___________________

ameba blogを更新しました_
今日のテーマは「特捜最前線」_
こんばんは、鷹村洋一です(´∀`)_
___________________
___________________


大空駆ける男がいた 神代警視正 二谷英明
大地を走る男がいた 津上刑事 荒木しげる
命を捨てて男がいた 吉野刑事 誠直也
夜明けに叫ぶ男がいた 高杉刑事 西田敏行
謎を切り裂く男がいた 船村刑事 大滝秀治
闇を撃ち抜く男がいた 櫻井刑事 藤岡弘
風が光れば手錠がうなる、大東京に朝が来る―彼ら特捜最前線



 

白昼堂々人ん家の前で何かしてる老夫婦

 

「火を拝借したいのでございますが―」
そう言ってアカレンジャー・吉野からライターを持って行った婆さん
何すんのかな?と思っていたら導火線に火を点けた


なんとまぁ大胆な、と驚いているうちに箱に詰めた花火が爆発
吉野と老夫婦は煤だらけになりながら所轄署で説教を喰らうハメに

爺さん婆さんが騒ぎを起こしたのは倒産した三丸商事の社長・大田黒宅
この三丸商事は拳銃密輸の疑いで特命課が張り込んでいたのだ
ソレがこの騒ぎで見事にパァ ᐠ( ᐛ )ᐟ


 

爺さん婆さんの目的は?

 

花火爆弾と一緒に置かれていたのは
玩具の戦車、モデルガン、そして三丸商事 営業部長・沢田孝平の名刺
櫻井は拳銃密輸について老夫婦が何か知っているのではないかと踏む
だが爺ちゃん婆ちゃん共にダンマリ

 

名刺の主・沢田は既に事故死していた
妻と一人息子は二ヶ月前に後追い自殺
爺さん婆さんは沢田の両親で息子の死に疑問を抱き大田黒を疑っていた



爺さん婆さんの家に行ってみようぜ

 

仮面ライダー1号・櫻井とストロンガー・津上のコンビ、いい画だわ
密輸している側も動きが早い
二人が何かを知っていると見て家探しを終えていた



神代夏子とは?

 

神代課長の一人娘で別エピソードで恋人を殺されたばかり
しかもその恋人は仮面ライダー2号一文字隼人(演:佐々木剛さん)

力の2号が殺されてしまうのか(愕然)

「私の娘は、恋人に死なれたくらいで自分を見失うような―
そんな娘ではない」
と課長は言う
だがまだショックからは立ち直れていないっぽい



倒産した三丸商事には債権者が多数

 

もうスグにでも社長の大田黒に殴りかからんという勢い
その債権者の中にキカイダージローがいる!
流石ジロー!良心回路が作動しているから殴ったりしないぜ!

更に上手いことこの場を収めて他の債権者と一緒に帰ったわ

 

なんという冷静で的確な判断力なんだ!!

 

でも債権者だけじゃなく、特命課も睨んでますからね!と
櫻井と吉野の強面コンビがしっかりアピール
倒産するわ、
拳銃密輸容疑でマークされるわ、

この大田黒社長かなり厳しい立場にいる



爺さん婆さんは課長の自宅で預かることに

 

夏子も爺さん婆さんも「親しい人を喪った」という同じ境遇を持つ
次第に「全国にも同じ思いをする人がいるのではないか」
「同じ思いをする人の"心"を救う活動ができないか」と思うようになっていった

 

爺さん婆さんの護衛には後の探偵!ナイトスクープ局長・高杉が付く
だが夏子も爺さん婆さんも「全国被害者連絡会」の立ち上げにフル回転
自分が危ない立場にいることも忘れかけて外出している



そこにジローが来た

 

ややこしくなるのでちゃんと今回の名前を明らかにしておく
「アオヤギ」青柳かな?うん、スグ忘れそうだ

ジロー青柳も恋人を成田闘争で喪った過去があった
※成田闘争 新東京国際空港(現成田国際空港)建設に反対する闘争
闘争の激化で死傷者が出たのは1971年、劇中では7年くらい前

 

そして今回、三丸商事から不渡りを掴まされる不幸続き
キカイダー・ジローも幸薄いめだがココでもか―
似た境遇を持つ青柳も「全国被害者連絡会」に賛同してくれることになった



爺さん婆さんはまだ諦めていなかった

 

高杉の目を盗んで行方をくらまし、また花火をバラしてお手製花火爆弾作り
夕暮れ時を見計らって大田黒宅に二度目の仕掛けに向かう
今回は門を開けると爆発するようにした

 

爺さんはもう復讐を諦めたと言う
「全国被害者連絡会」の立ち上げが復讐を忘れさせる新たな「生きがい」だと
だが婆さんは復讐を諦めきれなかった
単独で花火爆弾を仕掛け直している内に大田黒に見付かって―



もう追いつめられた大田黒

 

債権者は怒ってるし、
特命課には拳銃密輸で睨まれているし、
更に婆さんを殺した疑いまでかかっている三重苦
で、誰かに電話
拳銃密輸のウラにはやっぱり誰かがいるのね



街中で大田黒を発見して豹変する爺さん

 

アンタさっき「大田黒のことは忘れる」て言うてたやないか!
もう矛盾だらけで戸惑うが、夏子に「追ってくれ」と懇願する爺さん
でもソレが人間なのかもしれないね、仕方ないね

夏子と爺さんはクルマで何処かへ向かう大田黒を追う



何者かに殺されてしまうんですけどね

 

飛鳥山公園裏の廃墟へ来た大田黒はその場で誰かに撃たれる
夏子と爺さんは撃たれた大田黒を発見―いや、深追いするなよ
撃ったヤツを追うなよ、追うなよ、絶対に追うなよ!

 

遅れて到着した特命課
娘に赤いクルマを買っていたからスグに解りましたね、課長!


夏子さん、ココにいるよ!

 

大田黒はまだ生きていた
会社の資金繰りが悪化して、金を借りたら
借りた先が暴力団関係で、利子がトンデモナイ額になって
返せなくなったら拳銃密輸をやらされていた

 

おおぅ、もう―

 

そして誰にやられたかは言えずに大田黒、絶命
ありゃ、爺さんと夏子は何処行った?



大田黒を撃ったヤツに捕まってるゥー!

 

夏子は捕まってる、爺さんは落っこちそうになっている
そして撃ったヤツは今にも夏子を殺すかもしれん

夏子を盾にして逃走を謀ろうとするが、課長も拳銃を降ろさない


「課長、無茶ですよ!やめてください!」
津上の声も課長には届かない

 

「放せ―娘を放すんだ!」
「来るな!これ以上近付くと娘を撃つぞ!」

 

その結果―

 


「あんただ―あんたが殺したんだ!!」



にほんブログ村 車ブログ 日産へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 芸能ブログ KARAへ にほんブログ村 料理ブログ いろいろな料理へ
特捜最前線の記事はコチラ
特捜最前線の記事はコチラ

ペタしてね どくしゃになってね…