ダズンローズをプレゼント | 着物・帯:簡単着付けで和風美人~女を磨くあなたを応援
2013-12-22 19:57:45

ダズンローズをプレゼント

テーマ:ブログ


12本のバラ(ダズンローズ)にこめられてた意味を考えながら、娘の結婚を考えていました。

ヨーロッパで伝わる習慣は、幸せになれるということで恋人に贈るのだそうです。

日本の結婚式でも、セレモニーのひとつとしてダズンローズを贈ることがはやっているとも聞きました。

そこで親として何かプレゼントをと考えていて、12本のバラの花でリースを作り、娘とお婿さんの幸福を願うことにしました。

12本のバラには、愛情、情熱、感謝、幸福、誠実、希望、真実、信頼、尊敬、栄光、努力、永遠

というそれぞれの意味があるそうです。

どれも心に持ち続けていたい言葉だと思い、娘の小さいころのことを思い出しながら、作っていました。


大きいバラを8本、小さいバラを4本作り配置しました。

上には白のリボン、中にもリボンを置きましたが、省いた方がよかったかも・・・

全体的によくできたわ、とひとり満足しています。


大きいバラは、たて16センチ、横100センチ、

小さいバラは、たて12センチ、横60センチ、のサイズで作成しました。

真紅のシルク生地を見つけるのに一番苦労しました。

実は道行きコートを解いて生地を利用しました。

表生地のほとんどを利用しているので、このバラひとつひとつはかなりしっかりしたものです。

全体の重さもけっこうあります。

後ろは枝を隠すのにリボンと同じ白のシルクでおおってあります。

「愛情、情熱、感謝、幸福、誠実、希望、真実、信頼、尊敬、栄光、努力、永遠」娘とお婿さんが末永く健康で平和で幸せでありますように。


このリースは、結婚披露宴会場のサロンカウンターにおいていただけました。




きもの師範よしえ@楽な着付け研究さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス