今日はゆっくり話そう-社会福祉士&精神保健福祉士・ADHD発達障害当事者ヨックスのブログ-

社会福祉士&精神保健福祉士・ソーシャルワーカーヨックスのブログ。ADHD当事者でもあります。現在は休養中。手話学習&聴覚障害者の支援経験あります。いいね&コメントお待ちしています。


テーマ:

人のために何かがしたいと思った、18の頃。でも、人間関係を構築する方法は自分が思っている以上にわからなかったものだ。自分にとって良かったのは、人見知りではなかったことだ。これも昔のいじめられた経験が影響しているのだが、苦手でも嫌でも話しかけられる力があるのだ。ただいじめられるだけではなくて、けっこう抵抗していたから、その分倍返しだったかもしれないが、同じ暴力で反発はしなかったが言い返しはしていた。その経験が生きて、高校大学になって自分から関係を作る力にはなった。ただ自分から話してばかりで痛い目も見ましたけど。この連休、1泊だけでしたが草津温泉に行ってきました。ユースホステルに泊まったのは久しぶりで、同じ部屋の人と交流できる経験も、久々です。大学時代、長い休みの時は決まってユースホステルを使った旅に出てました。日本人だけでなく、外国人とも会う機会が多いので、どうにかしてコミュニケーションしようという気持ちが、磨かれましたよね。Where are you from?と言えば、きっかけになりますから。知らない人とコミュニケーションを取る場合、自分の話と相手の話のバランスをいかにとるがで相手の印象も変わりますし、相手が期待していない返答をしたら、やっぱ空気が悪くなります。知ったかぶりして、意見を言ったら空気が悪くなったり、否定されたりして痛い目に何度も遭いました(;゜ロ゜)だから、人見知りとか、人を苦手だと思う人は、個人的にはユースホステルの旅を進めますよ。今の仕事は、まずは利用者と関係を築くことが第一だから、初対面の人なんかでは、雑談をしながらこの人は何が好きなのか、出身はどこか、といった話で心をほぐしていきます。話の接点が多ければ多いほど、その人のこともつかみやすいと思うのですが、中にはどうしても人が苦手、相手から話しかけない、という人の援助があります。接点が少ない、関係が少ないと、どうしても必要なとき、食事を食べたかどうか、とか薬は飲みましたか、とか最低限の会話しかできなくなって、で、その話も命令口調みたく聞こえてしまったりすると、難しいですね。そういう人には最低限、朝の挨拶だけはしたいと思ってます。苦手な人は、挨拶もできない、と言う人もいるでしょうが、理由も無く言葉をかけられるのはその日初めて会ったとき、挨拶の時ぐらいです。できる限り笑顔で挨拶するようにはしてます。自分が接しにくい、苦手な人、というのは確かにいるけど、プライベートなら無視もできるけど仕事として接する場合、苦手とか言ってられない。せめて、こちらは苦手ではない、嫌っていないというはっきりとしたメッセージを発信したいと自分は思ってます。こちらが嫌ってしまえば、苦手意識を持てば相手も嫌う、苦手にするという発想です。カウンセラーとソーシャルワーカーの仕事は違います。話を聞くことも重要だけど、相手の変容を促し、共に歩く、選択肢を提供することかな。自分の言葉ではこう考えます。ただ偉そうなことは言えなくて、今書いたことが毎日続く訳じゃない、意識してやってできればいいってもんじゃないと思う。それこそ理屈じゃない、空気のような感覚で、感受性が大事になるのかな、そういう感覚を大事にしていきたいと思ってます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヨックス(社会福祉士・精神保健福祉士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「What am I ?」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。