今年5月に出版された「秋篠宮」という本が話題になっています。

「秋篠宮」は"人間・秋篠宮の実像がいま明らかになる"とし、毎日新聞で宮内庁を担当していたジャーナリスト・江森敬治氏が執筆しました。

 

 

「筆者が出版を決意したのは、秋篠宮やその家族をめぐって誤解されたイメージが定着しているという意識があるからだそうです。」(リリースより)ということだそうです。

著者の江森氏のインタビューでは、眞子さんと小室圭さんの結婚に関する一連の決定は、実は“事後承諾”だったということです。

さらに秋篠宮さまは、「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と定めた「憲法二十四条」を何度も話に持ち出し、「私は立場上、憲法を守らなくてはいけません。ですから、二人が結婚したい以上、ダメだとは言えません」とおっしゃっていたということです。

また本では、〈年収や生活面についても(中略)都心は家賃が高いので近県に賃貸マンションを探し(中略)工夫しながら「二人が身の丈にあった生活をすればよいのではないでしょうか」と語っていた〉とされています。

 

注目されている本「秋篠宮」ですが、この本が出版された理由について、ハイヤーセルフ情報を見てみましょう。

 

【ハイヤーセルフ情報】(斜体文字部分がハイヤーセルフ情報)

「秋篠宮」が出版されたのは、秋篠宮家のイメージアップを図りたい秋篠宮家、毎日新聞社、著者の江森敬治氏3者の思惑が一致した結果です。

「眞子さんの結婚については当人達が決めたことであり、親は当人たちに任せるしかなかった」、つまり小室さんとの結婚にまつわる様々な問題は秋篠宮家の責任ではなかったということをアピールしたい意図があります。

 

注:ハイヤーセルフ情報は事実とは異なる場合があります。
あくまで参考に留め、占いのような感覚でお楽しみください。

 

この本を出版することによって、「眞子さんと小室圭さんの結婚については当人達が決めたことであり、秋篠宮家に責任はない」というアピールをされたいのかなという印象がありますが、そのような考え方自体に私はやや違和感を感じます。

成人した子どもの結婚について、親が指図することはできないというのはそうでしょうけれども、問題があると思われる場合には助言したり、時には強く言うことも、親としては必要なのではないでしょうか。

何でもかんでも、「本人が決めたことなのだから」と言って認めることは、「自主性を重んじる」というよりも「自分勝手にさせる」という方が近いのではないかという気もします。

 

応援クリック(タップ)いただいた方に状況改善のためのエネルギーを設定しています。

「エネルギー設定について」

 

魔除けには外から見える所に光るものを身に着けることが効果があります。*参考記事「霊的魔除けに光り物」

このリングは、C、Eのデザインが魔除けに効果が高いです。

細いので、他のリングとの重ね着けにも。

*色の選び方についてはこちらの記事をご覧ください(ピンクゴールドは暖色系になります)

 

 

より上質でもう少しボリュームのあるものをご希望の方に。ボリュームがある分魔除け効果も高まります。

*色の選び方についてはこちらの記事をご覧ください(ピンクゴールドは暖色系になります)

 

このネックレスも魔除け効果が高いです。

*色の選び方についてはこちらの記事をご覧ください(ピンクゴールドは暖色系になります)

 

その他魔除けグッズ等についてこちらに載せてあります。ご参考になれば幸いです。

 

実は今が小玉すいかの旬だそうです。こちらのお店は私も購入したことがありますが、リーズナブルな価格でとても美味しいフルーツを送ってくださいます。

 

 

新茶の季節ですね。こちらの抹茶スイーツもとても美味しそうです。