misakoのブログ

misakoのブログ

可愛いペットである猫ちゃん達に自然のお薬や漢方などの使い方や考え方を少しづつ説明させて頂きたいと思います。
ご相談はこちらからどうぞ!! 「新規相談」の件名で。
s_misako15@yahoo.co.jp
便利情報です→ねこらいふ https://nekolife.jp/archives/1056

可愛いペットは大切な家族の一員です。 

この子が具合が悪くなったり、元気がなくなった時に漢方薬や自然薬がお役に立つことをご紹介して行きたいと思います。

ご相談の方は、こちらからどうぞ!!

s_misako15@yahoo.co.jp

件名は「新規相談」としていただけるとありがたいです。

2020年7月頃から始まった福ちゃんのご相談でした。

あの頃、下痢が続き心配とのことで始まった漢方でした。

鳴きながら終わるトイレも可哀そうで心配でした。

 

けれど病院では、この程度の症状ではFIPとは言えないと

言われてはいたそうでしたが、心配で

「猫コロナとしての漢方を」と希望したとの事でした。

 

 

 

さて、漢方を始めてから下痢便はコロコロ便に変わり、

鳴きながらの血便はなくなり安心してしまい、漢方の方は、

飲ませるのは滞りがちに。。

 

そして、症状は後戻り。 おたけびをあげて終わるようになり。

また同じ漢方を再開しています。

 

美味しくない漢方も問題でしょうが、折角始めた漢方です。

何とか工夫して、すっかり治るまでは続けて下さいね。

 

 

可愛い福ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

昨年11月から始めたバダちゃんの扁平上皮癌の漢方ですが、

うれしいお便りを頂きました。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

2022/09/29 木 08:20
佐野さま

バダのお薬の注文です。
今回もササスペ、ルミンA、ホンサージをお願いします。


今までは猫ベッドと横においたトイレの往復以外は
ぐったり寝たままだったのですが、
22日から急に活動的になり
玄関土間に置いたトイレまで用を足しにいったり
よろけつつも階段を上って二階まで行って日向ぼっこ

をしています。

 


命の強さ、不思議さを感じます。

腫瘍の大きさなどは変わりませんが
元気にしてくれるだけで嬉しいです。


またよろしくお願いします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ここ1週間の行動の素晴らしい変化にはびっくりですね。

「パダちゃんえらいなー(*^o^*)」
「ボクがんばってるでしょー」
「うんうん、すばらしいよ。」
ママさん初め御家族皆さまの思いは、パダちゃんには十分伝わっていて
一生懸命応えてくれている 健気なパダちゃんが見えるようです。

 

でもね。教えてもらいましたよ。

パダちゃんがトイレに行くときは、みんな後をついていくのですって?

「パダちゃんはお殿様です。!!オッドアイ猫


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2022/09/30 金 19:51


嬉しい返信ありがとうございます。
午前中にお薬受け取りました。
まだまだゆっくりとバダと過ごして行きたいとおもいます。 
これからもよろしくお願いします。

^^^^^^^^^^^^^^

こちらこそ!!

 

 

昨年の11月から始まった、バダちゃんの漢方生活ですが、

食欲の低下、体力の低下を心配して、胃ろうの手術を

していました。

 

ですから、ササスぺ(漢方入りササヘルス)もスムース

に投入出来ました。

 

症状に応じて処方変更もたびたび必要でしたが、これ以上

何をしたらと考える時、それ以上の処方の強化よりも、

摂取量を増やす事の出来る漢方と、胃ろうという手段は

都合がよかったです。

 

口から食べる楽しみもあるようにとの配慮で、

小粒のドライフードや、シーバなども食べていますとの事でした。

 

抗がん剤治療は勿論、丁寧な手作り食、そして、その他にも

熊油、CBDオイル等々。

 

 

=================

 

