今日はゆっくり話そう-社会福祉士&精神保健福祉士・ADHD発達障害当事者ヨックスのブログ-

社会福祉士&精神保健福祉士・ソーシャルワーカーヨックスのブログ。ADHD当事者でもあります。現在は休養中。手話学習&聴覚障害者の支援経験あります。いいね&コメントお待ちしています。


テーマ:

まだブログもしていない頃にホームページで書いた話を思い出しました。

 

重症心身障害児施設で働いていた頃、職員は利用者を君付け、ちゃん付けで呼んでた記憶があります。

その呼び方で呼ぶのに利用者さんが慣れていると思って、当時、もう10年以上前の話ですが信じていました。

 

そのあと、病院で働く機会がありましたが、そこでは患者さんを「患者様」と呼んでいました。自分としては様をつけると恩着せがましくて、嫌だったのだけど病院自体が統一していたから患者さんを「患者様」と呼んでいました。

 

自分は支援者の立場としては「さん付け」で統一するよう心かげていました。様付けは何か違うと思ってます。

ちゃん付け、君付けについては、成人前ならまだしも、成人している人に子どものような敬称を付けて呼ぶのはどうかと今は思っています。

 

なぜこの話をしているかというと、今日行った勉強会で話題になったからで、そういえば以前ブログでそんなことを書いた記憶があったなと思い出したのです。

 

今日聞いた話では伝聞レベルですが、利用者様と呼ぶべきという指針があったようです。

 

さてどうなんでしょう?これは福祉の勉強してる資格を持っているうんぬんの話ではなく、常識的な、客観的に正しいことは何なのかと思います。

 

逆に現在自分が障害者就労支援センターで支援を受けている時は、スタッフの方からはさん付けで呼ばれて違和感ないのですが。

もしわざわざ様付けされたら、距離間を遠目に取っているのかなと感じると思います。

 

自分が様付けをするケースとしては、例えば別の支援機関で担当の方を呼ぶ時に~様って言いましたね。

あと利用者さんのご家族の場合は、~さんのお母様なんて呼ぶ時はありました。

 

自分としてはキリがない問題なのですが、大切なのは自分も相手も違和感のない、自然な関係でいられる呼び方じゃないかなと思ってます。自分の中ではそれは「さん付け」って思ってるんですけどね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヨックス(社会福祉士・精神保健福祉士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。