中部地区 No.1 ダイエット専門の加圧・ピラティス 託児つきスタジオ ヨージック名古屋・金山
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

「痩せる」とは?

プロのトレーナーが9年指導してきて感じた事です。

未だに、

数値にこだわって痩せようとしている人、

後を絶たないです。

まだサイズでの数値なら良いのですが、

体重ね。

勿論、

細い人は体重が軽いし、

大きな人は体重が重いですよ。

そりゃそうですよ。

でもこのブログにたどり着いた人っておそらく、

今現在進行形で痩せようとしているか、

同業者みたいな人が多いと思うんです。

体重を目標にして成功体験を得られた人は、

こんなブログ読んでないと思いますし、

それなりのやる気とノウハウをお持ちの方だと思います。

でもね、

体重を目標にして成功体験を得られた経験のないアナタ。

アナタは、もう体重を目標にするのやめた方が成功率上がると思います。

独立してから9年ですが、

トレーナーとしては10年以上活動してきて、

体重を目標にして始めた人の末路を僕は沢山見てきました。

死屍累々ですよ。

根底にあるやる気の元が「好奇心」なんです。

〇〇キロになってみたいお願い

みたいな。

よくわかんない〇〇キロへの憧れ。

そういった方々は途中で通わなくなりがちだし、

停滞期を乗り越えられないし、

仮に目標体重になっても、

「思ってた体型と違う滝汗

なんて状態が多いんです。

好奇心で始めても良いけど、

人の気持ちって必ず上下するものだから、

そーゆう感情的なものに行動の指針を奪われるのはどうかと思います。

では、

どうしたら良いのか?

ここが知りたいんですよね?

ここからタイトルの回収です。

「痩せる」とは、

「痩せる習慣が身につく事」

なんです。

太るのも痩せるのも、

アナタの習慣がもたらした物だからです。

立ち方、

座り方、

歩き方、

食べ方、

食べ物や飲み物の選び方、

寝方、

動き方、

全ての習慣がアナタを形作ります。

まず今日から、

食べ物や飲み物でアナタが何を選びがちか考えてみてください。

立ち方や歩き方は専門家に聞いた方が良いですが、

それよりもアナタの習慣そのものを見直す事の方が重要です。

例えばパンを食べる事を選んだとしましょう。

痩せる習慣の人はまず滅多に選択しません。

太る習慣の人はしょっちゅう選択します。

痩せる習慣の人はパンを残します。

なんなら食事も残すし、

飲み物も残します。

習慣によって、

適量を知っているのです

しかし、

太る習慣の人はパンもお菓子も食事も飲み物も、

残さず頂きます🙏

お行儀は良いと思います。

でも習慣としてはアナタを太らせるものになってます。

この際、

食べ残しなどの良し悪しはジャッジしないで考えてください。

痩せたくてこのブログを読んでいるなら、

次にアナタの口に運ぶ飲み物の選択を変えてみませんか?

水に。

もっと言うなら、

プロテインに。

です。

今日の夕飯から試してみてください。

お腹いっぱいにするまで食べるのをやめないその習慣を、

違う習慣に変えるんです。

まずは「残す」。

この習慣を当たり前にしてみては、

いかがでしょうか?

藤田



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>