そして今日は、そろそろ次のお薬をお願いします。
今回はササスペ、ルミンA、ホンサージのフルセットです。


バダは相変わらず腫瘍が小さくなる事は有りませんが、

気分はいいようでコームをかけるとゴロゴロ喉を鳴らしています。


ご飯も、「美味しいの食べようね」と話しかけると

目を細めて口元も微笑んでいるようです😸


こういうやり取りがとても嬉しく、愛おしく思います。
この穏やかな時が続きますように✨

今日の発送に間に合わなくても、明後日発送でも大丈夫です!
よろしくお願いします。

 

お忙しいのにいつも対応していただきありがとうございます。
午前中にお薬が届きました。

バダは呼吸はよくも悪くも無い感じですが、
落ち着いて横になっています。
ベッドの横にもトイレを置いてますが、
お気に入りのトイレ迄ゆっくり歩いていってます。
ちょっとよろけたりもしますが
頑張っています。


===============
ササスペでその効果を得られるのなら
何度でも飲ませます。
そういえば、先生のブログにも多めに飲める

猫ちゃんのお話がありましたね。

実は一旦落ち着いた呼吸でしたが、
今日は84回/分、92回/分‼️の呼吸回数や、口呼吸があり
やはりここまで進んでしまうと
これ以上頑張らせるのは人間側のエゴじゃ無いかと
弱気になったりしていました。


ところが、またCBDオイルを水と注入したら
穏やかになって、その後夕食を通常の半量と

ササスペその他のお薬を
無理なく入れることができました。


そしていつもの夜食の時間よりだいぶ早い時間に
私の目をまっすぐに見て舌をペロペロ「早くご飯くれ!」
とやるではありませんか❣️
ちょうどその直前に先生のメールを読んでいたので、

いつもは入れないお夜食にも、もちろんササスペを

追加しました😊

色んな獣医さんや飼い主さんが、
犬や猫は諦めない、ただその時を生きるだけと
おっしゃいますが、本当にそうでした。
諦めかけてたのは私だけで、
バダは「オレは生きるよ!お腹減ったよ!」と言ってたのです。


バダのその声に応えていきたいと思います。

 

ー-----------------

 

添付写真は上記のバダと、
愛用の丼カラーと、全て100均素材で
材料費550円の胃ろうチューブ用介護服です😸
お高い介護服も買いましたが、
こちらの方が着せやすく、カジュアルなので家族にも好評です♪
どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

ー---------------

 

バダのその声に応えていきたいと思います。

 

ー-----------------

 

添付写真は上記のバダと、
愛用の丼カラーと、全て100均素材で
材料費550円の胃ろうチューブ用介護服です😸
お高い介護服も買いましたが、
こちらの方が着せやすく、カジュアルなので家族にも好評です♪
どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

 

ー---------------

またお薬の注文ができます😊


バダは時々呼吸が怪しくなりつつも
頑張っています。


ササスペ増量で、おしっこが増えすぎたので、
今はちょっと多め位にしています。


ただ、下顎から喉にかけてリンパ腺なのか腫れてきています😭


ササスペを入れた後は少し小さくなるので、
加減を見ながらやっています。

鼻が潰れているので呼吸がしづらく、
口呼吸になっている時に気づいたのですが、
舌の中央が茶色くなっています。
影になって見づらいですが写真を添付しています。

それから腫れている右目からは
血と膿が混ざった液体がどんどん流れ出て
頬の穴に入ってそこからまた流れ出るという
ちょっとえぐい状態です。

その対策にカラーを付けてるのですが、
体液を受け止めてくれたらいいので
カップ麺の丼を半分に切って真田紐をつけてカラーにして
ミニハンカチやペットシーツをためした後

今では生理用ナプキンに落ち着きました😉


シールで貼るのも簡単だし、何より衛生的で
今は表面がオーガニックコットンのものがあるので
安心して使えます。

現在の状況で、ササスペの内容を変えた方が良ければ

変えてください。
それからルミンAと、ホンサージもお願いします。

 

ー--------------

バダちゃんママさん、これ以上無いほど心のこもった、

もう充分な対応ですよ。

病状は大変ですが、バダちゃん幸せですね。

 

このブログを見て頂いている皆様、応援してくださいね。

 


 

猫エイズウィルスと猫白血病ウィルスのWキャリアの

ビスコちゃんの発症予防のご相談でした。

 

