横浜嚥下研究会

横浜嚥下研究会

私たちは横浜、湘南、横須賀の医師、歯科医師、コメディカルの有志で作られた会です。嚥下障害の臨床を追求し、より質の高い臨床を患者さんに提供出来ることを目指しています。

横浜嚥下研究会主催「第20回横浜嚥下研究会」のご案内をさせていただきます。
 

※現在開催中の「第8期通年講座第4回講義」と同時開催です。

 第8期通年講座受講中の方はお申込みしないで下さい

「第20回横浜嚥下研究会」


2021年9月25日(土曜日)19時~21時 オンラインのZOOM配信のみで開催いたします。
定員は50名(現在の残数約40名です)
参加費は2000円です。
(当会主催の通年講座修了者の方が、「Peatixの半額割引コード」をお使いいただくと半額になります)

お申込みはオンラインイベントシステムのPeatixのみです。

<プログラムの詳細及びお申込みはPeatixのイベントページをご覧ください>
https://yokohamaenge20210925.peatix.com

【第1部】 講演会  <教育講演:※> 
 座長:西山耳鼻咽喉科医院 西山耕一郎先生 
「誤嚥性肺炎にかかわるリスクと予後」 
 講師:みえ呼吸嚥下リハビリクリニック 井上登太先生
※:日本摂食嚥下リハ学会認定士の単位セミナー(Ⅱ)10単位の承認済みです

【第2部】 症例検討 
症例提示
①「急性期症例」 聖隷横浜病院 言語聴覚士  提坂由紀先生
 ②「在宅症例」  医療法人社団悠翔会 管理栄養士  森田ちかこ先生    

<進行は症例提示5分間、質疑応答10分間。
質問・ご意見は、ZOOMのチャットに記入していただき、座長から指名又は読み上げいたします>
(第1部及び第2部の進行状況により、座長の判断で1症例のみに変更する場合があります。)

ご検討いただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

横浜嚥下研究会事務局