日本再生医療学会

テーマ:

 こんにちは。

 本日ブログを担当させて頂く、医師の尾辻です。

 

 東京の桜は満開を迎え、横浜でも今週末に満開予想となっていますビックリマーク

 

 最近は暖かい日も続いていましたが、来週はまた寒の戻りのような花冷え桜の時期がくるようですので、皆様体調に気を付けて頂き、お膝の痛い方は痛みが強くならないように、膝が冷えないように気を付けてくださいお願い

 

 

 さて、表題にもありますように、去る03/21-23まで神戸にて第18回日本再生医療学会総会が行われました。

 

 

 残念ながら私は参加できませんでしたが、当院の関連クリニックよりそれぞれ医師が参加しております。

 その中で、新宿院の横田医師は、今回なんと5演題も発表を行っております!!

 大宮院の大鶴医師は、シンポジウムにて学会より依頼され、発表を行わせて頂きました!

 

 その発表の中で、旧来のPRP治療と現在当院で行っているPRP-FD治療の成績比較がありますが、治療後6か月時点でのVAS(痛みスケール)改善値はPRP治療よりPRP-FD治療の方が改善率が高いと発表しています!

 

 

 当院を含め、治療をされた患者様から頂いたアンケートに基づくデータを解析し、発表させていただきました。

 皆様にご協力いただいた上で、このように日本全国へ、そして世界へ向けて治療成績を発信することが出来ておりますこと、とても感謝しております<m(__)m>

 そのひとつひとつが、今後の再生医療の発展にむけて、確かな礎となり、よりよい医療が提供されていくものと確信しております。

 

 

 今後も私たちひざ関節症クリニックは、患者様のお膝の痛みに真摯に向きあい、最善の治療方法をご提案させて頂きますので、いつでもお膝のことでご心配なことがあれば当院へご相談ください!!