今日はゆっくり話そう-社会福祉士&精神保健福祉士・ADHD発達障害当事者ヨックスのブログ-

社会福祉士&精神保健福祉士・ソーシャルワーカーヨックスのブログ。ADHD当事者でもあります。現在は休養中。手話学習&聴覚障害者の支援経験あります。いいね&コメントお待ちしています。


テーマ:

昔ホームページで書いた記事「精神障害と知的障害の違いとは?」を焼き直しして、発達障害なども絡み合わせてみました。2004年頃、もう10年前に書いたので当時知らなかった、知られていなかったことがたくさんある気がします。以下当時の記事の引用(一部改訂)です。

考え方としては例えば・その障害が生まれつき又は生後すぐ負ってしまったものなのか、又は・人格形成が出来た後に負った物なのか?生まれつきであると、人格形成がならないまま、言い換えれば大人の人格になれない。それが知的障害。=心は子どものまま成長することになる。(それが知的障害の旧称-精神遅滞が使われてきた理由かもしれない)対して精神障害は人格形成が成された後に「病気」として障害を持ってしまうことになる。=したがって、接してみると普通の大人の人という印象が強い。実際は知的障害者は精神障害者と同じように精神病院に強制入院させられた歴史があります。逆に作者は福祉施設で知的障害者の中に精神障害がある(らしい)という人に実際会ったことがあります。こうやって書いていくと、皆さんもどう分類していいかわからなくなっちゃいますよね。共通項としてはどちらも脳の障害であることがいえます。例えば向精神薬や抗てんかん薬を使う点では同じと言えます。脳波の検査を見ても、アルツハイマー病やてんかん発作には特有の波形があるそうです。仮に知的障害と精神障害を同じ脳の障害とするのであれば、知的障害者の人と関わる人にとって精神保健福祉は有益だと思うんですよね。(=精神医学)社会福祉士の医学一般を勉強するだけでは不十分なんですよね。薬の名前や病気の名前は。これは論点をはずれたけど、もし、これから知的障害者又は精神障害者関係の実習に行く方、仕事をする方はどういった薬を飲んでいるのか、どういったことが生活上の困難になっているのか。知的障害者と精神障害者との共通なところをいろいろ調べてみてください。下手に分析するのはその人に失礼に値するので過度は禁物ですが、その人が生活でハンディとなっているのが何かを見つけてみてください。

現在の段階の知識では、知的障害者は「出産時、または周産期(出産前後の期間の事を指す。ICD-10では妊娠22週から出生後7日未満と定義されている。Wikipediaより)に何らかの状況、病気(脳炎や脳が酸欠状態になる)など脳にダメージが起きた場合、後々知的能力の発達に影響を及ぼされた方」というような認識でいます。実際は小児期や小学生レベルでも、脳にダメージを負うような病気、または事故で外傷を負った場合、知的発達が遅れるケースもあると聞いたことがあります。対して精神障害者は「人格形成後(12-14歳?くらい)又は青年成人で心的ストレスや精神的ダメージにより統合失調症やうつなど心の病と診断された方」という認識。統合失調症やうつは青年期以前にはならないらしい?(断言できるソースが思いつかないが)ので、自分は人格形成後と前で考え方を分けている感じ。最初に書いた当時には知らなかった発達障害者については「小児期の早い段階でわかることもある、先天性の脳の障害。人格形成前と後で分類することはできない。」という考え方です。発達障害は先天性の障害なのか否かは、賛否両論あるようですが、自分は脳にダメージを負ったり外傷を受けること=後天性で発達障害になるとは考えていません。それは高次脳機能障害などに区別されるのではないかと考えています。では発達障害者はなぜ生まれるのか、という問いにははっきりとした答えを今持ち合わせていません。遺伝という答えはひとつのチョイスですが、でも確率で考えると遺伝の可能性もそれ以外の原因の可能性もあるのではないかと自分は考えています。統合失調症やうつになりやすい人なりにくい人などもいるかもしれませんが、それも遺伝の可能性それ以外の可能性、どちら?と言い切ることは難しいんじゃないでしょうか。共通項としては、前に書いたとおり脳の障害であること、向精神薬やてんかん薬など脳に作用する薬を使う点は同じと言えますね。薬については実感として、医療の進歩によってなんでしょうか、特定の障害に対してピンポイントに効く薬の名前を多く聞くようになった気がします。ADHDへのストラテラという薬のようにね。ここまで書きましたが、見ている皆さんはどのような理解をお持ちでしょうか。最後に書いときたいのは、皆同じ人であることと、接する際にその方々の尊厳を尊重することについてはなんの変わりもないと思う。今も、時々人を分析しがち、この障害だからこうだ、という決め付けをしがち、経験則で考えがちになるのですが、それを時には戒めて、いろんな可能性を考えていきたいところです。さて8月は夏季休暇で休んだ日もありますが、お盆も出勤してました。夏季休暇を組み合わせて9月にまたどこかに行こうと考えているところです。今まで行ったことのないところにも行こうかなと考えているので、久しぶりに分厚い時刻表でも今度購入して、計画を考えていきたいと思っているところです。でも残りの8月中は…研修もあって忙しいので、なんとか乗り越えたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヨックス(社会福祉士・精神保健福祉士)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「発達障害」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。