 

佐野薬局様

はじめまして。
我が家の猫(1歳4ヶ月位)の白血病ウイルス、エイズウイルスの

ダブルキャリアが発覚して一年になります


現在はとても元気なのですが、いつか発症してしまうのではないかと心配して
います。


インターネットで検索している時に、佐野薬局さんのホームページを見つけ、
相談させて頂きたくメールいたしました。
よろしくお願いします。
      (2021.3.2)

 

ウィルス持ちのビスコちゃんですが、健康状態も、検査数値には

特別問題もなく、漢方も簡単な処方で良い、免疫力を保ち

発症予防するための漢方生活

始まりました。

 

こんにちは。
ビスコの一本目のササスペがそろそろ終わりそうですので、
追加の注文をお願いします。
順調に飲めています。

よろしくお願いします。

ー--------------

いつも明るいお便りです。

ありがとうございます。

 

ビスコちゃんからのメールは、いつも

順調に飲めています。」とあるので、お聞きしてみました。

 

ー------------

佐野先生

こんにちは。
遅くなりましたが、ビスコの写真を送りますね。
とても元気です。

写真にある赤いボトルの「免疫力の健康維持」(以前は免疫スパンという商品名でした)
という粉ミルクのようなものを溶かして、ササスペを混ぜて飲ませています。

このまま元気で発症せずに長生きしてくれると良いな〜、と願っています。

 


 

ー------------------

 

ところで、ウィルスキャリアの子は、ウィルスによって

体の免疫細胞が破壊される事による身体の免疫力の低下

が問題なのです。

 

特に、猫白血病ウィルスは、極度の貧血、各種リンパ腫による

胸水・腹水の発症等治りにくく、苦しめることが多いウィルスですね。

 

また猫エイズウィルスは、極度の免疫低下をおこし各種感染症にかかり

易くなり、特に難治性口内炎などで、猫ちゃんを苦しめる事が多いウィルス

です。

 

そんな症状を軽くするのに、体の免疫力を整え、自然治癒力を発揮させる

各種の漢方を使い分けます。

 

 

 

      

      佐野薬局

    お盆休みのお知らせ

 

   日頃は、佐野薬局をご愛顧頂きまして、

   ありがとうございます。

 

    まことに恐れ入りますが、以下の通り5日間、

    お盆休みとさせて頂きますので、
       よろしくお願いいたします。

 

   8月11日(木)、12日(金)、

   13日(土)、14日(日)、15日(月)
 

 

   皆様にはたいへんご迷惑をおかけしますが、

   よろしくお願いいたします。

 

   

 

昨年5月20日 同居猫のコテツさんが19歳目前で猫の国に

旅たったころ。

それまで鳴き声をめったにあげたことのないブラウンちゃんが、

廊下の一角に向かって「わおんわおん」とないていたそうです。

 

ペットロスのご家族もそれには納得の気持ちでだったでしょう。

 

 

 

 

けれど、もしかしたら、甲状腺機能亢進症に

なって活動的になり、

興奮し易くなったせいもあったのでは

ないでしょうか。

 

そして「ブラウンはまだまだ元気な15歳!!。

でもそろそろ、成人病検診でも受けてみましょうか」 と、

受けた検査でした。

腎臓の数値がちょっと高めなだけで、

心臓、肝臓などは正常範囲。

 

けれど、T4という甲状腺ホルモン分泌の数値が高め

のことが分かり、

治療が始まりました。

甲状腺機能亢進症の診断でした。 

 

猫の甲状腺機能亢進症の治療法は、甲状腺ホルモンの分泌を抑える

事と、併発する疾患を合わせていくことになります。

 

 

 

 

ブラウンちゃんには、メルカゾールというお薬がだされました。

 

まず必要量を確認するため定期的に血液検査が

行われました。

この薬は、投与量が多い場合には、

甲状腺機能低下症引き起こして

しまう可能性があるため、定期的に検査を

行うなど

注意が必要なのだそうです。

 

