こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

リベラルアーツの婚活サロンでは、婚活・人生相談を行っていますが、婚活の成否は、その人の心根、向上心の如何が、決め手であることを実感しています。

 婚活と人生で勝利する秘訣は、自らの精神世界を確立して、人格力を向上させることですが、婚活に励む方は、その突破口を探してみては、如何でしょうか。

 

 

 8月30日、東西冷戦を終結させた、ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領が、91歳で死去しました。ゴルバチョフ氏は1985年、54歳でソ連共産党書記長に就任し、ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を掲げて、疲弊した国内社会の立て直しを断行しています。

 外交では、西側諸国との平和共存、核軍縮を旨とする新思考外交を展開、ソ連の衛星国であった東欧諸国の革命を容認、ベルリンの壁も崩壊させ、89年12月には、マルタでの米ソ首脳会談で、冷戦の終結を宣言しています。90年、その多大な功績にノーベル平和賞が贈られました。

 91年4月、ゴルバチョフ大統領は、ソ連の国家元首として、初の訪日も果たしていますが、その4か月後にゴルバチョフ夫妻は、クーデターによって軟禁され、12月には大統領を辞任、ロシアを中核とする社会主義圏は崩壊、人間の顔をした社会主義義の試みは、挫折しています。

 ソ連の崩壊以降、ゴルバチョフ氏は批判の嵐に晒され、冷戦終結の快挙も、西側の勝利、東側の敗北という単純な図式で語られ、ゴルバチョフ氏が残した、精神的遺産に光が当たることは少なくなりました。ライサ夫人によれば、歴史家は自分が見たい、歴史だけを書くとしています。

 大統領退任後は、ゴルバチョフ財団の総裁を務め、人類には共通の運命があり、新たな脅威には誰もが脆弱であるとして、対話の精神に基づいて、核兵器なき世界への執念を燃やしています。

 

 歴史の教訓として、昨今のウクライナ危機は、どう考えるべきでしょうか。当時冷戦の終結後、

欧州で大規模な戦闘が始まるとは、誰も予測し得なかったでしょうか。冷戦後は米国が世界で君臨しましたが、米国と欧州諸国が構築した、安全保障体制はロシアを、屈辱的に傷つけています。

 ある政治学者によれば、第一次世界大戦後のベルサイユ体制では、敗戦国のドイツに多大な賠償金を課して、それが第二次大戦の引き金となったとし、東西冷戦の終結後は、ロシアを敗戦国扱いしているため、プーチン大統領はロシアの地位を、挽回しようとしている旨、指摘しています。

 歴史は繰り返すのではなく、「韻を踏む」は、米国人作家マーク・トウェインの言葉ですが、自由主義を標榜した米国でも、1929年以降、ウォール街の大暴落で、資本主義への不信感が高まり、国家による経済への積極的介入が、是認されましたが、今の時代も似た状況でしょうか。

 今の時代は、人間関係が希薄化した結果、個人が孤立化、砂粒化して、メディアの洗礼やフェイクニュース、更にはデマゴーグに踊らされて、多くの人が極端な方向に、走るかも知れません。

 人は誰もが、様々な苦悩を抱えていますが、誰にも相談できないため、反社会行動を起こす人もいます。個人レベルでは言わば、人が遠心分離機にかけらて砂粒化し、極端な考えに走る傾向があることは、否定できないでしょう。それでは、何をどうすれば、良いと言うのでしょうか。

 

 人類の長い歴史では、今の我々ホモサピエンスの他にも、20種類程の人類が、存在したそうですが、サピエンスがアフリカから、世界中に拡散した結果、サピエンス以外は滅亡しています。その原因は他の肉食獣と同様、サピエンスは凶暴で、縄張り争いにも、強かったのでしょうか。

 サピエンスの歴史は、建設と破壊の繰り返しで、異なる集団が出会えば、文明の衝突とかで、殺戮が繰り広げられました。2度の世界大戦から現在まで、核兵器を含む殺傷兵器の開発は、止まる処を知りませんが、幾ら経済や科学技術が発達しても、人類は賢くはなれないのでしょうか。

