こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 婚活に励みたいと考える人は、それが迂遠の道程と思えようとも、自己を確立して、人間的力量を向上させることが、素敵なお相手に気に入られる秘訣です。     

 しかし、自己を確立するには、どうしたら良いのでしょうか。それには、確たる人生哲学に基づき、知性と志の世界で生きるべく、自分の幸せとは何かを想い定めて、生き方改革に徹することでしょう。

 

 

 様々な悩みを抱えて、毎日を生きるあなたは、どういう人でしょうか。その答えを出す究極の物差しは、賢人か愚人、或いは、正義の人か邪悪な人か、という立て分けでしょうか。しかし、人の存在は、そうした二元論では、割り切れないでしょう。

 経営の神様と仰がれた、松下幸之助氏は、創業の志こそが、万事を決する基であると、強い確信があったとしていますが、どういう訳があるのでしょうか。

 1918年、妻と義弟の3人で、松下電気器具製作所を創立、経営は軌道に乗ったかに見えましたが、恐慌による不況で、製品は山のように売れ残ったとか。

 猛省の末、悟ったことは、失敗の本質は、金儲けだけを考え、創業の志がなかったことであると。その後、立て直しに奔走し、人生に幸福をもたらし、この世に楽土を建設することを、企業使命に定めましたが、有為な人材の育成にも励みました。

 松下電器は何を作っているのか、との質問に対しては、「人を造っています。併せて製品も作っています」が、幸之助氏の回答です。国家経営の根本も、人造りであるとして、高齢を押してまで、松下政経塾を設立し、政治家も輩出しています。

 

 日本最大の仏教団体の会長と、幸之助氏の往復書簡が、1975年に発刊され、人生、生命、文明、政治、経済、社会、世界を語る「人生問答」として、ベストセラーとなっていますが、幸之助氏の生涯の指針は、私心のない「素直な心」でした。

 幸之助氏は、超一流の知性と志の人で、人格力では最高レベルにまで、到達していましたが、自らの人生哲学が、そうした人格力を磨いたことも、確かでしょう。

 人の人格力のレベルは、知性と志の世界がトップですが、理性と良心までのポジティブ領域、欲望と感情のネガティプ領域に大別されます。また、その領域よって、人夫々の思考回路の性能と、言動と立ち振る舞いという、行動原理が決まります。

 しかしながら、人は誰もが、ある種の多重人格者です。良縁である善人に触れれば、人格力は向上し、悪縁である悪人に触れれば、人格力は低下しますが、常日頃の日常生活で、何処の領域が強いのかが、その人の本性とも、言えるでしょうか。

 最高の良縁とは、古今東西の偉人、哲人から学問、芸術、文化を学ぶことですが、そうした学びは、超一流人の精神世界に、触れることを意味しています。

 

 学問、芸術、文化を学ぶことは、自らの人生哲学を構築するために、不可欠の修行でしょう。松下幸之助氏は、事業の失敗を契機とし、どれだけ学んだのでしょうか。

 優れた人生哲学を構築すれば、幸せの絶対値が上がります。その理由は、哲学とは幸せに生きるには、どうしたら良いかを、学ぶ学問であるからです。他の人の幸せを願って行動することを、自らの幸せとすべきことが、幸之助氏の悟りでした。

 志を立て、知性を磨くことが、人格を高める方策ですが、そうした賢人、正義の道を貫こうとすれば、とんでもない天敵が存在します。支配欲に駆られた、嫉妬深い人の妨害工作が、身に影が沿うが如く現われ、それを見破る眼力も、必要とされます。

 それは、人を不幸にする、根源の悪とも言えますが、歴史上の偉人、哲人は、例外なく権力者からの迫害と闘っています。そうした構図は、人生哲学を構築し、自己を確立しようとすれば、誰にでも襲って来る、試練とも言えるでしょう。

 嫉妬深い人は、ネガティブ領域の親玉的存在で、口では都合の良いことを言いますが、腹の中は真っ黒で、人の不幸を喜びます。私心のない「素直な心」こそが、婚活でも心根の良いお相手と出会う、人格力の証左でしょう(笑)・・・。

 

 

  リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック 

 こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 婚活を成功させる実力、或いは人生の現実と向き合う力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力の如何に起因します。

 また、結婚のお相手を決める眼力も、自らの人格力次第です。人格力を高めれば、確たる人生の軌道が描けますし、お相手選ぶ基準、物差しが得られます。

 

 

 ロシアの文豪、ゴーゴリの傑作小説「死せる魂」は、主人公の元税官吏が、ある田舎町の地主を訪ねて、死んだ農奴を安く買い集めますが、次の戸籍調査までは、借り入れの抵当に出来るため、それで社会的地位を得ようする、詐欺師の話です。

 主人公の振る舞いは、現実感覚を失った欲望の亡者、餓鬼の姿です。この荒唐無稽の物語は、1842年の発表当時、ロシアの現実を遺憾なく暴いて、文壇に大変な衝撃を与えましたが、婚活の不首尾を託つ人には、他人事ではないかも知れません。 

 人は人格力次第で、生きている現実世界が、大きく異なります。自分に都合の良い、お相手探しをする、人の人格力を類型すれば、以下のとおりでしょうか。

 先ず傲慢、不遜の無神経タイプ、次が臆病、卑怯の無責任タイプ、3番目が如何わしい、欲望最優先タイプ、最後のタイプは、イライラ、ヒステリーというところです。

 いずれのタイプも、婚活「自分ファースト」で、お相手の想い、都合などは、二次的問題に過ぎませんが、そうしたタイプの重複、複合型の人も多いようです。

 ゴーゴリが言う「死せる魂」とは、死んだ農奴ですが、最後には素敵な結婚をしたいなどと、妄想に振り回される、主人公の人間性、人格力が、二重映しとなっています。

 

 誰もが本当の自分を正しく映す鏡は、持っていませんが、欲望と感情の世界でしか、生きていない人は、婚活が不首尾であることは、程度の差はあれ、全てが人のせいです。

 「自分ファースト」、自己都合最優先から、発想の転換を果たして、人間性、人格力を理性と良心、更には、知性と使命感の世界へと、高めることが、婚活と人生を勝利する、唯一無二の方策です。都合の良い妙薬とか、特効薬の類は、存在しません。

 さて、結婚するのは、何のためでしょうか。この世に男性と女性が存在するのは、あらゆる他の生き物と同様、子育てをするためですし、婚姻制度とか、一夫一婦制度なども、子供を護るための法的度で、多くの国が採用する、人類の知恵でしょう。

 婚活に励む女性陣は、子育てにも、仕事にも関心がないばかりか、口だけは上手い、イケメンお馬鹿に、捕まってはいけません。その手の男性は、資格や特技とかの魔力も持てば、何処かの国の芸能人の如く、欲望を最優先する、不倫予備軍でしかありません。

 それでは、然るべき人間性と人柄、人格力を有する、結婚相手を獲得して、人生の勝利、幸せを成就する現実感覚とは、どういうものでしょうか。

 

 夫婦は人生で襲って来る、様々な困難を乗り越えるべき、運命共同体ですので、現実感覚を磨くには、リスク対応という視点も、大切でしょうか。かつての日本社会では、病気、貧困、家庭不和が、人々のリスクでしたので、分かり易かったと言えます。

 しかし、情報化社会を迎えた現代では、インターネットや、SNSの普及で、情報洪水で現実を見失う人も、少なくはないでしょう。婚活で迷走する人は、婚活サイトでのお相手探しでは、条件検索とかに嵌まって、仮想現実の世界へ、堕ち込んでいます。

 そもそも誰の人生も、何が起こるか予測できない、不確実性が支配していますので、婚活でもリスクを、完全に回避することは、無理な相談です。襲いかかる不愉快、不都合な状況を、乗り越えるには、お相手選びの確かな基準、物差しが必要でしょう。

 「自分ファースト」から、発想を転換するには、自分はどういう人を、幸せにできるのか、或いは、幸せにすべきか、考えてみることを、お勧めします。自分ファーストの人は、婚活でも損得勘定ばかりが、物差しでしかないため、結婚は遠のきます。

 人という存在の本質、仕組みからは、人を幸せにしたいと想う人が、自らの幸せの絶対値を高めます。お相手の幸せを願う、逆転の発想は、その人の思考回路の性能、行動原理にも体現され、婚活と人生では必ずや、逆転勝利を呼び込むでしょう(笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック 

  こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

  リベラルアーツの婚活サロンでは、婚活・人生相談を行っていますが、婚活の成否は、その人の心根、向上心の如何が、決め手であることを実感しています。

 婚活と人生で勝利する秘訣は、自らの精神世界を確立して、人格力を向上させることですが、婚活に励む方は、その突破口を探してみては、如何でしょうか。

 

 

 新型コロナの感染拡大は、世界各国の首脳、指導者が国民の信頼を得ているのか、という問題を、顕在化させています。かつての米国は、自由主義諸国圏のリーダーでしたが、トランプ大統領は臆面もなく、自国ファーストを唱え、標榜しています。

 米国内での感染拡大は、黒人の死亡率が、高いことを露呈させ、また、白人警察官の黒人への暴行事件は、人種差別の反対運動を、欧州諸国などにも、拡大させました。

 トランプ大統領は、北朝鮮外交とかで、点数稼ぎに走っていましたが、経済封鎖で苦しむ北朝鮮は、新型コロナ対策で、貿易の9割を依存する、中国との国境も封鎖され、金正恩の独裁権力も、揺らいでいるのか、韓国に猛烈な八つ当たりを、加えています。

 中国の習国家主席も、共産党ファーストで、覇権争いに忙しく、頼りにはならないとすれば、日本とEUがリーダーシップを発揮すべきですが、安倍首相もこの時期に、何をしているのでしょうか、検察庁の人事に余計な介入をして、反撃を招いています。

 新型コロナのパンデミックは、人、物、金、情報について、クローバルな移動の回復が前提ですので、何処の国も自国ファーストで、その終息を図れませんが、それでは、今後の世界を築く、正しい道筋は、何処に存在すると、言うのでしょうか。

 

 開発途上国の子供達へ、予防接種支援を行う国際団体の理事長は、殺傷力、感染力ともに強力なウイルスから、身を護るためには、ワクチンの開発が、唯一、継続性のある解決策であるとし、更に、ワクチンは、世界の公共財であるべき、とも述べています。

 同理事長はWHOから、ワクチン開発のグローバル特使にも、任命されていますが、ワクチンが開発された場合、人類益に立って、先進国にも途上国にも、また、貧しい人にも豊かな人にも、平等に行き渡る仕組みが、求められると指摘しています。

 全ての生命には、等しい価値があります。お金がないことことが、ワクチンを手に出来ずに、死ぬ理由となっては、ならないとすれば、今回の危機を通して、人類が直面する課題は、経済的利益を越えて、ワクチンを公共財に、出来るかどうかでしょう。

 また、国民皆保険制度がない、或いは、脆弱な国では、経済的、社会的弱者が真っ先に、新型コロナの被害を受けています。次の疫病の流行、パンデミックに備えて、世界的に保険制度を強化することが、急務であることも、確かな事実でしょう。

 それでは、新型コロナの渦中、国際社会が協調するには、何が必要なのでしょうか。

 

 フランスの思想家、欧州を代表する知性である、ジャック・アタリ氏は、利他の精神、哲学を説いています。自国の利益のみを、追求する国が増えれば、世界全体の損失につながるので、自国の利益を守るには、他国の利益をどう守るかが、問われています。

 近年、利他性を重視する動きは、米国の産業界でも見られ、大手企業の経営者団体である、「ビジネス・ラウンドテーブル」は、株主至上主義を見直して、従業員や顧客、地域社会を含む、全ての利害関係者利益を、重視する方針を発表しています。

 トランプ大統領は、暴動には連邦軍の投入も表明、国民の分断も辞していませんが、米国のミネアポリスを起点とする、黒人差別の反対運動は、全米的広がりを見せ、デモ隊には白人の参加者も多く、米国の社会でも、何らかの地殻変動が起きています。

 国際関係論とかでは、空気、水、太陽、気候などは、国家の枠組みを超えた、国際的な公共財ですが、新型コロナのワクチンも、人の命を護る、人類全体の公共財でしょう。

 人類は何のために、何をするのか、人夫々に国家、人種、宗教的枠組みを超えて、地球規模で考え、自己の生活圏で、行動すべきでしょう。そうであれば、全人類共生の哲学と、利他主義による実践が求められますが、心の変革も不可欠でしょうか。

 婚活に励む方も、宇宙船地球号の一員として、他人事ではないはずです(笑)・・・。

 

