2月のシンポジウムの受付はこくちーずを通しても受付しております。

https://ameblo.jp/yokofutorase/entry-12566312029.html

 

 「内生的貨幣供給理論と金融規制」というテーマで、経済学101翻訳者、MMT四天王の

お一人である、望月 慎さんの講演があります。

 

 そしてパネリストとして木村 優さん、Ryoさんも参加してのディスカッション

その後は聴講者との質疑応答を予定しております。

 

 ポストケインジアンのポイントとなる内生的貨幣供給理論、そして金融技術の発達と

その制度設計の在り方、また、ブロックチェーン技術や格差や再配分の問題についても

議論していきたいと思います。奮ってご参加ください。