 人の集団は生存本能の成せる技なのか、縄張り拡張するため、掟を定めて、ボスを頂点とする階級社会を築きます。ヒトラー、レーニンやスターリンは自国民までも、大量に殺戮しています。

 如何わしい掟で洗脳を工作し、人々が集団ヒステリー状態となれば、他の集団を殲滅するためには、自爆攻撃も辞さないマインドが、出来上がります。人は何かを信じて生きる存在ですので、掟の中身こそが問題ですが、独裁者の類は、民族意識や宗教を悪用して、敵意や憎悪を煽ります。

 人類が集団殺戮を止め、地球上で生き残るためには、相手が誰であれ、人の命を護る、共存の哲学が必要です。最優先の課題は、核兵器の廃棄ですが、核を持たな国に対する核攻撃や、先制攻撃も絶対禁止とすべきでしょう。それは人は賢くなれるかを問う、試金石でしょう(苦笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談させて頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック

 

   こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 リベラルアーツの婚活サロンでは、婚活・人生相談を行っていますが、婚活の成否は、その人の心根、向上心の如何が、決め手であることを実感しています。

 婚活と人生で勝利する秘訣は、自らの精神世界を確立して、人格力を向上させることですが、婚活に励む方は、その突破口を探してみては、如何でしょうか。

 

  科学技術が高度に進歩した結果、人類が生きる地球上の世界は、経済的にも一体化しましたが、他方で、原爆などの殺戮兵器の開発は、旧来型の安全保障政策下で、他の国家、民族、宗教的集団を敵認定して、未だに「才知ある畜生」の如く、集団で殺し合うことも、辞さないようです。

 人類は歴史的転換点に立たされ、自らの生存を賭けた、決定的瞬間を迎えています。世界的経済学者である、米コロンビア大学のジェフリー・サックス教授は、人類が直面している、地球温暖化対策、生物多様性の保護、国連のSDGsでも、各国間の協力は不十分であると指摘します。

 サックス教授によれば、国際協力を推進する、これ以上努力が欠如すれば、主要な生態系は崩壊し、22世紀までには、海面は数メートルも上昇し、飢餓と貧困が拡大する、絶望的事態を招きますが、国際社会が強調して行動すれば、これらの課題を全て、解決することが出来るそうです。

 各国が年間生産の僅か2-3%を、国際協力に拠出すれば、甚大な被害をもたらす、大災害を低コストで未然に、防ぐことが出来ます。それによって、サックス教授は、人類はもっと安全で、もっと健康的で、もっと持続可能で、もっと公正な地球社会を、築くことが出来るとしています。

 また、昨今の新型コロナの感染拡大は、公衆衛生対策が不十分であること、貧困国はワクチンさえ確保出来ないなど、貧困国への支援が、あまりにも手薄であるこを、浮き彫りにしています。

 

 サックス教授は、人類は21世紀からは、デジタル時代に突入し、かつてない規模でデータを蓄積、伝達、処理する能力を獲得し、コンピューター、家電製品、ロボットの他、人工知能の分野などで、デジタル時代の技術は、驚くべきスピードで発達、新たな問題を生んでいるとします。

 非熟練労働者が失業する可能性がありますし、デジタル技術を持つ人と、持たない人の社会的、経済的格差が、大きくなることも、懸念されます。更には、サイバー攻撃をはじめとする新手の戦争、プライバシーの侵害、依存症やメンタルヘルス問題など、様々なリスクが顕在化しています。

 特に、デジタル技術の軍事転用が、進捗した場合は、どういう世界が、出現するのでしょうか。ドローンや人型ロボットが、人の命を狙うことは、映画の世界だけでは、済まなくなるでしょう。

 科学技術の急速な進歩によって、人類の未来を予測不能にしています。内乱や戦争で大量殺戮に走った、ヒトラー、レーニン、毛沢東の如く、独裁的権力を振るう、大国の指導者が再び、狂気に走ることを許せば、人類は滅亡する、恐るべき時代を迎えていますが、どうしたものでしょうか。

 サックス教授は、デジタル技術のグローバル化が進む、今の時代において、世界平和は実現可能か、若し可能であるとすれば、どのような人間の共通理解、倫理の下で、実現出来るのかとして、同教授がリードした、宗教間対話プロジェクトで辿り着いた、「黄金のルール」を紹介しています。

