2006年02月20日

【読み物】蘇るPC-9801伝説

テーマ:Book Review


アスキー書籍編集部
蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

 マニアックな本ですみません。
 10年近く前に絶滅した「国民機」PC-9801のファンのためのムックです。
#すごく何がなんだか分からない人もおられるでしょうが、PC-9801をそれなりに使いたおしたぜ!と自負しない方々は、昔話かつ与太話ですので読み飛ばしてください。

 当時の関係者の昔話などで構成されているのですが、プログラミングを少年時代の趣味とし、その後それを職業にした自分としては、PC-9801は自分のルーツの1つとして、感慨深いものがあります。

 当時10代前半の私は、親の使っていた98でBASICにハマり、ゲーセンのゲームみたいなやつ(※)を作ろう!といきまいて、そのままC言語&アセンブラと進んで…というプログラミング野郎の王道を歩んだ、典型的パソコンおたく少年でした。
※…ゲーセンのゲームがインベーダーとかミサイルアタックとか平安京エイリアンとか、そんな時代でした…ああ、しまった文字にして見たら、やりたくなってきました…

 当時のコアな雑誌ASCII(今の週間アスキーよりもだいぶマニアックな雑誌)の編集者や原稿執筆者へのインタビュー、今使ってもきっと使いやすいと思うVzエディタの作者c.mosさんの談話や、一太郎開発・普及の裏側、あげくにはWIZARD98という知る人ぞ知る「バックアップツール」の開発関係者へのインタビューなど、当時リアルタイムだった人達にとっては何とも楽しい読み物が満載です。

 あくまでPC-9801ってものを振り返って懐かしむ!という企画本ですので、割り込みの仕様がどうとか、裏VRAMがどうとか、この機種のシリアルUARTの石はどれだ、とか、そんな話題を期待している人は残念!そういう人は古本屋「PC-9801バイブル」を探してください、といった感じです。

 ちなみに自分的PC-9801伝説は、ノートPCのさきがけである東芝ダイナブックが電撃発売された際に、あわてて追従したNECが1ヶ月くらいで98ノートを設計して物凄い速さで発売までこぎつけたこと。「なんて奴らだ!」と思いましたね。あんまりあわてて作ったためか、故障して修理するたびに、部品交換レベルではなくて基盤がまるっきり再設計したものに交換されてきたのが、えらく印象に残っています(発売してから中身を改良してるし。つまり最初のロットは殆ど手作り試作品に近い?マイクロソフトの手法をハードウェアでやってる)。
#だんだん深い話になってきてしまいました。一応最初に「読み飛ばしてください、と書いたので…逆に私以上のマニアの人、仮にコメント頂く際にはあんまり深いところをつかれても忘れてますので…まあ、このblog読んでる人でそんなオタッキーな人はいないかも知れませんが!

 懐かしい読み物と併せて、この本で嬉しいのは当時一世を風靡したフリーソフトウェアできら星のごとく秀作ゲームを沢山作っていたBio_100%のゲームがおまけでついていること。ご親切に現代のPCで動かせるようエミュレータもついてます。

 Bio_100%と聞いてピンと来たアナタ。買いですよ。
 SuperDepthはもとより、Car II GrandPrixや、ROLLING95も、入ってますよ。

 なお、Bio_100%は現在は活動していないみたいですが、それぞれメンバの皆様はその後もご活躍されている方が多数おられるようで、例えば2chサーバーソフトウェアの改造なんかに関わっている人もいるようです。
 何ともいえないセンスが光るロゴマークを掲げて、ひっそりと存在しているHPでは、SuperDepthをWindows版に移植したWinDepthだけがダウンロード出来ます。

 万が一ご興味を持たれたら、一度遊んでみてはどうでしょうか。今のFFだとかそういったゲームと比較したらチープなのは当然否めませんが、当時のPC-9801で、フリーソフトウェアで、これを作ったというのが如何にスゴかったか、あんまり分からないと思いますが、少しでも当時プログラミングをかじった者からしたら、神様みたいな人達でした。
 しかしほんと、映画とか小説のような今のゲームよりも、ある意味ゲームらしかったのでは?と感じます。途方もない資本を投下している今のゲームと、比べちゃいけない次元なのでしょうね。

 こんどPC-8801伝説というのが出るらしいです。
 また買っちゃいますね、たぶん。

 マニアックな内容であるうえに、書いているうちに思い出してきてだらだらと長く書いてしまった…この記事にどれだけコメントいただけるんだろう…
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■フロッピーディスク

に入るくらいの小さなゲームなのに、なんであんなにハマれるんでしょうね。
なんとなくチープだけど老若男女でワイワイ楽しめるWiiと、この世のものとは思えないクオリティなんだけど素人を寄せ付けないPS3の、明と暗に通ずるものがあります。

6 ■BIO100%

会社(今は亡き)の連中と、昼休みに必死になってタイムを競い合っていたことを思い出します。全コース最速タイムを競い、0.07秒を血の汗ながして・・・(おおげさ) とにかくとても懐かしいですね。WIN版があればなぁ・・・と。傑作ゲームでしたね。

5 ■あ、ありがとうございます…

narickさん:
ゲーム以外は、全くもって現代において実用的でないこの書評に、コメント頂けるのは嬉しいです。本文にも書いてますが、マニアックで長文なので敬遠されてしまうのでは?なんてビクついておりました。
C2GP、確かにテンキーの魔術師、もはや芸術の域に達している名人達も続出でしたね~似た系統でザ・キャッスルというのもあって、強烈にやりたい今日この頃です。

4 ■はじめまして

はじめましてnarickといいます。この本がでている事は知っていましたが当時は特に興味を持てず、C2GPやりたいなと検索していてこのblogを見つけました。当時は小学生の低学年だった私ですが、C2GP(フロッピーに父がそう書いたのです)のステージ3は最速タイムを出すまでやっていました。最初のスタート位置、立体交差下とその後の斜めの直線、水の中でのハンドルを切るタイミングがポイントですよね(w。PC9801-DXの3.5インチフロッピーのはあってもファミコンを買ってもらえなかった私は、当時マルカや二人対戦できるボンバーマンのようなゲーム(名前失念)は本当に好きで最後までやった記憶があります。あのガイコツの初期の強さは忘れられません。あぁ止まりませんね。ではこのへんで

3 ■みてみて!

こんにちは!sagamiです。
オススメサイトを紹介しますー。

「よめろぐ」 http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログです。
僕は残念ながら男なので、登録はできませんが、最近よく見にいってます。

姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
お嫁さんて大変なんだなぁーって勉強になります。
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?


独身女性の方には、こちらです!
「femi-log」 http://femi-log.jp/index.html

独身女性専用です!
一時閉鎖していたようですが、最近復活したみたいです。
こっちも参考になりますねぇ。
気になる方はぜひ見に行ってみてください。




※二度とsagamiにコメントを書き込んでほしくない!という方は、
サガミのブログにコメントください。
その際、必ずブログのURLを記載してくださいね。

2 ■よかった…

やっぱりニッチすぎて誰もコメントしてくれないのかと危惧しておりました。
そうでしたか。BASIC体験ありでしたか。今考えるとチープだけど楽しいものでしたね。いやはや懐かしい思い出です。

1 ■9801-EX2

98懐かしいです。
9801-EX2とかいう3.5インチFDD搭載モデルを使っていたことを思い出しました!
8801も中学校の頃、触ったことありますよ~
確かBASICとかやった記憶が・・・

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。