ソンジェのBirthday☆ | S.E.C.R.E.TなSUPERNOVA☆アリスタのブログ

S.E.C.R.E.TなSUPERNOVA☆アリスタのブログ

超新星大好き‼ソンジェ寄り寄りのオールペン、アリスタです。
「私の彼は超新星」のイベントストーリーを小説風にアレンジして記事にまとめてます♪☆ゲーストーリーに基本忠実に…いいカンジに盛ったり妄想が渦巻いたり、アリスタバージョンでお届けしてます\(^o^)/

おめでとう‼
君が生まれたこの日この時が特別な
一日になって~~

大好きなソンジェ‼
お誕生日おめでとう~

ソンジェのすべてが好きだけど、
一番好きなのは
やっぱり…


肩幅かな?笑
きゃあ~

背が高い男の人の横に立つと
こんなカンジかなあ?(何が?)って
思っちゃう(((o(*゚▽゚*)o)))

きゃあ~
ソンジェのと・な・り

大切な大切なソンジェの誕生日に寄せて

ソンジェのショートショートストーリーです‼

ユナクの初恋のような設定で‼






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




彼氏がいる人に恋をした。

柄にもなく待ち伏せしたり

積極的に迫って困らせたり


困っている姿さえ愛しくて…
あなたの気持ちを揺さぶっているのは
今はその人じゃないってことだけでうれしくて…


なんだかちょっぴりいじめっ子みたいにまとわり付きながらも
そんな風にしながら僕はいつの間にか「憎めない弟」のようなポジションにすっぽり収まる。


3つ年上の4年生
4~6人編成のバンドが寄せ集まった音楽サークルの先輩
僕はボーカル
あなたは他のバンドのキーボード


木曜日に大学に行けばあなたに会えること は確実で、
笑い合いながら話せることもわかってる。

でもそんなポジションじゃすぐに僕はガマンできなくなってしまった。



誕生日を迎える前にはっきりさせたい…
そう思って11月16日の夜
大好きな場所に
「歌を聞いてほしい」とあなたを誘った。

「その歌、今度のLIVEで歌うの?」なんて言いながらいいよってすぐについて来てくれて

「うん、どうしようかな?」
そう曖昧に返事をしたいつになく真剣な顔の僕を見つめて
あなたもちょっといつもと違う表情になったよね…

ふたりの間にピンと張り詰めた空気が流れて
すかさず僕は
「今日は…デートだよ」
そう言った。


久しぶりにあなたは困った顔になる。

この方がいい…


「先輩とかわいい弟」じゃなくて
「女と男」のふたり。
そんなふたりで夜景を臨むベンチに座った。


僕だけクルッと向きを変えてベンチを跨いで
俯くあなたの横顏を見降ろした。
そして困らせついでにそっと抱き寄せた。



素早く伝える…

すごくすごく好きなこと。

一緒にいたいっていうこと。

大切にしたいって思ってるってこと…




「ごめんなさい。彼を…
彼をうらぎることはできないの」


僕のまだ続きそうなたくさんの告白の
言葉と言葉の合間に
小さく…でもきっぱりと
あなたは確かにそう言った。




…何度思い出してみても

一世一代の告白の直後のことは
すごくぼんやりしてて…
よく思い出せない。


歌を歌ったことと

歌った歌だけは覚えてる。



まだそこにいてとか頼んだのかな?

そのまま僕の腕の中で聞いてほしいって

頼んだのかな?





「Tonight 
夜があなたをとてもやさしくする
どんなことばも
きこえないほどに
魅せられて

Tonight 
熱い吐息が胸をほどいてゆく
ふたりいつでも
なぜ愛しいのに
ふるえてる

あなたは 心の中に
いま 何をみるの


悲しくさせるなら みつめない
あなたの綺麗な瞬きに Goodbye





Tonight 
夢は誰にも話してはいけない
いつかひとりで
眠れない夜に
思いだして

あなたに あげられるのは
もう ぬくもりだけ


ふたりでいるために ひとりきり
こんなにそばにいるというのに…


悲しくさせるなら みつめない
あなたのその綺麗な瞬きに Goodbye


あなたの綺麗な瞬きに…


Goodbye…」





歌い終ると同時に日付けが変わった。


最後のあなたの言葉ははっきり覚えてる。



「ソンジェの歌声…大好きだよ」




END



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




ユナクの初恋みたいに叶わぬ恋にしちゃいました‼

だって~

ソンジェの恋が~

叶ったらいやなんだもん‼




今日の寝る前の一曲は
♪「君だけは離さない」

大好き(*^^*)


{8D2CB7F2-6C2C-444E-B82A-A6E54C72DC5B:01}


間に合ってよかったT_T