 

 黄金のルールは3つの考え方を指し、人の行動規範、国際協力の倫理的支柱として、認識されるべきで、国連のモラル憲章と呼ばれる、1948年の世界人権宣言が、力強く表現しています。

 一つ目は、自分がしてもらいたいように、人に対してすべきだということ。儒教、キリスト教、ユダヤ教の聖人達が、この考え方を擁護しています。2つ目は、世界は富裕層だけのものではなく、全ての人のものであるし、貧しい人々も、健全な人生の基盤と、尊厳が認められるべきとします。

 三つめは、人は地球の管理者であって、生物の支配者ではないことです。人も生物圏の一員であり、モラルや美学、経済的理由からではなく、自らの生存のために、地球を護るべきです。この教訓は、生態学や地球システムについて、無学である人が多いため、理解されていません。

 更にサックス教授は、現代においては、今を生きる全ての人々と、将来の世代が、安全で持続可能な環境を、享受する権利を加えた、21世紀版の世界人権宣言が、求められていると主張、各国政府、企業、市民社会は、これらの普遍的権利を擁護する、夫々の義務を認識すべきとします。

 人類史の闇は国家、人種や民族、宗教等の違いから集団同士で、殺し合いをしたことでしょうか。人類は今現在程には、個人の幸せと世界の平和が、一体化した時代を、経験したことはありませんが、婚活する方も、世界市民の一員であることを、自覚しては如何でしょうか(笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談させて頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック

 

    こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 リベラルアーツの婚活サロンでは、婚活・人生相談を行っていますが、婚活の成否は、その人の心根、向上心の如何が、決め手であることを実感しています。

 婚活と人生で勝利する秘訣は、自らの精神世界を確立して、人格力を向上させることですが、婚活に励む方は、その突破口を探してみては、如何でしょうか。

 

 

 人類は今や、種として生き永らえることが、出来るのかという、存亡の危機に立たされています。対処すべき課題は山積していますが、何をどういう順番で、考えたら良いのでしょうか。宇宙船地球号の存在自体を、危うくしているのは、現象面からは人口圧力、貨幣経済、科学技術でしょう。

 人類が自ら招いた危機の構図は、加速度的に増えた人口と、世界経済を支配する貨幣、そして、核兵器を生み出した、科学技術の暴走です。人口圧力については、地球上の人の頭数は、80億にも及んでいますが、そう遠くない将来、100億人を超えることも、確実と予測されています。

 地球上の人口が、果てしなく増えれば、食糧・資源を食い潰すどころか、深刻な争いを民族、国家間で呼び起こすことは、歴史の教訓です。また、貨幣経済や科学技術も、人類が才知ある畜生宜しく、際限のない暴走を許せば、地球環境を破壊して、あらゆる生物を、滅ぼしてしまいます。

 人類の歴史は、建設と破壊を繰り返し、この地上に現れた文明は、滅亡を免れた験しがありません。現代の世界は、貨幣経済と科学技術が、民族や国家の枠組みを超え、全人類の命運を否応なく、緊密化、一体化させていますので、自分だけは助かろうとしても、もはや無意味でしょう。

 また、人類にとって見過ごせない、もうひとつの問題は、地域的な独裁政権の存在でしょうか、民族や国家とかの正当性を掲げる一方、人権無視の強権政治は、多くの難民を、生み出しています。

 

 さて、社会学者である見田宗介、東京大学名誉教授によれば、人類が地球上に出現したのは、何十万年か前だそうですが、人口は1万年前になって、やっと500万人になり、紀元前千年には、5千万人、そして紀元1年には、2億人から3億人を数え、爆発的な増殖を開始しています。

 ところが、この加速度的な人口増殖は、20世紀の終わり近く、1970年前後に突然の反転減少を開始、世界の人口それ自体は、暫くは増加し続けますが、増加率は減少に反転しています。

 この突然の反転が、何故起きたのかは、生物学でいう、ロジスティック曲線による、説明が可能です。ある環境に良く適合した生物種、例えばある森の環境条件に適合した、昆虫種が出現すると、どんどん増殖しますが、環境条件の限界を無視した、征服モードに固執すれば、滅亡します。

