北海道川柳大会の二次会で、小樽川柳社の清水ひろ子さんと話す機会がありとても楽しい時間を過ごすことができた。
そのときにわがままを言って、「柳誌読ませてください」といったら、今回「こなゆき」8月号を送っていただいた。ありがとうございます。

かつて、田中五呂八が川柳の活動拠点としたのが小樽であり、大島洋が仙台を去り再出発の拠点としたのも、小樽であった。

小樽には川柳人が留まろうとするだけの詩性があるのだろう。

残念ながら今回は時間がなく小樽に立ち寄ることはできなかったが、近いうちに訪ねてみようと思う。



「こなゆき」8月号から

弱音吐く干ししいたけを戻すよに   櫟田礼文
深層心理ゆっくり剥がす花切手   福井千鶴
胸底の汚点洗っても洗っても  菊池ひかり
お元気ですか帰ってこないブーメラン  清水ひろ子
八月の余罪ひたすらガラス拭く  斎藤はる香