膝に水がたまるのはナゼ??

テーマ:

こんにちはルンルン

 

本日、ブログを担当させていただく深澤です。

 

よろしくお願い致します!!

 

ところで、今日は久々の大雨ですね💦

 

雨で足元も滑りやすくなっているので、皆様気を付けて下さいねガーン

 

 

 

 

日々、診察をしていると

 

「1-2週間に1度はお水を抜いているんです。それでも、すぐにまたお水がたまってしまうんです」

 

とお話される方が多くいらっしゃいます。

 

お膝に水がたまると、腫れぼったい感じがあったり、膝が曲げ辛い時があって辛いですよねショボーンアセアセ

 

そこで、今回は

 

① 膝にたまる水とは何なのか?

 

② 水がたまる原因とは?

 

③ どのような治療法があるのか?

 

についてお伝えしたいと思います!!

 

 

 

◆ 膝にたまる水とは何なのか?

 

膝の関節を包んでいる袋(関節包)の中に存在している液体を関節液(関節滑液)と言いますスライム

 

この関節液は関節をスムーズに動かす重要な役割を担っている潤滑油のようなもので、誰にでもあるものです。

 

 

ですが、これこそ膝にたまった水の正体なのですガーン

 

つまり 『膝に水がたまる』 というのは、何らかの原因で滑液が増えすぎてしまった状態を指すのです。

 

 

 

 

◆ 水がたまる原因とは?

 

健康な膝関節では、古い関節液は自然にリンパ管へと吸収され、関節包の中の関節液の量は一定に保たれます。

 

ところが、関節液が異常に分泌されると吸収が追いつかなくなり、関節包にたまってしまいますショボーン

 

では、なぜ関節液が異常に分泌されてしまうのか??

 

そもそも、関節液は関節包の壁である滑膜から分泌されています。

 

しかし、変形性膝関節症・関節リウマチ・膝の使い過ぎ(激しい運動)等が原因で滑膜に炎症が起きることで、滑膜は正常に機能できなくなり、過剰に関節液を分泌してしまいます。その結果、膝に水がたまってしまうのですタラー

 

 

 

 

◆ どのような治療法があるのか

 

関節液のことや、関節液がたまる原因はお分かりいただけたでしょうか?

 

原因は人によって異なるので、もし膝に水がたまっているかもしれないと思ったら、まずは整形外科を受診しましょう!!

 

医師の診断のもと、適切な治療を行うことが大切ですうお座

 

では、その治療には、どのような方法があるのか?

 

その一例を紹介したいと思いますニコイエローハーツ


① 薬物による治療 

 

膝の中で炎症が起こっていることが原因で水がたまるので、この炎症を抑える必要があります。

 

例えば、関節リウマチや痛風が原因であれば内服薬で炎症を抑えられることもあります。

 

また、薬の種類によっては、お水がたまりにくくするような作用があるものもありますニコニコ

 

② 手術による治療 

 

薬物による治療を続けていても効果が乏しく、加えて

 

関節リウマチなどで関節が変形したり、変形性膝関節症が進行し変形や痛みが酷い場合には

 

手術(人工関節など)を医師から勧められることもあります。

③ 再生医療による治療 

 

当院でご提供しているのは、PRP-FD注射培養幹細胞治療といった先進的な治療法です。

 

炎症や痛みを抑える効果があり、水がたまるという症状の改善も期待できます乙女のトキメキ

 

 

 

 

 

今回は、膝にたまる水に関してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか??

 

繰り返しになりますが、水がたまる原因は人によって異なります。

 

そのため、まずは医師の診断を受け、適切な治療を受けることが大切ですニコニコ

 

 

こんにちは!!

今週の担当はメディカルトレーナーの佐々木が担当しますサッカー

 

GWも終わりようやく暖かい気候に変わってきましたね晴れ

寒い時期を乗り越えようやくお膝の状態が良くなってきたと感じている方も多いのではないでしょうかニコニコ

 

さてそれはどうしてでしょうはてなマークはてなマーク

 

それは気温が高くなることで筋肉の温度も上がり血行循環が良くなるからですひらめき電球

 

今回は自宅で簡単にできる血行循環の流れをよくする方法を紹介します!!

 

皆さん知っている方も多いと思いますが

入浴法ですキラキラ

暑い時期はシャワーのみで終わってしまう方もいるかと思いますがやはりお風呂に浸かった方がより身体の中から温まります音符

 

温まると血行の流れが促進され血液中の疲労物質や膝にたまる炎症を強める化学物質“サイトカイン”も一緒に流れるので入浴後はお膝の状態が良くなる事が多いです。

 

適切な温度とははてなマークはてなマーク

ぬるめと感じる温度と熱いと感じる温度があります。

基礎体温に+2~3℃がぬるめの温度。

+5~6℃が熱めの温度になります。

 

ぬるめの温度と、熱めの温度ではそれぞれ役割が違いますパー

 

ぬるめの温度の場合、血圧が低下し内臓が活発になり、筋肉がゆるみ体がリラックス状態になります!

熱めの温度の場合、血圧が上昇し、内臓の働きが弱まります。筋肉が緊張し体は興奮状態になります!

 

今回は筋肉を緩めることが目的なのでお膝が悪い方はぬるめの温度に浸かるほうがおススメです口笛

 

またお風呂の中ですと関節の動きもスムーズになりやすいのでお風呂の中で膝関節を曲げ伸ばしするのも良いと思います。

 

しかし注意したい点として正座は良くないです。

 

お風呂の中であっても正座をすることで膝の負担がかかってしまいますので気を付けましょうあせる

 

これから暖かい季節、暑い季節へと変わりシャワーのみで終わってしまう方も入浴法をすることでお膝の痛みを軽減できるかもしれませんビックリマーク

 

普段の生活からでもお膝の痛みが少しでも軽減できればと思っています。

 

話は変わりますが

先日、スタッフの皆さんから出産祝いをもらいました!!

 

嬉しいですね。

 

父となりより身を引き締めて仕事に取り組みたいと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本整形外科学会総会

テーマ:

 

 皆様、少しずつ暖かい気候になってきましたが、本日は暦の上ではもう立夏なんですね。

 

 今年はGWが10連休もありましたが、当クリニックは最終日の本日も診療をしております!!

 

 さて、本日ブログを担当させていただきます、医師の尾辻です。

 

 

 今回は、今週末に迫った日本整形外科学会総会についてです。

 

 この学会は、日本全国の整形外科医が一同に会して日ごろの研究成果や臨床成績などを披露し、またそこから新たな知見を得ようと沢山の整形外科医が集まってくる、一番大きな学会!になります。

 

 今年はここ、横浜での開催になりますので、私も週末を利用して参加する予定です!

 

 その中で、今回の主題の一つに“わが国の再生医療の現状と未来”というテーマがあり、日本有数の再生医療先駆者である先生方がシンポジウムにて討論されるセッションがあります。

 まさに今、私たちが取り組んでいる幹細胞治療PRP-FD治療は現在行える再生医療の中心であり、この治療がどれだけ変形性ひざ関節症に対して有意義であるかを一般の整形外科の先生方に理解して頂くことで、治療の裾野が広がっていくことを是非、期待したいと思います!

 

 学会後に、当院へ来院される患者様に対し、有益な情報を提供できるよう、沢山のことを学会中に吸収してきたいと思います。

 

 

 もしお聞きになりたいことがあれば、いつでも診察時にご相談くださいm(__)m