 しかし、ここで有限な環境条件との共存モードへ、切り替えに成功した昆虫種は、永続する生存の軌道に、乗ることが出来るとのことです。ロジスティック曲線は、大増殖以前期、大増殖期、それから、環境と共存する、大増殖以後期(安定平衡期)、という3つの局面に分けられます。

 人類は、ロジスティックの法則に従って、加速度的な増殖は、停止しましたが、地球という環境条件に対して、征服という敵対的モードから、共存モードへの切り替えに失敗すれば、永続的な生存は確保出来ませんが、その意味では人類も昆虫も、生き残り戦略は、変わりがないようです。

 

 見田名誉教授は、人類は紀元前600年頃、貨幣経済が出現、広い交易システムを、発展させたことが、3千年前は無限の世界であった、地球という惑星の有限性を、人類という生物種に突き付け、ロジスティック曲線による最後の局面で、生存を賭けた岐路に、立たしたとしています。

 20世紀の終わり近くまで、世界は資本主義と社会主義、東西の2大陣営による、冷戦時代でしたが、古い資本主義は、科学技術の発展による、生産力の増大に、需要の方が追い付かず、ほぼ10年毎に恐慌を繰り返し、戦争という非人道的手段で、需要を無理にも、造り出しました。

 しかし、20世紀後半の資本主義は、デザイン、広告、クレジットの3種の神器によって、人々の欲望を無限に開発、限りない需要を喚呼し、社会主義との競合にも、勝利を得ています。

 その結果として今や、人類は史上空前の異常気象と、災害に見舞われ、生存のための安定した軌道は壊れつつあります。地球上の食糧・資源が有限である限り、高度経済成長などは、永続する訳はありませんが、そもそも、人の「幸福の原層」は、日常的な家族や自然との交流、接触にあるそうです。

 見田名誉教授の指摘では、地球環境との共存は、決して禁欲的なものではなく、他者や世界との交流、交感のうちに、幸福を感じ取る「幸福感受性」が、キーワードです。婚活に励む方も、強欲や見栄とは決別し、何が本当の幸せなのか、感受性を磨いては、如何でしょうか(笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談させて頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック

 

 こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 婚活を成功させる実力、或いは人生の現実と向き合う力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力次第です。婚活を成功させる実力、或いは、人生の未来を切り拓く力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力、言わば、知性と品格に起因します。

 しかし、婚活では現実感覚が、求められますが、自らの人間性を鍛えてこそ、素敵なお相手と巡り合い、未来も拓けるでしょう。

 

 

 ウクライナを攻撃する、ロシアのプーチン大統領は、悪逆・非道の象徴でしょう。しかし、21世紀を迎えた今の時代でも、そうした独裁者の群像は、枚挙に暇はありませんし、人類の歴史は、内乱と戦争に明け暮れていますが、その依って来る処は、人に内在する支配欲でしょうか。

 支配欲に駆られて、人が自分の思い通りにならないと、理不尽な、かつ凶暴な攻撃を加える、プーチンの如き御仁は、遺憾ながら婚活現場にも、存在していますが、どうした訳でしょうか。 

 人は夫々に、神仏、或いは、悪魔にもなれる、多重人格の持ち主です。人の本性は善か、悪かとの二元論は、洋の東西を問わず、古来から存在します。ひとりの人間に内在する、善と悪、正と邪は、不断の闘争、相克を繰り広げますが、振り子はいずれ側に、寄っているかが、問題でしょう。

 また、人は誰もが、阿修羅とも言うべき、人格力を持っています。阿修羅の特質は、肥大化した自己顕示欲、人に勝りたいとする嫉妬心、更には他人に対する支配欲です。幼稚などと言えば、それまでですが、独裁的権力を得れば、惨劇を招いてしまうことは、プーチン君が証明しています。

 阿修羅の人格力には、虚言を弄して見栄を張る、詐欺師との側面も、備わっています。学歴、地位、肩書を振り回して、立派そうな人を装いますが、心は悲哀に満ちています。仮に資産家の家に生まれても、人生の幸せは保証されませんが、婚活現場では錯覚に捉われる、人も多いでしょうか。

 

 婚活「プーチン」とは、阿修羅の婚活を指しますが、その代表格は、お金目当てで、かつ支配できる、お相手探しをする、凶暴な御仁ですが、結婚相談所にもプーチン型が、存在しています。他の相談所の会員に、お見合いを申し込んでは、なんだかんだと、余計な指図を飛ばして来ます。

 そうした相談所の特徴は、会員様の意向などは二の次、或いは、事後承諾方式でしょうか、お見合いの申し込みをお断りしても、再度の申し込みが、時を置かずに来ます。それも複数の会員から来ますので、お見合いの相手選びでも、会員様に言うことを聞け、とする独裁者方式でしょう。

 また、手っ取り早く、お見合い料を、稼ぎたいのでしょうか、オンラインでのお見合いを、強要して来る、質の悪い相談所もあります。更には、親との同居は求めないとする、会員プロフィールで虚偽を記載させて、後出しで同居を要求し、お相手を思い通りにしようと、攻撃を加えます。

 占い師による詐欺商法や、洗脳による霊感商法の類も横行し、パワー・ストーンとか、高額の化粧品を売りつける、プーチン相談所もありますし、人の弱みに付け込んで、さくらで雇っている、ハイスぺ男性を紹介するなど、結婚詐欺を生業にする、プーチン君も生存権を、主張しています。

 婚活での最悪のケースは、周囲に自慢できる、お相手探しでしょうか。その手の人は、見た目、学歴や肩書など、外的な付帯条件にしか、興味がありませんが、見栄の張り代は、高くつきます。

 

 人生の幸・不幸を測る、分かり易い尺度は、仕事(出世)と家庭(結婚)の成否でしょうか。ロシアの官吏の人生を描いた、「イワン・イリイッチの死」、という トルストイの中編小説は、人は自分の死と、どう向き合って生きるべきかを、仕事と家庭を題材として、問い掛けています。

 しかし、そんなことには、イワンは関心がなく、法律学校を出て、父親の口利きで、地方都市に赴任、5年務めた時点で、予審判事の職を提供されます。赴任した先では、美しい娘と結婚しましたが、その女性は癇癪持ちの上、我が儘でイワンを困らせ、結婚生活にイワンは懊悩します。

 イワンは仕事に、打ち込むことで、難を逃れて、やがて検事に昇進、栄転します。結婚して17年が経つ頃、裁判長の座を望みますが、イワンは職場で、不平を述べ立て、上司とも諍いを起こして、出世から取り残され、小言を並べるだけの妻とは、地方で一夏を過ごし、退屈を味わいます。 イワンは自分を認めない、連中を見返すため、新たな職を求めて、故郷のサンクトペテルブルグへ、旅立ちますが、そこでは、思いがけなく昇進した親友から、確かな約束を取り付けました。

 しかし、イワンは赴任先の新居で、想定外の事故に遭って、死の床に就いてしまいます。何故自分は死ぬのか、生き方が間違っていたのか、この疑いは重いものでした。イワンは、死の2時間前、本当のことをすれば、良いと気付いて、漸く死の恐怖から逃れます(苦笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談させて頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック

 こんにちは。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツの伊櫻です。

 婚活を成功させる実力、或いは人生の現実と向き合う力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力次第です。婚活を成功させる実力、或いは、人生の未来を切り拓く力は、その人の人間性と人柄、即ち人格力、言わば、知性と品格に起因します。

 しかし、婚活では現実感覚が、求められますが、自らの人間性を鍛えてこそ、素敵なお相手と巡り合い、未来も拓けるでしょう。

 

 

 人は結婚すれば、お相手の親や兄弟、一族郎党は、嫌でも付いてきますし、程度の差こそあれ、親戚付き合いも始まります。しかし、日本の現憲法は、旧来のお家制度を否定し、第24条は婚姻制度について、以下のとおり定めますが、婚活している人は、そもそもご存じでしょうか。

 24条1項は、「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」としていますが、配偶者となるはずのお相手に、余計な要求を突き付けて、憲法の精神など、堂々と無視する人も、多いでしょうか。 

 また、2項は、「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」とし、戸主や両親の同意を必要とした、明治民法の婚姻制度を、否定しています。

 お家制度の本質が、地位や財産の世襲制であるとすれば、明治の民法は、万世一系の天皇を家父長として、国民を皇民などと呼ぶ、国家というお家制度の下に置き、富国強兵の帝国主義を国是としました。諸悪の根源は、若者を戦争に駆り立てた、神道思想による、教育勅語でしょうか。

 現憲法下でも、天皇の地位と財産権は、世襲制が認められていますが、かつての戸主の地位が、戸主の財産とともに、家督相続制度により承継される、長男優遇のお家制度は、廃止されました。

 かつての家督相続制度とは、「長男が戸主の財産を全て相続する制度」で、代々長男を新たな「戸主」として、財産を後の世代へ引き継がせ、男子がいない場合のみ、長女が相続権を持つ、男尊女卑、長子優遇のお家制度ですが、未だ遺産相続で顔を出す場合も、珍しくないでしょうか。

 婚活女性のプロフィールでは、養子縁組相談の他、親との同居なしとする、虚偽記載もあります。成婚間際に後出しで、親との同居どころか、実家を二世帯住宅するため、それが結婚の条件などとして、お相手に住宅ローンを、背負わせようとする、貧すれば鈍する、類の娘親も存在します。

 また、今の時代に養子縁組とは、何を意味するのでしょうか。継ぐべき稼業や、田畑、資産がある訳でもないのに、娘を売りに出して、金蔓を確保しようという、魂胆が見え透いています。

 子供は本来、親とは別の人生を歩むはずですが、少子化、核家族時代の弊害でしょうか、娘を嫁に出すのは寂しいなどと、親が子離れ出来ない場合も、少なくないようです。お家制度が存在しない時代、娘を嫁に出すとか、養子縁組で婿を取るなどとの発想は、時代錯誤の極みでしょう。

 昔のお家制度の下では、他所のお家の子息を婿に迎えるには、相当額の結納金を積む、必要もありましたが、婿を募集する娘親は、ご存じないようです。また、結婚は本人同士の問題ですし、豪華な結婚式や披露宴で、見栄を張りたいのであれば、それこそ、お家の品格が問わるでしょう。

 

 さて、婚姻に関する現憲法の規定は、「個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して」云々などと、 福沢諭吉流に言えば、人は独立自尊であるべきと、訴えてもいるでしょうか。福沢諭吉翁は、人には元来、貴賤上下はなく、知徳(知性)とともに、気品(品格)を磨くべきと、説いています。

 しかし、国家や職場の人的組織、そして、社会の最小単位である家族で、知性と品格を有する人の割合は、如何程でしょうか。ハーバード大学の政治学研究によれば、社会のリーダーとして、知性と志を持つ人が、全人口の3.5%に達すれば、人類が直面する危機を、乗り越えられます。

 人の人格力を定量化して、測ることは困難ですが、2-6-2の原則などとして、職場では能力を基準として、居て欲しい人が2割、どうでも良い人が6割、居ない方が良い人が2割であるとか。仕事の能力も最終的には、人との信頼関係を築けるか、という人格力に帰結するでしょうか。

 婚活している誰もが、素敵な人と結婚したいと、思うでしょうが、素敵な人かどうかは、知性と品格の問題でしょう。人の人格力は、先ずは家族の間でも、ウィルスと同様、確実に感染します。

 幾ら婚活しても、お相手と人格力が、一致しなければ、結婚出来ません。幸せな家庭を築きたいのであれば、自らの人格力では、理性と良心、更には、知性と品格を備えた、上位3.5%の人格を磨いては、如何でしょうか。それが自分の家族、「お家の品格」を高めます(笑)・・・。

 

 

 リベラルアーツ「婚活必勝講座」の出張講師を承ります。講師料は、御1名様3,000円、参加人数は原則10名様までとし、委細は相談させて頂きます。お申込みは、リベラルアーツHPのご相談、お申込み、お問合せのページから、お願い致します。横浜関内婚活結婚相談所リベラルアーツHPは、ここをクリック