2017年8月15日(水曜日)

お天気が心配な一日でしたが、夕方から西本佳奈美さんと井上響子さんの若々しく生き生きとした素晴らしいコンサートを聴きに行きました。

 

私が知る西本さんは中学生、高校生だった時の演奏。

受験生だった中学生から高校に上がり進化していく演奏を楽しみにしていましたが、そんな次元とはガラリと変わり、深みや迫力が増してこれからがとても楽しみな演奏でした。

 

生徒たちも聴きに来ていて、刺激や憧れを抱いたのではないかな!?と一人想像していますが、皆どんな印象感想を持ったのか是非聞いてみたいと思います。

 

私が特に印象に残っているのは、chopin のimpronptuからのSchumannの交響的練習曲への続けての演奏。

ショパンの和らかな音色と音楽がふわーっと浮かび上がる美しい旋律は心地いいもので、そこからの深みのあるSchumannの練習曲の冒頭はじわーっと沁みるものがありました。美しい旋律と内声の広がる音楽は高校卒業してから渡仏した彼女のこれまでの時間や苦労。悩みも感じられるようなそんな旋律でした。

曲目解説もあって、とってもわかりやすく想像しながら演奏を聴ける楽しみも味わい次回の演奏が楽しみでなりません。