映画「七つの会議」

テーマ:
池井戸潤原作「七つの会議」の試写会に行ってきました。
まあ、ある意味期待を裏切らない作品でした。
半沢直樹、陸王、下町ロケットといつも通りのテイスト。
私は半沢直樹が一番インパクトがあり面白かったけどね。
今回一番の見所は主役、野村萬斎さんでしょうねー
すごく魅力あるキャラクターでしたが、彼の演技は少しオーバーすぎるような気がしたのは私だけかなー?
香川照之さんだって充分にオーバーなんだけど
見慣れているからか、彼が上手いのか、違和感はないから不思議。
萬斎さんの歩き方がゴジラにしか見えないんだよなー
映画は次から次へと謎が謎を生み、ハラハラさせる飽きさせない展開でした。
ミッチーがすごく良かったのは想定外でした。
もう一度見たいか?と聞かれたら、まあ、もういいかなー笑
監督さんの話が少し聞け、福沢諭吉の子孫であると知りました!!
へえーーー