___________________

ameba blogを更新しました_
今日のテーマは「特捜最前線」_
こんばんは、鷹村洋一です(´∀`)_
___________________
___________________


大空駆ける男がいた 神代警視正 二谷英明
大地を走る男がいた 津上刑事 荒木しげる
命を捨てて男がいた 吉野刑事 誠直也
夜明けに叫ぶ男がいた 高杉刑事 西田敏行
謎を切り裂く男がいた 船村刑事 大滝秀治
闇を撃ち抜く男がいた 櫻井刑事 藤岡弘
風が光れば手錠がうなる、大東京に朝が来る―彼ら特捜最前線





たったひとりの神代課長の行く先は―?

夏子が死んだ
私の娘、何ものにも代え難いたったひとりの娘が死んだ―

神代夏子
昭和三十一年八月二十四日、午前十時二十八分生まれ

三十七年四月八日、世田谷区立ヨウメイ小学校入学
四十三年三月二十三日、卒業
四月八日、区立第四中学校入学
四十六年三月二十二日、卒業
四月五日、都立新宿第一高校入学
四十九年三月十日、卒業
四月十日、国立東都大学法学部入学

昭和五十三年三月十五日午後六時五十八分
死亡。二十一歳

夏子は、死んだ
―私が殺したんだ




娘を殺された神代課長の行動

娘の葬儀にも現れず暴力団狩り
ボッコボコにして暴れまわる課長にヤバさを感じる
だがその行動の意味に櫻井が気付く

「手当たり次第じゃない―ちゃんとマトは絞られてる
課長が殴った連中は、いずれもタチバナ組だ」


ココでおやじさんが状況を整理してくれる

「ちょっと今までの事件、整理してみよう」

大田黒の経営する三丸商事は倒産の危機に瀕した
何とかカネを貸してくれる金融業者を見つけた
だがソレは暴力団だった

異常な高利で借金を返せなくなり
暴力団に脅かされて拳銃大量密輸をやらされた

自首しようとした沢田孝平は殺され
更に母のイネ(婆さん)、社長・大田黒、神代夏子も殺された

三丸商事は偽装倒産し「シルク商事」と名を変えて復活
では三丸商事に金を貸した暴力団とは―?

「課長は無駄な動きをするとは思えん
課長は何らかのカタチで、
その暴力団がタチバナ組であることを突き止めたんだ」


タチバナ組は過激派と暴走族が結び付いた新興の暴力団
そしてこのタチバナ組の組長・フクダの上には、
組長と弁護士以外の前には姿を現さない過激派出身の「大組長」がいる



幽鬼のように彷徨う神代課長

タチバナ組を殴って回った結果、捜査からはハズされた
櫻井は警視正から課長代行を打診される
更に「特命課解散という事態にもなり兼ねない」と言い渡される

だが、櫻井は
「課長の行動は発作でも錯乱でもない」と課長代行の命令を固辞した



神代課長は歩いていた

人々が行き交う道、街角の店、バス停
夏子が今にも「あの日のように」そこから現れるのではないか

だが、現れたのは特命課のメンバーたち
おやじさんは、憎らしいくらいに課長のコトを判っていた

「課長、あなたのいる場所は直ぐに判りました
この二十年、あなたがお嬢さんと過ごした時間はあまりにも少ない
夏子さんとあなたの思い出の場所は数える程しかなかった―」

捜査からハズされたことを伝えても、
自分たちにも手伝わせてくれと言っても
神代課長は何も応えなかった



またタチバナ組をボコボコにする神代課長

ずっと何も喋らないまま暴力団にたったひとりで拳を振るう
しかも今回は組長を不当逮捕

所轄署はアキレ果てるばかり、
組側からは「法的措置を執る」と言われる始末

神代課長の違法捜査に堪り兼ね櫻井警部は「課長代行」を宣言
課長と特命課は別のルートでタチバナ組を追うコトになった

だがコレには狙いがあった
組長を揺さぶれば組の弁護士、そして大組長へと繋がる
同時にタチバナ組の拳銃密輸をも潰すキッカケができる
そして狙い通り、拳銃密輸の現場をひとつ抑えるコトに成功した



そんな捜査を続ける内に気付いた

神代課長も、櫻井も夏子を撃った男の正体に―
このまま課長を行かせたら、必ず真犯人を殺す
それだけは絶対に避けなければ―
特命課のメンバーは全力で課長を追った

止めなければ!その思いが通じたか
課長のクルマを取り囲み、引き摺り降ろしておやじさんが諌める

「課長!後は我々に任せてください!あなたの気持ちは解ります!
だが、あなたは取り乱している!常軌を逸している!!」
「一度、お嬢さんの墓に行って、気持ちの整理をなすってみてください!
あなたのやっていることは誰が見たって私情だ!!」

仮面ライダー1号・櫻井もストロンガー・津上も
アカレンジャー・吉野も、課長を必死に説得する
クルマは動かせない、コレでやっと課長を冷静にできるか―



「課長!夏子さんのクルマです!早く!!」

赤いクルマに乗って来たのは後の探偵!ナイトスクープ局長・高杉
明らかに他のメンバーとやってるコトが逆ゥー!

「頼む!行かせてやってくれ!行かせてやってくれよ!!」

課長は大組長の潜伏先へ、メンバーも遅れて課長を追う
必死に逃げる大組長、追う課長
二人は歩行者天国の中で揉み合いになる
課長は散々に大組長を殴り続け、拳銃を突き付けた

「課長!」

修羅のような貌のまま、課長は大組長を締め上げ
そのまま到着した特命課メンバーの方に投げ棄てた

そして課長はそのまま何処かへ行ってしまった―




すべてを終えて―

神代課長は思い出していた
夏子の生きていた時間、経歴を
誰もいない、誰にも知られない場所で―


神代夏子
昭和五十三年三月十五日、死亡。二十一歳

昭和三十一年八月二十四日、午前十時二十八分生まれ

昭和三十七年四月八日、世田谷区立ヨウメイ小学校…入学

昭和…四十三年…三月二十三日、卒業

よんじゅう…四十三年…四月八日、区立第四…くりつ…第四中学…にゅうがく



…夏子

…なつこ―


にほんブログ村 車ブログ 日産へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ KARAへ にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ

特捜最前線の記事はコチラ
特捜最前線の記事はコチラ


ペタしてね どくしゃになってね…