 

  リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック 

 こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

  リベラルアーツの婚活サロンでは、婚活・人生相談を行っていますが、婚活の成否は、その人の心根、向上心の如何が、決め手であることを実感しています。

 婚活と人生で勝利する秘訣は、自らの精神世界を確立して、人格力を向上させることですが、婚活に励む方は、その突破口を探してみては、如何でしょうか。

 

 

 シリアの内戦は、10年目を迎えましたが、その間に約100万人の子供が、避難先の国で生まれています。1990年代の難民は、1-2年で本国に帰還できたそうですが、近年は難民キャンプでの滞在期間が、平均で17年と長期化しているとか。

 UNHCRによれば、国内の避難民4,130万人を含めて、世界の難民数は7,080万人ですが、2018年時点でトルコが、最大の370万人を、また、パキスタン、ウガンダ、スーダン、ドイツの各国が、100万人以上の難民を、受け入れています。

 難民発生の国別の内訳では、シリア670万人、アフガニスタン270万人、南スーダン230万人、ミャンマー110万人、ソマリア90万人と、その67%が5つの内戦、紛争当事国に集中し、18歳未満の子供が、難民の5割を占めています。

 難民が生まれる原因は、内戦や紛争による、迫害や治安の悪化の他にも、気候変動などで、生活拠点を喪失し、命の危機に見舞われることですが、根源的な問題は、人々が生活の基盤に加えて、生き甲斐をも、見失うことにあるでしょうか。

 UNHCRの専門家は、難民の大人達は、本国での戦乱終結が、期待できないので、我が子の将来のため、命の危険を顧みず、ボートで欧州に渡るとしています。

 

 難民の問題に関する、危機感が高まる最中、2016年には「難民と移民に関する国連サミット」が開催され、18年にはグローバル・コンパクトを採択、19年の難民フォーラム開催など、一連の流れは支援国側にも、大きな変化を、生み出した模様です。

 ヘベカーUNHCR前駐日代表は、難民支援の在り方として、難民一人ひとりが持つ、可能性を開発開発することに、重点が置かれるようになったとし、難民を多様な技術を持った人材として、世界が捉える方向に、向かい始めたと語っています。

 また、グローバル・コンパクトの意義としては、難民のレジリエンス(困難を乗り越える力)を高める、正しい道筋を示したことに加えて、非政府団体や企業をはじめ、様々な主体による、難民問題に対する関与の幅が、広がったことを指摘しています。

 更に、同代表によれば、日本人から寄せられる、難民への支援は年々、増加しています。日本の大学では12大学が、UNHCRと難民高等教育プログラムを締結し、難民の留学生を受け入れていますが、日本で就職を果たした、学生も存在するようです。

 

 国連の「持続可能な開発目標」は、誰も置き去りにしないことを、基本理念として掲げています。UNHCRの難民支援策は、貧困をなくそう、飢餓をゼロに、更には、安全な水とトイレを世界中に、などとする具体的目標とも、重なっています。

 ヘベカー前代表は、故郷を失った難民の人々が、社会の一員として、尊厳のある生活を送るためには、物資の援助だけではなく、教育や生活基盤への支援を通して、避難先の地域経済に、貢献できるようにすることが、不可欠であると訴えています。

 難民の受入れでは、その84%を周辺国である、開発途上国が担っています。新型コロナの感染拡大を受けて、UNHCRは対応計画を発表し、医療サービス、保険、水、衛生面でも、難民が取り残されないよう、各国に緊急支援を呼び掛けました。

 日本も1951年の難民条約加盟国ですが、2018年は約1万500人弱の申請者のうち、僅か42人しか認定していません。その理由は法務省が、条約上の難民は、本来は政治的亡命者であるとし、内戦や紛争による難民を、排除することにあります。

 日本政府は、海外からの移民、難民受入れに消極的で、欧米諸国からも批判を浴びています。婚活に励む方は、自らの稼ぎを上げて、宇宙船地球号の恵まれない、乗客に対しては、譬え僅かな額であっても、支援金を出すなどで、世界に貢献しましょう(笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック 

 こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 婚活を成功させる実力、或いは、人生の現実と向き合う力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力の如何に起因します。

