【FPが分析】「ちょこちょこ浪費」を減らすには「現金が最強⁉」|家計再生のマイエフピー | 家計相談のマイエフピー<横山光昭>スタッフ公式ブログ

テーマ:

おはようございます。ファイナンシャルプランナーの渡辺です。

お客さまとの面談中のやりとりの中から、「役に立つ耳より情報」や「心温まるちょっといい話」などをご紹介していきますね。

 

プリベイトカードvs現金

お金が早く減るのはどっち?

 

最近では、「楽天Edy」「nanaco(ナナコ)」「WAON(ワオン)」「LINE-Pay(ラインペイ)」などのプリペイドカードを使って、買い物をする人が増えてきました。わざわざ財布を開けて小銭を探す手間もなく、小さい子どもを連れているときや、荷物の多いときなどは特に便利です。

 

買い物のしやすさだけでなく、「チャージした金額以上は使えない」という特徴を生かして、「1万円をチャージして、1週間分の食費をこの中で収める」など、予算を管理しながら使うこともできます。

 

そんな中、あるお客さまは、仕事帰りにコンビニに寄って、ちょこちょこお菓子を買ってしまう「浪費クセ」の対策として、プリペイドカードに1000円をチャージして、この範囲に「浪費」を抑えることにしました。

 

ところが、プリペイドカードのお金は、1週間で底をついてしまいました。

 

その理由を伺うと、「お金を使った実感がなくて、残高もよくわからないので、予算を守る意識を持てませんでした」とのこと。

 

そこで今度は「浪費用の財布」を作り、1000円札を1枚だけ入れて、コンビニでのちょこちょこ買いはそこから出すようにしたところ……。

現金は「お金が減っていく」ことが強く実感できて、2週間近く“使い切らずに踏ん張った”のだそうです。

 

「1000円札をくずすのがもったいなくて、そうまでして買いたいかと自問自答しているうちに、いままでちょこちょこ買っていたものを自然にがまんできるようになりました」

 

 キャッシュレス決済全盛のこの時代でも、ちょっとした出費にブレーキをかけやすいのは「現金での管理」だと実感したそうです。

 

もちろん、管理する費目や金額によっては、プリペイドカードの方がやりやすい場合もあると思います。

 

しかし、「時代の流れだから」とか「みんながやっているから」ではなく、ちょっとした出費の管理にも「自分に合う方法」を探していく。こんな「自分軸」を持ってお金と付き合っていけるのは、素敵なことだと思ったしだいです。

 

そして、「お金の自分軸」を持っている人こそ、

「貯めている人」なんです。

 

 

マイエフピー

ファイナンシャルプランナー 渡辺 杏里

 

マイエフピーの家計相談

マイエフピーの家計相談は、お客さまとのキャッチボールが基本なので、お客さまからのご質問に、お金をアンテナをあちこちに張り巡らしているスタッフの体験談でお答えすることもたびたび。こうした二人三脚で家計改善に取り組んでいますので、貯金がしたい、赤字をなくしたいなどのご要望があれば、お気軽にご相談ください。

株式会社マイエフピー公式サイト

 

 

 

横山光昭 【家計再生コンサルタント】 さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス