バイバイ小林のFly me to the river
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

NARAGOへGO!

 

2020年12月23日(水)奈良子に行ってきた。

 

日の当たる場所は上着がいらないほどの暖かさだったのだが

 

さすがに上流の渓流エリアは日陰で手が悴んでしまった。

 

 

 

 

このエリアには大型のイワナがたくさん泳いでおり

 

ときおりフェザントテールニンフに反応を示すのだが

 

どれもフッキングには至らなかった。

 

 

 

 

 

 

それでもチラホラとこのサイズのイワナがニンフを咥えてくれた。

 

 

 

 

 

これもこのエリアでフェザントテール・ニンフに出たヤマメ。

 

もう一匹でかいヤマメをかけたのだがランディングで逃げられてしまった。

 

 

 

   

 

 

寒くなってきたのでポンドに戻ると

 

一面にライズリングが広がって

 

魚たちは狂喜乱舞を繰り返していた。

 

 

 

 

こうなるとドライフライの出番だ。

 

が、しかし

 

ミッジやソラックス・ダンに出てくれるのだが

 

フッキングしない。

 

 

 

そこで渓流エリアで使ったフェザントテールに変えると・・・

 

 

 

一発で出た。

 

いい面構えのヤマメだ。

 

 

管釣りも楽しいのだが

 

日の当たる日中は魚の活性が低く

 

日が陰って寒くなった頃に活性が上がる。

 

 

この時期の管釣りはカイロ持参をおすすめする。

 

1955年だってさ

1955年に誕生した養沢毛鈎専用釣り場

 

PCで変換すると「毛鉤」と出てくるが、養沢は「毛鈎」

 

65年の歴史がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも65年の歴史を誇る「ごましお」

 

Since1955・・・とある。

 

スーパーで手にとってみたら偶然にもそうであった。

 

迷わずお買い上げ。

 

 

 

 

 

 

そしてこちらも65周年。

 

Jack Danielがではない。

 

このおじさんが!だ。

 

思い起こせば今までの人生の半分近くは毛鉤を振り回していた。

 

いや、毛鈎と訂正しておこう。

 

ちなみにこのJackは1.75リットル。

 

バカでかい。

 

娘一家からいただいた。

 

 

 

 

 

息子からはこれ・・・

 

アル中にする気かっ! 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな65周年の新米高齢者が65周年の養沢を訪れてみた。

 

 

オープン前の事務所周辺には年齢層高めの方々が

 

たくさん釣り支度を始めていたが

 

釣り券を購入したのは一番乗り。

 

 

 

防寒対策にとzippo製ハクキンカイロを持参したが

 

11月とは思えないほどの暖かさ。

 

 

 

前回来たときは濁りが入り激流でドライフライには厳しい状況だったので

 

今回は濁流の道志川で良かったストリーマーを使ってみようと思い

 

久しぶりにフライを巻いてみた。

 

 

 

 

 

 

きつい濁りの中で道志川のレインボー達に評判が良かったのが

 

オレンジのウーリーバガー。

 

ボディーはマラブーと同色のシェニール。

 

 

 

 

 

 

澄んだ流れではこれを使ってみようと

 

色違いでオリーブも巻いてみた。

 

こちらのボディーはマラブーをそのまま巻き付けた。

 

 

 

 

 

ボディーハックルはどちらもグリズリー。

 

5つもあればいいやね・・・。

 

 

 

 

 

 

ところがこの日の養沢は以前のように澄んで穏やかな流れに戻っていた。

 

結局、ウーリーバガーは使わずに

 

フェザントテール・ニンフとドライフライで数尾のレインボーと遊ばせてもらった。

 

 

 

 

 

 

道に上がって移動する際も

 

紅葉が目を楽しませてくれる。

 

 

 

 

 

さあ、家に帰って65周年をご飯に振りかけて食うぞ!

