横浜新聞研究所のブログ

横浜新聞研究所のブログ

旅行好きが嵩じて旅先のローカル新聞を買い集めるようになり、その経験を元に「各地のローカル新聞資料集」を同人誌(一種の自主出版物)として刊行している「本邦ほぼ唯一の新聞流通研究同人サークル」、「横浜新聞研究所」の公式ブログです。

「日本は一つだけど一つじゃない」

「多様性のある地方こそ日本の魅力の源泉」

新聞の不可視境界線を探求し、各地にあるローカル新聞を調べるサークル

「横浜新聞研究所」

次回の同人誌即売会サークル参加予定

直接参加
① 創作漫画展示即売会

名古屋コミティア55

日時: 2019年10月14日(月・体育の日・鉄道の日) 11:00~15:00

会場: 名古屋市熱田区・名古屋国際会議場イベントホール

配置: H-06

② 文学フリマ

第二十九回文学フリマ東京

日時: 2019年11月24日(日) 11:00~17:00

会場: 東京都大田区・東京流通センター第一展示場

配置: 未定

③ 文学フリマ

第四回文学フリマ京都

日時: 2020年1月19日(日) 11:00~16:00

会場: 京都市左京区・京都市勧業館みやこめっせ

*サークル出店検討中

状況により適宜追加する場合があります。

但し「検討中」のものは必ずしも参加確定ではありませんので、予めご了承願います。

委託参加
A. 委託先サークル「めぐろがわのほとり」様
B. 委託先サークル「BLINDNESS」様 
C. 委託先サークル「おねがい天国 」様 
D. 委託先サークル「Clockhill Transit 」様 
E. 委託先サークル「夢見ル土竜 」様
F. 委託先サークル「FORコミニケット 」様
G. 委託先サークル「現代消防装備研究会」様
H. 委託先サークル「全国消防ファン」様
現在調整中…確定次第掲載します。

* 委託頒布は委託先サークル様の都合により不参加、又は頒布同人誌を変更する場合があります。予めご了承願います。

少しずつですが原稿を進めていました当サークル新刊、奈良県・和歌山県・四国地方のローカル新聞資料集「全国新聞事情改・南近畿四国編」をこの度、印刷所に入稿しました。

 

表紙です。

裏表紙です。

四国地方は県紙以外のローカル新聞は少ないのですが、和歌山県はローカル新聞が多く取材のし甲斐がありました。

今月中に納品予定ですので、来月より頒布を開始します。以下の同人誌即売会にサークル参加予定です。

① 創作漫画展示即売会

名古屋コミティア55

日時: 2019年10月14日(月・体育の日・鉄道の日) 11:00~15:00

会場: 名古屋市熱田区・名古屋国際会議場イベントホール

配置: H-06

② 文学フリマ

第二十九回文学フリマ東京

日時: 2019年11月24日(日) 11:00~17:00

会場: 東京都大田区・東京流通センター第一展示場

配置: 未定

急な告知ですが、本日10:45より金沢勤労者プラザで開催の同人誌即売会にて友人サークル様を通じ当サークル刊行物を委託頒布します。

 

委託先サークル「FORコミニケット 」様

頒布同人誌:

①「横浜新聞研究所年鑑2016」(1冊800円)

②「全国新聞事情改・北部九州編」(1冊500円)

③「全国新聞事情改・南九州沖縄編」(1冊500円)

オールジャンル同人誌即売会「こみっくたいふ~ん63
日時: 2019年9月15日(日) 10:45~16:00
会場: 石川県金沢市・金沢勤労者プラザ
配置: え-09

尚、長年金沢で開催されてきたこの即売会は今回で最終回だそうです。

2016年11月に刊行しました「全国新聞事情・北部九州編」は複数の読者諸兄より記事の内容に関しメールを頂きました。

特に対象地域である北部九州(福岡佐賀長崎大分の4県)在住の皆様より記事の誤りなどでご指摘を頂き、関心の高さを感じますと共に改めて取材をしました所修正すべき点が多くある事に改めて気付かされました。

 

そこで、改めて画像や情報を増やし、記事のレイアウトも工夫をするなど検討を重ね、従来の本文24ページから32ページに増やしたものを新たに「改」として2018年11月に再度刊行しました。

併せて現在全国2巡目になっていましたが、最後の「南九州沖縄編」もこの「改」として刊行し、新たに3巡目として刊行する事を目指します。

本書は東京・秋葉原と新宿に店舗を持つ「COMIC ZIN」様及び名古屋にある「特殊書店Bibliomania」様でもお取り扱いをしております。それぞれ通販もございますので、是非こちらもご利用下さい。(書店ご利用の場合は同人誌即売会での頒布価格とは異なります。ご了承下さい。)

 

次回の当サークルが直接参加する同人誌即売会は以下の通りです。

① 創作漫画展示即売会

名古屋コミティア55

日時: 2019年10月14日(月・体育の日・鉄道の日) 11:00~15:00

会場: 名古屋市熱田区・名古屋国際会議場イベントホール

配置: H-06

② 文学フリマ

第二十九回文学フリマ東京

日時: 2019年11月24日(日) 11:00~17:00

会場: 東京都大田区・東京流通センター第一展示場

配置: 未定

10月14日(月・体育の日・鉄道の日)に名古屋国際会議場で開催予定の「名古屋コミティア55」に当サークルもサークル参加申込をしていましたが、当選しました。

創作漫画展示即売会

名古屋コミティア55

日時: 2019年10月14日(月・体育の日・鉄道の日) 11:00~15:00

会場: 名古屋市熱田区・名古屋国際会議場イベントホール

配置: H-06

当日は宜しくお願いします。

今年の夏の「全国高校野球選手権」、所謂「夏の甲子園」にかかわる当サークル主宰者の地元、富山県とお隣石川県の地元紙の紙面を紹介しています。今回はとうとう決勝戦を報じた紙面を紹介する11回目、最終回です。

 

8月22日(木)に石川県代表の星稜高校が大阪府代表の履正社高校と決勝戦で対戦し、初めて敗戦となりました。しかし昨年の秋田県代表・金足農業高校同様に北陸3県初の夏の甲子園制覇への期待を託され、注目を集めていました。

それでは決勝翌日23日(金)の富山県内で入手した各紙を見てみましょう。

 

「北日本新聞」

1面左カタに記事がありました。

 

「富山新聞」

 

石川県の県紙「北國新聞」の富山版であり編集は金沢市の北國新聞社で行っている為か星稜高校の扱いは「北日本新聞」よりも大きく、1面トップで取り上げていました。

 

「北國新聞」

何とラッピング紙面でした。

ラッピング紙面を広げた所です。

特別紙面となっています。

ラッピング紙面の裏面です。

本紙の1面です。勿論こちらでも星稜高校は1面トップを飾っています。

更にこの日の「北國新聞」には前日発行された号外が折り込まれていました。

号外を広げた所です。

号外の裏面です。

 

「北陸中日新聞」(富山県向け紙面)

こちらから見ると特段取り上げていませんが…

1面の折り目下に記事がありました。更に社説でも取り上げられていました。

 

スポーツ紙でも大きく取り上げられていました。

 

「スポーツニッポン」(大阪本社版、10版)

トップ記事は阪神ネタですが、1面右にリードがありました。

終面で取り上げていました。

 

「日刊スポーツ」(名古屋版、6版名)
1面トップでした。
 
「報知新聞」(東京本社版、7版)
東京本社版の共通紙面で星稜高校を取り上げていました。
終面で甲子園の土を拾う星稜高校ナインを取り上げていました。
富山・石川ローカル面もあり、こちらも星稜高校でした。
 
「サンケイスポーツ」
1面トップは星稜高校を破った履正社高校でした。
終面で星稜高校を取り上げていました。
 
「中日スポーツ」
1面はドラゴンズでした。
1面左に記事へのリードがありました。
 
今回は残念な結果になりましたが、北陸在住民として甲子園を十分に堪能出来ました。