2006年01月16日

CUBE

テーマ:ブログ


ポニーキャニオン
CUBE ファイナル・エディション

 密室版"漂流教室"。

 ↑別にぜんぜん似てないですけど何故か連想して思い出しました。荒唐無稽度合いとラスト近辺の展開から誘発されたんだと思われる。

 さて内容は…
 気がつくと、ワケの分からない立方体の部屋が上下左右に並んだ"立体カプセルホテル"みたいなところにまったく見ず知らずの男女6人が放り込まれている。

 各面にドアがあり、隣の立方体に移動できるが、立方体によってはワイヤーだとか硫酸?といったバラエティ豊かな殺人トラップが仕掛けられている。トラップを回避するカギはドアの境目に刻印された3桁×3の数字だ。

 ゲームが始まった。トラップにかかったら死あるのみ。
 出口はどこだ?この部屋トラップ有り?無し?そもそも誰がオレ達をこんな目に…次第に皆平常心を失い始め、お互い疑心暗鬼になり始める…


 この作品のキーポイントは、表情と音。

 登場人物達の恐怖と疑いの表情、極限状態で顕在化する人の醜い本性が強烈に浮かび上がる。
 アップ主体のカメラワークと、ひたすら金属の無機質な室内という背景映像が、否が応でも登場人物の顔の演技に注目させるのだ。

 あと音が秀逸。静まり返った室内で、DTSサラウンドでトラップ作動の音がなり始める。

 …シイーーーン…カチッ!とか言って。これはコワいですよ。
 
 逆に、"音を立てるとトラップ作動"という部屋のシーンなんかがあり、当然ながらほんとに無音状態で映像が進行するのだが、あまりに緊張感たっぷりで観ているこっちも音を立てちゃいけない気になってます。
 いや~脈拍があがるよ。
 そんなシーンで部屋の冷蔵庫がブーン!!っとか、携帯電話がビリリリ!とか言い始めたら心臓止まっちゃうかも。

 最後に助かるのは…
 ああ作者はコレが言いたかったのね…と妙に納得しつつ、せっかくココまで世界観を考えたのだからもうちょっと長い間"シュールな恐怖"の世界に引きずり込んどいてくれよ、と物足りなさも感じる。

 いや怖いもの観たさって怖いですね。終わってみれば「もっといろんなトラップを観たかったぞ」とか舌打ちしてるんだもんな…


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

yokさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■たまにやっちゃいますよね

TBも重複チェックとかしてくれるといいんですけどね!
CUBE2が届きましたので鑑賞予定!

9 ■お手数かけますが

以前TB&コメントしたものですが、
間違ってまたTBしてしまいましたm(_)m
削除願います。すいませんでした。

8 ■さるお様

エキサイティングですよね!
体調の良いときにしておきます!

7 ■人として

さるおです。
人として、CUBE1、CUBE0、SAW1、SAW2、を続けて観るのは素晴らしいことだと思います。それはそれは、エキサイティングな1日になることでしょう。
さるおも今度まねしよーっと。

> 人間としてまずいかな?

CUBE2さえ観なければ、だいじょうぶだと思います。

6 ■やまたく様

TBはスパム対策で「承認してから公開」に設定してあるっす。
(Re-Tryいただいたみたいですね。遅くなってスミマセン)
SAWも近々観て感想書きたいと思います。

5 ■TBありがとうございましたー。

表情と音…たしかにキテますよねー。
でも怖いだけじゃなく、
なかなか深い映画だと思いました。
精神的な恐怖という意味では
「SAW」もオススメですよー。

TB返してるんですけど、反映されないんですよね……不思議だ…。

4 ■無題

本当に怖いですよね~。
シャキーン、って音で失神しました(*_*)

3 ■こんばんわ

いし様:確かに色も効果的に使われている感じですよね。言い争いは赤やオレンジ系で起こっている気がするし、トラップ作動の緊張感のある部屋は青や白だったりするような…あんまり覚えていませんで違うかも知れませんが!

ハナ様:あはは。確かに。トラップにかかって死んだ人間は誰が処理するんだろう?とか、そもそも動力は?とかいろいろ気にはなります!まあ超常現象的サスペンスなのでいいのかな?

2 ■TBありがとうございます。

初めまして、こんばんわ。
確かにもっとトラップを見たくなりますよね。
一人でも頑張ったあの刑事さんはどうやって
追いついたのか・・・も気になってます(笑)

1 ■はじめまして

TBありがとうございました。
ほんと、音、色、無機質な臭いまでしそうな…五感を刺激しまくりですよね。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。