ブラウンちゃんには、メルカゾールの錠剤を

1日0.5錠では足りず、

0.75錠で良いと決まりました。

 

その量を確定するまでの先生の細心の

感覚での調整がありました。

ブラウンちゃんには、これで良いはずなのに、

効いてこないのは

コップの底に沈殿があるのではないかとか。

それでそれを気を付けた

飲ませ方にしたり。

その結果、ブラウンちゃんには、

1日量は0・5錠ではなく、0・75錠と

決まりました。

 

これが腎臓の数値の悪化もなく、T4値を

正常範囲におさめた値と

分かりました。

微妙な先生の判断はほんとうにすばらしいと思いました。

 

 

 

 

漢方では、この病気は自己免疫疾患とも言えると思うので、

ホルモンのバランスを整え、腎臓機能を大事に考えた漢方で

いけると思っています。

 

 

 

羽根さんからの追伸です。

 

佐野先生

メールありがとうございます。

今のところ、副作用もなく うまくいっているという

お言葉を頂き、ありがとうございます。

ササスぺと先生のおかげです。

 

さて、日曜日にブログを拝見していたところ

 

やはりササスぺ飲まない子もいるみたいですね。

 

我が家は「山羊ミルク」をほんの少しですが混ぜています。

わりと嫌がらずにすんなりと 飲んでくれてます。

「山羊ミルク」は、年寄り猫にもいいということですので

よろしかったらお試しください。追加情報でした。

 

ブラウンの写真ですが、

うちに来た時に洗濯ネットに入れられてきたので、

白い世界がこの子の最初の記憶なのかもしれません。

😍😊💕❤️❤️💕😍

😍💕❤️❤️💕💕😍

 

 

 

 

 

 

異常に溜まってくる腹水に苦しんでいた雷蔵君でした。 

そんなある日、嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

 雷蔵くん3~4歳

健気にいろいろな検査にもおとなしく耐えて、病院の

スタッフさんにも人気の子だったそうです。

もちろん、飼い主さんにも当然「可愛くて!可愛くて!」

と言われています。

 

約一年前の2021/6/2 急に痩せてきたので病院へ。

FIPを疑い、話題の特効薬を試したりもしていました。

 

 

2021/2/1 メールあり。漢方この頃から始める。

腹部にしこりあり。

ステロイド1日1T, 他ロイナーゼ注射(抗癌性抗生剤)

しばらく続けることにしたとの事。

この頃は微量の腹水でした。

 

2022/6/6 悪性肝リンパ腫の疑いとの診断。

腹水異常に多くなり、体重が5Kg→8kg  

ロイナーゼ継続。

むくみ、腹水対策で漢方強化。

利水、血流、抗炎症、免疫力高める処方へ。

検査数値SAA 正常値になる。

 

腹水の原因は何だったのでしょうね。

そうですね!

それで、病気を治す力をひきだせれば、病気は治って

しまうのですね。

--------------------------------------------

いつもお世話になっております

美佐子先生!

凄いです!

雷蔵の下半身の浮腫が完全に無くなりました!

後ろ足の関節が水膨れのようにブヨブヨ

としていたのも全くありません。

腹水も凄く減りました。

 

16日の定期検診の時は、少しむくみがマシ

になってるような気がすると

スタッフの方が言ってくださったのですが

体重が9.5キロにもなり、実質体重は5キロくらいで

4キロ分くらいが

腹水だろうということで、歩き方もヨタヨタとして、

すぐに伏せてしまうような状態でした。

 

お腹も腹水でパンパンで肝臓の辺りやおへそ周り

が硬くなっていました。

病院で利尿剤の提案もありましたが、利尿作用の

ある漢方薬を処方して

いただいていて排尿もしっかりあるので、

病院からの利尿剤はお断りし、

いつもどおりロイナーゼの注射と抗生剤、ステロイド

の処方をしていただきました。

 

病院へ行く前と病院へ行く途中にも排尿があり、

漢方薬を服用してから

尿の量と回数が増えたなとは思っていましたが、

16日を境にトイレに行くたびに明らかに浮腫が

引いていき、

翌日の17日には歩き方が普通の歩き方になり、

18日には浮腫が殆ど無くなり腹水も

目に見えて減っていて、

67センチあった胴回りが63センチに減っていました。

 

