本日、毎日新聞に投書が(ふたたび)掲載されました!

 

掲載された投書はこちら

 

 

5月20日に出た政府見解を受けて、

子どものマスク着用についての疑問を改めて書いてみました。

 

今回は約束どおり、ほんの少し字数を調整されていただけで、

ほとんど原文のまま載せていただきました。

 

 

もっとも私も、

 

いつまで陽性者や濃厚接触者の

自宅待機措置を続けるの?とか、

感染者数をいいかげん数えるのをやめない?とか

結局また感染者が増えたらまた「外でもマスク」させるの?とか

重症化率と病床使用率だけ気にすることにすればいいのでは?とか

この二つの率が上がらなければそれはもう

単なる風邪扱いでいいんじゃない?とか

感染症二類からいつまでも五類に下げないのは

なんか利権絡んでるって本当かしら?とか

 

そんな疑問は全部省いて

ある程度マイルドな投書にしましたから(^_-)

 

それにしても

マスクについての疑問や違和感は、

ネット記事のコメント欄等には溢れているのに、

この大手新聞のご意見欄ではこの程度でやっと掲載。

なんか、そのギャップに日本のジャーナリズムの限界がありありと…

 

わかっていたことだけれど、再認識・再勉強した経験でした。

 

 

※追記

じつは先週金曜の同新聞に、

「子どものワクチン接種とマスクに関する意見広告」

が2面見開きで載りました。

勉強不足で「意見広告」をよく知りませんでしたが、

社会的に賛否両論ある事柄だけれど、

きちんと議論がなされていないようなことに関して、

一方の立場を明確に世論に訴え、

そこから議論が巻き起こることを目的に出されるようですね。

屋内でのマスクについても、ここから疑問反論が公に出されていくのかな~?

注目ですね。