【9月1日(日曜日)音声ガイド付き上映のご案内】 | ヨコハマらいぶシネマのブログ

ヨコハマらいぶシネマのブログ

ジャック&ベティを中心に活動する音声ガイドチーム『ヨコハマらいぶシネマ』の活動や告知などをつらつら綴ります。



ヨコハマらいぶシネマです。
9月第一日曜日の上映案内です。

【9月1日(日曜日)音声ガイド付き上映のご案内】

『兄消える』
日時:9月1日(日曜日)12時35分上映開始
場所: シネマ・ジャック&ベティ
(神奈川県 横浜市 中区 若葉町 3ー51)
TEL: 045-243-9800
鑑賞料:千円(晴眼者も一律)

往年の名作『八月の鯨』を彷彿させる超シニア世代の青春寓話!
映画、演劇界の巨匠たちがタッグマッチ!
【監督】:西川信廣
【キャスト】:
柳澤慎一,高橋長英,土屋貴子,金内喜久夫,たかお鷹
2019年/日本/104分/エレファントハウス,ミューズ・プランニング/DCP
公式サイト

兄貴が帰ってきた。
とっくに忘れた「青春」と「とばっちり」といっしょに。
【主演二人の合計年齢は、162歳!
シニア世代の方がハマる映画がここに誕生しました!】

近年、国外では70代夫婦のロードムービー『ロング,ロングバケーション』や、
クリント・イーストウッド監督、主演最新作『運び屋』といったシニア世代を
主人公にした名作が続々と制作されている。
そんな中、日本から“超シニア世代”の映画が誕生した。
『兄消える』。
信州上田を舞台に、40年ぶりに再会した対照的な兄弟の絆を、
ほろ苦い笑いと共に瑞々しく描いた“青春寓話”である。
兄、金之助を演じるのは、軽妙洒脱な演技で人気を博し、
「本作を遺作にしたい」という思いで撮影に臨んだ戦後昭和を代表する、
伝説の喜劇俳優、柳澤愼一(86歳)。
弟、鉄男役には、俳優座養成所出身で、舞台や映画で活躍する名優、
高橋長英(76歳)。
ふたりの名優に挟まれながらも堂々とした存在感で魅了したのは
『潜伏SENPUKU』(2013)で第1回新人監督映画祭主演女優賞を受賞した
土屋貴子。
無邪気な明るさの中にどこか憂いを覗かせた芝居で映画に華を添えている。

【日本の映画界、演劇界を支えてきた重厚な俳優陣!
映画、演劇界の巨匠たちがタッグマッチ!面白くない訳がない!
まずは観てもらいたい作品】

監督は、文学座の演出家であり、日本を代表する演劇界の重鎮、
西川信廣(映画初監督/日本劇団協議会会長、日本演出家協会理事)。
そして、第40回川端康成文学賞、第38回野間文芸新人賞受賞作家で、
『俳優・亀岡拓次』が映画化されたことも記憶に新しい戌井昭人が
西川の自伝的エピソードをモチーフにオリジナル脚本を書き下ろし。
音楽には、黒澤明や今村昌平を支えてきた池辺晋一郎が参加。
静謐な中にも叙情性あふれるスコアがドラマを引き立てる。
かつてリリアン・ギッシュ、ベティ・デイヴィスが姉妹を演じた名作
『八月の鯨』(‘87)を彷彿とさせる、心にしみる人生賛歌が完成した。

【人生の終着点を迎えてもなお葛藤は続く】

老兄弟の胸中に蘇る「故郷」や「家族」への思い
町工場を細々と続け、100歳で亡くなった父親の葬式を終えたばかりの76歳の
真面目な独身、鉄男のもとに、
40年前に家を飛び出した80歳の兄・金之助がワケあり風の若い女、
樹里を連れて突然舞い戻ってきた。
その日以来、奇妙な共同生活を始める3人。
やがて金之助の過去や樹里の素性が明らかとなる中、
兄と弟それぞれの胸中に静かな確執とともに
「故郷」や「家族」への思いが蘇っていく??。

※音声ガイドは、FM88.5MHzで放送します。
ラジオをお持ちの方はご持参ください。
(貸出用ラジオもございます。)
◎視覚障がい者のかたで、当日駅から誘導をご希望のかた。
ボランティアをご希望の方のみ、お申し込み下さい。
(劇場へ直接いらっしゃる方は、お申し込み不要です)

【申込方法】
誘導やボランティアをご希望の方は、以下の内容に従って、
メールで、お申し込みください。
(ボランティアの方には、視覚障害者の誘導やラジオの配布をお手伝いいただきます)
 
メールの宛先は、 barrierfree-info@koganecho.com
 
申し込み時、下記の項目をお知らせください。
 
1:お名前
2:参加人数(視覚障害者と晴眼者の内訳も)
3:当日連絡が取れる電話番号(携帯電話など、緊急時対応)
4:鑑賞される作品  
5:京浜急行「黄金町(こがねちょう)」駅と、市営地下鉄「阪東橋」駅改札の、
どちらにいらっしゃるか。
※ボランティアでお申し込みの方は、最後に「ボランティア希望」と明記して下さい。
【申込締切り】
8月30日(金曜日)まで。
 
【お知らせ】
1.お申し込みいただいた方には受付完了メールをお送りします。
数日経っても届かないときはお知らせください。
2.お聞きした携帯電話番号は当日の連絡・緊急時対応でのみ使わせていただきます。
3.当日の急な遅刻・欠席はこちらからお知らせする緊急連絡先でのみ受け付けます。
4.貸し出し用ラジオをご利用の方はお帰りに忘れずにご返却ください。

<お問い合わせ先>
TEL:045-243-9800 (シネマ・ジャック&ベティ内)
FAX: 045-252-0827
Mail:info@koganecho.com
 
<劇場への道案内はこちら>
音声読み上げ用アクセス情報 | 横浜の映画館・ミニシアター シネマ・ジャック&ベティ
 
ヨコハマらいぶシネマ」の公式ホームページはこちらからご覧下さい。
 

お待ちしております。