日本語はもう演歌にするかな。(しない)なんだろう?イントネーションの感じで存在する円運動かな?もっと意図的にわざと日本語に外国語的な円運動を追加すればいいのかな??拍感に存在する円運動と、フレーズの中の円運動(キロノミー曲線みたいなやつ)…のコンビネーションでアリアなんかだとひょいひょいひょい♪って波乗りするような感覚なんだけれど、そういう波乗り感が日本語歌ってると無くなる。うん。明日はそういう練習をしてみよう。

      14
      テーマ:
    • ウマすぎ警報発令

      もーなんだよこれ~。…と、レッスン室で「あ~」とか「う~」とか言いながらゴロゴロしたりしつつ、今日も練習(少なめ)。日中、ちょっと熱中症気味で寝てたのでw(おかげで元気な深夜)すんごい楽器があったうえでの、表情の豊かさ。…マジか!マジか…!!!( ゚д゚)こんなに歌えたら楽しいだろうなー。「自分」から離れられるというか。世界と一つになれそうだ。1985年の映像…ということはこの時のジェシーさんは40歳。…あと7年…だと…!?( ゚д゚)うーん…。がんばる。(果てしなく高い目標ww)…もちろん、私なりに(笑)最近の練習での迷い。空間の作り方?…空間の中での自分の意識を感じやすい箇所へのもたれかかり加減??というのかな(すごい抽象的)?…それがお気に入りの歌手の中でもちょっと程度が違っていて、どうしようかなと思うこの頃。声の質感が違うんだけれども、特に超高音域で顕著で。自由自在ならそれに越したことはないのだろうけれども、両方を1時間以内の練習とかに組み込むのが現段階では難しい。…でも、すごい人はどっちの質感の音でも歌ってるからきっと出来るんだろうと推察。わかりやすく言うと、歌曲の時とオペラの時みたいな感じの質感の違い。昔は、これくらい歌えるようになれたら自信持てるかな?とか、満足できるかな?とか、自由になれるかな?とか思っていたけれど、全然そんなことはないんだなと思うようになった。本当、キリがない。昔は満足して聴いていたCDが、のどに違和感を覚えるから聴けなくなっていたりする。はー。もっとキレイに自由に歌えるようになりたいなー。こういう(冒頭の動画)風に、「その世界」を日本語で歌えたらいいなと思うのだけれども、日本語だとあからさまに洋モノよりも下手くそになって、楽器と表現の両立が難しくなる。無意識のところで日本人モードになって感情表現の動きに日本的な動きが入ってしまうんでしょうね(感情表現が外向きじゃなくて内向きになる感じ?)。…もちろん数年前よりは遥かにマシになってきたとは思ってますけれども…。…数年前、師匠が歌ってくれた「木兎」、めっちゃかっこよかったなぁ…。ふ…と空気が変わって映像が出てくる。そんな歌を歌えるようになってみたいものです。

      9
      テーマ:
  • 12Aug
    • 己の若さゆえの過ちというもの

      若い子の「あの感じ」が、昔は自分もそういう部分があったはずなのに(今もあるかなw)、ムズムズする。目の前で中二病を見せつけられて、過去の黒歴史を思い出して恥ずかしくなるからだろうか?………。。あ、そうそう。ピカチュウのことしか書いてませんでしたが、ガンダムも観てきましたよ♪私がガンダムでちゃんと見たのは三作品だけですが。旦那の瞳がいつもよりより一層、少年のように輝いていました。人生色々ありますが、自分も光輝く緑色の光に希望を持って生きていきたいです(通じる人にしか通じないネタだ…)。実物大ガンダムも圧巻ですが、ダイバーシティの中にあるカンダムベースにはガンプラがたくさん。世界レベルのガンプラのクオリティーが高すぎて、もはや美術品の域でした。そして店内の装飾も面白い↓現在、「ガンプラバトル」実用化に向けて、実物のガンプラのデータを読み込んで対戦できるようなシステムを開発中のようです。セイとレイジがいましたが(人形が)、あの世界がもはやリアルになっていくんだなぁと…。すごい時代がきていますね。夏の家族旅行、楽しかったです(^-^)♪色々と音楽系のネタを書いても、ここのところはうまくまとまらずに下書き保存が多いです。いつかちゃんとまとめたいなと思います。ではまた!

      10
      テーマ:

プロフィール

よこたん

誕生日:
1985年4月4日
血液型:
B型
お住まいの地域:
千葉県
自己紹介:
歌うたったり。 ピアノ弾いたり。 たまに曲書いたり。 子ども達と遊んだり。

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス