沢村賞19年ぶり該当者なし「名前に傷が」選考苦慮
[2019年10月21日17時0分]

    
2019年度の沢村賞は、2000年(平12)以来19年ぶりに「該当者なし」となった。

故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会が21日、都内のホテルで開かれた。

最終的な候補は、巨人山口俊投手(32)と日本ハム有原航平投手(27)に絞られた。山口は26試合登板、15勝、188奪三振、勝率7割8分9厘。有原は15勝、161奪三振、防御率2・46、勝率6割5分2厘。ともに選考基準全7項目のうちの4つをクリアした。

一方で完投数は有原が1、山口はゼロ。投球回が200に達した投手は1人もいなかった。堀内恒夫委員長は「野球のシステムが変わってきて、非常に完投しにくくなっている。ですからクオリティー・スタート(QS)という項目を参考に入れている。でもこれを(選考基準に)入れるほどレベルを下げていって、完投なしでもいいとなると、沢村さんの名前に傷をつけてしまうような気がする」。

平松政次委員は「この2人の成績を見ると甲乙つけがたい。どちらかを落とせない。しかし、ダブルで2人が受賞するには成績が物足りない。そういう選考の苦労があった」と話した。

 
この賞はその年に最も活躍した投手に贈られるものだと思っていたが、こんな時代錯誤な条件をクリアーしなければいけないとは知らなかった。
近年の野球では先発完投は分業制の確立により減ってきているのに、未だに40年前の感覚で物を考えているとは選考委員の名が泣くよ。
そう言う時代の変化を考慮し、現代の野球の基準でベストな選手を選出するからこその選考委員じゃないの?
沢村さんの名前が傷つく?バカ言ってんじゃないよ、時代錯誤の基準を守ることが沢村賞の名誉を守る事なのか?
一番いい仕事をした選手を選ぶのが選考委員、確かに突出した選手がいなかったのも事実だが、だからこそプロの鋭い目で選り分ける事が求められてたんじゃないの?
選考委員の堀内、村田、平松、北別府は求められている仕事をせずに自分達のエゴをひたすら守り、上から目線で野球界の御意見番と奉られるのが好きなんだろう。
来年の選考委員は全て入れ替えて、フレッシュな考え方が出来る人を揃えるべきだ、そうでないと天国の沢村さんが泣くよ。