pipiki先生による操体法クラス | 京都北区のヨガ教室 yoga space STANDPOINT

京都北区のヨガ教室 yoga space STANDPOINT

京都北区でアシュタンガヨガクラスや子連れヨガクラスを開催しているyoko.tです。美構造姿勢、開脚システム、ボディメイク、ボディーストラクチャーヨガなどパーソナルクラスも開催中


テーマ:



毎月行われている ユーゲさんでの 
まるまんユーゲの日
『1DAY FOR DEEP BREATHING』のミーティングを
まさよちゃんとしていると

移動雑貨屋ヒカリヤ奥様がピン!と電波をキャッチし
タタタタタタ!と2階へ駆け上がり
ご紹介してくださった

音楽家でもあるpipiki先生の操体法クラス↓がはじましまーす

なんだかね、お話をきいていると
ヨガの思想とにかよっているなーと感じたのですが

それもそのとおり
操体は橋本敬三先生の思想体系がベースになっていて、
先生も自分が考えてきた生きるための道がヨガにあったと著書で言っておられ、
実際、沖正弘(沖ヨガ)さんと交流があり、勉強もされていたみたいです。

からだをとおして自然の法則を学び

日々の暮らしを より健やかに過ごす為に

心身を整えてていきましょう


体を整えたい人も
心を整えたい人も
お勉強したい人も
ヨガとはまた、違ったアプローチを取り入れたい方も

内なる新たな爆発を楽しみに

是非お集りくださいな。


ーーーーーーー詳細ーーーーーーーーー




自分のからだを自分で治すための操体教室,

{DC711C79-2893-4243-98AE-8B7789B802AF:01}


からだと楽しく対話しながら,、きもちよく歪みを正していきましょう。, 


9/28 (月) 14時ー16時

10/5 (月)13時ー15時

11/16 (月)13時ー15時

12/7 (月)"13時ー15時

 参加費 一回 2000円,



教室内容

 自分のからだを自分で治すための操体教室


 からだをととのえることはとてもきもちよく、面白い。

 私たちはそれぞれにからだの歪みを抱えて生きています。

ではその歪みを正して調和した自分になるには, どうしたらよいのでしょう。

答えはきもちよさの中にあります。


 ① きもちよさでからだを操る, ゆっくりとした動きの中できもちよさをあじわう。
きもちよさをあじわうことで歪みが正され, からだは正体に近づきます。


 ② 肩甲骨の感覚をとりもどす, 私たちは成長するにつれて自由にからだを操れるようになりました。

 しかしそれによってからだをあべこべに使い, 結果的に歪みを助長することにも, なっています。

特に二足歩行による両手(前足)の解放のより肩甲骨の感覚が鈍くなっています。

肩甲骨の感覚を取り戻すことで, きもちよさは全身に伝わります。


③ 自然な連動をからだにとおす おとす赤ちゃんを見れば明らかなように,

人間の身体は本来全身が連動するように出来ています。自然な連動とは, 理にかなったつらなりです。
つまりからだはそう動くようにできている, ということです。

全身が正しく連動することで, よりきもちいい安定した動きを身につけます。


④ 無意識とつながる

からだを敏感にしていくことで, 無意識の動きが表れます。 

これが根源的なからだの治す力=治癒力です。, 

自分のからだを自分で治す術であり, 自分のからだを信じることにつながります。


 "⑤ 勘(直感)を養う"


からだで感じる, 考える習慣が身につくと
自然に快, 不快をききわけることができるようになり
普段の生活で直感的に また無意識にきもちいい方を選択するようになります。
からだをとおして自然の法則を学び、心身をととのえ、日常をより快適に生きていくために。



予約と問い合わせ からだの宇宙研究所pipiki, 

tel 090-2046-4853 

mail uedaryoutados@gmail.com

"ブログ http://www.uedaryota.exblog.jp",


 "講師 植田良太 (からだの宇宙研究所 pipiki )",

 操体法を三浦寛氏に師事し2011年より京都を中心に施術, ワークショップ, 教室などを行っている。

YOKO.Tさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント