今日は、とても安心な投資?について。



中国 『人民元』 の切り上げに関する話題が、連日のように取りざたされるようになってきました。


本日現在のRATEは、1元=13.225円です。


人民元は米ドルと連動しているため、リーマンショック以降、元は安くなっています。


ちなみに、過去5年の高値が、2007年6月22日につけた 1元=16.2876円です。


その後、急落しましたが、安定的に年10%程度の切り上げを実施してきました。


その後、リーマンショックがあり、米ドルの急落につられて、元も安くなっています。


ちなみに最安値が、2009年11月27日につけた 


1元=12.42円


その後、現在に至るです。


その元が、世界的な圧力で、切り上げをせざるを得ない環境になってきています。


全否定であった、中国サイドも切り上げを容認する発言も出始めています。


ここから数年は、誰もが大きなリターンを得られる環境に突入するかもしれません・・・。



ここには、非常に高いハードルが存在します。


まず、外国人は、容易に元を買うことが出来ません。


ここが、問題です。


中国は、元の流出には、厳しい規制をかけていますので、


ちょっとした、ノウハウが無いと簡単ではないようです。


ただ、一番簡単な方法は、至ってシンプルです。


中国国内に行き、銀行口座を開設をし、定期を組むこと。


口座開設や、元預金(定期預金)は、言葉さえ出来れば、可能です。



中国銀行は、日本にもありますが、国内では元預金は出来ません。


元預金は、中国に行かなければ出来ないのです。


残念ながら。


ちなみに、中国国内の中国銀行では、

 

 5年の定期預金で、預け入り金利が3.6%です。


 更にVIP口座を開設すれば、更に有利な金利を受け取ることも可能です。


これだけでも、日本とは、比べ物にならないくらい、有利な金利水準です。


そこに、元の切り上げが開始されれば・・・。


まったくリスクの無い、と投資です。

(投資とは呼ばないですね。。。預金ですから)


昨日もお伝えした、少し世界に目を向けるだけで、面白いネタは、転がっているものです。


興味がある方はコメントにでも・・・。

3月4日に香港より帰国しました。

収穫の多い視察でした。

まずは写真を・・・


~横浜りのべ~他では聞けない投資の話編~



この写真は、香港島から九龍(カオルーン)を望んだ写真です。


今回の目的は、香港の金融市場の視察と、中国の不動産視察です。


まだ、具体的な事は書けませんが、率直な感想は、


    『日本の常識は世界の非常識である』




数え上げればキリが無いほどですが、


例えば、ファンド。


日本のファンドは、日本国内で厳しく規制されているため、


驚くほど低いリターンしかありません。


香港のファンドは、年間リターンが10%をきる商品は、誰も見向きもしないのです。


という事は、10%を超えるファンドしかないということです。


そんな商品が、沢山有るのには驚きました。


1998年の金融ビッグバンで、日本人が海外口座を持つことが、解禁されてから、


多くの日本人が、海外に押し寄せ銀行口座を開設しているのです。


金融ビッグバンは、金融機関のペイオフのみ脚光を浴びて、それ以外の規制緩和の情報は


あまり流されていません。


世の中の動きに敏感な人たちは、すぐアクションを起こしているのです。


ここでも、持つべき人とそうでない人の差が広がるのでしょう。


日本国内のみならず、世界の情報も利用すべきでしょう。


内容がディープすぎて、ご紹介出来る話は限られていますが、


海外に出て、日本の状況を海外の人たちから聴くことにより、


本当の日本が見えてきます。


良くも悪くも日本は島国です。


これだけ情報が発達しているにも拘らず、日本は金融鎖国であることを実感できます。


金融鎖国である理由も、海外に出ることにより、理解できます。


弊社のお客様も、海外勤務の方も多く、いつもこのような話題でいつも盛り上がります。


今後は、リタ・パートナーズのお客様に、良質な情報を提供できるように準備を進めています。


具体的になった段階で、改めてご紹介したいと思います。



これから香港です。

テーマ:

今日から香港出張です。


現在、進めている新プロジェクトの準備の為です。


3月中には、詳細を発表できそうです。


面白いスキームです。


帰国は3月4日の予定です。


帰国後、出来る範囲で新プロジェクトの概要をお伝えする予定です。


お楽しみに!!


横浜の不動産の仲介が『横浜りのべ』のコアビジネスです。


不動産業界の人間でありますから、日本の長期間の低金利政策は、大歓迎です。


長期間の低金利政策(政策というより、低金利にするしかない現状ですが・・・)


において資金調達には、最高の環境です。


逆に運用を考えた場合は、知恵を使わなければ、どうにもならない現状です。


この部分は、大いに検討する必要がありますが、今日は不動産業者としての立場で話しをします。


不動産は、大きな金額が動きます。


現金で購入される方もいらっしゃいますが、多くが住宅ローンを組みます。


ローンを組む際の調達金利が低い事は、毎月のキャッシュフロー(ローンの支払い)に大きな影響が出ます。


100万円の調達金利が1%・25年で3,769円。


4000万円であれば150,760円です。


4000万円の調達をしている方で、1%の金利変動があった際の差額は150,760円ですから、


非常に影響が大きいですね。


先の2次補正通過を受けて、住宅支援機構のフラット35Sが10年間▲1%が適用されます。


固定金利で10年間 1.57%で組める住宅ローンは、凄い政策です。


言い方は悪いかもしれませんが、これを利用しない手はないんではないかと思っています。


詳しい事は、このブログを参照してください。



【横浜りのべ】のお客様は、皆さん自己資金を多く準備されている方が、非常に多いのです。


先の見えない日本社会では、現金が一番安全な資産とお考えの方も多いようです。


住宅ローンという、思い負荷を少しでも軽くしようとお考えの方が、非常に多いです。



以前より、資金運用と、自宅購入を上手く組み合わせる方法がないかと、様々な検証をしています。


きっかけは、私自身が、10年前に家を建てるために、土地を購入し、新築住宅の設計を進め、


建築したのですが、地鎮祭(建築の着工前に、行う儀式)の前日まで、


『我が家を建築するか、賃貸アパートにするか』を悩み続けました。

(結果、我が家を建築しましたが・・・笑)


その頃から、

上手く自己資金を運用して、少しでも住宅ローンの返済を軽減できれば・・・

と考えています。


日々の仕事の中で、お客様とお話をしていると、更にその想いが強くなってきていました。


嬉しいことに、この一年の活動の中で、答えが見つかってきたのです!!



                                  つづく・・・



投資関係の書籍などに、良く出てくるフレーズに、


『お金を働かせる』


という言葉よくが出てきます。


多分、多くの方がお金に働かされている部類だとおもいます。


本当の意味で、『お金を働かせる』という本質を理解した人たちが


資産家と呼ばれる世界に辿り着くのだろうと思います。

(これが一番難しいことですが・・・)


1987年公開の映画で


伊丹十三監督の『マルサの女』という映画がありました。


その中で、鮮明に覚えているフレーズがあります。


お金の使い方を説いた話で、


コップに水を半分ほど入れて、


『いいか・・・コップいっぱいに満たされていない状態で水を飲むから、水がたまらないんじゃ。


コップから水があふれ出るまで我慢する。


コップの水がいっぱいになり、溢れてきたところを飲む。


これがコツなんじゃ・・・』


(表現は、おぼろげな記憶なので、勘弁していただければと思いますが・・・)



この件の強烈なインパクトを、今でも忘れません。


これが、本質ですね。


この教えを実践するための方法を、これからじっくりと考えて行きましょう。