新型コロナウイルスの新たな変異株が南アフリカ等で確認され、WHO(世界保健機関)は、この変異株を「オミクロン株」と名付け、デルタ株などと同じ、懸念される変異株に指定しました。

 

 

日本における第6波についてのハイヤーセルフ情報は、以前に書いていますのでご参照ください。

「第6波は来るのか」

 

さて、新たな変異株には「オミクロン株」という名前がつけられました。

WHOは27日、命名の理由を明らかにしました。

WHOはギリシャ文字で変異株に名前をつけ、直近で用いた文字は「ミュー(μ)」でしたが、アルファベット順で続く「ニュー(ν)」「クサイ(ξ)」を飛ばして「オミクロン(ο)」を使ったのは、発音が似た英単語との混同や人名を避けるためだと説明しました。

「クサイ」は英語で「xi」と表記します。

中国の習近平国家主席の「習」の字も英語で「xi」と記されることから、WHOが中国に配慮し「クサイ」を飛ばしたのではないかといった見方が出ていました。

この件について、ハイヤーセルフ情報を見てみましょう。

 

【ハイヤーセルフ情報】(斜体文字部分がハイヤーセルフ情報)

新しい変異株の名前に「クサイ」が使われなかったのは、WHOが某国に配慮したというよりも、某国から「クサイを使用しないでほしい」という要請があったためです。

 

注:ハイヤーセルフ情報は、事実とは異なることがあります。

あくまで参考に留め、占いのような感覚でお楽しみください。

 

WHOが某国の要請を受け入れて「クサイ(xi)」の使用を避けた、ということのようですね。

クサイを採用されると、世界中で「xi株」と報道されることになるのが嫌だったのでしょう。

 

オミクロン株による被害が最小のものとなり、新型コロナウイルスが一日も早く収束することを心より願っています。

 


応援クリック(タップ)いただいた方に状況改善のためのエネルギーを設定しています。

エネルギー設定について

 

このキラキラは魔除けに効果が高いです(ゴールド色なのでどちらかと言うと寒がりの方に適しています。暑がりの方は避けてください)。*参考記事「霊的魔除けに光り物

 

 

こちらはシルバー色もあります。魔除け効果はA、C、E、Jのデザインが高いです。

*色の選び方についてはこちらの記事をご覧ください

 

その他魔除けグッズ等についてこちらに載せてあります。ご参考になれば幸いです。