  結婚のお相手を決める眼力も、自らの人格力次第ですし、また、お相手の人間性を見抜くことは、現実問題としては難事中の難事ですが、自分の考えを整理しておけば、大きな助けになるかも知れません。

 

 

 新型コロナでの感染拡大は、落ち着きを見せ始めましたが、自分の家族を持つため、婚活を開始したいと考える、女性にとっては、大きな打撃でしょうか。しかし、新型コロナの感染リスクがなくとも、婚活の方法如何では、予想外の危険が潜んでいます。

 身元を詐称して参加できる、婚活アプリやパーティーでは、浮気目的の既婚者や、寸借詐欺はおろか、、結婚詐欺師までいますし、結婚相談所でも、都合の良いことを喧伝して、結婚を焦る女性や、婚活難民化した女性を、食い物にするところもあります。

 少し考えれば分かることですが、世の中には女癖が悪いなど、実に様々な男性が、存在しています。悪人に騙された女性は、そんな被害に自分が遭うとは、思わなかったとしていますが、残念ながら、何らかの弱みに付け込まれた、結果でしかありません。

 婚活の現場は、需供バランスで、成り立っている市場です。参加者の身元さえ確認しない、婚活アプリやパーティーは、ある種の蚤の市(古物市場)でしょう。安かろう、悪かろうの市場で、掘り出し物探しをすれば、多くの場合は痛い目に遭います。

 何処の業界でも、詐欺、悪徳業者は少なくありませんので、それこそ身元が確かで、信用に値する結婚相談所探しが、婚活の正攻法と言うべきでしょう(笑)・・・。

 

 さて、婚活市場とかで、素敵なお相手と巡り逢うには、どうしたら良いのでしょうか。婚活では日常を生きる姿勢、人夫々の生き方が、出てしまいますので、お相手選びでも、結局は価値観などとする、自らの生き方が基準、物差しとなるでしょうか。

 勝利の絶対条件を挙げれば、先ず「仕事+α」の使命感です。職場では役職、責任を背負う覚悟が、生き方のリトマス試験紙ですし、仕事での苦労を逃れて、転職を繰り返す人は、ある種の臆病、卑怯者ですので、人生落ち目の婚活しか、出来ません。

+αの使命感とは、仕事以外の社会貢献ですが、そんな余裕はないなどと、言いたいところですが、人生を長い目で見て、考えては如何でしょうか。そうした生き方の姿勢は、人生の苦難を乗り越える、勇気と忍耐力が源泉ですし、自分磨きの要諦です。

 結婚する男性選びでも、「仕事+α」の使命感は、絶対条件です。如何に見た目が良くとも、仕事ができない、或いは、仕事に対する意欲がない、男性と結婚した場合、そうした男性に愛情を注いでも、報われませんし、ロクな人生は送れません。

 

 次の勝利の条件は、知性と教養ですが、単に博学であることや、学歴があることではなく、人生の苦難に向き合い、乗り越える知恵を生む、思考回路です。端的に言えば考える力ですが、日頃の読書と学習能力が、考える力を支えています。

 女性の美しさも、若い時は見た目が、ものを言うかも知れませんが、活字に親しむ女性は、年齢を加えると、知性の輝きが増し、その振舞にも品格が、滲み出るでしょう。

 男女を問わず、活字に縁のない人は、人を想い遣る想像力、基礎体力が、磨かれませんし、人の気持ちに対する、理解力にも欠けます。人が人であることの証左は、賢いかどうかですので、愚かであれば、見た目はともかく、中身は野獣でしょうか(笑)・・・。

 人の生き方、価値観とかは、金銭感覚に現われ、自分磨きの自己投資や貯蓄に、お金を廻さない人は、未来を切り拓けない、危険人物と認定して、差支えありません。

 さて、結婚は親から自立して、自分の家族を持つことですので、親からの精神的、経済的自立も問われます。実家暮らしの女性は、親が古い価値観に縛られ、地元の有力者や、資産家の子息との結婚を望む場合、その手の干渉を逃れる、算段も必要でしょう。

 また、誰と結婚しても、お相手の親は、漏れなく付いて来ますが、親の言いなりになる、幼稚で自立心のない、男性との結婚も避けましょう。結婚は子育てという、聖業に勤しむ船出ですので、大きな子供と結婚してはいけません(再度の笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック