春 芽吹きの季節

 

春の芽吹きの季節の訪れとともに
蓄えられた生命エネルギーが木々から芽吹くように
わたしもアウトプットモードに切り替わったようで
たくさん書きたいことがあふれ出してきます。

 


信念を解除するための強化ワークショップを3月に開催予定ですが
申し込みフォームへのリンクが切れていたようです。
申し訳ありませんでした。修正いたしましたのでご確認ください。

さて。。。
信念とは何でしょうか?

わたしはこの4年間ほど、
この信念というものに関してたくさんの教えを受け取ってきました。

思考が現実化するとはよく言われることです。
思考は私たちがコントロール可能なものだと思えますので
論理的には現実を変えることは可能であるということになります。

願望実現に初めて取り組まれた方はこぞって
「なんだ こんなに簡単なことだったのか」
と思い、ポジティブな思考を保とうとします。

ところがなかなか望むような現実化ができません。
取り組めば取り組むほど、なぜなのか落ち込んできたりします(笑)

そうして結局ポジティブな思考を持ち続けることさえ、続けることができないのです。

これはいったいなぜなのでしょうか?
いったい何が起こっているのでしょうか?

わたしは その仕組みを追求し続けた結果
「二酸化マンガンにオキシドールを混ぜると酸素が発生する」
というのと同じくらい、

そこには例外のない明確なルールがあることがわかりました。

わたしたちの思考のうち
わたしたちがコントロールできるのは
そのうちのごく一部、ほとんど感情に近いレベルの思考だけなのです。

この辺りは講座に出たことのある方なら
周波数のお話を思いだしていただければ理解できると思います。

今は詳しい説明は割愛しますが要するに
ある程度低周波の思考のみが認識されて顕在意識と呼ばれる
わけです。

それ以上高周波の思考はすべて認識されません。
つまりあなたにとってコントロール不能であるということです。

一日に意識されるとされないとにかかわらず
わたしたちは5万ほどの思考を持つといわれます。

実際には自分で持つというよりも
わたしたちに向けて流れ込んでくる、
あるいは、わたしたちの意識を通過してゆく、というほうが真実に近いでしょう。

この中から自分が受け入れることを許した思考だけを
わたしたちは保持します。

受け入れることを許すのは
顕在意識の仕事ではなく、信念が担っています。

つまり 

自分が抱く思考というものは
ほとんど信念が自動的に決めている!!!

 

=自分の人生に起こることは

 ほとんど信念が自動的に決めている!!

というわけなのです!

そこには自分が気をつける暇さえありません。
あなたの意識に上る前に その決断はすでになされているからです。


この別名を運命、と呼んだりします(笑)

あなたがポジティブシンキングを心がけているその思考は
思考全体の0.00001%とかそれ以下で

思考の大部分は無意識になされていたというわけなのです!

これでは人生が激変しないのは当然ではありませんか!

え?
思考が現実化する、その思考が選べないなら

知らないうちに思考しちゃってるなら
未来は選べないってこと??

そんな絶望的な疑問がわきますよね?

そうではありません。

でもいつもポジティブな思考を持つよう心掛ける
みたいな方法では太刀打ちできないということです。

もちろんそのことはあなたの人生に良い効果を生み出しますし
ある程度の幸運の引き寄せも可能でしょう。

ですがあなたが長いこと本当に望み続けていて
今も叶っていないことというのは
必ずそこにその妨げとなるような強固な信念が存在しており
あなたがそれを得るための思考を持つことを許さないのです。

これが引き寄せに取り組んだものの
強い抵抗感を感じることや
続けられないことの理由です。

これらを超えてゆくための方法を
わたしは何年も追求してきました。

常にアップデートしていますし
この先も もっと良い方法が見つかる可能性もありますが
現時点では最高だと思える方法で

ある程度信念の置き換えが成功しています。

その結果 人生がどれほど楽になり
幸せになったかは言い尽くせないほどです。

わたしの人生の究極の目的は
すべての存在が平和と喜びのうちに共存することであり
個人のレベルでは
完全な自由を体現することですので
まだまだ制限する信念がわたしの中にあると感じていますし

この先も一生かけてその解除には取り組んでゆくつもりですよ。

 

人生から苦しみを取り除きたい方
もっと楽に生きたい方
長年望んでいる悲願がある方

そしてなにより

もっともっと自由になって制限のない喜びの状態でこの人生を生きたい方

一緒に取り組んでみようと思われる方は
是非2DAYS ワークショップにご参加くださいね。

春は
最も変容する可能性を秘めた季節です。


詳細ページは
こちら