 

 

 

 

 

 

 

一日遊んで栗ご飯

 

 

紅葉がきれいで・・・

 

 

 

 

 

 

栗をたくさん拾えて・・・

 

 

 

 

 

 

 

ヒレのきれいなニジマスと一日中遊べて・・・

 

 

おまけに貸し切り状態・・・

 

 

栗はもうそろそろなくなっちゃうかも

 

 

 

 

 

 


 

 

禁漁期間中のフライフィッシング

 

 

夏すぎて

 

 秋きにけらし

 

  うろたえの

 

   子供ホステス

 

     鎌を研ぐコバ

 

 

 

(訳)

春が来て解禁になったと思ったら

 

すぐ夏が来てもう秋になってしまったと

 

うろたえているが

 

釣り好きな子供とホステスが

 

藪漕ぎをするのは大変だろうと

 

来シーズンに向けて鎌を研いでいるバイバイ小林であった。

 

のどかなことよのう・・・。

 

 

 

 

 

 

2020年10月21日(水)

 

道志村漁協が運営するフライフィッシングエリアへ行ってきた。

 

巷は禁漁だがここは年中解禁♪

 

道志川の流域内700メートルをフライ専用にしている。

 

 

 

 

魚はここぞというポイントごとについている。

 

 

 

 

この日は平日ということもあり貸し切り状態。

 

当然のことながら良いポイントでは必ず魚からの反応があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

イチョウの葉の中に混じってたくさんの栗を拾うこともできた。

 

 

 

 

 

 

 

 

場内にはバーベキュー・スペースがあるので

 

急に雨が降ってきても安心だ。

 

 

ここでひとつ栗を焼いて食べてみた。

 

甘くて美味しい・・・。

 

 

今シーズンは釣りに行って野草や木の実をたくさんいただいた。

 

ノビル・・・

 

イタドリ・・・

 

コゴミ・・・

 

桑の実・・・

 

アケビ・・・

 

 

これらも来シーズンの楽しみの一つに加わった。

 

 

 

 

 

この日の午後

 

鉄板ポイントで釣れたヤマメ。

 

養殖魚と違ってヒレのキレイな野生の魚は遊泳力が強く

 

引き味も抜群だ。

 

 

 

禁漁期間中に

 

ヤマメが釣りたくなって手が震えるほどの禁断症状が出たときは

 

道志川へと行ってみるのもいいかもしれない。

 

 

 

 

台風後1年ぶりの養沢

 

さてさて・・・今回はどこにしよう・・・

 

いつも鹿留じゃあ芸が無い。

 

そうだ!

 

去年の台風19号でかなり様子が変わってしまったという養沢に行ってみよう!

 

 

・・・と、前日に糠漬けをポリポロやりながら決定!

 

 

 

 

 

 

2020年10月14日(水)

 

この日はシニア割り引きの日。

 

シニア扱いを受けて嬉しいようなそうでないような・・・

 

まあ料金が安くなるのはありがたい♪

 

 

 

 

 

 

一番乗りかと思いきや・・・

 

先客がおいでになった。

 

 

 

川へ降りてみると・・・

 

あのゆったりとした流れはなく

 

轟々と流れる荒瀬になってしまっている。

 

 

事務所下の淵も消え

 

激しく荒々しい流れが目の前に広がっていた。

 

 

 

 

そんな中でもわずかな緩い流れを探し

 

ドライフライを浮かべると一発で魚が飛び出したが

 

ランディング寸前に逃げられてしまった。

 

 

 

 

午前中に魚を見つけて釣れたのはこの1匹のみ。

 

事務所に戻って藤棚の下でピクニックバスケットを開いて

 

ランチにした。

 

 

シニア割引というだけあって

 

この日の養沢は年齢層お高め(笑)

 

 

ご夫婦で釣りに来ている方も目立った。

 

ご主人はフライ、奥様はテンカラ・・・。

 

皆さん揃ってどことなく品があり

 

お洒落な方々ばかり。

 

 

どこぞの社長夫人のような方が「素敵なバスケットですね」

 

・・・とお声をかけてくれた。

 

 

「テンカラですか?」と尋ねると

 

「はい。毛ばりでお誘いするのが楽しくて・・・」だそうだ。

 

やはりハイソな雰囲気が漂う奥様であった。

 

 

 

 

事務所の暖炉前で温かいコーヒーをいただき

 

休憩してから午後のスタート。

 

 

 

午後は車で上流部へ行き魚影を探した。

 

橋の上から魚影を探していると

 

トラックでやってきたおじさんたちがバケツで放流を始めた。

 

 

 

下で待ち構えていた人がバケツを受け取り丁寧に流れに魚を入れてゆく。

 

放流はこうでなくてはいけない。

 

トラックでやってきてバケツや網で川へ魚を放り込むのはいただけない。

 

 

 

 

 

午後もたくさんのスレスレ虹鱒くん達と遊んでもらい

 

楽しい一日を過ごすことができた。

 

 

今年、養沢は10月の末で営業終了後

 

11月7日から12月6日まで期間限定で営業するという。

 

料金は2000円だ。

 

 

今年の釣り納めは養沢に決定かな・・・。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>