19日には、16日に病院で測った時は9.5キロあった体重が

7.495kgに減り

腹囲は61センチに減っていました。

 

そして、本日21日には、体重6.715kg、腹囲57センチと

腹水が驚くほど減りました。

食欲もあり、動きも良くなっています。

 

病院では、以前から鼻炎などでも抗生剤とステロイドを

服用していて、

薬が効かなくなっているかもしれず、

このリンパ腫が薬が効かないタイプかもしれず、

あとは利尿剤を処方するくらいしか他に成す術がない

と言われていました。

 

美佐子先生の処方のおかげと感謝の気持ちでいっぱいです!

ありがとうございます!

引き続き、雷蔵ともども頑張りますのでよろしくお願いします。

 

腹水が溜まっていたときの様子

この状態から更にもっとパンパンになって、後ろ足のくびれが

無くなるほどでした。

 

下半身がブヨブヨとむくみ、指の先までむくんでいて、

マッサージをすると少しむくみが引くものの、

すぐにまたむくんできていました。

 

19日日曜日

腹水でまだお腹は大きいですが、下半身と後脚の浮腫は完全に無くなりました。

これでも半分以上お腹の膨らみが減っています。

 

腹水で大きくなったお腹がつかえて毛繕いが胸の辺りまでしか

出来なかったのに、腹水が減ってこんなに体が曲がるようになりました。

 

鼻水もおさまっています。

 

21日火曜日 パンパンに張り出してお腹の重さでバランスが取れないほど

だったのが、ここまでスッキリしました。

 

赤ちゃんの時から18年間一緒に過ごしてきた凪ちゃん、チコちゃんを

1年前に相次いで亡くしたエリコさんでした。

凪ちゃんとチコちゃん。

 

その時の記念にと送って下さった「ニオイパンマツリ」です。

紫色の沢山の花が良い香りで部屋を満たしてくれていました。

 

そして。。。ニオイパンマツリの今年の1番花が咲きました。

まだ、たった一つですが、もう少ししたら沢山咲くのではと、

今から楽しみです。

そのエリコさんですが、さびしさのあまり猫カフェ通いが始まったとは聞いていましたが、とうとう家に持ち帰ることにしたとの事。

 

「もうすごくゴロゴロいって可愛いんです。」

 

一歳くらいの子猫ちゃんで、猫カフェ育ちの大勢の中から、独占できる暖かい親が出来たのですもの

それは嬉しくて嬉しくてたまらないのでしょうね。

良い出会いがあって本当によかったですね。

ー-----------

佐野先生ご無沙汰しております。

譲渡猫のギブですが、目やにが沢山出ており、

先月は結膜炎もあり、

ルミンAを1週間、朝晩1錠ずつ、凪にあげていた残りをあげてみましたら、

結膜炎がすっかり治り、獣医さんが、

「結膜炎のはずだったのに、あれれ???」って吃驚していました。

 

けれどまた、今週あたりから目やにがひどくなってきているので、ルミンA120錠をお願いしたいです。

 

凪の時の最後の1本をお守りの様に持っていたササヘルスも、ギブに上げたところ、喜んで飲んでくれました。

確かに口臭もあるので、心配です。

6本ほど、お願いしたいです。

血液検査はすべて正常範囲だったのですが、未病のうちに免疫力アップしたいです。

 

スコティッシュフォールドなどの短頭種は、顔の構造上鼻涙管が詰まりやすく、涙が止まらない、涙やけといった症状が見られ、そこに細菌感染が起こり、目やにが出やすい傾向にある。

と、検索すると書いてありました。

 

本当は、ギブをもらっていなかったら、7月に長休みをもらって、横浜へ旅行にでも行って、先生にお会い出来たら嬉しいなと思っていたのですが、ギブを見てくれる者がいないといけないですね。

では、またこれからもよろしく

お願い致します。

 

それから、あんなに反対していた兄が、もうメロメロなんです。遊んでもらっています。

 

ー---------

とのこと。

よかったですね。

猫の癒し力って、ほんとにありますものね。

成長につれて、丈夫な良い子に育ちますよ。

 

 

 

難病「扁平上皮癌のバダちゃん」と

「ホジキンリンパ腫のハリちゃん」の

ご相談があったのは昨年11月末のことでした。

 

もちろんお二人ともに治療中ですが、他に少しでも

有効な方法があればとネットで検索して来て下ったのです。

 

まずホジキンリンパ腫」は、調べてみると、

「白血球の中のリンパ球が癌化してリンパ節で増える病気」とのこと。

 

正に「免疫を正せば自力で治る」で、扁平上皮癌」と同じく

漢方薬の得意分野です。

 

おふたりの漢方生活が始まりました。

ー----------------

お世話になっております。バダとハリです。

 

バダ(12歳5.7㎏)のお薬が残り少なくなってきました。

また一式お願い致します。

 

上顎の腫れは相変わらずですが、本猫は寝ている時間が

多いものの、

起きている時はご機嫌に見えるので、大丈夫そうだなと

思っています。

 

この子は、体力が落ちてきたので、いよいよ悪くなる前にと、

11月17日に胃ろう手術をしました。

 

胃ろうは上手くいって、これでササスぺ(漢方入りササヘルス)も

1日5ml2回と錠剤も全部溶かして入れられます。

ご飯(美味しいもの)はまだ口で結構食べられていて

満足そうにしています。

 

ただ、もともと良く寝る仔でしたが、トイレと食事以外は

ほとんど爆睡しています。

 

胃ろうをゴソゴソ触って、薬を注入しても起きない時も

あるくらいです。

自然治癒力が働いてるからだと良いなと思ってます。

 

一方のハリ(ホジキンリンパ腫)は結局ステロイドの

減薬は、出来ていなくて、6㎎/kgのステロイドを

飲み続けています。

 

その飲み方も、先生のブログに書いてあったやり方を試しても

ほとんどだめで、今は私が口をこじ開けて飲ませてるのですが、

全力で体を捻じって抵抗します。

 

それで何とかハリも胃ろうが出来ないだろうかと

主治医の先生にも

相談していますが、ステロイドの影響で免疫力が

落ちているので勧められないと言われています。

 

それで、漢方薬を全量飲めれば何とかなるのでは

ないかと思うのと、

頂いた説明書にある、板藍根や、他にも何か効くお薬

があるのでは

ないかと思うのです。

この状況に合うようなお薬を処方して頂けませんでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

ー--------------

 

11月25日現在のハリちゃん(ホジキンリンパ腫)

〇多量のステロイドで抑えられている。現在は芯が

残るだけにはなっている。免疫力の低下が課題。

 

〇ササスぺが抵抗が強くて、飲ませるのが大変とのこと。

「ササスぺ拒否が強くて飲ませられない時は、無理に

飲ませない」で結構ですよ。

呼吸が止まっても大変です。ほんの1m位でもいいので。

慣れるのを待ちましょう。

そのうち飲めるようなりますから。

箸の先にチョンとつけたコンデンスミルクで混ぜて、

飲むようになった子もいます。

それから、シリンジではなく、あなたの指先につけて

なめる様にしてもしても良いのです。

ー---------------

12月13日

ハリの方です。チュールで覆い隠したらペロペロと飲んで

くれたり、カプセルに詰めたり、二人で頑張っています。

 

 佐野薬局の5月連休はカレンダー通りです。

 

  5月1日(日)・2日(月)・3日(火)

  4日(水)・5日(木)

 

相変わらずのコロナ禍ですが、薬局での宣伝には制約がございます。

 

店頭での、お客様のご要望に沿っての漢方相談はお受けしておりますので、お申しつけ下さい。

 

濃厚接触者になってしまった方の対処の仕方も、ご相談に乘っております。

 

「シャクナゲ」の鉢を取り寄せました。

蕾が沢山ついていました。楽しみです。

 

もう新緑もこんなに素晴らしくなりました。